ランキング

一眼レフとミラーレスカメラのおススメ徹底紹介!カメラ女子に人気の商品は?

目次

そもそも一眼レフとミラーレスの違いとは?

1.大きくて重い一眼レフ、小さくて軽いミラーレス

一眼レフとミラーレスの大きな違いはサイズと重量です。サイズに違いがあるのには、双方の構造に違いがあります。

一眼レフは、カメラの中にあるレフ(鏡)にレンズがとらえた景色を反射させ、光学ファインダーを通してその景色を見ます。リアルタイムに景色や被写体を見ながら撮影する事ができるため、ベストなタイミングでシャッターを切ることができます。

それに比べてミラーレスカメラですが、名前の通りミラーがありません。その代わりにレンズがとらえた景色を映像に変換して電子ビューファインダーや液晶モニターに映します。
電子ビューファインダーや液晶モニターに映すことによって、明るさや色合いなどを撮影する前に確認することができるというメリットがあります。このような構造の違いが、サイズや重量の違いになっています。大きくて重いのが一眼レフ、コンパクトで持ち運びにも便利なものがミラーレスです。

2.画質はほぼ同レベル

一眼レフもミラーレスも、スマートフォンよりも大きいセンサーを搭載しているため、どちらもボケ感のある印象的な写真だけでなく、キラキラした夜景も綺麗に撮影することができます。

画質に関しては、一眼レフカメラもミラーレスカメラもほど同等のレベルであり、どちらも「一眼画質」のハイクオリティーな写真を撮る事ができます。

3.ファインダーがある一眼レフ、ないものが多いミラーレス

一眼レフにはどのモデルにも必ずファインダーがついています。
しかしミラーレスにはないものが多いです。ミラーレスカメラはファインダーが無いため、非常にコンパクトで軽量です。

4.交換レンズが豊富な一眼レフ、そこそこなのがミラーレス

交換レンズが豊富なのが一眼レフカメラです。一眼レフの交換レンズはミラーレスに比べると非常にバリエーションが多く、撮りたいシーンなどによって使い分ける事ができます。ミラーレスカメラにも交換レンズは豊富にありますが、一眼レフのものと比較してもコンパクトであり一眼レフよりはバリエーションは少なめです。

一眼レフかミラーレスか、選ぶ際のポイントとは?

一眼レフかミラーレスか、購入する際に選ぶポイントをご紹介。自分に合うモデルはどちらなのか、特徴や違いを知ってベストな1台を選びましょう。

1.琴線に触れるデザインか

カメラを選ぶ際に大切になってくるのが、デザインですよね。琴線に触れるデザインであるかどうか、心に残るような強い印象があるデザインかどうかが大切です。高価なものですし、これから大切に使っていくものなので、自分の気に入ったデザインのものを選びましょう!”

2.予算をどのぐらいに設定するか

予算をどのくらいに設定するかで、選択できるモデルも限られてきます。自分はどんな写真が撮りたいのか、どのような機能が必要なのかをあらかじめはっきりさせておいて、条件に当てはまるカメラの値段の相場を調べておきましょう。あとはその中から自分が出せる金額のモデルで気に入ったものを購入するのが良いでしょう。

3.持ち歩くか、三脚で撮るか

持ち歩きがメインになるのか、三脚での撮影をするのか、目的をはっきりさせておきましょう。大きな一眼レフと交換レンズを数本持ち歩くのはかさばるし重くて大変なので、持ち歩きがメインになる場合はミラーレスを選択するのが良いでしょう。三脚で撮影する事が多い場合やあまり持ち運びをしない場合は、一眼レフカメラを選ぶと良いでしょう。

4.実物を店頭で操作してみる

購入前に実物を店頭で操作してみる事はとても大切です。イメージしてたデザインと違ったり、サイズ感が思っていたものと違う場合もあります。また持った感じやボタンの操作性などは実際に手に取って操作してみないと分からないため、購入する前は色々なモデルの操作性を比較するためにも一度は店頭で実物を触ってみることが大切です。

