カメラ

ビデオカメラSONY HDR-CX470は、手のひらサイズで超軽量!実際に使ってみた!

目次

SONY HDR-CX470の紹介

家庭用として十分な機能を備えた軽量コンパクトのビデオカメラ

最近ではスマートフォンでも綺麗な動画を長時間撮れるようになっていますが、運動会や学校の行事などの長時間の撮影が必要な場面ではやはりビデオカメラが必須になります。レンズのズーム倍率やボディサイズ、そしてAF性能や画質など、様々な点を吟味して選ばなければなりません。今回ご紹介するSONY HDR-CX470ではこれらの条件においても非常に良いスペックを備えているので、家庭用としてこの1台があれば様々な撮影シーンにおいて使用できるので安心です。

小ささはスマホレベル、持ち運びやすさにこだわり

SONY HDR-CX470はビデオカメラとしてはソニーの中では最小かつ最軽量なモデルとなっています。ボディサイズは手に持った状態で手のひらに収まるぐらいのサイズ感で、スマートフォンぐらいと考えればわかりやすいかと思います。手のひらサイズで軽量ですので、女性が長時間撮影していても疲れにくく、コンパクトなボディですので、バッグ等に入れて持ち歩くことも容易にできます。

SONY HDR-CX470はなぜ人気なのか?

フルハイビジョン映像が撮れてとにかくコンパクト、価格も手頃 SONY HDR-CX470で採用されている処理エンジンは「Exmor R CMOSセンサー」を搭載しているので、明るいところだけではなく、光の少ない暗所での撮影においても、ノイズがあまり発生せず、綺麗な映像を撮影することができます。通常であれば、撮影の際にズームなどを使用すれば、ノイズがのりやすくなるのですが、SONY HDR-CX470ではズームした場合でもノイズの少ない映像を撮影することができます。そして価格も高いスペックがありながらも2万円代と非常にコストパフォーマンスが良く、人気のビデオカメラとなっています。ちなみにフルハイビジョンは撮影できますが、4K撮影には対応していません。

HDR-CX485やライバル機との比較

SONY HDR-CX470は前機種にあたるSONY HDR-CX485の上位クラスということではなく、廉価モデルという位置付けになっています。そのためSONY HDR-CX485よりも性能的に劣る部分がいくつか見られ、重さやサイズ、そして価格を重視したモデルということがわかります。SONY HDR-CX485のお手軽バージョンと捉えていただければ、わかりやすいかと思います。具体的なスペックとしては、ハード面では、バッテリーの小型化などにより、重さが従来よりも約200gほど軽くなっており、より持ち運びがしやすいようになりました。

SONY HDR-CX470の長所

長所① SONYの画像処理エンジンExmor R CMOSセンサー搭載で暗いシーンも鮮明

SONY HDR-CX470で採用されている、「Exmor R CMOSセンサー」は従来のCMOSセンサーとは異なり、これまでは光を受け取る受光面の前に受けた光を伝える配線層が配置されていたのですが、それを逆にすることで、レンズを通して入ってきた光が丸々受光面へ入ることで高感度撮影性能が飛躍的に向上しており、夜景や暗所での撮影時においてもノイズを低減し、高繊細で高画質な映像を実現しています。

長所② 内蔵メモリー32GBで長時間のハイビジョン撮影が可能

ハイビジョン撮影となると、撮影したデータ容量は大きくなってしまい、メモリー不足になることもありますが、SONY HDR-CX470では内臓メモリーが32GBと大容量ですので、容量を気にせずに撮影に臨むことができます。公式サイトによると、ハイビジョン画質撮影可能時間はAVCHD/LPモード(60i) 1440×1080で約7時間55分となっています。また内蔵メモリーに記録された動画データを本体内で、メモリーカードなどにダビングすることも可能です。ダビングする際はデータ容量が大きくなっていますので、マイクロSDのスペックとしてはClass4以上が推奨です。

長所③ 5軸方向で手ブレを補正する光学式手ブレ補正(インテリジェントアクティブモード)

手持ち撮影を行っている場合などは手振れなどがどうしても発生してしまいます。特にズームで撮影を行っている場合には、さらに手振れが大きくなってしまいます。しかしSONY HDR-CX470には5軸の光学式手振れ補正(インテリジェントアクティブモード)が搭載されていますので、ズーム時の撮影など、様々な撮影環境でもありとあらゆる方向のブレを抑制し、安定した映像を継続的に撮影することができます。

SONY HDR-CX470の短所

短所① 液晶画面がタッチパネル対応ではない

SONYで発売されている多くのビデオカメラがタッチパネルに対応した液晶モニターを搭載しておりますが、SONY HDR-CX470の液晶パネルはタッチパネルには対応しておりません。しかしタッチパネルに非対応だからといって特に不便さはあまり感じません。ボタンでの操作で十分操作のしやすい設計となっていますので、初心者などでも戸惑うことなく操作することができます。

短所② バッテリーが内蔵タイプなので大容量のものに交換できない

SONY HDR-CX470より上位のビデオカメラは、バッテリーが外付けのような形になっているので、容量が大きいタイプのバッテリーに交換することで長時間の撮影が可能でしたが、SONY HDR-CX470ではバッテリーが内蔵タイプになっているので、上位機種のように大容量タイプのバッテリーに交換することができません。実質的に専用のNP-BX1というバッテリーしか使用できないことになります。長時間撮影する際は予備のバッテリーを購入することをおすすめします。

