カメラ

リコー PENTAX K-1 Ⅱは最高峰のカメラ!徹底レビュー

リコーPENTAX K1 Ⅱの紹介

リコー PENTAXのフラッグシップモデル

リコーの「PENTAX K-1 Mark II」は。リコーが誇るフルサイズデジタル一眼レフカメラのPENTAXシリーズのフラグシップモデルです。
先代のフラグシップモデルであった「PENTAX K-1」が2016年に発売であったため、わずか2年でフラグシップモデルが新しくなっています。
スマートフォンなら1年で交代は当たり前ですが、フルサイズデジタル一眼レフカメラではかなり異例のモデルチェンジとなっています。
といっても先代モデルに問題があったのではなく、より完成度を高めるためのモデルチェンジと考えることができるでしょう。
それからこれも異例なことですが、先代モデルユーザーも大事にする姿勢として、有償ではあるものの、先代モデルのK-1ユーザーにはアップグレードサービスによって「PENTAX K-1 Mark II」と同等機能にグレードアップする施策が取られています。
そんな異例な出自を持つ「PENTAX K-1 Mark II」がどんな機能を持つのか、何がアップグレードされたのか、ライバルと比べてどうなのか、紹介していきます。”

リアル・レゾリューション・システムII

PENTAXの画像処理、特にKシリーズでは、CMOSイメージセンサーを1画素ずつ動かして、4枚の画像を撮影し、画像処理することで超高精細な画像を実現するという「リアル・レゾリューション・システム」を搭載しています。
一眼レフカメラのCMOSセンサーを1画素ずつ動かすなんて、あまりにも緻密な画像処理は想像がまったく及ばない処理ですが、今回のその独自の画像処理である「リアル・レゾリューション・システム」が超高精細な画像処理に手ブレ補正を加え、「リアル・レゾリューション・システムII」に進化しました。”

リコーPENTAX K1 Ⅱはなぜ人気なのか?

必要な機能が高次元でまとまっている

デジタルカメラの世界でも小型化の傾向は非常に顕著で、同じレンズ交換式カメラでもミラーレスカメラはレンズ以外のサイズ感がどんどんコンパクトデジカメに近づいて行っています。
技術の進化による小型化自体は歓迎すべき傾向ですが、なんでも小型にすればいいというわけではなく、プロ向けとしての使用に耐えることができるような商品、特にフラグシップモデルを名乗るような商品には最適なサイズがあるということを示すサイズ感の商品ということができます。
モデルチェンジが早かったこともあるでしょうが、サイズ感や各操作パーツは先代モデルから一切の変更はありません。
グリップ部のラバーは良好なホールド感を提供してくれ、「スマートファンクション」と呼ぶ独自の仕組となっている各種ボタンやダイヤルの組み合わせは、使いこなすことで必要な機能を自由に呼び出せるようになっています。
35mmフルサイズCMOSセンサーの有効画素数は3640万画素というセンサーを搭載し、「リアル・レゾリューション・システムII」という高解像度処理と手ブレ補正が一体になった機能は写真を撮るために必要な機能がこれでもかというぐらいに高次元にまとまっているといえるでしょう。”

 Nikon デジタル一眼レフカメラ D810

「PENTAX K-1 Mark II」のライバル機種はどのあたりの機種になるのでしょうか。
機能的には「PENTAX K-1 Mark II」よりだいぶ以前から発売されている機種ですが、ニコンのD810がいいライバルになるでしょう。
本体のサイズ感やCMOSセンサーの有効画素数はほぼ同等で、機能的にも同じレベルの商品と言えるでしょう。
しかし、「PENTAX K-1 Mark II」の方が「リアル・レゾリューション・システムII」による超高解像度処理の恩恵もあり、ISOの最大感度は大きくリードしています。
また手ブレ補正も「PENTAX K-1 Mark II」にしかないため、ライバル機種ではあるものの「PENTAX K-1 Mark II」の方が細かな部分で一歩リードしていると言えます。”

リコーPENTAX K1 Ⅱの長所

長所① 手振れ補正機能が優秀

「PENTAX K-1 Mark II」の手振れ補正は非常に優秀で、先代モデルのK-1で大幅に強化されていました。
それまでの2軸センサーにジャイロセンサーと加速度センサーを2軸追加し、5軸センサーによる手ブレ補正が非常によく効きます。
しかも、「PENTAX K-1 Mark II」では「リアル・レゾリューション・システムII」による超高解像度処理にも手ブレ補正が対応しているため、非常に安心して撮影に臨むことができるでしょう。
(一度慣れてしまうと他のメーカーの手ブレ補正では安心できなくなるかもしれません。)”

