カメラ

富士フィルムのミラーレスはどれを買えばよい?全機種まとめて徹底比較!

目次

富士フィルムのカメラの特徴

富士フィルムのカメラの魅力はFUJINON(フジノン)レンズ

富士フィルムのカメラの魅力といえば、解像感の高い写真を生み出すFUJINON(フジノン)レンズにあります。フジノンレンズはフィルムカメラ時代から培った高い技術力を基に製造されており、解像感の高さや忠実に被写体を映す表現力の高さから世界中のプロやクリエイターから愛されています。富士フィルムのミラーレス用フジノンレンズであるXマウントやGマウントレンズは、他のメーカーよりも明るいレンズが多く、鮮やかな写真を撮影するのに向いています

また、美しいボケ感ある写真の撮影に欠かせない単焦点レンズについては豊富にラインナップされており、様々な撮影ニーズに対応しています。

富士フィルム ミラーレスの魅力

富士フィルムが出す色彩がスゴイ:高評価「フィルムシミュレーション」

手ブレ補正機能がない理由

富士フィルムのミラーレスカメラのボディやレンズのほとんどには、手ブレ補正機能が搭載されていません。これを聞くと、ユーザーに優しくない印象を持ってしまうかもしれません。ですが、これには富士フィルムの写真に対するこだわりが表れています。手ブレ補正ユニットを搭載すると、撮影した写真の周辺部の解像度が落ちてしまったり、収差(にじんだりぼやけたり歪んだりしてしまう現象)が発生してしまいます。F値の低いレンズを使用する場合や屋外での撮影の場合には、光量が十分なのでシャッタースピードを速めて撮影することができます。シャッタースピードが速いと手ブレはほぼ発生しません。

手ブレ補正を搭載しないのは、不必要な場面で画質を落とさずに撮影するための富士フィルムのこだわりと言えます。本当に手ブレ補正が必要なズームレンズ等には手ブレ補正機能が搭載されています。

高評価、富士フィルム「フィルムシミュレーション」

富士フィルムのミラーレスカメラの機能の中にフィルムシミュレーションという機能があります。この機能はフィルムカメラでの色合いを再現して撮影できる機能です。他のメーカーのフィルター撮影機能では、色合いが派手になったりと極端な写真になることが多いです。フィルムシミュレーションはフィルムカメラの再現ですので自然な色合いのものが多く、それがフィルムカメラを知る世代の人から高評価を得ています。シミュレーションのモードもスタンダード、ビビッド、ソフト、クラシッククローム、モノクロ、セピアなどが用意されています。一度自分好みの設定で撮影すると手放せなくなる機能です。

レトロなデザインがカッコいい

富士フィルムのミラーレスカメラのデザインは、ご覧になってもらえればわかる通り、フィルムカメラに近いレトロなデザインです。デザインは好みもありますが、レトロなデザインがカッコよく感じられる人にとっては、いかにもカメラというこのデザインはたまらないのではないでしょうか。また、レトロなデザインでありながら、最新技術を使用した高画質で本格派の写真が撮影できるので、見た目だけではなく機能にもこだわる人にとっても納得の一台となるでしょう。

持ち運びが楽なのに、画質のクォリティーが高い

富士フィルムのミラーレスカメラはコンパクトで持ち運びが非常に楽です。ですが、そんなコンパクトな中でもカメラとしての能力は一級品です。

各メーカーの特徴があるので単純に比較することはできませんが、富士フィルムのミラーレスカメラは自然な鮮やかさやフィルムカメラの風合いを再現できる、優れた表現力を持っています。色合いについては好みもあるかと思いますので、ネット等で富士フィルムカメラの作例を見られることをおすすめします。その自然な色鮮やかさにハマって、富士フィルムのミラーレスカメラを購入したくなる人も多いことと思います。

ファームウエア更新が ありがたい

富士フィルムのミラーレスカメラおよびレンズは、他のメーカーのカメラと同じようにファームウェアがアップデートされます。ですが、特筆すべきなのは富士フィルムのファームウェアアップデートは不具合改善だけではない点です。

