比較

CANONミラーレス一眼レフを徹底比較! 初心者から上級者まで幅広く人気

【別表あり】

CANONのカメラの特徴

CANONは人物撮影にはもってこい

キャノンは鮮やかな色味が特徴となっており、誰が見ても綺麗と感じるような、万人受けする色味といっても過言ではありません。また、代表的な特徴して、人物撮影に強い、ということがあります。これは人物撮影をおこなった際の肌の質感や、温かみのある優しい暖色系の色合いが、非常に優れており、その特徴が人物撮影にぴったりということから、「人物撮影にはCANON」と言われる所以です。ソニーやニコンなどの他社のカメラと比べても、彩度の高さや鮮やかさが強く、色味も強いため、見たままの色味で写真にしたい方や、フィルムカメラのような風合いを好む方には不向きです。逆に、風景写真などではなく、人物撮影をメインとしたい方は、キャノンのカメラをおすすめします。

CANONのミラーレスカメラがおすすめな理由

大手メーカーだからこその信頼性と実績

キャノンはカメラメーカーの中でも、業界最大手の1社です。特に一眼レフカメラにおいては、常にトップを争い続けてきた歴史があります。そのため、レンズの種類や、他社互換性のレンズの種類も非常に多く、価格帯も低価格なものから、プロフェッショナルな高額なものまで幅広く展開しています。これまでの長い歴史の中で培ってきた、その技術や実績、そして、周囲から得た信頼性は、カメラメーカートップといっても過言ではありません。そんな一眼レフカメラで築いてきた歴史があるからこそ、ミラーレスカメラにおいても、信用を得ることができます。またその信用をこれまで裏切ってきてないからこそ、現在もトップを走り続けることができます。実際に、現在発売しているミラーレスカメラも、これまでのノウハウを十分に生かした素晴らしいものがほとんどです。

初心者から上級者まで幅広く使用できる

キャノンには、初心者から上級者まで幅広いユーザーを対象とした一眼レフカメラが販売されています。有名なシリーズでいえば、「EOS Kissシリーズ」ですが、ミラーレス一眼カメラでも初心者向けに販売されているものもあり、逆にフルサイズミラーレス一眼カメラなどの、ハイアマチュアやプロ向けの機種も販売されており、ミラーレス一眼カメラにおいても、幅広いユーザーが撮影を楽しむことができるのも、CANONの魅力であり、特徴でもあります。

センサーも大型で、画素数も高い

カメラには、レンズから入ってきた光を受け止めるセンサーが内蔵されています。このセンサーのサイズは様々あるのですが、センサーが大きければ大きいほど、より多くの光を取り込むことができるので、解像度の向上や、細かなディティールが表現、そして、背景のボケ味が大きく出るという特徴があります。一般的なセンサーサイズは、一番大きなものでフルサイズ(36.0mm×24.0mm)、次に大きなものは、APS-C(23.6mm×15.8mm)、そしてフォーサーズ(17.3mm×13.0mm)と、どんどん小さくなるのですが、CANONのミラーレスカメラで採用されているセンサーサイズは、APS-Cとフルサイズのものだけで構成されています。そのため、大型センサーを生かして、画素数も高くなっており、非常に高解像度な写真を撮影することができます。CANONの得意とするポートレート撮影においても、背景を綺麗にボカすことができるため、より被写体を強調させることができます。また、最近発売されたフルサイズミラーレスカメラには、3000万画素を超える機種もあるので、さらに解像度の高い写真を撮影することができます。

オートモードでも綺麗な写真が撮れる

CANONのミラーレスカメラは、初心者にも非常に人気なのですが、その理由として、カメラの知識がない初心者が撮影しても、簡単にきれいな写真が撮れるということがあげられます。言い換えれば、カメラのオート撮影が非常に優秀だということです。カメラの知識がない初心者が、いきなりマニュアルモードで、シャッタスピードやF値、ISO感度を設定して、適正露出で撮影することは非常に難しいことです。カメラ初心者にとって大事なことは、写真を撮ることを好きになってもらい、より良い写真を撮りたい、自分好みの写真を撮りたい、と思ってもらうことです。そのためには、まずは誰でも簡単に、綺麗な写真を撮ることができる機能が必要であり、それを叶えるのが、オートモードでの撮影です。このオートモードを使用することで、カメラが撮影シーンに合わせて、適切な設定をおこない、そして、CANONの特徴でもある、色鮮やかな色味を生かした写真に仕上げてくれます。こういった誰でも簡単に綺麗な写真を撮ることができるからこそ、初心者に人気がでる理由だといえます。

