カメラ

初心者でも使いやすい!一眼レフカメラ Nikon D5300 をレビュー!

Nikon D5300の紹介

初心者でも使いやすい!

一眼レフカメラ Nikon D5300 をレビュー! Nikon D5300はNikonのカメララインナップの中ではエントリー向けの位置づけとなっています。エントリーモデルと聞くと、性能的にも色々と劣る部分が多いようなイメージを持たれている方もおられると思いますが、Nikon D5300はそういうことはなく、有効画素数も2416万画素ということや画商処理エンジンもEXPEED4などが搭載されている為、エントリーモデルでありながら、スペックは申し分ないものとなっています。そこで今回はNikon D5300の魅力についてご紹介していきたいと思います。

カメラビギナーでも楽しく、キレイに撮れる

カメラを初めて購入する時には、写真をはじめとする様々なカメラの知識など知らないことが多いかと思います。しかしNikon D5300はそんな初心者の方でも簡単にきれいな写真を撮影することができます。初心者に嬉しい機能なども様々あるので、順を追ってご紹介いたします。

Nikon D5300はなぜ人気なのか?

簡単操作で高画質な写真が撮れる

カメラの操作性はプロ向けになればなる程、複雑になります。逆にビギナー向けのカメラは誰でも操作がしやすいように簡単に設計されていますが、その分性能は低くなってしまいます。Nikon D5300に関してもビギナー向けのカメラになりますので、操作性は簡単なのですが、性能に関しては画素数や、AF性能も非常に高くなっています。

D5500 と比べてわかる、コスパの良さ

Nikon D5300の上位機種にD5500があるのですが、写真の写りの面ではほとんど差はありません。またD5500にはタッチパネルが採用されていますが、一眼レフカメラを使用するのであれば、タッチパネルの必要性はあまりないですし、タッチパネルが欲しいのであれば、一眼レフカメラではなく、ミラーレスカメラの方が向いていると思います。これらのことから細かな性能ではD5500が上回っていますが、金額ほどのスペック差はないものと考えられます。

Nikon D5300の長所(おススメする理由)

コンパクト

カメラを購入する際の大事な要素として、ボディのコンパクトさやボディデザインがあります。重さや大きさ、そしてグリップのホールド性などハード面でも色々と検討しなければなりませんが、Nikon D5300は重いイメージのある一眼レフカメラのイメージを覆すボディ単体で480gという重さを実現している為、長時間撮影をおこなった場合でも、全く気になりません。

選ぶレンズ次第で上級者向けにもなる(レンズキット)

カメラはボディ選びも大事ですが、それ以上にレンズも大事といわれています。いくらボディが高スペックだったとしても、使用するレンズの描写性能が低ければ、画質も下がってしまいます。これは逆も言えることで、いくらボディがビギナー向けカメラなどだとしても、レンズ性能が高ければ、描写性能も高くなりますので、今回のNikon D5300に関しても使用するレンズ次第では、ハイアマチュアのような写真を撮影することもできます。

特にF2.8の通しレンズ、いわゆる大三元レンズや単焦点レンズを使用すれば、上級者向けのカメラともなり得ます。レンズキットに付属している標準レンズでも十分写りは綺麗です。

バリアングル液晶採用(低い、高い位置が撮りやすい)

ローアングル撮影をおこなう際はファインダーは覗けないので、液晶モニターを使用して撮影することになります。Nikon D5300はバリアングル液晶を採用しているので、ハイアングル、ローアングル両方の撮影の際に非常に撮影がしやすくなっています。

Wi-Fi接続が可能

カメラで写真を撮った後は通常であれば、SDカードからパソコンで読み取り、その後にスマートフォンなどのメディアに取り込むのですが、Nikon D5300にはWiFi機能がカメラに内蔵されているので、専用アプリケーションをスマートフォンへインストールしておくことで、撮影したデータをすぐに、そして簡単に転送することができます。

Nikon D5300の短所

AFの微調整ができない

AF微調整とはレンズごとにAFの合焦ポイントを微調整できる機能ですが、Nikon D5300にはその機能は搭載されていません。

コマンドダイヤルが1つ(初心者にはよい?)

