カメラ

【2019最新版おススメランキング】初心者でも簡単パナソニックビデオカメラの4K・フルHD全機種

パナソニックビデオカメラの紹介

パナソニックのビデオカメラのココに注目

コストパフォーマンス

パナソニックはフルHDビデオカメラでも4Kビデオカメラでも、他社のものに比べて低価格で手に入りやすいことが特徴です。高機能のビデオカメラは確かに魅力がありますが、普段使いで全ての機能を使いこなすのはなかなか難しいものですよね。パナソニックのビデオカメラはこのような普段使いにおける無駄を省き、よく使う機能だけを絞り込んであるので、初めてビデオカメラの購入を考えている人でも安心して選ぶことができます。

軽量・コンパクト

子供の運動会や、友人や家族の結婚式など、ビデオカメラを使う場面は様々で、時に長時間の撮影になることもあるでしょう。ここで気になるのがビデオカメラの重量です。もし重いビデオカメラだと長時間持ち続けているとどうしても疲労感が出てしまい、せっかくの行事を楽しめないなんてこともあるかもしれません。パナソニックのビデオカメラは他に比べとても軽量で、持ち運びもしやすいコンパクトな設計になっているので、長時間の撮影でも疲れにくく、女性でも安心して使うことができます。

サブカメラ(ワイプ機能)

パナソニックのビデオカメラにはメインカメラとは別にサブカメラも搭載しているモデルがあり、テレビ番組などでもよく使われる2画面同時再生、ワイプ撮りが可能になっています。メインカメラで旅の風景を撮影しながら、サブカメラで自撮りなんてシーンがビデオカメラ1台で撮影できるのは、パナソニックならではの特徴です。サブカメラは向きも色々と変えられるので、スポーツの試合などではメインで撮影したい選手をズームで押さえ、メインカメラで試合全体を撮影できるなど、使い方の幅がとても広がる機能になっています。

4k専用SDカードがいらない

他社のビデオカメラでは、4K映像を録画するために4K専用SDカードが必須である場合が多いのですが、パナソニックのビデオカメラは通常のSDカードに4K映像を録画できるので、高価な4K専用SDカードを別で購入する必要がありません。

また、ビデオカメラに搭載されている内蔵メモリに4K映像を録画することもできるので、SDカードが無くても4K撮影が可能になっています。キレイな映像を残したいけど、費用も節約したいという人にとって特に嬉しいポイントですね。

商品ラインナップ

2019モデル

HC-VX992M/HC-VZX992M

「4K AIR」を採用したこちらのモデルは2019年に発売された新機種の中で最も軽量で、どのアングルから撮影しても手の疲れを感じにくく、女性にもおススメです。内蔵メモリーは64GBの大容量なので、容量を気にせずたくさん撮影できます。撮影後に色々な編集を簡単に加えられることが可能で、撮影時に手ブレがあっても編集で手ブレ補正ができる「あとから補正」機能や、編集で自動、手動で被写体を追尾してズームもできる「あとから追っかけ」機能など、ビデオカメラ初心者の人でも安心して使いやすい機能が満載のモデルになっています。

HC-WX2M/HC-WZX2M

映像の画質に特にこだわりたい人におススメなのがこちらのモデルです。新たに採用された「4K PREMIUM」を採用したラインで、4K高画質撮影に加え、サブカメラ搭載など、更なる高機能にあふれたモデルになっています。サブカメラでも4K撮影が可能なので、ワイプ撮りも鮮明に録画できます。64GBの大容量内蔵メモリー、ブレの少ないハイズーム機能、高度な手ブレ補正機能などに加え、撮影後でも編集で補正や様々なモーションをかけられる機能も豊富で、パナソニックのビデオカメラの最上位モデルとして位置付けられています。

