カメラ

NikonのDXフォーマット(APS-Cサイズ)D500,D7500,D7200一眼レフどれがおススメ!?

Nikonの「D500」「D7500」「D7200」性能比較

一眼レフカメラを購入すると決めて、どのメーカーを購入するかまで決めても、性能表を見てもよくわからないし似たようなモデルがたくさん出てるからどれにしようか悩んでしまう……ということはありますよね。

今回はNikonのオススメモデルを3機種「D500」「D7500」「D7200」を、どういったところが違うのか比較しながらご紹介します。

何を比較するとよいか?

オートフォーカス(AF)の性能

ストレスのない撮影にはAFの性能は欠かせませんよね。D500はNikonの最上位機種であるD5と同じAF性能を持っています。

これは実際にファインダーを覗くと分かりやすいのですが、AFポイントがファインダー内一面に広がっているのが特徴です。なんとD500のAFポイントは、広域・高密度の153点AFポイント。端から端まで被写体を捉えられるようになっています。

そしてこの多くの情報を処理するため、D500にはAF専用の処理エンジンも搭載されています。またちょっとユニークなAF機能として、AFの追従特性を調整出来るようになっています。横切りへの反応、被写体の動きをそれぞれ設定出来るので、スポーツ選手を撮影したいときにもピッタリですね。AF性能で選ぶなら、D500が1番と言っていいでしょう。

チルト式タッチパネルモニター 有・無

液晶モニターの固定式か可動式か、はハイアングルやローアングルで撮ることが多い人には捨てられない問題ですよね。D500とD7500では可動式モニターであるチルト式タッチモニターを採用しています。チルト式モニターであれば上下角度を変えることは自由ですし、バリアングル式と異なり、動作のロスも少なくて済みます。

しかもタッチパネルとなっているので、スマートフォンの操作に慣れている方にとっても使いやすいですね。

1秒に撮影できるコマ数(連写性能)

素早く移動する乗り物や動物を撮影するには、やはり連写性能は外せません。連写性能が高いことで、決定的な瞬間を逃さず撮影出来る可能性が高くなります。この連写性能については、やはりここもD500が1番と言えます。

D500は別名「連写番長」。これだけでもD500の連写性能の高さが伝わってきますよね。D500は「EXPEED 5」という新型の画像処理エンジンを採用したことで、1秒間に10コマの撮影が出来るようになりました。再撮影までのタイムラグも、0.050秒。決定的な瞬間を逃さないための性能となっています。バッファメモリを拡大したことで、処理待ちもほぼほぼなし。

野鳥を撮影する、なんてときでも、シャッター押しっぱなしのような感覚で撮影が出来てしまいます。

とはいえ、D7500もD500も同じく新型画像処理エンジンの「EXPEED 5」を採用しており、1秒間に8コマの撮影が可能です。通常の撮影であれば、これでも十分な連写性能と言えるでしょう。

内蔵フラッシュ 有・無

暗いところの撮影では、内蔵フラッシュがあると便利ですよね。外付けだと嵩張るし持ち運びにはなかなか……と考える方も多いでしょう。D7500とD7200では、この内蔵フラッシュは搭載されています。

しかしD500には搭載されていないため、もしD500でフラッシュを使いたい場合はスピードライトを購入する必要が出てきます。撮影をするときはカメラとレンズのみ持ち運びたい、荷物を減らしたい、という方はD7500かD7200がオススメです。

Nikonの「D500」「D7500」「D7200」の長所

「D500」

「圧倒的な連写性能」「高性能なAF」「暗いときの撮影も安心なボタンイルミネーター」「どんなアングルでも安心なチルト式タッチパネル」。NikonAPS-CフラッグシップであるD500は他と比較して突出した性能を持っています。特にAF、連写性能で選ぶならD500と言えるでしょう。素早い被写体を撮影するのであれば、間違いないカメラです。

「D7500」

「連写性能は秒間8コマ」「D500と同じ写真解像センサー」「どんなアングルでも安心なチルト式タッチパネル」。D7500は前モデルであるD7200から、多くの人に不要な機能をカットすることで値段は抑えたまま性能を向上させた高性能一眼レフです。

AFセンサーはD7200から変わっていないものの、写真の解像度を決めるCMOSセンサーがD500と同じものを搭載しているため、高感度でもノイズは少なく、隅々まで精鋭な写真を撮影することが出来ます。高性能かつ低価格、これがD7500の売りと言えるでしょう。