SONY HDR-CX470の便利な機能 便利な機能① 「おまかせオート」で誰でも美しい映像が記録できる

カメラ側が自動で「顔」「シーン」「揺れ」「屋内・屋外」の4つの要素を識別し、約90通りもの組み合わせの中から、その撮影シーン、撮影状況に適した映像が撮影できるように自動で設定を行ってくれる「おまかせオート」機能を使用すれば、撮影に不慣れな初心など、誰でも簡単に綺麗な映像を撮影することができます。

便利な機能② 「スマイルシャッター」が被写体の笑顔を感知、自動で写真に残してくれる

ビデオカメラにもかかわらず写真撮影機能も搭載されているのですが、ただの撮影だけではなく、スマイルシャッター機能も搭載されています。動画撮影中に被写体の笑顔を感知すると、自動で写真を撮影する機能になります。撮影される写真の画素数は最大約920万画素となっています。

便利な機能③ 「ハイライトムービーメーカー」でBGM付き動画をラクラク編集

動画撮影時においても非常に快適に撮影を行うことができる為、撮影自体も楽しめるのですが、動画を撮影した後の編集作業も楽しみの1つです。旅の思い出などを1本のショートムービーなどにまとめておくと、後で見返した際に思いでに浸ることができます。しかし動画編集と聞くと、エフェクトやBGM、動画のつなぎなど非常に難しく思われる方も多いと思いますが、ハイライトムービーメーカーを使用すれば、撮影した映像を誰でもおしゃれなショートムービーにすることができます。ハイライトムービーメーカーでは、ズームや笑顔といった撮影時の情報などから自動でシーンを分析し、ハイライト場面を抽出してくれます。BGMに関しては無料のパソコン用ソフトウェアであるPlayMemories Home(TM)(プレイメモリーズホーム)を使用すれば、自分好みのBGMにすることができ、そのBGMも自動で解析し、そのBGMのテンポなどに合わせて映像を切り替えてくれます。手振れなどによって失敗した撮影シーンや同系統の色味のシーンなども連続してつながれないように自動で調整してくれます。出来上がったショートムービーはMP4動画形式で、スマートフォンなどのモバイル機器を介して、友人や家族など様々な人とシェアすることができます。

SONY HDR-CX470の活用法

活用法① 動画撮影中でもフォトボタンで高画質写真を撮影できる

動画撮影中において、ボディのフォトボタンを押すと、最大920万画素相当の写真を撮影し、保存することができます。この際も動画撮影は実行されたままですので、同時に撮影をおこなうことになります。笑顔を検知して自動で撮影を行うスマイルシャッターと併用すれば、小さなお子さんのベストショットなどの撮り逃しもありません。

活用法② マイクロ端子ケーブルでTVと接続して上映会

SONY HDR-CX470を購入した際には1mのHDMIマイクロ端子ケーブルが付属しているので、撮影した映像をテレビなどを使用して、みんなで見ることができます。ケーブルの長さが短いので、長めのHDMIマイクロ端子ケーブルを購入しておくと便利です。

活用法③ MP4動画を同時記録できるからスマホでの再生や家族、友人との共有もスムーズ

撮影ファイル形式をMP4で同時撮影することもできるので、撮影後にスマートフォンへデータを移して再生することや、家族や友人などと動画ファイルをシェアすることもできます。

おススメアクセサリー

アクセサリー① バッテリー NP-BX1

SONY HDR-CX470では大容量タイプのバッテリーに交換することができない為、このNP-BX1を使用するしかありません。連続撮影可能時間は約7時間55分ですが、撮影環境や使用方法によっては、この時間を下回ることが予想される為、運動会やイベントの撮影の場合には予備のバッテリーを複数所有しておいた方が良いです。

アクセサリー② SONY アクセサリーキット ACC-TRBX

リチャージャブルバッテリーパック(NP-BX1)、バッテリーチャージャー(BC-TRX)がセットになったものです。バッテリーチャージャーはUSB出力が可能になっているので非常に便利です。一番理想的な使い方としては、本体使用中に予備のバッテリーを充電しておくことで、予備のバッテリーを使用している間は、初めに使用していたバッテリーを充電し、無駄のない撮影を行うことです。

SONY HDR-CX470に関するQ&A

Q&A① 同梱されている付属品は?

リチャージャブルバッテリーパック(NP-BX1)、ACアダプター(AC-UUD12)、HDMIマイクロ端子ケーブル、USB接続サポートケーブル、取扱説明書、保証書が同梱されています。

Q&A② SDカードは使える?

それぞれの撮影設定によって次のように推奨のSDカードがあります。XAVC S HD記録:マイクロSDHCメモリーカード4GB以上、(Class10以上)/マイクロSDXCメモリーカード(Class10以上推奨)、AVCHD/静止画記録: メモリースティックマイクロ™(Mark2)、マイクロSD/SDHC/SDXCメモリーカード(Class4以上推奨)

SONY HDR-CX470をおススメする理由まとめ

機能充実、バッグに入れてどこにでも持ち歩けるコンパクトさが魅力

SONY HDR-CX470はフルハイビジョン対応ビデオカメラとしては、数あるビデオカメラの中でもトップクラスのコンパクトさ、軽量モデルとなっており、価格も非常に安くなっています。スペックとしては、完璧とまではいきませんが、運動会やイベント行事などで使用する分としては申し分ないスペックですので、初めてビデオカメラを購入される方や、とりあえずビデオカメラを購入しておこうと考えている方などには非常におすすめできるビデオカメラです。手頃な価格で、初心者にも扱いやすく、そこそこ綺麗な動画が撮影したいという方はぜひともSONY HDR-CX470の購入を検討してみてはいかがでしょうか。