AFの性能が高く、オートフォーカスも早い

AFの方式には、2種類あり、1つは位相差検出方式AF、そしてもう1つはコントラストAFです。それぞれの方式にメリットとデメリットがあり、位相差検出方式AFのメリットは、AFの合焦スピードが速いということであり、逆にデメリットは、ピント合わせの精度が悪いということです。コントラストAFのメリットは、ピント合わせの精度が高いということ、デメリットは、AFの合焦スピード遅いことであり、位相差検出方式AFと真逆となっています。ミラーレスカメラについては、基本的には、コントラストAFが主流だったのですが、最近のミラーレスカメラは、上位ランクになると、位相差検出方式AFや位相差検出方式AFとコントラストAFを組み合わせたAFが主流となっており、メーカーによって、名称は異なりますが、ハイブリッドAFなどと呼ばれます。CANONのミラーレスカメラは、デュアルピクセル CMOS AF方式が採用されており、これはキャノン独自のAF方式であり、位相差AFの一種で、広いAFエリアとなっており、細かなピント合わせはもちろん、高速で精度の高いピント合わせができるようになっています。そのため、動く被写体に対しても、安定的なピント合わせが可能になっています。

撮影したデータはすぐにスマートフォンへ転送できる

キャノンには、「Canon Camera Connect」という専用アプリがあり、Canon Camera Connectを使用することで、BluetoothやWi-Fiで、スマートフォンと連携が可能になり、対応のカメラで撮影した画像は、スマートフォンや、タブレット端末に取り込むことができます。使用方法も簡単で、初回起動時に、スマートフォンとペアリングしておけば、毎回の接続は不要で、撮影したデータを、InstagramやFacebookなどのSNSなどへ、簡単に素早く投稿することができます。
自撮り撮影がしやすい キャノンのミラーレスカメラの液晶モニターは、そのほとんどが、可動式の液晶モニターとなっており、180度回転します。そのため、旅行先などで、みんなで自撮り撮影する際などでも、みんなが綺麗に写っているか、写したい背景などは、きちんとフレーム内に収まっているかなどを確認しながら、撮影することができます。

CANONのミラーレスカメラのデメリット

フルサイズミラーレスメーカーとしては、新参者

最近では、ミラーレスカメラの中でも、フルサイズミラーレスカメラという、センサーサイズの大きなミラーレスカメラを、各メーカーが続々と発売しています。このフルサイズミラーレスカメラを初めて発売したのは、キャノンではなく、ソニーであり、世界初のフルサイズミラーレスカメラとして、2013年11月に「α7」という機種を発売しました。それ以降は、ソニーだけが、フルサイズミラーレスカメラを販売し続け、独走状態だったのですが、昨年において、キャノン、ニコンなどのメーカーからも、フルサイズミラーレスカメラが発売されました。ソニーのα7発売から、約5年が経ったため、フルサイズミラーレスカメラ販売メーカーとしては、まだまだ新参者です。そのため、レンズラインナップなど、未熟な部分がまだまだあり、それに対し、ソニーは順調に、フルサイズミラーレスカメラを次々に発売し、レンズラインナップを非常に多くなっています。そういった面では、まだ、ソニーの方が、一枚上手となっています。

ボディに対して、レンズのサイズが大きい

キャノンのミラーレスカメラは、どれもコンパクトで軽量なものが多いです。標準のレンズを装着すれば、そこまでレンズの大きさは気になりませんが、解放F値の高いレンズなどの、いわゆる大口径レンズなどを装着すると、どうしてもレンズの大きさが際立ってしまいます。そうすると、どうしてもボディとレンズの見た目のバランスはアンバランスになり、重量も重くなってしまいますが、写真の写りはどれも非常に綺麗なものばかりです。

現在発売しているCANONミラーレスカメラ6製品を徹底比較

Canon ミラーレス EOS Kiss M

基本スペック

画素数は他のEOS M100などと大きな差はありませんが、画像処理エンジンが上位のDIGIC8が搭載され、非常に綺麗な写真に仕上げてくれます。連写性能も秒間10コマと非常に速いので、動的被写体を撮影する際も、快適に撮影することができます。またAFポイントも、143点と非常に多いことから、より細かなピント合わせができりょうになっています。

特徴

初心者でも簡単に操作ができるように、非常にシンプルな操作性となっていながらも、本格的な撮影が可能なミラーレスカメラです。AF性能や画像処理機能も非常に高スペックですので、オートモードで撮影した際も、綺麗な写真にすることができます。またボディサイズもコンパクトで軽量なことから、女性にも人気のモデルとなっています。

Canon ミラーレス一眼レフ EOS M100

基本スペック

キャノンのミラーレスカメラの中でも一番の軽さを誇るのが、EOS M100です。ボディだけだと300gを下回るほど軽量なため、旅行先などで、バッグの中に入れていても荷物にもならず、携帯性が非常に高いカメラとなっています。コンパクトなボディにもかかわらず、2420万画素、そしてAPS-Cセンサーを搭載しているので、様々な撮影シーンで活躍します。

