カメラ

アウトドア派の人にピッタリ 一眼レフカメラ PENTAX K-70 を徹底紹介!嬉しい便利な機能とコスパの良さとは

PENTAX K-70の紹介

一般的なカメラでは、各メーカーによっても異なりますが、様々な機能が搭載されています。写真の仕上がりを設定する機能やインターバル撮影などの機能など各カメラやメーカーによってもそれぞれ機能が異なります。これらの機能が多ければ多いほど、撮影できる写真の種類や幅は広がります。そんな便利な機能が豊富なカメラがPENTAX K-70です。またPENTAX K-70はコストパフォーマンスも非常に優れていますが、そう言われる理由なども今回ご紹介していきたいと思います。

雨にも負けず、風にも負けない高画質カメラ

カメラは常に出先で使用するものですので、様々な環境下での撮影を前提に製造されています。このボディの構造の強度は各メーカーやカメラによっても異なりますが、PENTAX K-70に関しては防塵・防滴構造が非常に優秀で、雨の日などでも安心して撮影することができます。

PENTAX K-70はなぜ人気なのか?

防塵防滴構造&-10℃での動作保証

PENTAX K-70のボディには液晶モニターを含むボディ全体に約100点のシーリング部材を使用することにより、水滴やほこりが侵入することを防ぐことができます。寒冷地などの撮影では時には氷点下での撮影が想定されます。寒冷地ではカメラのバッテリーの消耗の増加など、パフォーマンス性能は非常に落ちますが、PENTAX K-70はー10℃以下での厳しい環境試験をクリアし、安心の耐寒動作保証を実現しました。

PENTAX K-50 と比べてわかる、ハイブリッドAFの凄さ

PENTAX K-70はPENTAX K-50の後継機という位置づけですが、ボディデザインとしてはPENTAX K-70は液晶モニターが可動式のバリアングル液晶になっています。これによりローアングル撮影時などが非常に撮影しやすくなります。

またAF性能についてもPENTAX K-70はライブビュー時のオートフォーカスに像面位相差AFを併用することができ、精度の高いコントラストAFとAFスピードの速い像面位相差AFを組み合わせてAFを行うハイブリッドAFに対応しています。PENTAX K-50との大きな差はこのAF性能の差だといえます。

PENTAX K-70の長所(おススメする理由)

コスパが良い

PENTAX K-70はエントリーモデルでありながら、画素数も2400万画素、ボディ内手振れ補正やボディの堅牢性の高さやその他の性能の高さから非常にコストパフォーマンスが優れています。PENTAX K-70の性能の高さは同社の中級カメラにも劣らないとも言われ、エントリーモデルでありながらもハイアマチュアでもメインカメラやサブカメラとして使用している方も多いぐらいです。

防塵防滴性能がスゴイ

カメラを装着しているといつの間にかほこりなどが混入してしまうことは仕方のないことです。完全密封というのは不可能ですが、PENTAX K-70の防塵防滴構造は非常に良く、なるべくカメラの隙間を無くすように様々な工夫がなされており、その為防塵防滴性能が非常に高いものとなっています。

選べるレンズが多数

カメラのスペックが非常に高くても、使用するレンズのバリエーションが少なければ意味はありません。PENTAX K-70のマウントはペンタックスバヨネット KAF2マウントとなっています。レンズラインナップも豊富で、超広角レンズから超望遠レンズまで幅広い焦点距離をカバーしています。また価格帯も安価なものも多く、初心者でも様々な焦点距離での撮影を楽しむことができます。

動画でもキレイな「ぼかし」が作れる

PENTAX K-70のセンサーサイズはAPS-Cでフルサイズには敵いませんが、スマートフォンなどでは得られないボケ味が得られます。もちろん写真だけはなく、動画撮影においてもボケを活かした映像を撮影することができます。

AFが早い

PENTAX K-70では従来のAF機構ではなく、コントラストAFと像面位相差AFを組み合わせたハイブリッドAFを採用しています。これにより、精度の高いAFと合焦スピードの速い像面位相差AFの良いところだけを使用した最速かつ、精度の高いAFを実現しています。

ISO感度が最高(暗くても大丈夫!)

