未分類

いまさら聞けないVLOGって何?これからはBLOGからVLOGの時代!

VLOGとBLOGの違い

VLOGは「ビデオブログ(video blog)」の略!?

Youtuberが小学生の将来の夢として必ずあげられるようになるほど、一般人の動画投稿は一般的になりましたよね。VLOGとは主に海外で人気の出てきている映像ジャンルのことを言います。動画を使ったブログなので、ビデオログ。この略称がVLOGとなります。ブログに載せるような日記を、文章ではなくて動画を撮影して投稿するものです。顔を出して撮影するため、一般人でありながらタレントのような動画が投稿されています。またVLOGは、「ブイログ」「ヴィーログ」「ビログ」といろいろな名称で呼ばれているので、自分が呼びやすい言い方で呼ぶといいでしょう。

まだまだアツい、動画ブーム

VLOGといえば、YouTube?

VLOGは主にYouTubeやSNSに投稿されています。私たちが目にすることが多いのはYouTubeになりますね。現在はテレビ番組ではなく、YouTubeばかりを見ているという若者も多く、「自分と同じような立場にある人の生活を知りたい」というニーズが出てきていると言われています。VLOGは日常生活を中心に、多くの人が共感できるような動画を投稿することがメインジャンルとされています。今のニーズにぴったりなVLOGは、これから今以上にメインコンテンツとなってくるかもしれませんね。

InstagramもVLOGなの?

Instagramはショートムービーが投稿できるとはいえ、VLOGとはまた異なります。VLOGはやはりYouTubeに投稿する人が多数になりますね。とはいえ、VLOGを投稿している人は多くがInstagramを合わせて使っていることが多いので、気になるVLOGがあれば、Instagramで検索してみるといいかもしれませんね。

VLOGで世界を広げよう

VLOGで自己PRの時代

VLOGは日常コンテンツと説明しましたが、この日常、なんでもありなんです。友人と遊んでいる風景でもいいですし、旅行先のオススメスポットを紹介したり、今日来ているファッションコーディネートやメイクを紹介してみてもいいでしょう。自分の好きな商品やサービスがあればそれを紹介してもいいですし、とにかく自分の「日常の面白い!」をPRしている動画なんです。もちろん動画によってクオリティーは異なってきますが、人気なものはコンテンツ内容自体が面白いですし、編集がプロ並みに凝っていたりと、それそのもののクオリティーが非常に高いです。とはいえ、現在はそういったクオリティーの高い映像を撮影するための道具も簡単に手に入れることが出来るようになりました。アクションカメラやビデオカメラも高額というほどではなくなりましたし、スマートフォンの性能も非常に高くなっているので、スマートフォンさえあれば簡単な動画は撮影できてしまいます。編集アプリも多く出ているので、編集するための能力やセンスさえあれば、「誰でもやってみることができる」投稿コンテンツとなっています。また、今までの文章だけの日記ブログと違って、VLOGであれば映像が加わることにより伝えられる情報量が飛躍的にアップしています。日常的に文章を書いているのでなければ、喋る方がハードルが低いという方も多いでしょうし、ブログで読みやすいように文章や写真の配置を考えるよりも、アプリを使って動画を編集する方が簡単だし楽だという方も多いでしょう。今はスマートフォン1つあれば、撮影から編集、投稿まで出来てしまうのも大きいですね。VLOGは手軽にわかりやすい動画日記を多くの人にシェア出来る、今までのブログに代わった新しい自己PRの方法となってきています。

VLOGで一攫千金

現在動画コンテンツはお金を生み出す一大コンテンツとなってきていますね。YouTubeの広告収入というのは、動画を再生する度に表示される広告が再生されたり、視聴者にクリックされることで報酬が発生するような仕組みとなっています。つまり、再生数が増えれば増えるほど収入が大きくなっていきます。人気になるとその社会への影響力を見込んだ企業がスポンサーになったりと、企業から直接広告収入を得ることが出来るようにもなっていきます。動画によっては一攫千金も夢ではありませんね。最も有名なVloggerであるローガン・ポールさんの例を見てみましょう。公共の場でのいたずらやスタント動画を中心に投稿しているVloggerとなります。2019年10月時点のチャンネル登録数はなんと1980万人。投稿からたった1日で300万回再生されると言う彼の年収は、およそ14億円とも言われています。ここまでのVloggerはめったにいませんが、旅人で旅行動画を投稿している人気Vloggerなどは旅資金をスポンサーに負担してもらってたりしますし、コンスタンツに10万回再生されているVloggerなどはYoutubeの広告収入だけでも普通に生活できるお金はもらえているのではないでしょうか。一説には「チャンネル登録者10万人」で月収100万円前後と言われています。安定して収入を得たい人はこの数字を目指すといいでしょう。

VLOGで世界とつながる

GlobalWeblndexという市場調査会社によると、世界のインターネットユーザーのおよそ4割の人がVLOGを視聴していると言われています。2018年9月には中国で「vlogger召集令」プロジェクトが開始され、vloggerが認証済みのクリエイターとして認められるように支援する動きが進められています。世界中の人とつながりたい、自分の日常をPRしたい、知ってほしい、共感を得たい。国内外問わず、同じ趣味、近い価値観の人とつながりたい、そんな方にぴったりな投稿コンテンツとなっています。日本はまだまだ普及しているコンテンツとは言えませんが、グーグルトレンドも右肩上がりであり、これからどんどん人気が出てくるでしょう。

VLOGの危険性

万が一、誹謗中傷があったとき

どんな投稿でも誹謗中傷がある可能性はあります。「気にしないこと」も大事ですが、YouTubeでは動画再生ページのプレイヤー右上に「報告」ページがあるので、そこで報告をして、YouTubeに対策してもらいましょう。

プライバシー保護は自己責任で

VLOGは映像のため情報が多く、伝えたいことをたくさん伝えられる一方、伝えるつもりのなかったことが伝わってしまう可能性もありますよね。例えば住んでいるところであったり、自分のセンシティブな情報であったり、発信したくない個人情報は映らないように細心の注意を払いましょう。海外のVLOGはほとんどが顔出しをしているとはいえ、必ずしも顔出しをしなくてはいけないわけではありません。日本の有名Vloggerのなかには自分の顔にはモザイクをかけて投稿している人もいます。一度インターネットに流出したら、完全に消えることはありません。投稿するときは、発信してもいい情報しか映っていないことをよくよく確認してから「投稿」ボタンを押すようにしましょうね。

VLOGを始める前に

まずは好きなVLOGger(ブイロガー)を探して、学ぼう

「VLOGを始めてみたいけど、どんな動画を撮影しよう」そう悩んだら、どんなVloggerがどのような投稿をしているのか実際に見てみましょう。日本の有名Vloggerでは、日々の記録を投稿している「ひなたぼっこ」さん、「hanaco-ハナコと暮らし-」さん、innsutagurama出身の「カンダエミリ」さんなんて方が挙げられますし、国内外含めて多くの人がさまざまな映像を投稿しています。まず人気のある映像から見てみて、自分の興味のありそうな映像に幅を広げて、いろいろと見てみてはいかがでしょうか。どんな編集の仕方がいいのか、なんてことも学んでみるといいですね。

まとめ

VLOGで夢をかなえることも

一般人であってもさまざまな方法を使って自己発信が出来るようになった現在、今まで諦めるしかなかったことでもチャンスを掴める可能性が出てきました。VLOGはグローバルコンテンツであり、投稿の先の世界が広がっています。VLOGを知らなかった人も、聞いたことはあるけど興味がなかったという方も、まずはYoutubeの検索から覗いてみてはいかがでしょうか。