通常のカメラであれば、絞り値やシャッタースピードを変更する際のダイヤルなどはそれぞれありますが、Nikon D5300には1つしかなく、それぞれの設定を変更する際はダイヤルを回す方向を変えることで変更することが可能です。一見不便なようにも思えますが、初心者にとっては迷わなくて済みますので、こちらの方が使い勝手が良いかもしれません。

Nikon D5300の便利な機能

撮影モードいろいろ

カメラの基本的な撮影モードは通常、プログラムオート、シャッタースピード優先、絞り優先、マニュアルの4つですが、Nikon D5300ではそれぞれの撮影シーンに合わせて適した設定に自動でしてくれる撮影モードが標準登録されています。その設定値は撮影モードダイヤルに登録されているので、視覚的にその撮影シーンに合わせたモードを選択することができます。

飽きさせないモード設定いろいろ

Nikon D5300にはカメラを始めたばかりの初心者が撮影を楽しめるように様々なモード設定が搭載されています。スポーツモードや風景モードなど様々なモードあるので、初心者でも様々な撮影をすることができます

スペシャルエフェクト

Nikon D5300には特殊な効果をつけることができるスペシャルエフェクトモードが搭載されており、このモードを使用することにより、トイカメラ風やミニチュア風など様々な撮影効果を楽しむことができます。セレクトカラーなどもあるので、普段の撮影に飽きた方や、アートチックな写真を撮りたい方はぜひこちらの機能を使用してみてください。

フォーカスモード

フォーカスモードも数種類あり、動的被写体を追う場合はコンティニュアンスAFサーボを使用することにより、シャッターボタンを半押ししている間は被写体へピントを合わせ続けてくれます。

AFエリアモード

フォーカスポイントが外れた時に引き続き、周囲のフォーカスポイントがピントを合わせ続けてくれるダイナミックAFなど便利なフォーカスモードがあり、カメラ初心者の撮影をサポートしてくれます。

Nikon D5300の活用法

気軽に一眼レフを使いたい

一眼レフといえば、大きくて重いと思われがちですが、最近では軽量でコンパクトな一眼レフカメラも多数発売されています。Nikon D5300も同じで、ボディサイズはコンパクトで、多さも非常に軽い為、カメラ初心者の方が持っていても疲れづらく、また旅行の際に持っていく場合も荷物になりません。

シチュエーションごとにモードを選択したい

写真を撮影する際にはその撮影シーンや撮影環境などによって適したカメラ設定を行わなければ、良い写真を撮影することはできません。しかし、これらの適切な設定を初心者が行うのは無理に等しいです。そこであらかじめ撮影シーンを想定した撮影モードを登録しておくことで、素早くその設定を呼び出すことができ、決定的なシャッターチャンスも逃すこともありません。

おススメアクセサリー

スピードライト

Nikonでは低価格のスピードライトから本格的なスピードライトまで幅広く販売されています。スピードライトを使用することでしか撮影できない写真もありますので、1本は持っていた方が良いです。

ソフトウェア

Nikonの一眼レフカメラをパソコンから遠隔操作することを可能にするソフトウェアなども販売されています。

ACアダプター

家庭用の100VのAC電源でカメラを作動させることができます。
カメラを接続するには、対応のパワーコネクターが必要な場合があります。

セミソフトケース

旅行などでカメラをバッグに入れておく際はボディはそのままではなく、セミソフトケースなどの専用ケースに運ぶようにしましょう。

リモートコントローラー

集合写真など撮影する場合は遠隔でシャッターを切ることができるリモートコントローラーはあると便利です。

ファインダー

ファインダーは自分の好みにカスタマイズするこが可能になっています。特にローアングル撮影時に活躍するアングルファインダーは非常に便利です。

アクセサリーシューカバー

ストロボなどの外部のアクセサリーを装着していない際はボディ側のシューは何もない状態になりますが、シューカバーを装着していなければ、ほこりなどが端子に入り込む可能性もあるので、カバーを装着することをおすすめします。

交換レンズ

一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラの醍醐味ともいえるレンズ交換ですが、自分の撮影したい写真を撮るにはどのレンズが必要かを考えてレンズ選びをする可能性があります。

Nikon D5300に関するQ&A

カメラとスマホの接続方法は?

Wi-Fi機能を使用するには、スマーフォンなどに専用のソフトウエア「Wireless Mobile Utility」をインストールする必要があります。

モードの設定方法は?

カメラの知識がない時は撮影モードは基本的にはプログラムオートで写真を撮りましょう。次の段階としては絞り優先モード、そしてマニュアルモードとしていきましょう。撮影モードはダイヤルで変更することができます。

Nikon D5300をおススメする理由まとめ

気楽に持ち歩いて、お気に入りの1枚を増やそう カメラ初心者はまずは写真を撮ることに慣れるということが大事です。そうすることでカメラの操作は自然と覚えることができ、写真の知識もおのずとついてきます。まずは日頃からカメラを持ち歩いて、気になるところや綺麗だと思う場所をどんどん撮影していきましょう。カメラ初心者でも簡単操作でき綺麗に写真を撮ることができるので、まずはこのコストパフォーマンスに優れ、性能面でも申し分ないNikon D5300でお気に入りの1枚を撮影していきましょう。