カメラ

ミラーレス SONY α6400はハイコスパ機種!高速AF機能により動画に強い

SONY α6400の紹介

動画に強いミラーレス SONY α6400はハイコスパ機種!徹底紹介

SONYではα7シリーズなどフルサイズミラーレス一眼カメラの開発を優先的に進めており、APS-Cセンサーを搭載したα6000シリーズの開発・発売は最近ではありませんでした。しかし、2019年初めにα6400が発売され、位置づけとしてはα6300の後継機となっています。

写真撮影に関するスペックはもちろん高いのですが、動画撮影のスペックも非常に高くなっています。その為、写真撮影の為よりも動画をメインに撮影する方を中心に人気のモデルとなっています。

非常に高い追従性をもつAFと、最新型画像処理エンジンで動画に強い!

α6300からの一番の進化したことはAF性能といえます。Α6400では最新のAI技術を利用した物体認識の性能が飛躍的に向上しており、その為AFの追従性、いわゆるトラッキング性能が大幅に向上しています。

初めに撮影する被写体を画面内に捉え、シャッターボタンを半押ししている間はその被写体をカメラが自動的に追尾してくれます。動きの予測ができない被写体に対しても、優れたAI性能により、素早く、そして正確に追従してフォーカスを合わせてくれます。

またα6400では新世代の画像処理エンジン「BIONZ X」が搭載されており、同じく搭載されているExmor CMOSセンサーとの併用により、解像度や発色などをはじめとるす様々な箇所で高品質な写真を撮影することができます。これまで開発してきたα7シリーズの技術が余すことなく活かされている画像処理エンジンといえます。

SONY α6400はなぜ人気なのか?

初心者から中級者まで、幅広い層をカバーできる多彩な機能を搭載

また、初心者などにも嬉しい様々な機能も搭載されており、カメラ内で画像加工が可能になるピクチャーエフェクト写真の仕上がりを前もって設定できるクリエイティブスタイル、そして画像アスペクト比1:1にも対応しています。

ピクチャーエフェクトではトイカメラやモノクロ、ミニチュア、ソフトフォーカスなど全13モードのエフェクトが登録されており、それらのエフェクトを使用して通常では撮影できない作品をカメラ内で作成することができます。

クリエイティブスタイルでは夜景や紅葉、ポートレートなど、様々な撮影シーンが登録されており、自分が撮影したい写真のイメージや撮影シーンに合わせてこれらを選択することにより、最適な設定で撮影することができます。

またコントラストや彩度など追加で自分の好みに合わせて細かく調節することもできます。もちろん動画撮影時にもこの機能は使用することができます。画像アスペクト比については、最近は撮った写真をSNSにアップする人たちが多いですが、SNSで広く使われているアスペクト比は1:1ですので、あらかじめこのアスペクト比で撮影することにより、撮影後のトリミングの手間を省くことができます。

Canon EOS Kiss Mとの違いを徹底比較

CANONのミラーレス一眼レフカメラの中で人気のEOS KISS Mがありますが、α6400並んで初心者向けでもあるカメラですが、まず見た目の違いですが、α6400はコンパクトデジタルカメラに近い形で、ファインダーの位置もボディの影に隠れるようになっていますが、EOS KISS Mの方は、一眼レフカメラを1周り、2周り小さくしたような形になっています。

スペックでは画素数ではどちらも2400万画素台で高い画素数を誇っています。フォーカスの測距点の数に関しては、EOS KISS Mが最大143点に対してα6400では425点と、より細かなピント合わせが可能になっています。連続撮影速度もどちらも11コマと10コマであまり差はありません。

夜間など暗い撮影環境の場合の高感度撮影に関してはα6400は最新のイメージセンサーや画像処理エンジンが搭載されている為、よりノイズの発生を抑えることができます。その為、常用ISO感度もEOS KISS MのISO100~25600に対し、α6400はISO100~32000と1段階上回っています。

ミラーレス SONY α6400の長所

初心者にも優しい、高速AFは動画にも最適!