手ブレ補正やフォーカスの精度向上であったり、新機能の追加が行われたり、既存のカメラの可能性を最大限に発揮させるための姿勢はとても素晴らしいです。ただし、自動でアップデートはされませんので、富士フィルムのカメラをお持ちの方は定期的にファームウェアのアップデート情報をチェックされることをおすすめします。

富士フィルム ミラーレスの弱点

操作が超初心者には複雑

富士フィルムのミラーレスカメラは初心者の方には最初は操作しづらいかもしれません。というのも富士フィルムのミラーレスカメラにはボタンがほとんどなく、その代わりにダイヤルが多くついています。シャッタースピードやISO感度、露出補正などはこれらのダイヤルで操作します。ただし操作しづらいのは最初だけで、慣れてくるとダイヤルを回すだけで設定できる便利さを実感できることでしょう。

バッテリー持ちが良くない

これは富士フィルムのミラーレスだけに限った話ではないのですが、バッテリーの持ちがあまり良くありません。数時間レベルではもちろんバッテリーが切れることはありませんが、一日持ち歩いて写真を撮影するとなるとバッテリーが不安です。そのような使い方をされる場合には、予備バッテリーを持ち歩くとよいでしょう。

AF性能が微妙

富士フィルムのカメラは鮮やかな色味や高画質で人気なのですが、オートフォーカスについては微妙という声が多かったのも事実です。動きものには滅法弱く、オートフォーカスのスピードは遅い、フォーカス位置も迷うなど、動きものを撮影するなら富士フィルムのミラーレスカメラは使えないというのが定説でした。

ですが、最近の富士フィルムのオートフォーカスには明らかな改善が見られており、他のメーカーに追いついてきたのは間違いありません。まだシビアな撮影シーンではフォーカス位置に迷ったりというシーンはありますが、実用的なレベルに入ってきたと言えます。

富士フィルム ミラーレスどれを買う?

初心者、プロと問わず愛される富士フィルム ミラーレス

ここまでで富士フィルムのミラーレスカメラの魅力をお話ししてきました。富士フィルムのミラーレスカメラは撮影できる写真の色合いなどで、初心者からプロまで幅広い層から愛されています。ここまでを見て富士フィルムのミラーレスカメラに興味が出てきた人が次に思うのは、「どの機種を買えば間違いないの?」ということだと思います。

ここからは富士フィルムの代表的なミラーレスカメラについて、おすすめポイントを交えながらご紹介していきます。

おススメの富士フィルム ミラーレス カメラ

X-Aシリーズ(初心者でも使い勝手がよいミラーレス)

特徴は「マクロ撮影」

X-Aシリーズはカメラ初心者でも簡単にキレイな写真が撮影できる使い勝手のよいミラーレスカメラです。画面をタッチしてフォーカスを合わせたり、シャッターを切れたり、セルフィーが簡単に撮れたりとスマホからのステップアップも簡単なカメラです。

また、X-Aシリーズならではの特徴として、レンズキットに付属するキットレンズでマクロ撮影が可能な点です。マクロ撮影とは被写体に近づいて、被写体の一部分を拡大撮影する一眼カメラならではの撮影手法です。普通のミラーレスカメラであれば、マクロレンズを別で購入しなければならないのですが、X-Aシリーズのカメラでは付属の標準レンズで撮影ができてしまいます。簡単に一眼カメラの楽しさを味わうことができるところもカメラ初心者の方に強くおすすめできるポイントです。

X-A3が進化してX-A5に!

X-Aシリーズの中でもX-A5は高性能でおすすめできるモデルです。X-A5はX-A3から進化しており、カメラ性能面の大きな違いとしては、オートフォーカスが速くなりました。富士フィルムのミラーレスカメラは先に話したとおり、あまりオートフォーカスが得意ではありません。X-A5では今まで上位モデルにしか搭載していなかった像面位相差AFを搭載し、オートフォーカス速度がX-A3の2倍と改善しています。

また、画像処理の速度も速くなっており、人物等の認識性能が向上したことによって、人物撮影の撮影画質も向上しています。使い勝手に関わる機能としては、X-A5からBluetoothが搭載されたことも見逃せません。これで撮影した写真をスマホに自動連携することができます。写真を撮影したらSNSにアップロードするのが当たり前になった現在においては便利な機能と言えます。

