カメラ

【徹底比較!】Nikonエントリーモデル D5300、D5500、D5600はどれを選べばいい?

Nikon D5300、D5500、D5600の簡単な紹介

上質のNikon一眼レフ エントリーモデルD5000

Nikonのデジタル一眼レフカメラ「D5000番台」シリーズは、Nikonのデジタル一眼レフカメラの中で初心者からプロのサブカメラをターゲットとするD4桁シリーズの中でエントリークラスのデジタル一眼レフカメラとなっています。

エントリークラスといってもD4桁シリーズの中では、もっとも下位のD3000番台よりは上位、最上位のD7000番台より下位の中位クラスとなっており、バリアングル液晶モニターを搭載しており、様々なシーンで撮影を行うことができるようになっています。

Nikon D5300、D5500、D5600 見た目はそっくり

Nikon D5000番台シリーズは最新の「D5600」と旧モデルの「D5300」「D5500」の2機種がNikonの公式サイト上で比較することができますが、同じD5000番台シリーズということもあり、見た目はほぼ同じでパッと見ただけでは違いがわかりにくいでしょう。
最新モデルではカラーリングがブラック1色なので、レッドやグレーであれば旧モデルとすぐわかりますが、それぞれの特徴とどういった違いがあるのか紹介していきます。”

D5300ボディーデザインの特徴(サイズ、重さ、カラーバリエーションなど)

2013年11月14日発売の「D5300」は本体サイズが幅125mm、高さ98mm、奥行き76mmでバッテリー、SDカード込みで約530gとなっています。カラーバリエーションは標準のブラック以外にスタイリッシュなレッドと渋めのグレイの3色展開となっています。

D5500ボディーデザインの特徴(サイズ、重さ、カラーバリエーションなど)

2015年2月5日発売の「D5500」は、本体サイズが「D5300」よりわずかに小さくなり、幅124mm、高さ97mm、奥行き70mmとなっています。幅と高さはほとんど判別できないレベルで小さくなっています。奥行きは6mm小さくなっているので触ってみればわかるレベルで、小型化の恩恵は重量に大きく表れていて、バッテリー・SDカード込みで420gの60g減となっています。
カラーバリエーションは標準のブラックとスタイリッシュなレッドの2色展開で、グレーが省かれてしまっています。

D5600ボディーデザインの特徴(サイズ、重さ、カラーバリエーションなど)

2016年11月25日発売の現行モデル「D5600」は、本体サイズは先代の「D5500」と同じ幅124mm、高さ97mm、奥行き70mmとなっています。重量はバッテリー・SDカード込みで415gと「D5500」よりわずかに軽量化されていますカラーバリエーションはブラックのみとなり、レッドやグレーが好きだった方には少し残念と言えます。

Nikon D5300、D5500、D5600 スペックの違いは?

ISO感度

ISO感度は「D5300」が100~12800となっており、「D5500」になり2倍の100~25600に強化されています。なお、現行モデルの「D5600」は「D5500」と同じ100~25600となっています。

総画素数 (ローパスフィルターレス)

撮影素子は「D5300」「D5500」「D5600」3機種とも共通しており、23.5×15.6mmサイズのニコンDXフォーマットCMOSセンサーを採用しています。また、光学ローパスフィルターを採用しない「ローパスフィルターレス仕様」となっており、高画素CMOSセンサーが持つ解像力とNIKKORレンズ本来の描写力を余すところなく引き出し、被写体の細かい部分まで克明に再現するとのことです。

有効画素数

有効画素数も「D5300」「D5500」「D5600」3機種とも共通しており、クラス最高といえる「2416万画素」となっており、圧倒的高画質を実現できる有効画素数になっています。記録画素数は6000×4000ピクセル(サイズL)、4496×3000ピクセル(サイズM)、2992×2000ピクセル(サイズS)となっています。

画像処理エンジン (EXPEED)

画像処理エンジン「EXPEED」はNIKKORレンズからCMOSセンサーに取り込まれた光の情報を高速かつ最適に処理できる「EXPEED 4」を「D5300」「D5500」「D5600」3機種とも採用しており、ノイズを抑えながら色再現性を大幅に向上させた画像を撮影することできるようになっています。「D5500」「D5600」についてはISO感度が25600までカバーできるため、薄暗い室内などのシーンにも強くなっています。

シャッタースピード

シャッター形式は「D5300」「D5500」「D5600」3機種ともデジタル一眼レフカメラで標準的に使用されている「電子制御上下走行式フォーカルプレーンシャッター」を採用しています。シャッタースピードは1/4000~30秒となっており、動きのあるシーンを切り取った写真からあえてシャッタースピードをおさえて流し撮りという手法による躍動感あふれる写真まで幅広く対応できます。”