初心者やカメラ女子におススメの一眼レフカメラ

これから本格的なカメラデビューをしようと思っている初心者の人や、カメラが趣味なカメラ女子に優しいおススメの一眼レフカメラをご紹介します。

1. 小さくてかわいい、キヤノン EOS M100

M100は軽くて小さく、持ち運びがとても楽なので、特に女性におすすめ。サッとカバンにしまって持ち運ぶ事ができるため、思い立ったらすぐに撮影できるのが良いところです。またタッチパネル式の操作画面は分かりやすいアイコンが並んでいるため、初心者でも直感的に操作できます。

さらにM100にはデュアルピクセルCMOS AFというAF方式が搭載されているため、オートフォーカスがとても早い。画質に関しても有効画質数約2420万画素と、他のカメラに引けを取らない画素数に加えてDIGIC 7という高額なカメラにも搭載されている画像処理エンジンがM100にも搭載されているため、画質が非常に良いモデルとなっています。
簡単に操作できることや、携帯性に優れている点は初心者やカメラ女子に非常におすすめなポイントになります。”

2.ニコン D5600はバリアングル液晶でスマホ感覚の簡単操作

ニコン D5600に搭載されているバリアングル液晶は、上下左右に液晶が可動し自撮りやカメラを縦にした構図などの撮影もしやすいです。タッチ操作で簡単に写真を撮る事ができるので、カメラ初心者の方はスマホ感覚で操作が出来ます。

3.リコー「PENTAX」K-70は、控えめな価格設定なのに上級機並みの性能が

リコー「PENTAX」K-70はカメラ初心者でも手の出しやすいコスパが良いモデルです。
高コスパモデルでありながら、他のカメラに引けを取らない性能となっています。ISO感度が102400まで常用感度になっているため、低照度の環境で撮影をするときなども綺麗な写真を撮る事ができます。

またPENTAXといえばどんな環境でも使う事が出来るアウトドアに強いカメラです。
レンズやカメラのボディが防塵防滴構造になっているだけでなく、-10度以下の極寒の環境でも使用できるため、どんな環境下でも安心して撮影に集中する事ができます。

さらにK-70にはアストロレーサーという、天体撮影が得意なPENTAXならではの機能が搭載されている。この機能を使えば、撮影が難しい星の光を撮影する事ができます!

初心者やカメラ女子におススメのミラーレスカメラ

1.オリンパス OM-D E-M1 Mark IIは、強力な手ブレ補正と防滴機能でアウトドアにもってこい

オリンパスのカメラの特徴といえば、ボディ内の手ブレ補正機能です。このボディ内手ブレ補正とは、ブレを打ち消す方向に撮像素子を微動させることにより手ブレを抑える技術です。このOM-E E-M1 MarkⅡにも、もちろんこのボディ内手ブレ補正機能が搭載されているため、ブレの無い綺麗な写真が撮影できます。さらに防塵防滴仕様なため、アウトドアにはもってこいなモデルとなっています。

2.オリンパス OM-D E-M10 Mark IIIは、軽くて持ちやすいから普段使いにピッタリ

オリンパス OM-D E-M10 Mark IIIの質量はわずか410gであり、同じクラスの他のミラーレスカメラや一眼カメラに比べて一回り小さく軽いボディーです。交換レンズとあわせて持ち歩いても重さが気にならないため、普段使いにピッタリ。小型軽量モデルでも性能は高性能。好きな時にサッと取り出して撮影できる携帯性に優れたモデルです。

3. オシャレでカワイイ、オリンパス PEN E-PL9は、カメラ女子にピッタリ

オリンパス PEN E-PL9は女性向きのカメララインナップであり、女性に嬉しいモデルとなっています。

カメラの外観はオシャレでカワイイを意識したレトロ感のあるデザインであり、小型軽量で女性でも簡単に持ち運びができるようになっています。さらにSNS映えを狙った写真が撮れるフィルター機能も搭載。

このフィルター機能を使用する事で、SNS映えするフォトジェニックな写真を残すことも可能となっています。全16種類のフィルタープリセットから選択できるため、シーンにあったおしゃれなフィルターを選ぶ事ができます。

