ランキング

女性・初心者におススメ!ミラーレス一眼レフカメラのメーカー別ランキング

目次

ミラーレス一眼と一眼レフの違いって?

これからカメラを始めようと思う人にとってネックとなるのは、「重い」「大きい」「荷物になる」ところでしょう。スマートフォンやiPhoneであれば負担にならなかったものが、カメラ本体から、レンズ、そして三脚など拘れば拘るほどそれだけで大荷物となってしまいます。特に女性であれば、力もなければ手も小さく、持ち運ぶうえでの負担の大きさは、余計に気になってきますよね。そんな方にもオススメできるカメラが、ミラーレス一眼レフカメラです。ミラーレス一眼レフカメラは、とにかく一眼レフカメラと違ってコンパクトかつ軽量なカメラとなっています。軽快に持ち運ぶことが出来るのが最大のメリットと言えるカメラです。
一眼レフカメラは光学ファインダーを通して、カメラのなかにあるミラー(レフ)に景色を反射させることで景色を写します。タイムラグなしに景色を見ることが出来るため、シャッターチャンスを逃さないメリットがあります。一方でミラーレス一眼レフカメラは、このミラーがありません。代わりにレンズが捉えた景色は、カメラのなかで映像に変換して、電子ビューファインダーや液晶モニターに映します。これによって撮影する前に、明るさや色味などを確認することが出来ます。このミラーのあるなしが、ミラーレス一眼レフカメラと一眼レフカメラのサイズ、重さにつながっています。また、交換レンズのラインナップは一眼レフカメラの方が揃っています。とはいえ、ミラーレス一眼レフカメラはレンズもコンパクトなものが多く、携帯性が高くなります。ミラーレス一眼レフカメラは、女性の小さな手でもホールドしやすいコンパクトなカメラです。これからカメラを始める人にとって、撮影することが楽しくなるカメラとなるでしょう。

小さくて身軽なミラーレス、大きくてがっちりした一眼レフ

とにかく身軽であるのがミラーレス一眼レフカメラの特徴です。コンパクトデジタルカメラより一回り大きい程度のサイズのものも多く、小さいものだとポケットに入ってしまう程度の大きさで、旅行先でもささっと出して撮影できるのは、大きな魅力です。一方で大きくがっちりしたボディを持つ一眼レフカメラに比べると、ミラーレス一眼レフカメラはボディの耐久性に不安があります。山頂や亜熱帯地域、山奥の秘境なんて道中険しいことが想定される場所に撮りに行くには、堅牢なボディを持つ一眼レフカメラがオススメです。しかし街で撮影をする、といった目的であれば、一眼レフカメラほどの堅牢さは必要ありません。身軽に撮影が出来るミラーレス一眼レフカメラは、ちょっとした瞬間を撮影するのにピッタリのカメラです。

画質はほぼ同じくらい

ミラーレス一眼レフカメラはミラーがなく一眼レフカメラと比べて小さく軽いこともあり、一眼レフカメラよりも画質が劣っているのではないか、と思う方は多いかもしれません。値段の違いもあるので、そう思われるのは当然でしょう。しかし、ミラーレス一眼レフカメラと一眼レフカメラに大きな画質の違いはありません。ミラーの有無だけの違いとなり、画質を決めるイメージセンサーは同じものを使用していることが多いため、極端に画質が変わるということはありません。特に初心者であれば写真を引き伸ばして大きく印刷する、ということも滅多にないでしょうから、スマートフォンやパソコンの画面で見るのであれば、正直違いがわからない程度の差となっています。

ファインダーがないものが多いミラーレス、ついているのが一眼レフ

ミラーレス一眼レフカメラはメーカーの方向性によってファインダーのあるもの、ないものに分かれます。ファインダーのないモデルは女性的なおしゃれなデザインのものも多く、ボタンやダイヤルの数が少ないため、初心者でも操作が簡単なものが多いです。一方で一眼レフカメラと同じようにファインダーのあるモデルはコンパクト性が劣るものの、「ファインダー撮影」も「ライブビュー撮影」も両方が使え、晴天の屋外で背面液晶に光があたって画面が見づらいという場合でもファインダーを覗いて撮影をすれば日差しの影響なく撮影することが出来ます。また、構え方の違いとして、ファインダーを覗いて撮影することによって「右手」「左手」「頭」の3点でカメラを支えて撮影することが出来るため、「右手」「左手」の2点支持であるライブビュー撮影よりも、がっちりと構えることが出来、ブレにくくなってきます。さらに撮影するときの感覚も、ライブビュー撮影では周囲の景色を含んだ客観的な撮影になる一方、ファインダー撮影ではファインダーから覗いた世界しか見えないなかで撮影することとなるため、主観的な撮影となります。

ミラーレス一眼を選ぶ5つのポイントとは?