GFX 50R(本気で撮りたい人向け)

富士フィルムのミラーレスカメラにはフルサイズセンサーのカメラはありません。しかし、フルサイズのセンサーサイズを超えた中判デジタル撮影が可能なGFXシリーズがあります。そのセンサーサイズから画像が高精細であることや、ボケ感も強く、より立体感を表現できることがこの機種の強みです。

しかし、その強みの代わりに大きくて重いので、本気で写真を撮影したい人にのみおすすめできるモデルです。価格としては他メーカーのフルサイズ機とほぼ変わらない価格帯ですので、画質と価格のコストパフォーマンスという点で優れています。

GFX 50Sから性能アップしたGFX100

上でご紹介したGFX 50Rよりも、さらに本格派の撮影が可能な機種としてGFX 100があります。スペックとしては画素数が約1億画素で、GFX50の5140万画素のなんと2倍です。

価格は100万円超なので、生半可な気持ちで変えるカメラではありませんが、このスペックにしては安いので、超高画質が必要な人には唯一無二のカメラと言えます。また、中判デジタルカメラでは画質のみを追い求めたモデルが多く、プロの方でないと取り扱いが難しいことも多いです。その中でGFX100は強力な手ブレ補正や撮影機能の充実など、下位モデルからのステップアップの難易度もそれほど高くないカメラとなっています。

X-H1(手ぶれ補正機能付き)

X-H1はXシリーズで唯一ボディ内手ブレ補正が搭載されているカメラです。先に富士フィルムのカメラへのこだわりとして、不必要に画質を落とす手ブレ補正は搭載しない、というものがありました。そんな手ブレ補正機構がX-H1に搭載されたのは、作り手側が納得する手ブレ補正機構が完成したからと公式ページでも紹介されています。

手ブレ補正のスペックも5軸5段手ブレ補正で、動きもの撮影や手持ち撮影で無類の強さを発揮します。カメラ部品もミクロン単位で精密に製造されており、手ブレ補正の効果を発揮しながらも画質の劣化等は最小限に抑えられています。

X-T2

X-T2は一眼レフとミラーレスの良いところをバランスよくミックスした機種と言えます。前機種のX-T1も評判の良いカメラでしたが、そこからさらに改良がされています。さらなる高画質化、AF速度の大幅な改善などカメラとしての基本性能が向上し、フォーカスレバーの搭載や電子ビューファインダーの性能向上などユーザビリティーの向上もされています。プロから初心者まで幅広い層に支持されているモデルです。

多彩でコスパのよい X-T20

X-T20はミドルクラス機で先にご紹介したX-T2の下位モデルという位置づけになります。ただし、下位モデルとは言っても、X-T2と同様のセンサーサイズ、同様の画像エンジンを搭載など、撮影する写真のクオリティが低いと言うわけではありません。X-T2との明確な差としては、ボディが防塵防滴でない、ホールド感に欠ける(代わりに軽量コンパクト)の2点です。

価格面ではX-T2と比べて3万円程度安く購入できますので、防塵防滴等が必要でない人にとってX-T20は非常にコストパフォーマンスの高い機種だと感じられることでしょう。

X-Pro2、X-E3、X100F(レンジファインダータイプ)

富士フィルムにはエレクトロニックレンジファインダー(ERF)を搭載しているモデルも存在します。ERFでは光学ファインダーをメインとし、ファインダーの右下に電子ファインダーの映像が表示されます。電子ファインダーにて写真の仕上がりを確認することができる長所を、光学ファインダーと合わせて使うことができるイメージです。

また、電子ファインダーの画面は拡大表示することも可能で、シビアなピント合わせが必要となる撮影シーンでも活躍します。これらの機種はハイブリッドモデルですので、撮影シーンに応じて使い勝手の良いファインダー方式を選択することもできます。

カメラの機能も選択の重要なポイント!