連写性能

連写性能は「D5300」「D5500」「D5600」3機種とも同等の性能となっており、低速連続撮影と高速連続撮影の2つの連写モードを持っています。どちらもシャッターボタンを全押ししている間は連続撮影される機能ですが、動きのある被写体を追う場合は高速連続撮影モードが向いているでしょう。

連続撮影コマ数

連写によって撮影される連続撮影コマ数も「D5300」「D5500」「D5600」3機種とも同等の性能となっています。低速連続撮影時は、最高で約3コマ/秒の撮影が可能となっており、高速連続撮影時は最高で約5コマ/秒となっています。ただし、高速連続撮影時でも14ビットのRAW画像撮影時は最高約4コマ/秒となっています。

 Nikon D5300、D5500、D5600 機能はどう違う?

モニター

モニターは「D5300」「D5500」「D5600」3機種とも3.2インチTFT液晶でバリアングルモニターとなっているため、低い視点からの構図や高い位置からの工程を表現した構図などファインダー越しで撮影するのが難しい構図も自在に撮影することができます。

また、「D5500」「D5600」はタッチパネルにも対応しており、タッチ操作によって直感的な操作を行えるようになっており、一度体験してしまうと非タッチパネルモニターには戻れない体験を得られるでしょう。”

 動画機能

動画撮影機能は「D5300」「D5500」「D5600」3機種とも「H.264/MPEG-4 AVC」によるフルHD動画を撮影することができます。

画像サイズやフレームレートによって記録時間は20分もしくは10分となりますが、最長記録時間は29分59秒まで連続動画を撮影することができます。一眼レフカメラではおまけとなってしまう動画撮影機能ですが、一眼レフカメラのレンズでちょっとしたシーンの動画は十分対応できるため、活躍するシーンは少なくないでしょう。

通信機能

通信機能は「D5300」「D5500」がIEEE 802.11bとIEEE 802.11gに対応した無線LAN通信機能を持っています。

「D5600」のみ「D5300」「D5500」と同じ無線LAN機能に加えて、新しくBluetooth機能とNFC機能を備えており、対応機器との近距離通信を簡単に実現することができます。
Bluetooth規格のバージョンはVer4.1に対応しているため、PCやスマホなど多くの機器で画像のやり取りが行えるでしょう。

ファインダー

ミラーレスカメラなどでは省略されることも多いファインダーも一眼レフカメラならしっかり搭載しており、右手と左手と額の3点でカメラを支えて撮るデジタル一眼レフカメラならではのファインダー撮影スタイルは動く被写体を安定して追尾できるだけでなく、シャッター音の心地よい響きとともに写真撮影の臨場感を楽しむことができます。

「D5300」「D5500」「D5600」3機種とも「アイレベル式ペンタミラー使用一眼レフレックス式ファインダー」というファインダーを採用しており、上下左右ともに約95%の視野率を確保しています。”

バッテリー

バッテリーは「D5300」「D5500」「D5600」3機種とも共通して「Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL14a」を採用しています。

ただし、同じバッテリーを使用していても撮影可能コマ数は機種ごとに異なっており、「D5300」で約600コマ、「D5500」で約820コマ、「D5600」で約970コマと世代が進むごとに省電力化と長時間使用が改善されています。

タイムラプス撮影機能

「D5600」のみとなりますが、上位機種「D7200」でも好評となっている「タイムラプス動画」を撮影する機能が追加されています。設定した撮影間隔で自動的に撮影を行うことで撮影した静止画を短時間に凝縮し、印象的な動画としてカメラだけ内で簡単に作成することができます。「露出平滑化」機能を使えば、絞り優先オートで夜明けや夕暮れのような明るさが大きく変化するシーンを撮影しても、露出のちらつきを抑えた美しい表現の動画を作り出すことができます。この「タイムラプス動画」機能で撮影した動画を「SnapBridge」機能でスマートフォンへ転送することも可能となっています。

Nikon D5300、D5500、D5600 使えるレンズと性能

D5300 レンズは初心者向け?

