カメラ

一番人気の一眼レフカメラ ニコンのD5600 は初心者でもカンタンに使える!使い方を徹底レビュー!

目次

ニコン D5600(Nikon D5600)の紹介

初めての一眼レフ選び 迷っている人におススメしたい ニコン D5600

初めての一眼レフをお探しのあなた!
Canon、Nikon、OLYNPASなど、一口に一眼レフと言っても様々な有名メーカーがあってどれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。そんなあなたにおすすめなのが『ニコン D5600』です。

コンパクトで高性能 自分に合わせた使い方ができる

D5600の特徴は、本体がコンパクトであり、それでいて高性能を備えているということにあります。
取り回しがしやすく、性能も申し分なしと来れば、目的に合わせた様々な用途で活躍してくれます。

ニコン D5600(Nikon D5600)はなぜ人気なのか?

エントリーモデルとして標準的な機能を持った一台

一眼レフカメラは決して安い買い物ではありません。ビギナー向けのエントリーモデルとは言ってもやはりその性能は気になるとろ。
その点このD5600は安心です。
本格的な一眼レフカメラのエントリーモデルに求められるあらゆる機能を高い水準で備えています。

ミラーレスより高画質 上位モデルよりコンパクト

有効画素数2416万画素を誇る本機。
やはりミラーレスの機種と比べると画質には定評があります。
また、高画質でありながらも上位モデルに対し比較的コンパクトであるという点も非常に魅力的です。

ニコン D5600の長所(おススメする理由)

豊富なレンズでスタイルに合わせた選び方

一眼レフを楽しむ上で忘れてはならないパーツがレンズ。
D5600では標準、望遠、広角、単焦点など豊富なレンズを選ぶことができます。
これだけのレンズから選ぶことができれば十分に自分のスタイルに合わせた撮影ができる一台にカスタマイズできるでしょう。

使いやすいデザインとかんたん操作

扱いやすいデザインも魅力です。
小型なので女性など手が小さめの方にも、一眼レフとしては比較的ストレスなく使用することができます。
また、タッチパネル機能も備えてているため直観的にかんたん操作ができるという特徴も備えています。

軽量 高画質 高速性能

せっかくのカメラ、やはり持ち歩いてたくさん撮影したいものです。
しかし一眼レフは重いモデルが多く、せっかく高機能なカメラを持っているのになかなか持ち歩かないというようなケースも少なくありません。
その点D5600は一眼レフカメラの中では軽量な約415g。しかし軽いだけではありません。もちろん有効画素数2416万と画質にも自信あり。
最高常用ISO感度25600で高速撮影も可能です。

ニコン D5600の短所

気軽には手が出しづらい価格

ここまでD5600の魅力を紹介してきましたが短所がないわけではありません。
それは、やはり気軽には手を出しづらい価格であるということです。
だいたい7万前後で出回っており、一眼レフとしては高い部類ではないものの安い買い物とは言えません。
しかし安くはない一眼レフだからこそ最初にある程度良いものを持っておくことで、カメラへの愛着も強まります。

ニコン D5600の便利な機能

便利アプリ SunapBridge

D5600では、「SnapBridge」という専用アプリを使用することができます。
このアプリを一度設定してしまえば、スマートフォンとカメラが自動でBluetooth接続されます。すると、撮った写真をユーザー側で操作をせずともスマートフォンへと自動で送信してくれます。面倒なデータ転送の手間が省けるのはうれしいですね。

撮影姿勢を選ばないバリアングル液晶

様々なシーンで活躍することになるD5600。ローアングルからの撮影など
液晶を見ながらの操作がしにくい場面も出てくるでしょう。
しかし本機はバリアングル液晶を採用しているため、無理なく様々な姿勢で撮影を行うことができます。
撮影姿勢にとらわれれることなく自由なスタイルであなただけの一枚を撮影しましょう。

スマホ感覚で使えるタッチパネル

D5600はタッチパネルも搭載。
フォーカスの移動やピント調整などが、スマホのようにきわめて直感的に操作することができます。
トリミングにも対応しており、撮影時だけでなく編集にも効果を発揮します。
初めてのカメラで操作がよくわからないという方にもお勧めできます。

画像の保存や共有ならNIKON IMAGE SPACEで

ニコンには、「NIKON IMAGE SPACE」というストレージサービスがあります。
こちらに登録すると、ニコン製品を持っていれば無料で20GBのストレージを利用することができます。
オンラインでの保存なのでスマホやPCの容量を圧迫することなく写真を保存することができるのです。
また、保存した写真を他の特定のユーザーにダウンロードができるように設定することも可能です。

