カメラ

超高級コンパクトデジタルカメラ SONY DSC-RX100M6 を徹底紹介! 

SONY DSC-RX100M6の紹介

写真に興味はあるけれど、大きいカメラは邪魔、逆に小さいカメラはスマホとあまり変わらない、そうお考えの方も多いのではないでしょうか。SONY DSC-RX100M6はそんなイメージをくつがえす高性能デジタルカメラです。ポケットに入るコンパクトなサイズながら、高画質も同時に実現する1台です。この記事では、そんなRX100M6のハイクオリティな機能を詳細にご紹介していきます。ちょっとしたお出かけの際に手軽にハイクオリティーな写真を撮影したい、そんな方はこの記事を参考にしてみてください。

高倍率ズーム採用、高級コンパクトカメラ

DSC-RX100M6はコンパクトデジカメながら、少し高めの価格が設定されている高級デジカメです。その価格設定には理由があり、このカメラには小さなボディにSONYの技術が余すところなく詰め込まれています。高画質な描写性能、超高速オートフォーカス、高倍率ズームなど、撮影者の思い通りに最高の1枚を撮影するために最適な機能が揃っています。

SONY DSC-RX100M6はなぜ人気なのか?

シリーズ初の望遠端200mmのズームレンズ

DSC-RX100M6はシリーズ初となる望遠端200mmのズームレンズを搭載しています。倍率で言うと光学8倍のズームレンズを搭載しており、旧モデルのRX100M5と比べて約3倍の倍率です。今までの機種で望遠性能が物足りなかった人にとって待望のスペックであるだけでなく、初めてRX100Mシリーズを手に取る人でも、その実用的な望遠性能にきっと満足していただけるカメラになっています。

RX100M5と比べてわかる、高倍率化でも画質は高感度

類似商品として前モデルのRX100M5と比較すると、スペック上約3倍の望遠性能になっているにも関わらず、新しくなった画像エンジンやRXシリーズ最多枚数の非球面レンズによって、どの倍率においても鮮やかで高感度な画質を実現しています。

SONY DSC-RX100M6の長所

光学8倍ズームレンズ搭載

この機種は光学8倍のズームレンズを搭載し、望遠撮影をすることができます。現在発売されているネオ一眼デジカメなどでは数十倍の超望遠撮影をすることができますが、月や野鳥、スポーツ観戦時の撮影などでなければそこまでのズーム性能は必要ありません。運動会など日常生活で活躍するレベルの光学ズーム性能を持っていますので、デジタルズームしかできないスマホでの撮影と比べ、望遠域でも高画質の写真を撮影することができます。

進化した画像処理エンジン

SONYのカメラにはBIONZ Xという画像処理エンジンが搭載されています。RX100M6に搭載されているBIONZ XはRX100M5よりもさらに進化し、写真の解像感を高めながら、低ノイズを実現しています。ディテール再現にもこだわった画像処理エンジンとなっており、被写体を人間の目で見たまま描写する再現性も向上しています。また、暗所での解像性能も向上しており、夜間での撮影においても高画質の撮影が可能となっています。

高速連写性能

DSC-RX100M6は高画質の写真撮影ができるだけでなく、動体の撮影にも強い性能を持っています。SONYの高速なハードウェアと進化した画像処理エンジンの組み合わせにより、AF・AE追随しながら最高24コマ/秒の高速連写性能を実現しています。電子ビューファインダーの表示ラグも低減されており、高速に動き回る被写体の撮影においても、決定的な一瞬を逃すことがありません。

ワンタッチ操作が可能

せっかく高画質撮影ができるカメラを持っていても、ピント合わせがうまくいかなければ思い通りの写真を撮ることはできません。RX100M6については液晶モニターをタッチしてフォーカス位置を選択できる機能や、電子ビューファインダーを覗いた状態でフォーカス位置を移動できるタッチパッド機能を持っています。カメラの扱いが慣れていない人にとっても簡単に思い通りの位置にピントが合う便利な機能です。

音を出さずに撮影が可能

この機種は電子シャッターの使用も可能なため、シャッター音を出さずに撮影を行うことも可能です。あまり頻度は多くないかもしれませんが、コンサートなど静かな場面で撮影したいなどのいざという時に重宝します。また、電子シャッターを使用すると高速移動する被写体は歪んで撮影される欠点がありますが、その歪みをほぼわからない程度に低減する技術も搭載しており、サイレント撮影においても最高級の撮影画質を提供してくれます。

