カメラ

Olympus TG-4は初心者でも扱える防水カメラ!徹底レビュー!

Olympus TG-4の紹介

オリンパス タフシリーズの4代目

山や海、雪の中など、過酷な状況下での使用を想定し、開発されたオリンパスのタフシリーズ。防水・防塵・耐衝撃・耐荷重・耐低温などの高性能を誇っている為、アクティブレジャーや様々なスポーツシーンで大活躍します。

レンズもF2.0のレンズが搭載されている為、ボケを生かした明るい写真を撮影することができ、画像処理エンジンも同社のOM-D E-M1と同じTruePic VIIIが搭載し、大幅に画質が向上しています。スマートフォンを使用したフィールドセンサーシステムも使用可能な為、登山などのアクティビティでの撮影を楽しむことができます。

全天候型コンパクトカメラ

Olympus TG-4はどのような環境下でも撮影できるタフさが売りのカメラです。海や山や雪山、様々な環境下でも高い性能を発揮します。海にうっかり落としてしまった際も高い防水性能により壊れることもありません。

例えば、何かボディに汚れがついてしまった時などでも水で洗い流すことも可能です。登山などする際もうっかり落としてしまうこともあると思いますが、Olympus TG-4は耐衝撃性能も高い為、ある程度の衝撃では壊れる心配はありません。その為、衝撃が多い工事現場などの場所でも使用されることがあるくらいです。

それでもって高い解像度の写真が撮影可能ですので、そのような場所でも活躍します。スノースポーツなどの撮影環境でも耐低温性能がありますので、雪の上や雪の中に埋もれてしまってもある程度は大丈夫です。

Olympus TG-4はなぜ人気なのか?

気軽にアウトドアへ持ち出せる

Olympus TG-4は様々な撮影環境下で使用できる全天候型コンパクトカメラですので、気軽に持ち運ぶことができます。使用する際にも様々な性能から高い堅牢性がありますので、安心して使用できます。アウトドアで一眼レフカメラなどを使用するのは少し気を使わなければなりませんが、Olympus TG-4を使用すればその心配はありません。

加えてコンパクトな設計ですので、バッグなどの荷物に入れていても邪魔になりません。撮影できる写真も高解像度の写真が撮影できるので、より楽しく撮影をすることができます。

Nikon デジタルカメラ COOLPIX W300

同じアウトドア向けのカメラとして発売されているのがNikon デジタルカメラ COOLPIX W300 です。これらの大きな違いとしては、W300の方は4K映像が撮影できること、そして60Pのビデオが撮影できること、焦点距離が100mmに対して120mm相当であるということ、そして内臓Bluetoothが採用されている為、ワイヤレス接続が可能であるということです。

Olympus TG-4の利点としてはレンズ口径がF2.8に対してF2.0となっている為、光の少ない暗所での撮影環境時においても明るく写真を撮影できること、そしてRAW撮影ができる為、撮影後に写真の加工などがしやすいこと、そしてバッテリーに関しては280枚に対して380枚とOlympus TG-4が上回っています。

Olympus TG-4の長所

操作や設定がカンタン

ボディには撮影モードダイヤルと録画ボタン、撮影画像のプレビューボタン、露出補正など撮影に必要な基本的な設定要素しか配置されていない為、シンプルな操作性になっています。初心者でも直感的な操作をすることができ、簡単に綺麗な写真を撮ることができます。

アウトドア向けの性能

一般的な一眼レフカメラなどには搭載されていない機能もあります。それがGPS機能です。GPSアシストモードに対応しているので、あからじめ、パソコンやスマートフォン端末にからGPSのアシストデータを情報を更新しておくことで、現在地の測位なども素早く行うことができます。

明るい大口径レンズ

Olympus TG-4に搭載されているレンズのF値はF2.0となっており、非常に明るいレンズとなっています。このF値は小さければ小さいほど、被写体の背景のボケが強くなったり、レンズから多くの光を取り込むことができるので、夜間などの暗い環境下でも明るい写真に仕上げることができます。他社の類似カメラと比較してもF2.0までF値を開放できるレンズを搭載しているカメラは中々ありません。

Olympus TG-4の短所

4K非対応

Olympus TG-4は4K撮影には対応していません。Olympus TG-4の後継機となるOlympus TG-5になると4K撮影も対応しています。

Olympus TG-4の便利な機能

水中モード

水中撮影時における撮影性能ですが、防水性能は約15mとなっています。水深15mと聞くと安心して使用できると思いますが、本格的なダイビングなどを行う場合は別売りの防水プロテクターを使用することをおすすめします。

GPS機能

防水カメラでは一般的にはGPS機能などはついていませんが、Olympus TG-4にはGPS機能が搭載されており、GPS機能があると撮影した写真にも撮影位置の位置情報も付加されるので、その写真がどこで撮られたものか一目瞭然です。