4.パナソニック GF10は、画質・操作性・デザインと全てのバランスがちょうどいい優等生

パナソニック GF-10もまた、初心者向けのエントリーモデルとして人気を集めています。
デザインは3種類から選べますが、スタイリッシュでカワイイ色合いのホワイトとオレンジは女性に特におすすめ。

操作性についても液晶画面にタッチパネルを採用しているため、スマホ感覚で使用する事ができますし、画質についても有効画素数1600万画素と高画質なので、画質・操作性・デザインと全てのバランスがちょうどいい優秀なカメラです。

5.エントリーモデルながら。最新の映像エンジンを搭載したキヤノン EOS M100

キヤノンのEOS M100は初心者などに扱いやすい操作性であり、エントリーモデルのカメララインナップとなっています。しかしながらDIGIC 7という最新の映像エンジンを搭載しているため、性能は他のカメラに引けを取らず高性能なモデルとなっています。

6.オートでもきれいに、フォルムもかわいいキヤノン EOS Kiss M

キヤノンのEOS Kiss Mは女性が持っていてもかわいいフォルムで、小さくて軽く携帯性に優れています。オートでの撮影でもとても綺麗に取れるので、カメラ初心者の方でも簡単に綺麗な写真が撮影できます。

7.ソニー α6300はコンパクトながら4K動画にも対応、AFも速い!

SONYのα6300はコンパクトで軽量ボディなのにとてもハイスペック。特に優れているのがAF機能。表示全域がオートフォーカスエリアともいえる「425点 像面位相差AF」を搭載。この機能のおかげで高速なピント合わせを実現しています。さらにコンパクトモデルながら4K動画の撮影にも対応しているため、静止画だけでなく動画も美しい描写で記録することができます。

8.富士フィルム X-T3の顔検出・瞳AF機能は、ポートレートの強い味方

富士フイルム X-T3の顔検出・瞳AF機能はポートレート撮影時の強い味方です。動く被写体に対して素早く顔を追従し、瞳AFで瞳を認識します。動き回る小さな子供の撮影だけでなく遠くにある小さな顔げの検出も可能であり、ポートレート撮影時にはとても使える機能となっています。

一眼レフやミラーレスカメラと一緒に買いたいアクセサリーは?

1.大容量のSDカードで写真を撮りためよう

SDカードの容量が少ないと、撮影中に容量がなくなってしまって撮影できなくなったり、4K動画などを撮影すればすぐに容量がいっぱいになってしまいます。こんな急なトラブルを無くし、安心して撮影に集中したいなら大容量のSDカードを使いましょう。大容量SDカードなら、写真や動画などをたくさん撮りためる事ができますし、容量オーバーの心配もなくなります。

2.夜景や風景を楽しみたいなら三脚は必須

ハイスペックのカメラを持ったら、夜景や風景の撮影をする人も多いのではないでしょうか。夜景や風景の撮影を楽しみたいなら三脚は必須です。どんなに優秀な手ブレ補正を搭載しているカメラでも、大きく動いてしまえばアウト。さらに夜景撮影時はシャッタースピードが遅く、通常の撮影よりもブレやすいですが、三脚があればそんな心配は無用。三脚を使用すれば夜景や風景が綺麗に撮影できます。

3.カメラは精密機器!専用バッグできっちり守ろう

カメラは精密機器であり、高額です。レンズに傷がついてしまえば綺麗な写真を撮影する事が出来なくなってしまいますし、落としたりぶつけたりしたら破損してしまう可能性もあります。カメラは専用バッグに入れて傷や雨などからきっちり守ってあげましょう。

4.付属のレンズに物足りなくなったら、交換レンズにチャレンジしよう

付属のレンズに物足りなくなったら、交換レンズにチャレンジしてみましょう!どんな写真が撮りたいかによって使うレンズは変わってきますので、自分の希望に合ったレンズを選んで挑戦してみましょう。風景やズームして写真が撮りたい場合はズームレンズ、美しいボケ感が出したいなら単焦点レンズなど、様々なレンズがあります。

最初だからこそ、自分に合ったカメラを選びましょう

カメラデビューの最初の1台だからこそ、自分に合ったカメラを選らぶ事が大切です。
実際に店頭で操作をしたり、カメラの特徴を調べて比較したりして、自分にピッタリな1台を見つけてください。