スマホと連携でリモート撮影や情報付加も

D5600はアプリでスマホと連携させることができます。
Bluetooth接続することでスマホへの写真の転送やリモート撮影、クラウド上のNIKON IMAGE SPACEへの保存などがアプリで簡単に行えるのです。

ニコン D5600の活用法 コンパクトさを生かして散歩のお供に

始めて一眼レフを持つ方に注目してもらいたい強みはやはり取り回しやすさ。
やはり重いカメラでは持ち歩くのが億劫になりいつの間にか箪笥の肥やしに・・・なんてことも考えられます。
しかしこのD5600は一眼レフとしてはコンパクトであり重量も軽めなので、女性や手の小さな方でも気軽に持ち歩くことができるので、散歩のお供にもぴったりです。

おススメアクセサリー

標準キットから選ぶなら D5600 ダブルレンズキット

標準キットからレンズを選ぶ場合、お勧めなのがダブルレンズキットです。
こちらは望遠レンズ及び広角レンズがセットとなっています。この2つのレンズがあれば、様々なシーンに対応できます。

軽量コンパクトな超望遠レンズAF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR

遠くのものを撮れるレンズが欲しいというあなたにおすすめなのは「AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR」です。こちらは軽量ながら高い解像力を有しており、エントリークラスのレンズとしては望遠性能は申し分なしです。

フラッシュ機能を補うスピードライト SB-500

暗い場所での撮影で必須なのがやはりフラッシュ機能。しかし、ただのフラッシュ機能だけではなかなかうまく撮影できないということも少なくありません。
そんなときに助けになるのがストロボ。
このSB-500は軽量コンパクトで持ち運びがしやすく、十分な性能を備えています。上位機種ほど細かい設定が行えるわけではありませんが、始めて一眼レフをもつ方には大きな助けになります。

長時間の撮影に予備バッテリーLi-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL14a

旅行の旅先やお子さんの運動会など、長い時間の撮影で心配なのがバッテリーです。大事な日だからこそ、バッテリーの残量を気にすることなく撮影を楽しみたいものです。
そこでこの「Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL14a」です。予備のバッテリーとして活躍してくれるのがこちらですが、偽物も多く出回っているそうです。純正品のこちらを購入すれば安心ですね。

Kenko 液晶保護フィルム 液晶プロテクター Nikon D5600/D5500/D5300用

長く大事に使いたいカメラだからこそ画面を守る保護フィルムは重要です。
こちらはD5600を始めとするニコンカメラ専用の保護フィルムです。
反射軽減コートを採用しているため日差しの強い場所での撮影においても活躍してくれます。

HAKUBA ルフトデザイン リッジ ショルダーバッグ

アクセサリー類が集まってくると、カメラとともにそれらを収納して持ち運ち運びたいですよね。「HAKUBA ルフトデザイン リッジ ショルダーバッグ」なら、豊富な収納ポケットや容量で、周辺機器を一式持ち歩くことができます。
また、キャリーホルダーがついていたり三脚を固定してバッグに取り付けることが可能になるなど、便利な機能がたくさんあります。

ニコン D5600に関するQ&A

D5600で撮った作品が見たい

「snap bridge」によってスマートフォンとD5600を接続しておくと、撮影した写真がスマホに自動転送できるので、撮った作品をいつでも閲覧することができます。また、「NIKON IMAGE SPACE」に登録し、作品を保存しておけば、共有も簡単になります。

購入時 一緒に揃えておいた方がいいアクセサリーは?

D5600と一緒にそろえたい周辺機器
・SDカード(撮影した写真の保存に必要です)
・液晶保護フィルム(液晶を指紋や傷から保護しましょう)
・レンズフィルター(高価なレンズを保護します)
・レンズフード(光の映り込みを防ぎ、レンズを保護する)
・カメラバッグ(カメラは首からも下げられますが、レンズなどの付属品も持ち歩くことを考えるとやはりほしい)

ニコン D5600をおススメする理由まとめ

その性能と拡張性の広さから エントリーモデルとしてだけでなく 長く使える一台

エントリーモデルとしてお勧めしてきた『ニコン D5600』。
本格的な一眼レフを楽しむための機能を同価格帯の他機種と比較して高い基準で備えています。
そしてレンズを始めとした周辺機器、関連グッズも豊富であり、拡張性の高さも魅力です。
エントリーモデルにお勧めとは言ったものの、その拡張性と基礎スペックの高さから、初級者から中級者まで長く使える一台となっています。
一眼レフカメラを一生の趣味にする第一歩にも最適です。