長所② 丈夫なボディと防塵・防滴性能

「PENTAX K-1 Mark II」のカメラ本体は頑丈なマグネシウム合金で包まれる構造になっています。
マグネシウム合金は高い剛性と耐衝撃性を持っており、カメラ本体を高い耐久性で守ってくれます。
また、どんな天候でも故障することがないように防塵防滴対応が施されています。
特筆すべきなのは、カメラ本体はもちろんですが、操作部分にあたるボタンやダイヤル部分も防塵防滴対応が施されているため、水中撮影はさすがに無理ですが、全天候対応ということができるでしょう。

リコーPENTAX K1 Ⅱの短所

使いこなすには技術が必要

「リアル・レゾリューション・システムII」による高解像度処理や豊富な機能ダイヤル、ボタンにより多彩な撮影機能を持つ「PENTAX K-1 Mark II」ですが、豊富な機能は使いこなすのに一定の技量を求めることになります。
機能ダイヤルとボタンの組み合わせは慣れてしまえばメニューから機能を呼び出すよりよっぽど素早く操作することができますが、初めて使う方とくに一眼レフカメラの初心者にはかなりハードルは高くなってしまうと言わざるを得ないところは短所とも言えます。

リコーPENTAX K1 Ⅱの便利な機能

便利な機能① スマートファンクション

豊富な機能を少しでも素早く使えるように、使いやすくできるように考えられた機能が「スマートファンクション」です。
機能の豊富さからそれでも初心者にはハードルが下がり切ったとは言えませんが、2つのダイヤルの組み合わせで露出補正やISO感度の調整、無線LANのオン・オフ切り替えなど様々な機能を利用することができます。
まず内側のダイヤルで調整する機能を選択肢、その後外側のダイヤルで調整を行うという機能の選択と調整を別々のダイヤルに割り当てることで多くの操作を2つの操作ダイヤルのみで実現できるようになっています。

便利な機能② アシストライト機能

外での撮影時、特に夜間など暗いところでの撮影を行う際、一眼レフカメラのようにレンズ交換を行うカメラではスムーズにレンズ交換を行うにはかなり慣れを必要とします。
「PENTAX K-1 Mark II」では、そういった際に手探りでレンズ交換を行わなくても済むようにレンズ部などをライトで照らす「アシストライト機能」があります。
レンズ部以外にも、SDカードスロットやケーブルスイッチ端子部、液晶モニターの背面にアシストライト機能のためのLEDライトを設置しており、暗いところでの操作を少しでもスムーズに行えるように配慮していると言えます。

便利な機能③ フレキシブルモニター

一眼レフカメラもデジタルになり、液晶モニターを持つようになってから様々な姿勢でも撮影を行えるように液晶モニターを可動させるバリアングル液晶やチルト式液晶といった機能を持つデジタル一眼レフカメラが多くなっています。
「PENTAX K-1 Mark II」はチルト式、バリアングル式のいいところをそれぞれ取り入れた「フレキシブルモニター」という方式を採用し、液晶のモニターを可動できるようにしています。
形としてはチルト式に近い形をしているのですが、チルト式が上下のみ可動するのに対して、さらに左右にもモニターを傾けることができるようになっているのが「フレキシブルモニター」です。
上下左右に動く液晶モニターは撮影の自由度をかなり高めてくれるでしょう。

便利な機能④ カスタムイメージ機能

撮影する被写体や撮影者の表現意図によって写真の写り方をオートではなく調整する場合がありますが、「PENTAX K-1 Mark II」では「カスタムイメージ機能」という機能によって被写体に応じた色調やメリハリ感を調整することができます。
カメラが被写体を認識し、自動的に映り方を調整する「オートセレクタ」という機能をはじめ、全部で13種類のカスタムイメージが設定されており、使いこなせるようになると写真の写り方に対して多彩な調整を行い、印象的な写真を撮れるようになるでしょう。