夜間などの暗所での撮影シーンではISO感度はどうしても高く設定する必要がありますが、このISO感度が高い状態での撮影、いわゆる高感度撮影時においてもISO感度を上げた際に出現するノイズが最小限で済むように設定されています。最高ISO感度も102400と非常に高く、尚且つ高感度撮影時でも美しい描写を実現しており、その為夜間の手持ち撮影もストレスなく楽しむことができます。

最強手ブレ補正機能

PENTAX K-70にはボディ内手振れ補正機構が搭載されており、約4.5段もの手振れ補正効果が得られます。手振れが発生しやすい夜間での撮影や望遠レンズを装着している場合での撮影などで活躍します。

PENTAX K-70の短所

適したレンズ選びが初心者には難しい

PENTAX K-70に装着することができるレンズの種類は非常に豊富です。これは初心者などでも安価である程度の性能のレンズを使用できるという面で非常に大きなメリットなのですが、種類が多すぎるということは、初心者にとってはどのレンズを選んでよいか分からなくなってしまう。というデメリットでもあります。レンズ選びについてわからない場合は、周りのカメラに詳しい人は家電量販店などのスタッフに聞いてみることをおすすめします。

バッテリー持ちが良くない

PENTAX K-70の撮影可能枚数はフラッシュ発光なしの場合は480枚とされています。しかしこれらはメーカーが算出している数字ですので、実際に使用するとこれよりも少ないことが多いです。ライブビューを使用する場合はさらにバッテリー消耗が早くなるので、予備のバッテリーは複数持っていると便利です。

PENTAX K-70の便利な機能

ハイブリッドAF

AF方式には2種類あり、それぞれメリット・デメリットがあります。コントラストAFはAF精度は高くなるのですが、その分ピントが合う合焦スピードが遅くなってしまいます。これに対し像面位相差AFはAF精度はコントラストAFに劣りますが、その分ピントが合う合焦スピードは速くなります。これらのAF方式を併用するハイブリッドAFを採用することで、精度が高く、合焦スピードが速くなります。

手ブレ補正 4.5段分

ボディ内に手振れ補正機構が搭載されているので、約4.5段分の手振れ補正効果があります。4.5段分というのは例えば、通常であれば1/200秒のシャッタースピードがなければ手振れが発生してしまう環境下では、1/200→1/100→1/50→1/25→1/12→1/9秒までシャッタースピードを落としても手振れを起こさないという意味です。

3EVの低輝度オートフォーカス

暗所での撮影時におけるAFについても優秀で、-3EV輝度まで対応しているので、肉眼でピントの合わせたい被写体が見えづらい暗所でも、しっかりとピンとを合わせることができます。

アストロレーサー機能

別売りのGPSユニット「O-GPS1」を装着することで、星などの天体追尾撮影が可能になります。天体の動きに合わせてセンサーが移動することで、長時間露光した場合でも線ではなく、点として星を写すことができます。

PENTAX K-70の活用法

とにかくアウトドア撮影が好き PENTAX K-70の防塵防滴・堅牢性は非常に高いため、室内撮影よりも様々な場所で写真を楽しみたい方はPENTAX K-70がおすすめです。急な雨などにも耐えることができるので、アウトドア派の方にピッタリのカメラです。

光の少ないシーンをキレイに撮りたい PENTAX K-70の高感度撮影性能は非常に高く、最高ISO感度も102400となっています。明かりの少ない場所でのスナップ写真などでもISO感度を上げた高感度撮影や、スローシャッターを使用する場合でも、手振れ補正がついていますので、安心して撮影を楽しむことができます。

おススメアクセサリー

リモートコントロール いろいろ 星空撮影や花火撮影、そして記念撮影などのカメラから離れた場所でシャッターを切りたい場合などはリモートコントローラーなどを使用しましょう。

望遠レンズ

手振れ補正機能が4.5段分ついていますので、三脚がなくても望遠レンズなどでの撮影を十分楽しむことができます。ボディのホールド性も高いので安定した撮影をすることができます。

