未分類

ParrotドローンBebop2 Powerwはなにがすごい?FPV付きの特徴を紹介します!

目次

ParrotドローンBebop2 Powerwの紹介

Parrotは気鋭のドローンメーカー。そのなかでも自信作であるBebop power2 power wのすごさとはどこにあるのでしょうか。その魅力を性能、コストパフォーマンスなどあらゆる点から徹底解説していきます!

Parrot Bebop 2とFPVグラスの組み合わせはまるでリアルフライト!

Parrot Bebop2 Powerの魅力はFPVディスプレイ対応!
FPVとはFirst Person Viewの略で、これは「1人称視点」を意味します。ドローンにカメラと映像送信装置を搭載することで、操縦者が身に着けるゴーグルに映像が映し出されます。この技術により操縦者はまるでドローンに実際に乗り込んでいるかのような臨場感のある映像を楽しむことができます。Bebop2 powerで迫力の空撮を行いましょう!

ParrotドローンBebop2 Powerwはなぜ人気なのか?

コスパ抜群のドローンとFPVのセットで迫力ある空撮が楽しめる

コストパフォーマンスの高さもBebop2 power大きな魅力です!FPVディスプレイ対応の撮影を行うためにはドローン本体だけでなくそのためのパーツも必要です。

しかしBebop2 powerであればその心配はありません。本体の他にバッテリー2個と送信機、ヘッドマウント(FPVゴーグル)が付属するからです。ですので、Bebop2 powerさえ購入すればすぐに迫力のFPVディスプレイでの空撮を楽しむことができます。

DJI Sparkと徹底比較!

Bebop2 powerと同価格帯のドローンとして人気を争うのがDJI Spark。二つの性能を比較してみましょう。

価格;Bebop2 Powerは70,000円、Sparkは54,000円とSparkの方が安価です。
重量:Bebop2 Powerは525g、Sparkは300gとSparkの方が軽量。
カメラ画質:Bebop2 Powerは14MP、Sparkは12MPとBebop2 Powerに軍配。
バッテリー:Bebop2 Powerは30分、Sparkは16分でBebop2 Powerが14分長く駆動することができます。

概してBebop2 Powerの方が性能が高くSparkは軽量でコンパクトであるという点で優れていると言えます。
価格自体はBebop2 powerの方が高価に思えますが、バッテリーやゴーグルなどのパーツが付属することを考慮すればお得だとも言えます。

ParrotドローンBebop2 Powerwの長所

 長所① 専用コントローラーが使いやすい

ドローンには遠隔操作をするためのコントローラーが欲しいところ。
Bebop2 powerにはスカイコントローラー2というコントローラーが付属します。スカイコントローラー2はゲームのコントーラーのようなフォルムをしており、操作性抜群。直感的な操作を行うことができます。

スマートフォンでも操作は可能ですが、やはり操作性の点では専用コントローラーにはかないません。スカイコントローラー2で快適な撮影を楽しみましょう。

長所② FPV付属とは思えないコスパの良さ

Bebop 2 Powerの販売価格は70,000円ほど。しかもそれは本体だけでなく、コントローラーと専用ディスプレイ、バッテリー2個が付属しての価格になります。同じFPV撮影に対応しているDJI Sparkと比較してそのコストパフォーマンスの高さは圧倒的。

Sparkは本体価格およそ55,000円で、FPV撮影を楽しむためのゴーグルとして定番であるDJIGogglesは約50,000円ほどになりますので、それに比べてBebop2 powerはFPVを楽しむうえでは非常に高いコストパフォーマンスを誇っていると言えます。

長所③ FPVと組み合わせれば、リアルフライト体験が

本来ならばドローンによる空撮はあとから映像を見て楽しむもの。
しかしBebop2 powerはFPV対応なので、ドローンを飛行させながらリアルタイムでその映像を楽しむことができます。Bebop2の視点を通してまるで本当に自分自身が空を飛んでいるかのような感動体験ができます。

ParrotドローンBebop2 Powerwの短所

撮影時間が意外と短い

Bebop2 powerは大容量のバッテリーで長時間駆動できるという点が大きな魅力の一つですが、じつは撮影できる時間はそれほど長くありません。内蔵ストレージの容量がその原因です。内蔵ストレージの容量は8GBですが、1080pでの撮影を行うと、20分で容量切れを起こしてしまうのです。駆動可能時間の長さに対して実際に撮影できる時間には物足りなさを覚えてしまう人も少なくないでしょう。

SDカードスロットがない

Bebop2 powerにはカードスロットがないため、SDカードを使用することができません。内蔵ストレージはありますが、SDカードをはじめとした外部の記録媒体を接続することができないのです。