邪魔にならない薄型サイズ

ここまででRX100M6の高性能さをお話ししてきましたが、何と言っても驚きなのはこのスペックでありながら、本機のサイズがポケットに収まる薄さ、大きさであるということです。本格的な写真を撮影したいけれども、大きなカメラを持ち運ぶのには抵抗がある、そんな人に強くおすすめできる1台です。
SONY DSC-RX100M6の短所 「滑りやすい」本体が残念 DSC-RX100M6は本体の材質的に滑りやすく、コンパクトなサイズであるためホールド感は少し低めです。持ちづらいだけであればまだ良いですが、落下させると大変ですので注意しなければなりません。ストラップもしくは後付けのグリップなどで、カメラの落下防止を十分に行う必要があります。
「micro USB」を採用 最近のコンパクトデジカメでは、USB Type Cインタフェースを搭載した機種が出てきています。USB Type Cでは10Gbpsのデータ転送速度が実現できるため、パソコンとの有線接続でのデータ通信が早くなります。本機では「micro USB」が採用されているため、それほど速いデータ通信は期待できませんが、2018年以前に発売された機種はほぼ同等の条件のため、この機種特有のデメリットと言う訳ではありません。

SONY DSC-RX100M6の便利な機能

高倍率ズーム

DSC-RX100M6はズーム性能に優れ、一眼レフカメラでも大口径となる望遠レンズを使わなければ撮影できない200mm(35mm判換算)の写真が撮影可能です。センサーサイズの大きい一眼レフカメラに比べれば画質は劣りますが、この小型ボディでこれだけの望遠が高画質に撮影できるというだけで、十分に使い勝手に優れた1台だと言うことができます。

連写撮影画像のグループ表示

動物やアクションシーンなど動体の撮影には連写機能がとても役に立ちますが、連写撮影した画像はカメラ内の再生モードだと何枚も同じような写真が並んで見辛いものです。DSC-RX100M6では設定で連写撮影画像をグループ表示することができます。再生画面が見やすくなるとともに、グループ内での画像削除などの操作もできますので、撮ったその場での画像選別など整理も簡単にできます。

サイレント撮影機能

小さいお子さんがいるご家庭なら、発表会や寝顔など、音を出さずに撮影したいシーンもあると思います。DSC-RX100M6はサイレント撮影機能を搭載しているため、そのようなシーンでも大活躍します。このサイレント撮影機能は連写撮影時も設定可能なため、静かに撮影したい際にも大事なワンシーンを取り逃がすことがありません。

「アンチディストーションシャッター」

高速で動作する被写体を撮影する際には、センサーの読み出しスピードよりも早く動くものを撮影すると、ローリングシャッター現象という被写体が歪んでしまう現象が起こります。車から景色をとると斜めに歪んでしまったりすることが例としてあります。DSC-RX100M6では「アンチディストーションシャッター」機能を搭載し、この歪みを低減しています。連写性能を生かした動体の撮影でも見たままに被写体を切り取ることができます。

瞳AF機能 (「ファストハイブリッドAF」)

瞳を検出してオートフォーカスする瞳AF機能がこの機種には搭載されていますが、AFの検出精度や速度が前機種のDSC-RX100M5より向上し、追随性能が約2倍となっています。動いている人を撮影するときにも、一瞬の表情を逃しません。また、被写体が遠い場合や、逆光で顔が暗い場合などの瞳AFが厳しいシーンでも瞬時にフォーカスするなど、性能が飛躍的に向上しています。

SONY DSC-RX100M6の活用法

遠くの被写体を拡大して撮影したい

DSC-RX100M6は光学8倍のズーム撮影が可能です。遠くの被写体を拡大する際にも画質の劣化なく簡単にズームして撮影することができますので、撮影する写真の幅も広がります。遠くのものをズームして撮影することもできますし、近くの被写体であれば一部を拡大して撮影するなどプロのような表現で撮影することもできます。

高速かつ正確にピントを合わせて撮影したい

この機種は画質の高さもありますが、何と言ってもオートフォーカス速度と追尾性能の高さが長所です。高速に動く被写体の撮影に強さを発揮し、走り回る犬や激しいスポーツのワンシーンなど、動きが速くて普通のカメラでは撮影しづらい場面でも大活躍します。

背景をしっかりボカしてプロ並みの写真を撮りたい

DSC-RX100M6はコンパクトデジカメながら、背景をボカした写真を撮影することもできます。絞り優先モードに設定してF値を小さい値にセットして撮影すれば、簡単にボケ感のある写真を撮影することができます。コンデジでは撮影が難しい本格的な写真を簡単に撮影することができますので、写真撮影の楽しさを一層感じていただける、満足感の高いカメラです。

おススメアクセサリー

ソフトキャリングケース「LCS-RXG」

カメラを持ち運ぶときにはちゃんと収納したいものの、一瞬のシャッターチャンスに備えて、取り出しやすさも重視したいところです。SONY純正のソフトキャリングケースLCS-RXGはRX100専用に作られており、しっかりカメラをガードするだけでなく、大きな開口部で取り出しやすい作りになっています。また、カラビナを装着するためのカラビナループも持っていますので、カラビナを購入してベルトループに引っ掛けてハンズフリーで持ち運ぶことも可能です。また、このケースは本革を使用しており、大人の上品なファッションを邪魔しないデザインになっています。