「D7200」

D7200はひと世代前のモデルとはいえ、当時のハイエンドモデルです。そのため、基本性能は高く設定されています。

しかしほかの2機種と比べると、AF性能、連写性能は格段に落ちてしまいます。そのため動きのある被写体を撮影するには不向きですが、最も画素数の多い機種となりますので細部までしっかりと撮影することが出来、動きのない風景などを撮影するのであればオススメのモデルと言えるでしょう。

とはいえ最新モデルは性能がどんどん高くなってきていることを考えると、どうしても譲れない描写や、予算の都合上仕方なく、といった場合を除き、ひと世代前のD7200ではなく、D7500の購入をオススメします。

Nikonの「D500」「D7500」「D7200」の短所

「D500」

D500はプロ向けに作られたモデルとなるので、圧倒的な性能の代わりに内蔵フラッシュはありませんし、なんといってもフルサイズのカメラ級の重量です。いいカメラで気合を入れて撮影をする、というときなら良いのですが、旅行に持ち出したり、ちょっとした撮影には不向きなモデルとなります。

「D7500」

D7500はバッテリーグリップに対応していないため、ホールド性の向上を求める方には向いていないモデルとなります。また、SDカードがシングル対応なのも、たくさん写真を撮る方にとってはストレスを感じてしまう点かもしれませんね。

「D7200」

D7200はAF性能、連写性能がほかの2機種に比べて劣っているため、動いているものの撮影には不向きなモデルです。

 おススメするなら、D7500

 必要不可欠な機能が全部揃っていながら、軽い

この3機種のなかで、連写性能の高さ、持ち運びのしやすさ、価格の安さが揃っているD7500は最もバランスがよく、オススメできるモデルと言えます。D500に劣るとは言え、連写性能は秒間8コマ、AFポイントも51点と、スポーツ選手や乗り物、野鳥撮影となると弱いものの、動いている被写体を撮影するにも十分な性能です。

なにより、重量はこの3機種のなかで最も軽い720g。旅行にちょっとしたお出かけに、持ち運ぶにはピッタリのカメラと言えるでしょう。

とはいえ、圧倒的な連写性能、AF性能を実感したいなら、持ち運びの悪さを考えてもD500は使いたいと感じるカメラですし、D7200もひと世代前とはいえ、今でも一定数のファンがいる人気のあるカメラであり、この3機種のなかだと一番の画素数を誇り、トリミングにも負けない性能を持っているカメラです。自分が求める撮影はどういったものなのか、よく考えて選んでみるといいですね。

最後にポイント!欲しいのはどれ?

 動くものを撮影したいなら、連写速度や連続撮影枚数がポイント

例えばスポーツシーンを撮影したい、突然動き出す野生の動物を撮りたい、こんな方には、出来るだけ連写速度、連写撮影枚数の多いモデルがオススメです。目で捉えきれない動きであっても、シャッターシーンを逃さず撮影してくれます。処理待ちの時間も気にかけると、処理待ちしていてシャッターシーンを逃してしまった! なんてこともなくなり、よりストレスのない撮影環境で撮影することが出来ますね。

光が少ない場所での撮影なら、ISO感度やAF検出範囲がポイント

室内や太陽が沈んでしまったあとなど、暗い環境での撮影が多い方には、ISO感度の高さやAF検出範囲が広いモデルがオススメです。常用ISO感度が高ければ、暗いところでもカメラのなかで光を増やしてくれるため、手ブレも少なく撮影することが可能ですし、もともと暗いところでのAF性能は落ちるものですが、AF検出範囲が広ければ対応出来る明るさが広がります。

撮影する被写体が限られていないのであれば、室内でも室外でも撮影する人が多いかと思いますので、これは気にかけておくと良いポイントになるでしょう。

スタジオ撮影が多いなら、フラッシュやストロボなどの性能がポイント

もしスタジオでの撮影が多いのであれば、フラッシュやストロボの性能も大切なポイントです。光が足りないところでも、フラッシュやストロボを使って反射光を当てることで、自然光のような光で撮影することが出来るようになります。

自然光の足りない室内でも質感やディティールを出した撮影をしたい、ということであれば、やはりこの性能はよく気にかけておくと良いでしょう。