防塵・防滴・耐低温:X-T3、X-T2、X-H1、X-Pro2

撮影シーンが海や山など、少しハードな場面が多い方は防塵・防滴・耐低音のカメラを選択するのが無難です。せっかく良い写真が撮れるカメラでも、故障してしまっては元も子もありません。富士フィルムのミラーレスで防塵・防滴・耐低温なのはX-T3、X-T2、X-H1、X-Pro2です。

3方向チルト式液晶モニター:X-T100、X-T20、X-T2、X-H1、X-A3、X-A5

様々なアングルでの撮影をする際には、液晶のアングルを変えることができるチルト液晶が便利です。3方向としては縦方向、横方向、水平方向への回転ができます。それぞれの方向の使用用途イメージを簡単にご説明しておきます。縦方向はハイアングル、ローアングルの撮影に役立ちます。横方向は純粋にカメラの後ろに回れない場所で役立つほか、カメラを縦方向にして撮影する場合にハイアングル、ローアングル撮影が可能です。水平方向への回転は最近増えてきた自撮りを簡単に行うことができます。3方向チルト式液晶モニターはX-T100、X-T20、X-T2、X-H1、X-A3、X-A5などに搭載されています。

タッチパネルディスプレイ:X-T20、X-H1、X-A3、X-A5、X-E3

最近の機種では搭載していることが珍しくなくなったタッチパネルディスプレイですが、カメラ初心者の方には特に便利です。タッチパネルディスプレイで設定を変更できるのはもちろん、フォーカスを合わせたり、ワンタッチでピントを合わせて撮影できたりとスマホでの撮影と変わらない使い勝手を得ることもできます。タッチパネルディスプレイはX-T20、X-H1、X-A3、X-A5、X-E3などに搭載されています。

フォーカスレバー:X-T2、X-H1、X-100F、X-Pro2

上で説明したタッチフォーカスは便利なのですが、より厳密なフォーカス位置を求める上級者向けの機種にはフォーカスレバーが搭載されています。フォーカスレバーではレバーを上下左右に操作することによって、フォーカス位置を簡単に操作することができます。フォーカスレバーはX-T2、X-H1、X-100F、X-Pro2などに搭載されています。

アドバンスト ハイブリッドマルチビューファインダー:X-Pro2、X-100F

アドバンストハイブリッドマルチビューファインダーでは、電子式ビューファインダー(EVF)、光学式ビューファインダー(OVF)、エレクトロニックレンジファインダー(ERF)の3つを切り替えられる機種です。それぞれのファインダー方式には長所や好みが存在します。初心者の方は機能的にEVFさえあれば十分ですが、より写真へのこだわりが強くなってくるとOVFやERFにも興味が出てくることと思います。アドバンスト ハイブリッドマルチビューファインダーはX-Pro2、X-100Fなどに搭載されています。

Bluetooth 可:X-Pro2、X-100F

SNSなどによく写真をアップされる方は、スマホとサクサク画像を連携できるBluetooth搭載機種がオススメです。Bluetooth接続が可能な機種はX-T100、X-H1、X-A5などがあります。

4K動画:X-T20、X-T2、X-H1、X-Pro2、

最近ではデジタルカメラの使用用途として、4K動画を撮影してYoutubeなどにアップするということも多くなりました。また、テレビなどに接続して撮影した4K動画を楽しみたい方も多いかと思います。機種によって4K動画の撮影可能時間やフレームレートが異なりますので、購入の際には必ずカタログスペックの確認をするようにしましょう。4K動画が撮影可能な機種はX-T20、X-T2、X-E3、X-T100、X-A5などがありますが、X-T100とX-A5はフレームレートが15fpsと少しスペックが落ちますので注意してください。

結局どれを選べばイイの?(まとめ)

まずは絶対必要なカメラ機能を決めて選択肢を絞る!

この記事では富士フィルムのミラーレスカメラについて、その魅力とオススメの機種をご紹介してきました。富士フィルムのミラーレスカメラは全ての機種で高画質な絵作りが可能ですが、スペックや価格が微妙に異なるカメラが多く、購入する際には迷ってしまいます。そんな場合には、自身の撮影スタイルに必要なスペックが何かを確認するのがオススメですので、この記事を参考にして選択肢を絞り込んでみてください。

その後は家電量販店などで実機を触ってみて、自分にピッタリのカメラはどれなのか選ぶと間違いが少なくなります。富士フィルムのミラーレスを購入して、今までとは違う色鮮やかな写真の世界を是非楽しんでみてください。