ではミラーレス一眼レフカメラを選ぶうえで、何をポイントにすればいいのでしょうか。カメラメーカーのほとんどがミラーレス一眼レフカメラを出しているため、数も多く、悩んでしまいますよね。5つのポイントをご紹介します。

大きさはしっかりと手に馴染むか

軽くコンパクトなミラーレス一眼レフカメラのなかでも、本体が400g以下のものを選ぶとレンズと合わせても500mlペットボトルと同じくらいの重さになるので携帯性が高まります。しかし軽さを重視しすぎて自分の手にフィットしないカメラを選んでしまっては、撮影のときの負担が大きく変わります。必ず実物を手に取ってみて、カメラが手に馴染むか確かめるためにシャッターを押してみましょう。このときカメラが大きすぎて収まりが悪かったり、逆にカメラが小さすぎて手のなかで浮くような感覚があると撮影をするときの手による支えが弱くなるため、安定感がなく、ブレやすい写真となってしまいます。

予算を決める

ミラーレス一眼レフカメラといっても値段は幅があり、安いものなら4万円程度のものから、高いものでは40万円近いものまであります。どのレンズを揃えるのかによっても変わってくるので、自分の撮影に必要なアクセサリーを組み込んだうえで、余裕のある予算を決めましょう。

用途によっては重さがネックになる

普段使いのカメラであれば、持ち運びのしやすい軽いカメラがオススメですが、強風であおられるなか、三脚を使って撮影となると、ある程度の重さは欲しかったりしますよね。どういった場所に持って行って、どういった撮影をするかによって、求める重量は変わってきます。とはいえ街撮りや物撮り(食べ物や旅先のモニュメントなど)であれば、やはりカバンにささっと入れられるコンパクトなカメラが良いでしょうから、ネイチャー撮影を目的とするのでなければ、軽いカメラがオススメとなります。

実物の感触を店頭で確かめる

実際に撮影するときの操作性はどうなのか、事前に店頭で確認しておきましょう。ボタンやダイヤルが自分の指では届きにくかったり、操作がしづらかったりすると、撮影するときのストレスになりますよね。またボディの質感もカメラによって様々です。つるんとしたメカニックなボディであったり、フィルムカメラのような質感であったり、ホールドしていて楽しい自分好みの質感を見つけてみましょう。

クチコミを検索してみる

実際に購入して使っている人の意見は大切です。どういうところにメリットがあってデメリットがあるのか、実際に使ってみないとわからない意見は多くあります。インターネットで機種名を検索してみると、購入者のさまざまな口コミが出てくるので、どういった写真が撮れるのか購入者の作例を見ながら、意見を覗いてみましょう。

ミラーレス一眼レフカメラのメーカー別ランキングBEST3

ミラーレス一眼レフカメラを出しているメーカーのなかでも人気のある「SONY」「Panasonic」「オリンパス」「Cannon」「FUJIFILM」からオススメのモデルをご紹介します。

【SONY】の人気ミラーレス一眼レフカメラBEST3

SONYはミラーレス一眼レフカメラを中心のラインナップとしたカメラメーカーです。ほかメーカーと比較しても、高級モデルを中心としたラインナップとなっています。フルサイズミラーレスの先駆者であるSONYは、ほとんどのモデルにフルサイズセンサーを搭載しており、非常に画質が高いことで有名です。また、AF精度にも安定の高評価を得ているメーカーとなります。

第1位:抜群の軽さとロープライスのエントリーモデル SONY α5100

とにかく「コンパクトで軽量」かつ「大型センサー採用」のため画質が良いカメラとなっています。本体重量はなんと224gと、ショートコーヒー缶と同じくらいの軽さとなっています。SONYらしいつるんとしたプラスチックで構成されたデザインですが、塗装も綺麗でおしゃれな雰囲気です。Α5100にファインダーはなく、ライブビュー撮影となります。タッチシャッター機能がついており、ピントを合わせたいところにタッチした瞬間ピントが合って、シャッターが切れるようになっています。ピント合わせが難しい構図でもスマートフォンのような感覚で簡単に撮影が出来るのが嬉しいですね。また1秒間で6枚の写真を撮影できる連写機能に、シャッターボタンを切りつづけることで最大約56枚もの連続撮影も可能となっています。動き回る子どもやペットの写真を撮るのに重宝する機能ですね。カメラデビューでSONYにするならこれ、といったモデルです。

