カメラ

最小・最軽量 NIKON D3500を徹底解説!価格と性能を他機種と比較

NIKON D3500は気軽に撮影が楽しめるエントリーモデルの一眼レフカメラ

APS-Cセンサー搭載、有効画素数は2416万画素

最近では、フルサイズミラーレスカメラなど、コンパクトにもかかわらず、一眼レフカメラと同等、それ以上のスペックをもっているカメラが続々と発売されています。これまでだと、性能が上がるたびに、カメラ本体のサイズが大きくなり、そして重たくなっていました。逆にいえば、ゴツゴツとした、大きなカメラを持っているということは、それだけハイスペックなカメラを持っているという風に思われていたのですが、現在は、いかにコンパクトなボディの中に、高性能な技術を投入できるかが、ポイントとなっています。フルサイズミラーレスカメラの登場により、一眼レフカメラの需要というのは、大きく傾き始めていますが、反対に、人気が絶えないモデルや、さらに人気を高めているモデルもあります。フルサイズミラーレスカメラが流行っている反面、女性などでも、一眼レフカメラを持って撮影をおこなっている姿をよく目にします。そんな人気な一眼レフカメラというのは、一体、どのような特徴があるのでしょうか。それは、いかにコンパクトなサイズで、軽量なのか、そして綺麗な写真が撮れるかです。カメラ女子という言葉が流行っているように、今では、女性でもカメラを持って写真を撮っているのは、当たり前の風景となっています。そんな女性が増えているからこそ、コンパクトで軽く、高性能なカメラというのが、人気となっているのです。今回はそんな一眼レフカメラの中から、NIKON D3500をご紹介していきます。NIKON D3500はイメージセンサーはAPS-Cサイズのセンサーを搭載し、イメージセンサーの大きさを生かした、解像度の高い写真や、ボケ味を生かした写真を撮ることができるため、様々な撮影シーンで活躍します。

ISO感度100〜25600で暗いシーンの撮影も得意

ISO感度も100~25600と、特に高感度の部分は、数値が高くなっており、それだけ高感度撮影に強いということがわかるかと思います。APS-Cセンサー搭載のため、ある程度の暗い場所でも、小さいイメージセンサー搭載のカメラと比べると、明るく写すことができますが、夜間となると、どうしてもISO感度を上げなければなりません。ISO感度を上げると、写真にはノイズが発生し、全体的にザラザラとした、解像感のない写真になってしまいます。しかし高感度撮影に強いカメラとなると、ある程度ISO感度を上げた場合でも、ノイズが発生しづらく。解像感を生かしたままで、撮影をおこなうことができます。

フルHD動画が撮影できる

機能性が優れているのは、写真撮影性能だけではなく、動画撮影性能も高性能なものとなっています。撮影できる撮影フォーマーットはフルHDとなっており、解像感のある綺麗な映像を記録することができます。NIKON D3500には手ブレ補正機能は搭載さいていないので、手ブレには注意が必要です。

一眼レフカメラの中では軽量・コンパクトで扱いやすい

エントリークラスで、他のメーカーで人気なモデルとなっているのが、EOS KISS Xシリーズです。このシリーズも、ボディのコンパクトさや軽量性を売りにしているカメラですが、NIKON D3500の場合は、これらのシリーズのカメラよりも軽量化がされていて、女性などでも、1日中の撮影となってしまった場合でも、腕が疲れてしまうリスクを大きく軽減することができます。

NIKON D3500の便利な機能

ガイドモードが撮影をサポートしてくれる

写真を撮影する際は、シャッタースピードやISO感度、F値などの要素を細かく設定しなければ、自分が撮影したい写真や、綺麗な写真は撮影することはできません。しかし、NIKON D3500にはガイドモードが搭載されており、これにより写真や動画などを撮影する際に必要な細かな設定を、カメラが自動でおこなってくれるため、誰でも簡単に、綺麗な写真を撮影することができます。

高速AFで動作音も静か

AF性能も非常に優秀で、高速AFで合焦スピードが非常に速いにもかかわらず、そのAF作動音は静かになっています。そのため、静かな雰囲気での撮影などでも、周りを気にせずに撮影することができます。

使用頻度が高いボタンが右側に集中していて使いやすい

ボディのボタン配置にも、工夫がされており、メニューボタンなど、使用する頻度が高いボタンなどは右側に集中させることで、操作性が飛躍的に向上しています。

Bluetoothで撮影した画像がスマホに自動転送される

Bluetoothによる、スマートフォンとの接続も可能となっているため、撮影したその場で、撮影した画像データをスマートフォンに自動転送することができます。また、リアルタイムでInstgramやTwitterなどのSNSにシェアしたり、周囲の友達と共有することもできます。

