比較

D3000シリーズを徹底比較!NikonD3500/D3400/D3000どれを買えばよい?

D3000シリーズとは

NikonのエントリークラスはD3000シリーズとD5000シリーズ

現在は、様々なメーカーから多種多様なカメラが発売されています。カメラのジャンルも一眼レフカメラや、ミラーレスカメラ、コンパクトデジタルカメラなど様々で、さらに、それぞれのジャンルの中でも、いくつものグレードに分かれます。そのため、自分に合ったカメラがどれなのか。自分の能力に合ったカメラなのかというのは、非常に分かりにくくなってしまいます。そこでメーカーは、カメラをそれぞれの、需要に区分し、シリーズ分けをおこないました。初心者ならば、このシリーズ、中級者ならこのシリーズ、そして、ハイアマチュア、プロならばこのシリーズというように区分することにより、消費者は、自分のスキルや撮りたいジャンルに適したカメラを選ぶことができます。カメラの歴史が古いニコンでも、そのシリーズ分けは存在し、現在では、主に報道カメラマンや、デザイン関係のカメラマンなど、プロの現場で使用する人向けの、D1桁シリーズ、プロがサブカメラとして使用したり、ハイアマチュアな人向けの、D3桁シリーズ、そして初心者から、プロのサブカメラとして使用することができ、幅広いラインナップをみせる、D4桁シリーズとなっています。通常であれば、日常的にカメラを扱うことが好きな人や、趣味でカメラをやっているという人はD4桁シリーズを使用することが多いです。このD4桁シリーズも、初心者向けのD3000シリーズ、D5000シリーズ、そして、中級者向けのD7000シリーズと分かれますが、今回はD3000シリーズに注目していきたいと思います。

D3000とD5000シリーズの違い

まず、D3000シリーズと、D5000シリーズの位置づけとしては、初心者向けのD3000シリーズ、そして同じく初心者向けながら、D3000シリーズよりも、高機能なD5000シリーズとなっています。これらのシリーズでは、ボディ性能にも違いがあり、D5000には、液晶モニターがバリアングル液晶が採用されています。これにより、自由に液晶モニターを動かすことができるので、ローアングル撮影や、ハイアングル撮影、そして、星空撮影などをする場合に、非常に便利になります。また、D5000シリーズはD3000シリーズに比べ、AF性能も上がっており、ピントを合わせる際の機能面も充実しています。カメラを始めるにあたり、とにかく、低価格で、操作性もシンプルで、軽量のカメラが欲しい場合は、D3000シリーズ、ある程度の機能性を備え、人とは違った写真を撮っていきたい、と考えるなら、D5000シリーズの購入をおすすめします。

D3000シリーズの種類

D3000

基本スペック

D3000の特徴としては、表を見てわかるように、D3400、D3500と比較すると、劣る部分が目立ちますが、撮像素子はAPS-Cサイズですので、より多くの光を取り入れることができ、写真を明るくすることができます。ただし、ISO感度を見てわかるように、高感度撮影に強い訳ではないので、価格帯も非常に安いことから、とりあえず、一眼レフカメラを手にして、写真を撮りたい方向けというような印象です。

特徴

操作性やボタンの位置なども、一眼レフカメラとしての最低限の機能しか搭載していないため、非常にシンプルになっており、カメラ初心者の方でも安心して、撮影を楽しむことができます。また、ボディサイズも非常にコンパクトで、重量も軽く、女性でも持ち歩けるほどの軽さです。初心者が理解するのが難しい、絞り値についても、しっかりとガイド機能があり、現在の数値で、どれぐらいの絞りになっているかが、イメージアイコンとして表示され、直感的に理解することができます。また、ダイヤルモードや、ボタンも大きく設計されており、非常に操作がしやすくなっています。

D3400

基本スペック

D3000とは違い、画素数も2472万画素と、非常に高い画素数を誇ります。さらに、ローパスフィルターレスになっているので、画素数を落とさずに、撮影を楽しむことができます。ISO感度も、D3000では、ISO1600までが常用ISO感度でしたが、D3400では、ISO25600と10倍以上の数値となっており、高感度撮影などでも対応できます。連写性能は秒間5コマですので、可もなく不可もなくといった印象ですが、AF性能は飛躍的に向上しており、AFポイントの数は、D3000と変わりませんが、精度が違います。一眼レフカメラで撮影する際は、ほとんどの場合は、ファインダーを覗いて撮影しますが、時には液晶モニターを見ながら撮影するときもあります。この液晶モニターを使用している際のAF方式は、ファインダーを覗いている際のAF方式とは異なり、コントラストAFとなります。コントラストAFについては、精度は高いのですが、ピントが合うまでの時間が長く、ストレスと感じる方も多いのですが、D3400ではライブビュー撮影時においても、特有のゆっくりとした速度が改善されており、素早いピント合わせが可能になっています。