オートフラッシュ

光量が足りない撮影シーンや、逆光撮影などの場合はストロボが必要になってきます。純正のストロボはボディと同じで防塵・防滴対応となっているので安心して使用することができます。

拡大アイカップ

ファインダーを除いた際のファインダー像を大きくすることができ、ピント合わせなどが非常にやりやすくなります。

バッテリー充電器

予備のバッテリーなどを購入する場合はバッテリー充電器も忘れずに購入しておきます。特にバッテリーを複数所持する場合は充電器も複数所持しておいた方が効率よく充電することができます。

フォーカシングスクリーン AFフレームマット

フォーカシングスクリーンは一眼レフカメラのファインダーに使用される焦点板のことを指します。フォーカシングスクリーンを交換することでマニュアルフォーカスによるピント合わせや水平・垂直出しなどをサポートすることができます。

外付けマイク

動画撮影などをする際はなるべく外付けマイクを装着するようにします。録音する音も鮮明に録音することができますし、内臓マイクではカメラの動作音を拾ってしまうこともあるため、外付けがおすすめです。

カメラケース

通常のカメラケースと違い、純正のカメラケースはファスナーが斜めになっていますので、肩掛けスタイルを崩さずに開閉することができます。

PENTAX K-70に関するQ&A

録音マイクはどこ?

トップカバーの両側に位置しています。外付けマイクを装着する場合は外部マイク端子があるので、そこに装着します。

ケーブルスイッチは使用できる?

PENTAX K-70のボディ側のマイク/ケーブルスイッチ兼用端子に別売りの「ケーブルスイッチCS-310」を接続することで使用することができます。

AF微調整の手順は?

次の①~⑥の順で行います。

①位相差AFでピントを合わせます。
②そのまま撮影するか、LV表示にします。
③撮影画像またはLV表示にてピントを確認します。
④前ピン傾向か後ピン傾向かを判定します。

確認方法として以下があります。
1 被写体へ位相差AFで合焦させ、そのままAF→MF切換スイッチをMFにする。
2 LV表示をONにする
3 LV画面で狙った被写体(測距点)の拡大表示を見ながらピントリングを一定方向にゆっくり動かして判断する。

・∞指標側に動かしてピントが合ってきたら前ピン傾向、ボケてきたら後ピン傾向
・逆に、∞指標から離れる近距離側に動かしてピントが合ってきたら後ピン傾向、ボケてきたら前ピン傾向 ※(備考)∞側、近側どちらに動かしてもボケてきたらピントはベストと見なせます。

⑤手順④の結果から、以下の(1)~(5)手順でAF微調整を設定します。

(1)カスタムメニューの4ページ、「23_AF微調整」を選択して十字キーの右を2回押すと設定メニューが表示されます。
(2)「2_一律 / 3_個別」のいずれかを選択しOKボタンを押します。 以下写真は「個別」を選んだ場合です。
(3)十字キーの下を押して「設定」を選び、OKボタンを押します。
(4)上記手順④の結果から、以下の通り調整値を増減します。上写真では調整値「-5」となります。
・後ピン傾向の場合・・・+側へ黄色い指標を動かす。
・前ピン傾向の場合・・・-側へ黄色い指標を動かす。
(5)調整値を入力後、OKボタンを押し、MENUボタンを押して撮影画面まで戻ります。
⑥手順①へ戻り、調整結果を確認します。

手ぶれ補正機構の使用できないレンズはある?

手振れ補正に非対応なレンズはなく、装着できるレンズ全てで手振れ補正機構が使用可能です。

PENTAX K-70をおススメする理由まとめ

どんな環境でもシーンを思いのままに表現してくれるカメラ

PENTAX K-70はエントリーモデルという位置づけながら、様々な性能や、ボディ側の防塵・防滴性能の高さを誇るオールラウンドなカメラです。ボディ側の強度が強いからこそ、安心して様々な環境下で、そのハイスペックを生かして写真を撮ることができます。手振れ補正やAF性能の高さ、画素数も高いことや描写力の高さ、そして高感度撮影性能の高さなどから、幅広い撮影シーンで大活躍するカメラといってもいいでしょう。