「D5300」とレンズの組み合わせはD5000シリーズの中でも特に初心者向けと言えます。
基本的な性能は「D5300」「D5500」「D5600」は同等でありながら、「D5300」は最新の「D5600」から見ると2世代前のモデルであり、型落ちであることから価格が手ごろに済むのが最大の理由です。

一眼レフカメラの性能とバリアングル液晶による自由度の高い撮影をD5000シリーズの中でも特に手頃に手に入れることができるのは一眼レフ初心者にとっては心理的に大きなハードルとなる価格に対する抵抗感を抑えることができるでしょう。

D5500 ダブルズームレンズキットの種類と性能 AF-SとAF-Pの違いも知っておくべし

「D5500」ダブルズームレンズキットは、「D5500」本体と2つのレンズ、標準ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II」と望遠ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR」が付属したキットとなっています。
標準レンズと望遠ズームレンズがセットになっていることで、日常的な写真撮影から運動会や発表会などの距離のある望遠ズームを使用したいシーンまで幅広くカバーすることできるため、撮るシーンが明確になっていない方であれば、このダブルズームレンズキットを購入しておけば安心でしょう。

1点注意点として、セットになっているレンズは「AF-S」タイプのレンズであり、最新の「AF-P」タイプではありません。
最新の「AF-P」レンズでは、今までの「AF-S」レンズに比べて解像度の向上と、オートフォーカス時の動作音の大きな改善が図られています。
「AF-P」レンズを使用した後、「AF-S」レンズを使用するとAF動作音がかなり気になってしまうでしょう。

ただ、解像度も向上しているものの、「AF-S」レンズがダメというわけではないため、こだわる方は気に留めておいたほうがいいでしょうというポイントとなります。

 D5600 ダブルズームレンズキットの種類と性能

「D5600」ダブルズームレンズキットは、「D5600」本体と2つのレンズ、標準ズームレンズ「AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」と望遠ズームレンズ「AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR」が付属したキットとなっています。

「D5500」ダブルズームレンズキットと同様に標準レンズと望遠ズームレンズがセットになっていることで、日常的な写真撮影から運動会や発表会などの距離のある望遠ズームを使用したいシーンまで幅広くカバーすることできます。さらに最新の「AF-P」レンズが採用されていることはNIKONのデジタル一眼レフカメラユーザーが購入する場合は、うれしいポイントと言えるでしょう。

Nikon D5300、D5500、D5600 値段比較

レンズと本体の値段を比較

「D5300」「D5500」「D5600」それぞれの価格はどうなっているのでしょうか。
2019年9月時点のAmazonの相場となりますが、「D5300」はレンズキットが「48,995円」、ダブルズームレンズキットが「68,780円」となっています。

次に「D5500」ですが、本体のみで「57,980円」、レンズキット(「18-55 VR II レンズ」との組み合わせ)が「64,202円」、ダブルズームレンズキットが「74,000円」となっています。

最後に最新の「D5600」は、本体のみで「60,000円」、レンズキット(「18-55 VR レンズ」との組み合わせ)が「60,396円」、ダブルズームレンズキットが「69,800円」となっています。通常であれば、最新の「D5600」がもっとも高くなるはずですが、「D5500」は型落ちで在庫の状況によっても変動している可能性があります。

基本性能が横並びであることもあり、ダブルズームレンズキットはそれほど価格幅は変わらない傾向が見えますが、「D5300」の標準レンズキットが50,000円を切る価格で手に入るのは注目すべきポイントでしょう。

 Nikon D5300、D5500、D5600 活用法と最大の長所

 D5600 レンズが最高で豊富な通信機能

最新の「D5600」は、レンズが今までの「AF-S」レンズではなく、最新の「AF-P」レンズが採用されていること、本体もBluetooth・NFC通信によるスマホやPCとの連携が簡単に行えるようになっている点が非常に大きな強みと言えます。AF動作音の静音化に価値を感じる方、スマホとの連携し、SNSなどに活用していきたい方に非常に向いている機種に進化しています。

 D5500 基本的な性能はD5600とほぼ同じ?

「D5500」と「D5600」では、本体サイズや重量も変わらず、どちらもタッチパネルモニターも採用しており、性能的にはほぼ同じと言えるでしょうか?

カメラとしての基本的な機能はほぼ同じと言えますが、Bluetooth・NFC通信といったスマホとの新しい連携機能が増えているのが「D5600」の大きな強みと言えます。また、「D5600」には最新のレンズがセットで販売されているため、スマホとの連携をどの程度行いたいのかと、価格との相談になるでしょう。

 D5300 基本的な性能はD5500とほぼ同じ?

では、それぞれ旧世代となる「D5300」と「D5500」では、性能差はどの程度あるのでしょうか。こちらも基本性能は変わりないと言えます。

ただ、「D5300」にはタッチパネルが搭載されていないことが大きなデメリットになってしまいます。スマホのタッチパネルになれている方も多いため、無視できないデメリットになる可能性があります。ただ、撮影機能としてはほぼ差がないため、価格が大きな決定要因になってくるでしょう。