HC-VX2M/HC-VZX2M

こちらは「HC-WX2M/HC-WZX2M」と同じスペックで、サブカメラが搭載されていないモデルです。こちらも「4K PREMIUM」を採用したラインなので、最上位の4K高画質撮影が可能であることに加え、高度な手ブレ補正や撮影後の編集機能など、「HC-WX2M/HC-WZX2M」の性能をそのまま引き継いだモデルになっています。

2018モデル

HC-WX990M

こちらのモデルは4K高画質撮影やサブカメラによるワイプ撮りができることに加え、64GBの大容量内蔵メモリを搭載しているので多くの映像を記録可能です。また、撮れた映像から編集で手ブレ補正ができる「あとから補正」機能や、撮れた映像にパンニング効果を付けて躍動感を付け加えられる「あとからパンニング」機能なども搭載されており、高い機能性にあふれたモデルになっています。

HC-WX995M

「HC-WX990M」の後継機として発売されたこちらのモデルは、4K高画質撮影やワイプ撮りができるサブカメラ搭載、64GBの内蔵メモリなどに加え、「HC-WX990M」で高い評価を得た「あとから補正」機能などの編集効果を更に進化させたモデルになっています。撮れた映像に編集で自動追尾やズームなどを後から加えることができるので、ビデオカメラの扱いに慣れていない人でも安心して使えます。

HC-WX1M

こちらのモデルは新開発のレンズ、高度なセンサーを搭載しており、4K高画質撮影に加え、サブカメラも搭載しているのでワイプ撮りも可能です。機能性にも優れており、高性能の逆光補正や手ブレ補正機能を始め、スーパースローやフィルム映画の秒間に合わせた撮影モードも搭載されているなど、ビデオカメラ1台で様々なタイプの撮影を楽しむことができます。4Kで撮影した映像をフルHD映像に変換しても、通常のフルHDで撮影した映像以上に鮮明な高画質で記録できることもこちらのモデルの大きな特徴です。内蔵メモリーも64GBの大容量なので、撮影した映像もたっぷり記録できます。

HC-VX1M

こちらは「HC-WX1M」と同じスペックで、サブカメラが搭載されていないモデルです。新たに採用されたレンズとセンサーを使用した4K高画質撮影や、高度な手ブレ補正、64GBの大容量内蔵メモリー、様々な撮影モードなど、「HC-WX1M」の良さをそのままに、よりシンプルに引き継いだモデルになっています。

HC-WXF1M

こちらのモデルはより本格的な撮影をしたい人におススメです。「HC-WX1M」から搭載されている新開発のレンズ、センサーを使用して、メインカメラ、サブカメラともに更に高度な4K高画質撮影が可能です。ホワイトバランスやコントラストの微調整を全てマニュアルで操作可能で、オートフォーカスのピント調整も細かく設定できるなど、元々多機能な「HC-WX1M」の良さを更に引き出してくれるモデルになっています。また、ビューファインダーも搭載されているので、撮りたい瞬間を逃がすことなく押さえることができます。

HDモデル

HC-W585M

フルHD撮影のビデオカメラの中でも、こちらは特に軽量のモデルになっています。サブカメラも搭載しているのでワイプ撮りも可能です。「自動手ブレロック」などの使いやすい機能に加え、ズーム機能にも長けており、超解像技術により90倍までズーム可能なので、サブカメラと併せて色々な撮影シーンで活躍してくれるでしょう。内蔵メモリーは64GBなので、容量を気にせず撮影できることも嬉しいポイントです。

HC-V480MS

軽量のフルHDビデオカメラである「HC-W585M」からサブカメラを除いて、更なる軽量化を実現したこちらのモデルは、優れた手ブレ補正やズーム機能はそのままに、コントラストを自動で調整して更に映像を美しく引き立てる「おまかせiA」モードを搭載、どんな撮影シーンでもキレイな映像を残すことができます。そのビデオカメラ本体の軽さから、ハイアングルの撮影でも手が疲れにくいので、女性にもおススメできるモデルです。

パナソニックビデオカメラおすすめランキング

機能で選ぶおススメは?