特徴

自撮り撮影の際なども、液晶モニターが上方向に180度回転するため、カメラに写っているものを確認しながら撮影することができます。デザインもおしゃれで、ボディカバーの種類も豊富となっているため、見た目を気にする人にも人気のモデルとなっています。またカメラの電源を切ったあとでも、Bluetoothを使用して、スマートフォンと接続することも可能になっています。

Canon ミラーレス EOS M5

基本スペック

有効画素数は他のミラーレスカメラと同じ2420万画素となっており、高解像度の写真を撮影することができます。連写性能も秒間9コマとなっているため、使用するレンズによっては、運動会など、動きのある被写体を撮影する際にも楽々と撮影をすることができます。

特徴

EOS M5は電子ビューファインダーを搭載することにより、日中など、液晶モニターが見づらい環境でも、しっかりと被写体を確認しながら撮影をおこなうことができます。また、液晶モニターもタッチパネルに対応しているため、電子ビューファインダーを覗きながら、液晶モニター側でAFポイントを移動したりすることができます。

Canon ミラーレス EOS M6

基本スペック

EOS M6の基本的なスペックは、表を見てわかるように、ほとんど、EOS M5と同じ数値になっています。大きな違いとしては、ボディサイズにあり、EOS M5には電子ビューファインダーが搭載されているため、ボディサイズが大きくなり、重量も重くなっています。本格的に撮影をしたい人はEOS M5がおすすめです。

特徴

EOS M5と違い、電子ビューファインダーが搭載されていないため、ボディサイズは非常にコンパクトになっています。同じ形状をしたEOS M100と比べると、連写性能が秒間6.1コマから秒間9コマに上がっていることや、高感度撮影性能が上がっていることなどがあげられ、EOS M100と同じく、とにかくボディサイズをコンパクトで、軽量なカメラが欲しいという方にはおすすめの機種となります。

Canon ミラーレス EOS R

基本スペック

一番の特徴は、センサーサイズであり、同社初のフルサイズミラーレスカメラとなります。有効画素数もこれまでのEOSシリーズからは、飛び抜けており、約3030万画素と、非常に高く、フルサイズセンサーと合わさることで、これまでにない解像感やボケ味などを味わうことができます。AFポイントも143点と非常に多いので、より細かなピント合わせが可能になっており、ボディの重さは、EOSシリーズの中では、ダントツに思いですが、その重さ以上の描写をしてくれます。

特徴

ボディの重量が重くなっていることから、グリップも深い設計がされており、非常にホールド性が高いです。また、電源をOFFにするとセンサーの前にある幕が降り、センサーの中にごみやほこりなどが、侵入しないように設計されています。液晶モニターもバリアングル式が採用されているため、ローアングル撮影や、ハイアングル撮影といった、様々な撮影シーンに対応することができます。

Canon ミラーレス EOS RP

基本スペック

EOS Rの後に発売されたEOS RPですが、位置づけとしては、ミドルクラスとなっており、表を見てもわかるように、EOS Rのスペックを下回るようなかたちになっています。しかし有効画素数は2620万画素と、従来のAPS-Cモデルよりも高く、フルサイズセンサーであることや、画像処理エンジンも最新のDIGIC8を搭載していることから、高い描写性を誇ります。AFポイントの数なども143点とEOS Rと同じことから、精度の高いピント合わせが可能です。

特徴

一番の特徴は、EOS Rと同じ、フルサイズセンサーであるということです。通常、フルサイズセンサー搭載のカメラは高額になることが多いのですが、EOS RPの販売価格は、10万円台と、非常に良心的な価格となっています。EOS Rはプロやハイアマチュア向けであることから、手頃にフルサイズセンサーカメラを使いたい方や、ボケ味を強く出したい方、解像感をもっと欲しい方は、EOS RPがおすすめです。AF性能もEOS Rと同じく、非常に高速なAF速度を誇り、AFポイントの数も多いこと、そして、暗所での撮影で重要な、低輝度合焦限界EV-6となっているため、日中だけではなく、夜間での撮影においても、正確なピント合わせが可能です。

まとめ

キャノンのミラーレスカメラは細かな配慮がされているからおすすめ

キャノンのミラーレスカメラは、これまでは、APS-Cセンサー搭載のカメラしかなく、初心者から中級者までを主な対象としていましたが、EOS RやEOS RPの発売により、ハイアマチュアや、プロを対象とするようになりました。撮影スタイルや、カメラデザインなどの、各ユーザーの好みによって、カメラは選びますが、EOS M5とEOS M6のように、基本的なスペックは同じでも、ファインダーがあるか、ないかだけの違いでも、ユーザーにとっては,大きな違いになります。旅行先などでは、なるべくコンパクトにしたいものですし、より本格的な撮影をおこないたい方は、ファインダーがあった方が撮影はスムーズにおこなえます。こういった細かな配慮があることこそが、これまでのカメラを販売してきたメーカーだからこそできることであり、キャノンの一番の強みであり、人気の理由ではないでしょうか。