第2位:軽量コンパクトボディにファインダーがついた SONY α6000

「高速AF」「スマートフォンへの転送が簡単」かつ「コンパクト」なモデルとなっています。本体だけなら285gと、非常に軽く携帯性の高いモデルですね。α6000は、撮影した写真をWi-Fi転送が出来るため、撮影したあとすぐにSNSにアップしたり、友人や家族と共有することが出来るのが便利です。またピント合わせの速さも特徴となっており、被写体の撮りたい一瞬を逃すことはありません。さらに「ブラック」「シルバー」「ホワイト」「グラフィックグレー」と4色展開のされているスタイリッシュなデザインは、まさに日ごろから持ち運びたくなるカメラと言えるでしょう。

第3位:値段が落ち着いてきたハイスペックマシンSONY α6300

「サイレントモード」「AF追従性」に優れたモデルとなっています。サイレントモードのおかげで、発表会などのシャッター音が鳴り響いてほしくない環境での撮影も容易になりますし、ピントを合わせたあとに被写体を追っていってくれるAF追従性の高さは動く被写体を撮影するときに非常に便利です。ボディは防塵防滴となっており、撮影環境を気にせず持ち運びが出来るのも大きいメリットですね。

【Panasonic】の人気ミラーレス一眼レフカメラBEST3

女性向けのかわいらしいデザインを多く作っているカメラメーカーとなり、綾瀬はるかさんのCMで目にしたことがあるという方も多いでしょう。ミラーレス一眼レフカメラのなかでは国内シェア3位と、非常に人気のあるカメラメーカーとなっています。ミラーレス一眼レフカメラのパイオニアのメーカーでもあるため、初心者でも使いやすいカメラ作りでは他メーカーに負けません。高速フレームにより動画性能の高さでも安定した評価を得ています。写真だけではなくて動画も撮影したい! という方にはピッタリのカメラメーカーとなるでしょう。

第1位:シンプルなデザインのエントリーモデル LUMIX GF10/GF90

「4Kフォト」「4Kセルフィー」で自撮り機能に突出したモデルとなっています。右手でも左手でもシャッターを切ることのできるダブルシャッター機能は、どんなアングルでも自撮りが出来るため、自撮り女子には非常に有難い機能となっています。販売店によって「GF10」であったり「GF90」であったりと名称が変わるため、注意しましょう。

第2位:チルト式ファインダーの使い勝手が良い LUMIX GX7 Mark3

「4Kフォト」「優れた連写性能」を持つモデルとなっています。本体重量407gと少しだけ重量はあるものの、コンパクトな作りのカメラで、描写力の高い撮影が出来ます。動画性能も高いため、動画をよく撮影する方にはオススメのモデルとなっています。

第3位:初心者でもステップアップできるLUMIX DMC-G8M

「進化した手ブレ補正」「優れた堅牢性」を持つモデルとなっています。一眼レフカメラに近いデザインで、453gとほかのミラーレス一眼レフカメラと比べると重量もそこそこあるものの、非常に性能の高いカメラとなっています。一眼レフカメラを買うまではいかなくても、ミラーレス一眼レフカメラよりステップアップしたカメラが欲しいなという方にぜひオススメしたいモデルです。

【オリンパス】の人気ミラーレス一眼レフカメラBEST3

ミラーレス一眼レフカメラで非常に人気の高いメーカーとなります。デザインが柔らかなものが多いため、カメラ女子に人気なカメラメーカーでもあります。Panasonicと一緒になってミラーレス一眼レフカメラのシステムを開発したメーカーでもあるので、Panasonicと同じように初心者向けの操作性の高いカメラに定評があります。また防水性、耐久性に優れたモデルを多く出しており、悪天候のなかでの撮影にも対応できるのが魅力となっています。さらに初心者から中級者向けのモデルは本体重量400g程度に抑えられており、レンズも100gから300gほどのものが主なラインナップとなっているため、街歩きのお供にピッタリなカメラメーカーですね。