1位 HC-WX2M (4k 2019年発売)

機能性でビデオカメラを選ぶなら、最上位モデルの「HC-WX2M」がおススメです。「4K PREMIUM」を採用した全く新しい4K高画質撮影に加え、サブカメラも搭載しているので、撮影の自由度が更に高くなります。撮影後に編集でとても細やかな補正や加工を付け加えることが可能なので、運動会や結婚式などの場面でも撮影だけに集中する必要がありません。ビデオカメラの扱いに慣れた人でも初心者の人でも、満足して使いこなせるモデルと言えるでしょう。

2位 HC-VX992M (4k 2019年発売)

ただ高機能であるだけではなく、特に使いやすさを求める人には「HC-VX992M」をおススメします。最新モデルの中で最も軽量ながら、4K高画質撮影が可能の「4K AIR」を採用、コンパクトな設計なので持ち運びも楽で、撮影時も手の疲れを感じにくく、ストレスになりません。補正機能に優れているので、ビデオカメラを初めて使う人でも安心して使いこなせるモデルになっています。

3位 HC-WXF1M (4k 2018年発売)

カメラのように、色々な微調整にこだわって映像で個性を出したい人には、「HC-WXF1M」が特におススメです。自動でホワイトバランスやコントラストの微調整をしてくれるビデオカメラが多い中、こちらのモデルはその全てをマニュアルでも設定できるので、シーンに応じてより高度で本格的な4K高画質撮影が可能です。サブカメラも併用することで映画のワンシーンのような撮影も可能になるなど、撮影の自由度が更に広がるモデルになっています。

4位 HC-VX1M (4k 2018年発売)

高機能であり、メインカメラのみのシンプルな設計のモデルを求める人には「HC-VX1M」がおススメです。新開発されたレンズ、高度なセンサーを使用した4K高画質撮影が可能で、様々な補正機能や編集機能、撮影モードも搭載されているので、シーンに合わせて色々な方法で撮影を楽しむことができます。

価格で選ぶおススメは?

1位 HC-V480MS (フルHD 2016年発売)

価格で選ぶなら、フルHDビデオカメラをおススメします。中でも「HC-V480MS」はサブカメラを搭載していないシンプルなモデルなので、30,000円前後で購入が可能と、とてもリーズナブルな価格設定になっています。この価格ながら優れた補正機能やズーム機能を持ち、とても軽量なので撮影時の負担も少ないことが特徴なので、初めてビデオカメラを購入する人にもおススメしたいモデルです。

2位 HC-W585M (フルHD 2018年発売)

低価格で手に入るフルHDビデオカメラで、サブカメラ搭載のモデルを求める人には「HC-W585M」をおススメします。「HC-V480MS」同様の優れた機能性に加え、サブカメラ搭載により撮影の自由度も高くなったモデルですが、価格は43,000円前後と手に入りやすくなっています。

3位  HC-VX1M(4k 2018年発売)

パナソニックのビデオカメラは4K高画質撮影に対応しているモデルでも比較的低価格で手に入りやすいことが特徴です。中でも「HC-VX1M」は高性能のレンズ、センサーが付いていることに加え、優れた補正機能や編集機能を持ちながらも60,000円前後で手に入るので、4Kビデオカメラの中でとてもお買い得のモデルと言えるでしょう。

4位 HC-VX992M (4k 2019年発売)

軽量でありながら手ブレ補正や編集機能にもとても優れた「HC-VX992M」は、「4K AIR」を採用した最新モデルでありながら、65,000円前後で購入が可能です。持ち運びが苦にならないコンパクトなビデオカメラを求める人に特におススメのモデルです。

まとめ

パナソニックのビデオカメラは初めての一台にもおすすめ

パナソニックのビデオカメラは自分の撮影したいシーンに合わせて豊富な種類からモデルを選べるので、初めてビデオカメラの購入を考えている人にもおススメです。重量、サブカメラの有無、編集機能など、自分の求める機能が備わったモデルをじっくりと絞り込んで、初めての1台を選びましょう。