AF性能は追従性も非常に優れているのですが、AFの合焦速度も進化しており、従来の合唱速度0.05秒から0.02秒となっており、従来の倍以上の速さでフォーカスを合わせることができます。このAF性能の向上は動物などの動的被写体の撮影はもちろん、動画撮影時も非常に活躍します。

最新型の画像処理エンジン「BIONZ X」を採用

新世代の画像処理エンジンBIONZ Xを搭載することにより、センサーからの情報を受け取った後の画像処理・補正機能が飛躍的に向上し、高画質な撮影性能、暗所での高感度撮影時にも低ノイズの写真を撮影することを実現しています。

コンデジ並みの携帯性で持ち運び楽々! α6000シリーズの特徴でもあるそのコンパクトデジタルカメラとあまり変わらない形とそのサイズ感は変わっておらず、コンパクトなサイズ感となっています。

また重さも約400gと非常に軽量ですので、旅行などの時にバッグなどに入れてもあまり場所をとらず、携帯性も非常に良いものとなっています。

SONY α6400の短所

本体に手ブレ補正がなく、レンズ頼みに

α6400の弱点としては、ボディ側の手振れ補正が搭載されていないことです。α7シリーズのうち、α7Ⅱ以降のモデルに関しては、ボディ側に5軸手振れ補正が搭載されており、手持ち撮影時における様々な方向のブレに対して優れた補正性能を発揮しますが、α6400にはその機能が搭載されていません。その為、手振れ補正が欲しい場合は、手振れ補正が搭載されているレンズを装着する必要があります。

UHS-IIのSDカードに非対応

SDカードには様々なグレードがありますが、一番重視するのは転送速度だと思います。転送速度が遅いとストレスになります。UHS-Ⅱは従来のUHS-Ⅰに比べると約3倍近くの転送速度があるのですが、α6400はこのUHS-Ⅱの規格のSDカードには対応していません。

SONY α6400の便利な機能

リアルタイムトラッキングと瞳AFで動く被写体の追従性は抜群

α6400には優れたAF性能を活かした様々な機能があります。狙いたい被写体を狙い続けることができるリアルタイムトラッキング機能や人物の瞳に常にピントを合わせ続ける瞳AF機能など、動的被写体はもちろん、ポートレート撮影などの撮影シーンでもピント合わせをサポートしてくれます。

NFC対応のスマホやタブレットでワンタッチシェアリング

通常のカメラであれば、撮影した写真はSDカードに保存され、そのSDカードをパソコンなどのメディアを介してスマートフォンに送るか、専用のアプリを起動してそれぞれを同期させて、転送する方法がありますが、α6400はNFC機能が搭載されているので、スマートフォンとカメラボディをタッチすることで自動で写真をスマートフォン側に転送することが可能です。

180度チルト式液晶モニターで自撮りOK

α6400が動画撮影者に人気の理由として、液晶モニターがチルト式で180度回転することが挙げられます。180度回転することで自分が現在どのように映っているのかを確認しながら撮影することができます。写真撮影の際にも自撮りなどを画面を確認しながら撮影できるので非常に便利です。

SONY α6400の活用法

リアルタイムトラッキングと4K60でなめらかな動画を

α6400は4K撮影にも対応しており、圧倒的な画質で動画を撮影することが可能です。またリアルタイムトラッキング機能によるAF追従性能や常用ISO感度が最高32000まで対応しているので様々なシーンで高画質な動画撮影を楽しむことができます。

ビデオカメラのように長時間の撮影も可能

現在はデジタルカメラの連続撮影可能時間の30分制限というものはなくなり、ビデオカメラのように30分を超える動画撮影も可能になっています。ただし4K撮影時などは長時間撮影を行うと発熱する可能性もあるので購入後は一度テストをすることをおすすめします。

120FPSでスロー動画も撮影できる

撮影記録設定にて120FPSが選択可能になっています。1秒間に120コマもの撮影をするものですので、動きの速いスポーツシーンなどでも滑らかなスロー動画を撮影することができ、スポーツビデオカメラとしても使用できます