リコーPENTAX K1 Ⅱの活用法

アストロレーサーで天体写真を撮る

PENTAXでは、天体撮影を得意としていますが、その機能が「アストロレーサー」という機能です。
カメラに搭載されたGPS・磁気センサー・加速度センサー・手ブレ補正機能を駆使することで、天体の動きを算出し、CMOSセンサーを天体の動きに同調させて撮影を行えます。
この機能によりカメラ単体で赤道儀を用いたような写真を撮ることができます。
天体観測愛好家にとってはこの機能だけでも「PENTAX K-1 Mark II」を購入し、PENTAX愛好家になる価値があると言えるでしょう。

おススメアクセサリー

アクセサリー① バッテリーグリップ D-BG6

「PENTAX K-1 Mark II」のおすすめアクセサリーに「バッテリーグリップ D-BG6」があります。
外観をごつくしてしまうため、好みが分かれるアクセサリでもありますが、本体と同等の防滴防塵対応を施されており、バッテリー内蔵により撮影可能枚数が本体のみの2倍近くまで伸ばすことができます。
純正アクセサリであるため、ホールド感やカメラとの一体感も非常に高いアクセサリとなっています。
「縦位置グリップ」と呼ばれることもあるもあるこのグリップにより縦位置での撮影が非常に楽になるのもおすすめしたくなる理由となっています。”

アクセサリー② ケーブルスイッチ CS-205

「PENTAX K-1 Mark II」を三脚で固定した状態で自由な姿勢で写真を撮影したり、シャッターを押すことによる振動をわずかほども伝えたくない場合におすすめしたいアクセサリが「ケーブルスイッチCS-205」です。
カメラ本体のレリーズソケットにケーブルをつなぎ、リモコンによりシャッター操作を行えるようになります。天体写真を撮影する場合などに必需品のアクセサリと言えるでしょう。”

アクセサリー③ SanDisk 64GB Extreme PRO UHS-I SDXC 170MB/s SDSDXXY-064G

「PENTAX K-1 Mark II」では、有効画素数3640万画素、「リアル・レゾリューション・システムII」による超高解像度の写真を撮影することができるため、撮影された画像のファイルサイズは当然のことながら大きくなります。
その写真を保存するには信頼性が高く、かつ転送速度が高速なメディアが必要不可欠と言えます。
そこでおすすめできるメディアが「SanDisk 64GB Extreme PRO」です。
SanDiskの独自技術により、UHS-Iの理論値(104MB/s)を超えるリード最大170MB/s、ライト最大90MB/sの転送速度を実現しています。
スマートフォンに使用しているよう容量重視のmicorSDカードと比べると信頼性、価格ともに段違いとなりますが、それだけの価値のあるSDカードと言えるでしょう。

リコーPENTAX K1 Ⅱに関するQ&A

Q&A① フラッシュは必要?

「PENTAX K-1 Mark II」に内蔵フラッシュはないため、夜間の人物撮影等を考えるとフラッシュは必要となります。
PENTAXのデジタル一眼レフカメラのフラッシュはサードパーティ製は選択肢がほとんどないのと、カメラ側との動作連動する保証があまりないため、必然的に純正品を選択することになります。
純正品の選択肢は3種類あり、カメラ本体と同じく防塵防滴に対応しているほか、小型モデル、ビデオライトも搭載したモデル、大光量モデルがそろっています。

Q&A② レンズはどんなものが使える?

「PENTAX K-1 Mark II」のレンズマウントは「ペンタックスバヨネット KAF2マウント」に対応しています。
ライバル各社と比べるとPENTAXのレンズは種類があまり多くないと言われています。
使用できるレンズの種類としては、「D FAレンズシリーズ」、「FA/FA Jレンズシリーズ」、「DAレンズシリーズ」、「Aレンズシリーズ」があります。
その他、マウントアダプターとの組み合わせによって「67レンズシリーズ」、「645レンズシリーズ」、「Sマウントレンズシリーズ」も使用することができます。

リコーPENTAX K1 Ⅱをおススメする理由

まとめ 高い信頼性を持つフィールドカメラの決定版 “カメラ本体をマグネシウム合金で包み、ボタンやダイヤル部を含めて防塵防滴に対応する「PENTAX K-1 Mark II」は高い強度とすぐれた耐久性を持つフィールドカメラの決定版と言えます。
超高解像度と手ブレ補正、多彩な撮影機能により過酷なフィールド環境での撮影にも対応できる「PENTAX K-1 Mark II」を相棒に様々なシーンを撮影する楽しみを味わってください。”