カメラ

一眼レフカメラ Nikon D500 をレビュー!!高性能デジタル一眼

目次

一眼レフカメラNikon D500の紹介

プロ仕様機と同等のAF性能を備えた高性能デジタル一眼

D500は、革新的なAF性能を実現しています。マルチCAM20Kオートフォーカスセンサーモジュールを採用することで、153点という広いフォーカスポイントを可能にし、高度な被写体の検出に役立ち、99点をクロスセンサーとして広域で被写体を捉える事ができます。高精度なAFは動体捕捉力を発揮し様々なシーンでの撮影をアシストしてくれます。

APS-Cサイズセンサー搭載、動体撮影や暗所にも強い

焦点距離が1.5倍相当になるAPS-C機では、秒間約10コマ/秒を武器に高い機動力で動く被写体の撮影をより充実させます。さらに、最大200コマまで連続撮影が可能になり、被写体を逃さない連続撮影ができます。APS-C搭載のファインダー内に、153点のAFシステムがあるおかげで、ファインダー全域をカバーし、画面内にいる被写体を追い続けます。

また、EXPEED5の威力を発揮し、最高常用感度ISO51200を可能にし、拡張した測光の低高度限界性能にて、暗所の撮影時にも鮮明な写真撮影を可能とします。

一眼レフカメラNikon D500はなぜ人気なのか?

AF性能の高さと連写の快適さで思い通りの画が撮れる

D500はAF性能を十分に発揮することで、広域のフォーカスポイントで画面に映る被写体を逃すことなく捉えます。また、最大200コマまでの連続撮影が可能になり、最高の瞬間を確実に捉える事ができます。

D7500や同価格帯ライバル機との比較

D7500や同価格帯機と比較し、なんといっても側距点のカバー範囲に大きな差が出てきます。AFのスペックが格段に違い、153点測距を搭載し、99点が被写体捕捉能力の高いクロスセンサーとなっており、広域の側距点をカバーしている点、また連続撮影などの連写なども他の商品とは別格です。

一眼レフカメラNikon D500の長所

常用感度ISO51200で暗闇の被写体もくっきり

D500は選択できる常用感度は100~51200とかなり幅広い領域で撮影することが可能です。さらにISO50相当の減感とISO1640000相当の増感に対応した拡張設定が可能になり、今までに撮影が難しかった暗闇でも綺麗に撮影ができます。

153点のAF測距点で動く被写体も確実に追従

153点のフォーカスポイントで撮影した膨大な情報は、オートフォーカス専用エンジンで処理することで高精度な映像を作り上げます。この非常に多くのフォーカスポイントは広範囲、高密度にカバーし、99点をクロスセンサーとして中央部、周辺部を網羅することで隅々まで被写体を捉える事ができます。

ファインダーが見やすく撮影が快適

ファインダーの視野率は約100%です。ファインダーの倍率は約1倍となり、周りの映像は、はっきりと捉えてくれます。ミラー駆動アシスト機構を採用しており、ミラーアップ、ミラーダウン完了直前の減速とミラーバランサーによる衝撃吸収、さらに、ファインダー像消失時間の短縮は、ブレの軽減、安定したファインダー像を作り上げています。接眼部は丸窓で、丸型アイピースを採用し覗いた際のフィット感に優れています。

一眼レフカメラNikon D500の短所

大きくて重いため持ち運びに不便

D500は重量が850gを超え、殆どの機種がD500よりも軽いです。軽い機種と比べると100gから400g程の差があり、長時間持ち運びや撮影を考えると肩への負担はあります。しかし、D500のグリップや形状が良く、撮影のし易さから軽くコンパクトに感じさせてくれます。

タッチパネル操作では動体へのピント合わせがしづらい

ライブビュー時のコントラストAFがあまり早くなく、動く被写体を捉える際にはマニュアルフォーカスを使用したり通常のファインダー撮影に切り替えるなどして対応をした方がより良い撮影が可能です。

Nikon D500 の便利な機能

10コマ/秒の高速連写でスポーツ撮影にも対応

D500は高速AFと高速連写により決定的な瞬間を確実に捉え、レリーズタイムラグは約0.050秒と高速レスポンスを誇っています。200コマまで連続撮影が可能という事で、最高の瞬間を収めれるはずです。

4K動画から800万画素の静止画を切り出せる

新画像処理エンジンにより、映像を鮮明に映し出す事が可能です。動画は最長29分59秒の録画時間ができ、「動画撮影メニュー」により静止画と動画を交互に撮影する際に設定し直す必要がありません。また、カメラ内で静止画の切り出しが可能です。