特徴

一番の特徴としては、画素数であり、APS-Cセンサーが採用され、ローパスレスフィルターレスとなっているので、撮影できる写真の画質は、非常に高いです。画像処理エンジンもEXPEED4が搭載されているので、同社のミドルクラス級のカメラにも劣らない画質となっています。また高性能ながら、ボディもコンパクトで、バッグなどに入れて持ち運ぶことも容易にできます。Bluetoothにも対応しており、撮影したデータはすぐに、スマートフォンなどに自動で転送することができ、近くの人とすぐに写真をシェアすることができます。AF性能も非常に高性能になっているので、ストレスなく、撮影を楽しむことができます。

D3500

基本スペック

画素数は、前機のD3400の2472万画素よりも若干高い、2478万画素となっていますが、採用されている撮像素子や、画像処理エンジンは同型であり、D3400と同じ、ローパスフィルターレスとなっているため、画質の面では、ほとんどD3400と違いはありません。その他の常用ISO感度や連写性能などの数値もD3400と同じものが多く、大きな差はみられません。ボディサイズとしては、D3400と比較しても、大きな差はありませんが、重さの面でみれば、D3400と比較して、約30g軽量化されています。また、バッテリー持ちが、D3400の場合、1回の充電で、撮影可能枚数は1200枚だったの対し、D3500は1550枚となっており、長時間撮影を楽しむことができます。

特徴

基本的な特徴としては、表を見てもらえばわかるように、D3400と大きな差はありません。逆にD3400に搭載されていたが、D3500では非搭載になった機能もあります。リモコン操作に関しては、D3400には、リモコン用の受光部分があったのですが、D3500では、その部分は取り除かれ、リモコン非対応となっていしまいました。その分ボディの軽量化などが図られています。

それぞれの向き不向き

D3000はどんな人向け?

安くで、とにかく一眼レフカメラが欲しい人

カメラを使ってみたいけれど、カメラを購入して、夢中になれないかもしれない、そういう心配のある方は、まずはD3000を購入し、実際に一眼レフの操作感や、写真を撮るということがどういうことであり、自分が夢中になれるのかを試してみると良いと思います。写真を撮るにあたっては、カメラは高スペックになればなるほど、良いとされていますが、どうしても値段が高くなってしまいます。せっかく高いお金を出してカメラを、使わずに保管しておくことは非常にもったいないので、まずは安いカメラでも構いませんので、実際に手に取ってみて、夢中になれそうだとすれば、次のクラスのカメラに買い替えて、ステップアップしていくと良いでしょう。

D3400はどんな人向け?

グリップのホールド性を高めたい人

上記を見てわかるように、D3400とD3500は非常に、性能は酷似しています。細かな性能を見れば、D3500の方が上の部分は、たくさんあるかもしれませんが、初心者などは、そこまで細かなスペックまでは気にしませんので、私個人の意見としては、カメラのホールド性などで決めるのも1つの方法だと思っています。カメラは手に持って、使用する機材ですので、自分の手にあったカメラを選ぶこともまた重要です。D3400とD3500のカメラボディの違いは、薄さと重さですので、重くても良いので、しっかりとしたホールド性を重視する方は、D3400をおすすめします。

D3500はどんな人向け?

少しでもボディは軽い方が良い人

D3500は反対に、ボディが薄く、さらに約30g軽量化されているので、男女の区分でみれば、女性向きかなという印象です。カメラのボディはなるべく、軽くし、疲れにくいカメラが良いと思われる方は、D3500ををおすすめします。

それぞれの現在の販売価格

D3000

D3000は、発売が2009年となっているので、新品はほとんど出回ってなく、中古相場でみれば、レンズキットで2万円から3万円で購入することができます。

D3400

D3400の現在の相場としては、レンズキットで4万円台前半となっています。ダブルズームレンズキットになると、5万円から6万円となっています。

D3500

D3500の現在の相場としては、レンズキットで4万円台後半となっています。ダブルズームレンズキットになると、6万円から7万円となっています。

まとめ

最低限のスペックを保ちつつも、初心者に嬉しい低価格帯

NikonのD3000シリーズはエントリーモデルがベースとなっているので、操作性やボタン配置などのボディ設計、そしてヘルプ機能など、初心者にうれしい機能が多く搭載されています。カメラとしての性能も、D3000は、必要最低限ですが、D3400やD3500では、ミドルクラスに匹敵する程、しっかりとこだわりが感じられるスペックとなっているので、初心者でも安心して使用することができますし、なにより撮影を楽しむことができます。ダブルズームレンズセットでも10万円を超えることはないため、三脚やレンズフィルター、カメラバッグといった、その他のアクセサリーの方へ、予算を回すこともできるので、10万円で、カメラ関係一式の装備が整うという面でも、初心者にとって、最適なカメラといえるのではないでしょうか。