おススメアクセサリー

バッテリーパック

α6400のバッテリーSONYの旧型のバッテリーが使用されています。その為、丸一日撮影をしようとするとバッテリーが無くなる可能性がありますので、予備のバッテリーは必ずといってよいほど必要になってきます。

ソニーEマウントレンズ

これまではソニーのカメラに購入する際の一番のネックはレンズの価額の高さでした。これはミラーレスカメラ用にSONYが従来のマウントとは異なる規格のマウントレンズを開発した為、発売当初はその種類も少なく、金額も非常に高額だったのですが、現在はEマウントのレンズのバリエーションも増え、比較的購入しやすい価格でレンズを購入することができます。

初心者がまず購入すべきレンズは、やはり標準ズームレンズといえるでしょう。標準ズームレンズで慣れてきてから、超広角や、望遠レンズ、単焦点レンズなどの購入を検討した方が良いです。

レンズフィルター

α6400のボディのサイズは非常にコンパクトで装着するレンズによってはボディよりもレンズが大きくなってしまうことがあります。その為、ボディ側よりも先にレンズ側に傷がついてしまったり、ひどい場合は破損ということもありますので、保護フィルターなどのアクセサリーは必ずつけるようにします。

また撮影の幅を広げるのを目的として、PLフィルターや減光フィルターなどのも併せて購入するのもおすすめです。

SONY α6400に関するQ&A

まったくの初心者でも扱えますか?

初心者の方でも良い写真が撮れる機能があります。α6400にはオートモードでの撮影も非常に性能が良く、極端に言えば、オートモードでシャッターを切るだけでも良い写真を撮ることは可能です。

またクリエイティブスタイルやピクチャーエフェクトなどの画像の調整機能も充実しているので、まるでパソコンの専用ソフトで現像したかのような写真に仕上げることも可能です。カメラの知識がある方はマニュアルモードを使用して、細かくカメラ側の設定をすることにより、より自分が撮りたい写真のイメージに近い写真を撮ることができます。

瞳AFは動物にも対応していますか?

アップデートで対応可となりました。発売当初は人物のみの瞳AF機能が搭載されていましたが、アップデートにより動物の瞳にもAFを合わせ続けることが可能になりました。またAF速度も非常に速いのでスムーズな撮影をすることができます。

ボディキャップは付属しますか?

別途購入となります。
コンパクトなボディだからこそ、旅行などの際に大活躍するα6400ですが、そのコンパクトさ故にバッグなどにそのまま入れる方もおられるかと思いますが、カメラは精密機械ですので、小さな衝撃や振動などでも故障する可能性はあります。

その為、ボディ側の保護を目的としてボディキャップを装着することをおすすめします。最近では男性向けのデザインや女性向けのデザインなど様々なニーズに答える為、様々なデザインのボディキャップが発売されています。デザイン性を重視して選ぶのもまた良いかもしれません。

まとめ

AFの追従性は特筆モノ!初心者から中級者まで幅広く使える!

α6400のAF追従性能は同社カメラや他社カメラと比較しても非常に優秀で、リアルタイムトラッキング機能と改良されたリアルタイム瞳AF機能の搭載により、AFの追従性は同社のα9を超えていると感じる人もいるぐらいです。α9は同社のフルサイズミラーレス一眼カメラのフラッグシップモデルでそのα9と同等クラスといわれることからα6400の高いAF性能がよくわかります。

リアルタイムトラッキングと4K録画で動画に強い!

AFの追従性の高さとAFの合焦速度の速さは写真だけに限らず、動画撮影時にも非常に大事な要素となります。高画素で動画を記録することができる4K撮影もAF性能が高くなければ真価を発揮しません。

AF性能が優れているカメラで4K撮影をするからこそ活かすことができます。写真だけはなく、動画撮影でも非常に優れているα6400はこれまでなかったデジタルカメラ、ビデオカメラのハイブリッドといえるのではないでしょうか。