NIKON D3500の短所

画像編集機能はあまり充実していない

エントリークラスということもあり、フィルター効果の種類などの数が少なく、普段とは違った写真を楽しんだりすることはあまりできないようです。そのため、別の画像編集ソフトなどで、加工を加えたりすることで、自分らしい写真に仕上げることができます。

タッチパネル操作ができない

搭載されている液晶モニターには、タッチパネルが搭載されておりませんので、タッチシャッターやタッチAF、また、タッチによる設定の変更などはおこなうことはできません。

前機種D3400との比較

2016年発売の人気エントリーモデルで基本性能にはあまり違いが無い

NIKON D3500の1つ前のカメラとなるD3400との比較ですが、基本的な性能面では、大きく変わった点はなく、ボディの重さが30g減少していることなど、細かな箇所で、アップグレードされています。

撮影可能枚数は1200枚でD3500よりややバッテリー持ちしない

D3400はバッテリーの消費率が高く、バッテリー持ちは、あまりよくありません。しかし、カメラを購入する際には、ほとんどの場合は、予備バッテリーなども購入すると思いますので、予備バッテリーを常備しておくことで、この問題は、解決することができます。D3500については、撮影可能枚数は、1550枚まで増えており、より長時間での撮影が可能となっています。

本体重量がD3500よりやや重い

ボディの形状は、上から見ればところどころが変化している様子がうかがえます。グリップなども、D3400よりも、丸みをおびたような形となっており、手の小さい人でも、しっかりとホールドできるような形状となっています。ボディサイズもD3500よりもすこし、大きくなっているので、それに比例して、ボディ重量も約30g重くなっています。

Nikon D5600との比較

ミドルクラスでビギナー人気も高い一眼レフカメラ

D3500よりも上位機種となるD5600ですが、クラスとしては、中級者向けのモデルとなっており、性能面でも、D3500を上回ります。性能が良い分、軽さという面は、D3500に及びませんが、機能性と重量とのバランスでみれば、D5600は高性能なわりには、非常に軽量化されているモデルだといえます。

液晶モニターがバリアングル式で自由度の高い撮影が楽しめる

搭載されている液晶モニターは、バリアングル式が採用されているため、ハイアングルや、ローアングルといった、ファインダーでは、撮影することができないアングルで、撮影をおこなうことができます。また、星空撮影などの際にも非常に便利な稼働方式となっています。

本体重量はD3500よりやや重い

高性能な分、重さは重たくなっており、D3500と比べると、約50gほど重くなってしまっています。ちょっとした差ですが、長時間持っておくことが多い場合は、軽いに越したことはないので、軽い方がよいのですが、機能面を考慮しても、この50gの差は埋まらない性能の差があります。

Canon EOS Kiss X90との比較

Canonのエントリーユーザー向けシリーズの人気モデル

EOS KISS X9などと比べると性能は少し落ちますが、その分価額も抑えることができるので、より安くでカメラを購入したい人に人気のモデルとなっています。そういった面では、初心者にとっては、性能面、価額面でバランスの良いカメラとなります。

APS-Cセンサー、有効画素数約2410万画素、最高ISO感度12800

搭載されているセンサーや、有効画素数などは、NIKON D3500と同クラスですが、最高ISO感度が12800となっているため、暗所などでの高感度撮影などの性能は、NIKON D3500が上となっています。

エンジンや使用部品が旧式な分価格は抑えられる

EOS Kiss X90は、搭載されているイメージセンサー以外は、旧式のままのため、その分販売価格が抑えられており、ボディ単体だと5万円前後で購入することができます。

NIKON D3500は初心者〜中級者におすすめの一眼レフ

カメラを選ぶ際には、もちろん性能面ということも非常に大事となりますが、それ以外にも価額と性能のコストパフォーマンスや、見た目など、様々な要素があります。そしてもう1つ大事なことが、疲れずらいか、使いやすいかです。どんなに高性能なカメラでも、重すぎて、すぐに腕が疲れてしまうようであれば意味はありません。旅行好きであれば、カメラを選ぶ際のチェックポイントを挙げるのであれば、コンパクトさ、軽量性、性能面、ボディ堅牢性などが挙げられます。特に1日中撮影をする人などの場合は、コンパクトさと、軽量性は非常に大事なポイントとなってきます。このようにそれぞれの撮影シーンや、撮影状況、撮影対象などにより、カメラに求めることというのは変わってきます。まずは自分にとって、最優先するのは、どのような機能なのかなどを考え、その結果、コンパクトさや軽量性、そして機能と価格のコストパフォーマンスを重視する、ということであれば、今回ご紹介したNIKON D3500はピッタリだと思います。