RAW記録

アウトドア用のカメラとしては珍しいRAW撮影が可能です。RAW撮影を行えば、撮影後にAdobe製品などを使用した現像処理を行うことができ、撮影したデータの色味の調整や鮮やかさなど様々な値を調整することができます。ただし、1枚あたりの写真データは通常のJPEGデータよりも大きくなってしまう為注意が必要です。

顕微鏡モード

Olympus TG-4には顕微鏡モード、いわゆるマクロ撮影が可能になっています。マクロの中でもスーパーマクロといわれる程接写することができ、その距離は約1㎝となっています。

ただし、マクロ撮影時には注意が必要で、圧倒的なクローズアップ性能が搭載されていますが、撮影時には暗い場所などではスローシャッターとなってしまい、手振れが発生する可能性が高くなる他、ブレを防ぐにはISO感度を上げる必要があるので、高感度撮影となってしまい、画質が劣化することがあります。

Wi-Fi機能

Wi-Fi機能が搭載されているので写真を転送することができます。その他にもカメラを離れた位置から遠隔操作してシャッターを切ることができるリモート撮影も可能になっています。

Olympus TG-4の活用法

専用ケースを付けてダイビングに

Olympus TG-4の元々の耐水性能は水深約15mとなっています。これだけでも十分な耐水性能ですが、別売りの防水プロテクターを使用することでこの耐水性能を最大水深45mまで伸ばすことができます。

現場仕事でも使えるタフさ

カメラといえばカメラマンや趣味で使用されている方がほとんどと思われがちですが、Olympus TG-4は工事現場などの現場仕事でも使用されることがあります。これには理由があり、工事現場などでは振動や衝撃などが発生する可能性が大いに高いのですが、Olympus TG-4の耐衝撃性能が非常に高く、ある程度の衝撃などではカメラが壊れる可能性はほとんどありません。そのため、過酷な環境でもある工事現場などでも安心して撮影をすることができます。

GPS機能を生かして山登りの記録も

GPSロガー機能も搭載されているので、撮影をしていない時でも一定時間ごとに位置情報を取得し、記録することができます。登山などから帰ってきた後に自分がどのようなルートで登山したのかなどを調べることもできます。

おススメアクセサリー

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough専用 AR液晶保護フィルム

Olympus TG-4のボディの堅牢性は非常に高いですが、液晶モニターはボディに比べるとどうしても強度が弱いので、液晶保護フィルムは装着することをおすすめします。

UN オリンパス TG1/2/3/4用プロテクトキャップ UNX-9531

液晶モニターの強度の問題の他にレンズ位置の強度の弱さもあります。プロテクトキャップを使用すれば、この問題は解決されます。カメラを使用する際はプロテクトキャップの蓋を開けて、使用しないときはプロテクトキャップの蓋を閉めることで、レンズ回りの強度を大きく向上させることができます。

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS TG-3 & TG-4Tough用 防水プロテクター 45mPT-056

防水プロテクター 45m PT-056を使用することで、水深45mまで耐水圧性能を高めることができます。プロテクターを使用すれば操作性が落ちることが懸念されますが、ボディ側のボタン操作やダイヤル操作も変わらず使用することができるように設計もされています。

OLYMPUS フローティングストラップ Tough(TG)シリーズ用 CHS-09

水中で撮影をしている場合などに手からカメラが離れた場合に、カメラが沈むことを防ぐための浮き輪のようなアクセサリーです。

Olympus TG-4に関するQ&A

防水なのにレンズが曇るのはなぜですか?

密閉性が高いために発生します。
外気温と水温に差がある場合などは内部結露が発生し、レンズが曇ってしまうことがありますが、これはレンズ付近の密閉性が高い為に起きる現象であり、問題な現象ではありません。メーカー側も曇ることは正常である証ですと回答している程です。

曇ってしまった場合はカメラの近くにシリカゲルなどの除湿剤などを置いておき、カメラ内部の湿気をなるべく取り除くことで、レンズが曇ることを最小限に抑えることができます。

まとめ

海に山に活躍するアウトドアカメラ

現在は様々なメーカーからアウトドア用カメラが発売されていますが、Olympus TG-4は防水・防塵・耐衝撃・耐荷重・耐低温などのボディの強度の強さや、GPS機能やGPSロガー機能、RAW撮影など、撮影した後も色々な楽しみ方ができる非常に万能なカメラです。

土木関係の現場でも使用される程、ボディの堅牢性は保証できるので、様々な場所で、環境で安心して使用できるアウトドア向けのカメラですので、海や山登りなどアウトドア派の人はぜひとも使用してみてはいかがでしょうか。