したがって、撮影した動画や画像を別な媒体に保存する際には、本体とパソコンとの直接接続かアプリを使用したスマホへの無線送信などしか方法がありません。

ParrotドローンBebop2 Powerwの便利な機能

便利な機能① アプリでスマホやタブレットから操作可能

Parrotの専用アプリを使用すればスマートフォンやタブレットでの操作が可能になります。スマホ、Bebop2 powerのそれぞれに電源を入れ、Wi-Fiでそれらを接続するだけで操縦の準備はバッチリです。アプリでの撮影は自動追跡モードや周回モードなど、様々な飛行モードを選択することができます。専用のコントローラーを使用しなくでもスマホやタブレットで手軽に操作ができるという点は魅力的です。

便利な機能② 2Km先までフライト可能

Bebop2 powerは長距離飛行性能も備えています。スカイコントーラーでの操作であれば最長で2㎞までのフライトが可能です。もちろんGPS機能も搭載されているので安心して長距離撮影を楽しむことができます。

便利な機能③ FPVを付けたまま視界を切り替え可能

付属のFPV対応ゴーグル、Parrot Cockpitglasses 2を装着すればFPVでのドローン視点での映像を見ることができますが、視点の切り替えができなければ不便ですよね。ドローンを目視したい場合にはFPVのモードをダイレクトビューに変更すれば、ゴーグルを装着したままの状態でスマホからの視点に切り替えることができます。

ParrotドローンBebop2 Powerwの活用法

最高速65㎞/hを活かしたスピード撮影

Bebop2 powerの最高飛行速度はなんと65㎞です。このような高速飛行を可能にしたBebop2であれば、迫力あるスピーディーな撮影で臨場感のある映像を楽しむことができます。

専用アプリを使用して空から自撮り

Bebop2 powerを使えばドローンによる上空からの自撮りも思いのままです。画像認識や自動動作の技術によって理想の1枚が撮影できます。Orbit、Tornado、Parabola、Boomerangの4つの機能によってドローンでの自撮りをサポートしてくれます。
活用法③ 360パノラマ空撮に挑戦 “Bebop2 powerなら360度のパノラマ撮影も簡単に行うことができます。フライトモードのひとつ、インテリジェントフライトモードを使用すると、ワンクリックで手軽にパノラマ映像を撮影することが可能になるのです。

おススメアクセサリー

アクセサリー① Bebop2 Powerw バックパック

Bebop2 powerの持ち運びにピッタリなのが『Parrot Bebop2 FPV』です。内部にはスポンジ製のプロテクションがあり、こちらはドローンの形に合わせた作りになっているため、ドローン本体をしっかり保護することができます。Bebop 2 本体、Parrot Skycontroller 2台、タブレット1台、PC1台と補助バッテリーを収納することができます。

アクセサリー② Parrot Cockpitglassesケース

Parrot Cockpitglassesケースは、サイズにして5.5インチまでのIOS、Androidスマートフォンに対応です。ぜひ装着して臨場感たっぷりのFPV映像を楽しみましょう。

アクセサリー③ Bebop2 Powerwバッテリーパック 

Bebop2 powerには専用のバッテリーパックがあります。
本体を購入すると2つのバッテリーが付属してきますが、さらに購入する場合はやはり専用の純正品をお勧めします。バッテリーはアンペア数が違うとうまく動かないこともありますので、安心してドローンの操縦を楽しむためにはやはり専用のバッテリーを使うのが一番です。

ParrotドローンBebop2 Powerwに関するQ&A

Q&A① 予備のバッテリーは付属しますか?/使用頻度によっては予備も必要です

Bebop2 powerには二つのバッテリーが付属していますので、別売りのものを購入せずとも1つの予備バッテリーが手に入ります。

1つのバッテリーで30分の飛行が可能なので、合計1時間までは本体付属のバッテリーで使用できることになります。しかし、それ以上の長時間撮影をしたい場合には、予備バッテリーの購入を検討する必要があるでしょう。

Q&A② 操縦の際に何か手続きは必要ですか?/国交省のHPにて確認できます

ドローンの飛行は航空法によって規制がされており、本体の重量、飛行する場所などによって許可が必要になります。詳しくは国交省のホームページで確認することができますので、必ず目を通してルールを守って安全に撮影を楽しみましょう。

ParrotドローンBebop2 Powerwをおススメする理由まとめ

Parrot Bebop 2とFPVの組み合わせでリアルフライトさながらの映像を体験できる!

Bebop2 powerは高性能の本体に加え予備のバッテリーや専用コントローラー、FPV対応のゴーグルまで付属してくるコストパフォーマンスに優れた1台です!別売りのFPVゴーグルを購入する必要がないためこれさえ購入すればすぐにリアルフライトさながらのFPV映像を楽しむことが出きます。

専用アプリで操作性も抜群!

Bebop2 powerはparrotの公式アプリと相性ばっちり!スマートフォンにアプリをインストールすればコントローラーがなくともドローンの操縦を楽しむことができます。専用コントローラーなしでの撮影には操作性に不安を感じてしまいますが、Bebop2はアプリで操縦モードを選ぶことで操縦をサポートしてくれるので抜群の操作性で簡単安心フライトが可能です。