シューティンググリップ「VCT-SGR1」

DSC-RX100M6はコンパクトなデザインのため、このシューティンググリップでスマホのような取り回しをすることができます。自撮り棒として使うこともできますし、ワンボタン操作で気軽にシャッターを切るような使い方もできます。このグリップは上方向に70度、下方向に100度まで角度調整が可能なので、構えるのが難しいアングルの撮影も簡単に行えます。また、本格的なものには劣りますが、三脚としても使用できますのでちょっとした定点撮影にも気軽にチャレンジできます。

アタッチメントグリップ「AG-R2」

先にお話しした通り、この機種についてはホールド感に弱いところがありますので、アタッチメントグリップは必須のアイテムです。手にフィットする形状で、突然のカメラの落下を防ぎます。弾力性のある素材を使用していますので、滑りづらいだけでなくカメラが一段と持ちやすく感じられることでしょう。

予備バッテリー「NP-BX1」

この機種はボディーがコンパクトなため、バッテリーが小さく電池の持ちがあまりよくありません。1日中持ち歩いてたくさん写真を撮影したい場合には少しかさばりますが、予備バッテリーを2~3個持ち歩くのがおすすめです。電池の性能やカメラ本体への影響を考えると、バッテリーについては格安品でなく純正の「NP-BX1」を購入されるのが良いでしょう。

アクセサリーキット「ACC-TRBX」

上で予備バッテリーの重要性についてお話ししましたが、本機はカメラにACアダプターを装着して充電するタイプで充電器が付属していません。ですので、予備バッテリーを購入したら充電器も合わせて購入したいところです。このアクセサリーキットはバッテリーとバッテリーチャージャーのセットで、それぞれを単品で買うよりも1000円程度お得に購入できるのでおすすめです。

SONY DSC-RX100M6に関するQ&A

デバイス ステージ (Device Stage) とは?

Device StageとはWindows7から追加になった機能で、カメラやプリンター機器などをパソコンに接続した状態でDevice Stageを開くと、機器のヘルプや付属アプリケーションなどに簡単にアクセスできる機能です。

iPhone(iPad)とソニー製カメラを接続する方法は?

本機とiPhone(iPad)を接続する方法は簡単です。まず、iPhone側には専用ソフトPlayMemories Mobileをインストールしておきます。カメラでMENU→ネットワーク→スマートフォン操作設定→接続と選択すると、QRコードとSSIDが表示されます。iPhoneで専用ソフトを起動し、カメラのQRコード読み取りを選択し、画面の表示に従ってQRコードを読み取り、プロファイルをインストールします。次にiPhoneのWi-Fi接続先でカメラに表示されていたSSIDの接続先を選び接続します。最後にiPhoneのホーム画面に戻り、専用ソフトを再度立ち上げると接続は完了です。iPhoneから撮影などのカメラ操作が行えます。

PlayMemories Homeでパソコンとカメラを接続する方法は?

PlayMemories Homeを使用すると、ご家庭のWi-Fi経由でパソコンに自動的に写真を取り込むことができます。使用方法としては、まずカメラをご家庭のWi-Fiに接続できるように設定します。次にカメラをWi-Fi接続した状態でパソコン上でPlayMemories Homeを起動し、カメラとパソコンをUSB接続します。Wi-Fi取り込みの設定に移りますので、それ以降はソフトの指示に従って設定します。

ここまで準備ができたらカメラとパソコンがWi-Fi接続された状態で、カメラのMENU→ワイヤレス→パソコン保存を選択します。画像の転送が始まり、転送が終わると自動的にパソコンの電源が切れて終わりです。

SONY DSC-RX100M6をおススメする理由まとめ

離れた場所でもクッキリ撮れる、薄型、望遠レンズカメラ この記事ではSONYの超小型高性能カメラであるDSC-RX100M6についてご紹介しました。RX100M6は光学8倍のズームレンズとSONYの最新のテクノロジーによって、離れた場所でもクッキリきれいな写真が撮影できる高性能な1台です。ポケットに収納できるくらい、小型、薄型なカメラですので、ちょっとしたお出かけの際にも持ち歩いて、高画質の撮影を満喫してみてください。

高級コンデジ
【2019年最新版】高級コンデジおすすめランキングトップ20!!メーカー別、機能別に徹底比較 !!高級コンデジとはどんなカメラ? 高級コンデジと呼ばれるカメラは、センサーサイズが1型以上のセンサーサイズが搭載されていて、高画質な写真...