専用アプリで常時スマホと連携できる

「SnapBridgeアプリ」をスマートフォンにインストールすることにより、常時カメラとスマートフォンを接続する事ができます。Bluetoothによる接続が可能となり消費電力を抑える事ができ、一度ペアリングをしていれば自動接続となります。撮影した写真をスムーズにスマートフォンへ取り込めます。

一眼レフカメラNikon D500の活用法

車や飛行機など速く動くものの撮影

飛行機など高速で動く被写体を撮影するにはグループエリアAFを使用します。グループエリアAFは5点のポイントで構成されたグループから最適なピント位置が割り出されシャープな撮影が可能です。

その他、ダイナミックAFでは、選択したポイントを中心に画角に移る周囲のAFポイントを補って情報を取り込んでくれるので、狙った被写体を的確に捉えます。

光の少ない室内や夕方の屋外の撮影

室内撮影では、ホワイトバランスを調整することで、実際の色合いと違う写真への対応を可能とします。色々な光源が織り交ざった場所での撮影時にはホワイトバランスをAUTOに設定することでバランスのとれた写真に仕上がります。

ボタンの割り当てをカスタムしてもっと使いやすく

AFエリアモードの割り込み機能は、カスタムボタンに任意のAFエリアモードを割り当て、割り当てボタンを押している間は設定したAFエリアモードに変更するという機能です。この設定をしておけば、場所や人の動きなどに応じて撮影方法を見直さずボタン一つで撮影のバリエーションが広がります。

おススメアクセサリー

マルチパワーバッテリーパック MB-D17

カメラに装着することで、リチャージャブルバッテリー1個、または単三電池8本などをバッテリーとして使用ができ、長時間の電源供給を可能にしています。星空の撮影など、電力を多く使用して撮影する際には役立ちます。

その他、シャッターボタンやメインコマンドダイヤル、ファンクションボタン、マルチセレクター、サブコマンドダイヤル、AF-ON作動ボタンを装備し、カメラの縦位置撮影の際にもグリップの握りやすさなど自然に手に収まります。

液晶保護ガラス LPG-001

衝撃や傷などに強い表面強度9Hを兼ね備え、飛散防止フィルムが内蔵されているので破損時も安心して取り扱えます。フッ素コートを採用しているので汚れがついてしまった際にも簡単に拭き取り可能です。

また、取り付ける際には気泡が出来にくく、ストレスが感じません。全光線透過率90%以上の高透明度を可能にし、液晶の操作や撮影時にも役に立てます。

ドットサイト DF-M1

町望遠撮影時に役立つ照準器。野鳥の撮影などの際、野鳥をファインダー内に捉える事ができ、フレーミングをより快適なものにします。肉眼と同じ倍率で確認することで、野鳥の撮影や遠くに狙う被写体の撮影をより快適にします。防塵防滴に強い作りで悪天候時でも安心して撮影に臨めます。また、コンパクトに折りたため、かさばらずに持ち運びが出来る点も、とても良い点です。

一眼レフカメラNikon D500に関するQ&A

感度自動制御とは?

感度自動制御とは、撮影時に設定したISO感度で露出が得られない時に自動的に変更してくれる機能です。シャッターの速度の下限を決める事で、シャッタースピード速度がその下限よりも遅くなった時にカメラがISO感度を自動的に上げ、シャッター速度をキープしてくれます。上限も設定できるので、ノイズも許容範囲に抑える事が出来ます。

ライブビューで画面にノイズが発生する原因は?

ライブビュー画面を長時間使用する際にカメラ内部の温度が上昇してしまうことが原因で起こってしまう事や、ライブビュー時に拡大ボタンで画面を拡大した時にノイズの発生する場合があります。撮影時以外にはライブビューを終了するなどして、対策を取ると良いです。

シャッタースピードを速く設定できない原因は?

露出モードがプログラムオートや絞り優先オートになっている場合にカメラがシャッタースピードを自動制御しているのでシャッタースピードを速く設定することはできません。その他、フラッシュを使用した撮影時や電子先幕シャッターを使用している際には、シャッター速度は制限されるため設定変更することができません。

一眼レフカメラNikon D500をおススメする理由まとめ

プロ使用機のような高性能を備えた頼もしい一眼レフカメラ

D500は、AFスピードから暗所撮影、高速の被写体の撮影など、幅広く且つどのシュチュエーションでも最高の瞬間を捉える事が出来るカメラです。静止画だけでなく動画撮影も高いスキルを発揮し、4K撮影や電子手ブレ補正機能を武器に撮影が可能となります。

その他、SDカードとXQDカードのダブルスロットに加え、Wi-FiとBluetoothの機能も搭載され、スマートフォンからのセルフタイマー設定、撮影したデータの取り込みもストレスなく行えます。写真撮影から動画撮影まで幅広く、役に立つカメラです。