第1位:エントリーモデルの代表格!オリンパス PEN E-PL9

「高いデザイン性」と「シンプルな操作性」が魅力のモデルです。クラシックカメラを元にしたデザインに革調の素材が組み合わせられているため、ファッションアイテムとしてもピッタリで女性に人気のあるモデルとなっています。初心者でもボタンやダイヤルの配置や意味がわかりやすいように工夫されていて、モードダイヤル、シャッターボタン、電源ボタンは右手だけで操作が出来るようになっているのも嬉しいですね。

第2位:強力な手ブレ補正が初心者の強い味方! オリンパス OM-D E-M10 mark3

「強力な手ブレ補正」「高感度撮影」「121点のAFポイント」が特徴なモデルとなっています。ボディ内5軸手ブレ補正機能がついており、手もちでは不安な暗いところでの撮影でも安心して撮影が出来るようになっています。さらにオリンパスの最上位モデルと同じ画像処理エンジンを搭載しているため、高感度撮影のときにどうしても出てくる画像のざらつき(ノイズ)を低減してくれます。また121点のAFポイントにより、より正確なピント合わせが可能になっています。操作性も高くなっており、今まではシーンモードを変えるときにダイヤルを一つ一つ見ていく必要がありましたが、液晶モニターから「どんなシーンで、どんな写真を撮りたいのか」を選択していくことで、自分の撮りたいものにピッタリ合ったモードで撮影できるようになりました。またアドバンスフォトモードが新設されたことで、多重露出やライブコンポジット(複数画像の比較合成)が簡単に撮影できるようになっています。

第3位:高性能機を安く買うならこれオリンパス OM-D E-M10 mark2

一世代前のモデルとなるものの「強力な手ブレ補正」「236万ドットのEVF」を搭載したモデルとなります。エントリーモデルとはいえ、当時の上位機と同じレベルの写りを楽しめるよう、画像処理エンジンは上位機と同じものを使用しています。ステレオマイクも内蔵されているため、手軽に高画質な動画を撮影出来るのも嬉しいですね。本体のみ重量は350gを切る軽量モデルで、持ち運びしやすく、高性能なカメラを安価で求めるのであればコレ! といったモデルです。

【Canon】の人気ミラーレス一眼レフカメラBEST3

カメラ業界最大手の国内代表ともいえるカメラメーカーで、一眼レフカメラの常に第一線を走り続けてきたメーカーです。一眼レフカメラがメインラインナップとはいえ、最近はミラーレス一眼レフカメラにも力を入れてきています。一眼レフカメラのノウハウを生かしたミラーレス一眼レフカメラは安定した性能、そしてこれからカメラを始める人にも優しい操作性を持ったカメラに定評があります。

第1位:上位モデル並みのスペックながら使い易い Canon EOS M100

「軽量さ」「ボディデザインアレンジ」が特徴的なモデルとなっています。本体重量302gとレンズをつけても400g程度に収まるほどの軽量さで、ファインダーがない「ライブビュー撮影」専用機のため、ボディの厚みや突起部分も無くなり、高いコンパクト性を実現しています。さらに本体ボディのカラーバリエーションは「ホワイト」「ブラック」「グレー」の3種類あり、ジャケットは9種類から選ぶことが出来るため、自分好みのカメラにカスタマイズすることが出来ます。最新映像エンジンを搭載していないため、性能数値は最新映像エンジンを搭載しているものに比べると劣るものの、普通に撮影するうえでは十分の高性能を誇る扱いやすいカメラとなっています。

第2位:スマホとの親和性が高く馴染みやすいCanon EOS KissM

EOS Kissシリーズで初めてのミラーレス一眼レフカメラとなります。Kissシリーズはエントリーユーザー向けの初心者用一眼レフカメラですが、EOS KissMは2018年3月当時の新機能や最新技術をふんだんに搭載したモデルです。搭載された新映像エンジンの「DIGIC8」で最高1秒間に10コマの高速連写や4K動画の撮影が可能になったりと、非常に高いスペックを持っています。さらに新たに搭載された「クリエイティブアシストモード」は、「背景のボケ具合」「明るさ調整」「コントラスト強弱」「色の鮮やかさ」「色合い調整」「モノクロ」といった項目を自分好みにプラスアルファで設定することが出来るようになっています。本体重量も390gと、非常に軽量な作りとなっており、携帯性もバッチリですね。

第3位:高性能な万能モデルで末永く付き合えるCanon EOS M6 Mrak2

2019年9月発売の最新モデルとなり、「高解像センサー」「高速連写」はもちろんのこと、新たに「メカ先幕シャッター」「1/16000秒の電子シャッター」が搭載されています。従来の電子先幕シャッターでは、大口径レンズで高速シャッター撮影をしてしまうと玉ボケが欠けてしまう現象が起きていました。しかし「メカ先幕シャッター」を搭載したことにより、この玉ボケのかけがなくなり、綺麗なボケを撮影することが出来るようになりました。
また1/16000秒の電子シャッターによって、1/4000秒で対応できないような露出状況でも光量を抑えることが出来るようになり、より限界のない撮影が出来るようになっています。またイメージセンサーの高解像化や画像処理エンジンがアップデートされたことにより、より高画質な写真を撮影することが出来るようになっています。ほかのモデルと比べると111,780円と少しお高めの価格設定となっていますが、予算に余裕があり、性能を求めるのであればオススメなモデルとなっています。

【FUJIFILM】の人気ミラーレス一眼レフカメラBEST3

FUJIFILMは日本フィルムメーカーでトップシェアを誇るメーカーです。長年カメラ用フィルムを開発してきた伝統から、FUJIFILMはデジタルカメラでも「色の表現力」に特化したメーカーとなっています。FUJIFILMの色の表現が好き、という方であればFUJIFILMは間違いのない選択でしょう。またフィルムカメラのようなクラシカルな外観デザインも特徴です。

第1位:使い易さと性能のバランスに優れたFUJIFILM X-T20

一世代前のモデルとはいえ、高価格帯であるFUJIFILMのカメラを考えると比較的安価で十分な性能を発揮してくれるカメラとなっています。FUJIFILMの特徴でもある「直感的に設定できるダイヤル操作」が取り入れられており、他メーカーと違い、「シャッタースピード」「露出補正」「ISO感度」をダイヤルで調整できるようになっています。またオートモードによるプリセットも優秀で、58パターンから自動的に設定してくれるので、初心者に非常に優しい作りとなっています。さらに重量も333gと、携帯性に優れています。とにかくFUJIFILMの色の表現が好きで、安価なモデルを探すのであればオススメなモデルと言えるでしょう。

第2位:直感的な操作がしやすい FUJIFILM X-A5

2018年2月に発売された入門機となっており、「小型軽量」「ファッション性の高いデザイン」が特徴的なモデルです。311gの軽量モデルであり、「ブラウン」「ピンク」「シルバー」のオシャレなカラーバリエーションは、ちょっとした街歩きにも持ち出したいカメラとなっています。3.5インチの大きな液晶モニターは、操作性を抜群に向上させますし、「ボケ味」「フィルムシミュレーション」の効果なども画面上でタッチ操作出来る直感操作性の高さは、初めてカメラを操作する人にもピッタリのカメラとなっています。また片手でも安定してくれるコンパクトなボディと180度回転するチルト液晶の組み合わせは「自分撮り」も簡単で、innsutaguramaといったSNSを楽しむ人にもオススメなモデルです。

第3位:エントリーモデルながら落ち着きのあるデザイン FUJIFILM X-T100

X-A5と同じく2018年6月に発売された初心者向けミラーレス一眼レフカメラです。「ダークシルバー」「ブラック」「シャンパンゴールド」とシンプルなモノトーンで構成されているカラーバリエーションは、男女問わず楽しめるデザインとなっていますし、APS-Cサイズの大型センサーは高画質を実現してくれます。「ファインダー撮影」「ライブビュー撮影」の両方が楽しめるため、「ファインダー撮影」では頭を含めた三点支持により、より安定感のある撮影が出来たりと、さまざまな状況に対応した撮影が可能になっています。

自分好みの「相棒」を見つけ出しましょう

各メーカーがそれぞれ特色のあるミラーレス一眼レフカメラを出しているため、何を買おうと迷ってしまうかと思います。そんなときは実物を店頭で触ってみて、シャッターを押してみましょう。あなたにしっくりくるカメラが、きっと見つかるはずですよ。あなたの「相棒」をもって、日常をさらに彩ってみてはいかがでしょうか。