比較

新型iPhone XSとiPhone XRのカメラ性能を徹底比較!

全面ディスプレイでスタイリッシュなiPhone XSとiPhone XR

iPhone Xはその圧倒的なパフォーマンスで大人気の機種でしたが、その後継機であるiPhone XS、iPhone XRはご存知でしょうか?もちろんiPhone Xからの全面ディスプレイでのスタイリッシュなデザインは健在です。外観が似ていて同じiPhone Xシリーズなので、マイナーチェンジかと思われるかもしれませんが、カメラについては飛躍的な進化をとげており、スマホのカメラを使い倒している人にとっては「買い」のアイテムです。この記事では、iPhone XSとiPhone XRの基本性能から、これらの機種で進化をとげたカメラ性能まで詳しく説明していきます。iPhoneの機種選びに悩んでいる方も是非参考にしてみてください。

iPhone XSはiPhone Xを進化させたハイエンドモデル

5.8インチの有機ELディスプレイ

iPhone XSはiPhone Xを進化させたハイエンドモデルです。iPhone Xと変わらず5.8インチの有機ELディスプレイを搭載し、描画のクオリティは最高レベルにあります。また、CPUやGPUもiPhone Xより性能が格段に上がっており(GPUの処理性能は1.5倍)、ARやVRの世界もストレスなく楽しむことができます。

サイズはiPhone XRより小さく重量は177g

iPhone XSのサイズ感については5.8インチ、177gとiPhone XRの6.1インチ、194gよりもひと回り小さく、軽いボディです。多少ではありますが、スマホとして小さく軽いモデルが好みの方にはiPhone XSが向いています。

フレームの素材はステンレス

iPhone XSのフレーム素材にはステンレスが採用されており、従来のiPhoneで発生していた本体が曲がる問題については一切不安がなくなりました。ステンレス自体はアルミよりも重い素材ですが、極力ステンレスの使用箇所を少なくすることによって、iPhone XRよりも軽いボディを実現しています。

iPhone XRはスペックと価格を抑えた廉価版

6.1インチの液晶ディスプレイ
iPhone XRはiPhone XSに比べスペックと価格を抑えた廉価版です。廉価版とは言え、iPhone XRにも有機ELディスプレイや最新のCPUが搭載されており、iPhone XSと変わらないパフォーマンスを発揮します。iPhone XSと大きく違う点は、後ほどご説明するカメラの性能差です。

サイズはiPhone XSより大きく重量は194g

iPhone XRのサイズ、重量はそれぞれ6.1インチ、194gです。iPhone XSよりひと回り大きく、20g程度重いです。微々たる違いかもしれませんが、大きさや重さの違いについては感じ方が人それぞれです。家電量販店などで実際に手にとって見ることをおすすめします。

フレームの素材はアルミ

iPhone XRのフレーム素材はアルミを採用しています。iPhone XSのご紹介の際にアルミが曲がる問題についてお話しましたが、iPhone6の際とは違い航空宇宙産業でも使用される強度の高いアルミを使用しています。ハードに使用する場合を除き、普通に使用する分には特に問題はありません。

カラーバリエーションが豊富で価格が安い

iPhone XRの特徴としては、以前の廉価版iPhone5Cと同じようにカラーバリエーションが豊富です。ホワイト、ブラック、ブルー、イエロー、コーラル、(PRODUCT)REDの6色が用意されており、他の人と違うiPhoneを持ちたい人、おしゃれなカラーを選択したい人におすすめです。また、価格も大きく違い、2019年9月時点でiPhone XRは7万円程度、iPhone XSは10万程度です(価格.comでの最安値比較、SIMフリー版64GBモデル)。

iPhone XSとiPhone XRのカメラ性能を比較

iPhone XSのカメラ性能

デュアルカメラ

iPhone XSのカメラはレンズを2つ搭載しているデュアルカメラです。デュアルカメラを使用することにより、今までのスマホのカメラとは大きく違う、一眼レフカメラに近い写真を撮影することが可能となりました。ここからはそんな高性能なiPhone XSのカメラについてご説明します。

1200万画素、絞りは広角側がF1.8、望遠側がF2.4

iPhone XSのカメラの性能は1200万画素、絞りは広角側がF1.8、望遠側がF2.4です。画素数についてはスマホで写真を表示させるにも、A3やA4にプリントするにしても十分な性能です。また、F値について広角側のレンズはF1,8で、カメラの中ではかなり光を集めることができる、暗所撮影に向いているレンズです。

光学ズームと最大10倍のデジタルズーム

iPhone XSは望遠レンズを搭載していることにより、従来の広角側の2倍での光学ズーム撮影が可能です。また、デジタルズームと組み合わせると最大10倍のズームが可能です。

ポートレートに自然なボケをかけられる

iPhone XSではiPhone Xと同様にデュアルレンズを採用することによって、背景をボカした写真を撮影することが可能です。さらにiPhone XSでは写真撮影後に簡単にボケ具合の調整をすることができ、自分好みの自然なボケ感を表現することも自在です。

スマートHDRで鮮やかな写真が撮れる

iPhone Xからのカメラの一番大きい進化としては、スマートHDRの機能です。HDRは一枚の写真を撮影する際に、内部的に設定を変えた複数枚の写真を撮影し、合成することによりキレイな一枚を作り出す機能です。明暗差の大きい一枚を撮影する際に発生する、白飛びや黒飛びを低減することができます。このHDRがiPhone XSではニューラルエンジンや高感度のセンサーによって強化され、白飛び黒飛びしてしまう部分の解像度が飛躍的に向上しています。

iPhone XRのカメラ性能

シングルカメラ

iPhone XRがiPhone XSと比べて一番大きく違うのは、搭載しているカメラです。iPhone XRはレンズが一つだけ搭載されているシングルカメラになります。但し、デュアルレンズの長所がないだけで、単体のレンズの性能で劣っている訳ではありません。ここではiPhone XRのカメラ性能についてご説明していきます。

1200万画素、絞りはF1.8

iPhone XRのカメラの性能は1200万画素、絞りはF1.8です。iPhone XSでもご説明しましたが、画素数についてはスマホでの表示やA3プリントにも十分な性能です。F値についてもiPhone XSでご説明した通り、明るい写真が撮影できる、暗所撮影に向いているレンズです。iPhone XSと比較してカメラの性能自体で劣っているところは特になく、望遠側のレンズが無いので望遠撮影ができない、という認識でOKです。

最大5倍のデジタルズーム

先にお話しした通り、iPhone XRには望遠レンズがありませんので、デジタルズームのみが可能となります。デジタルズームの倍率はIPhone XSと同じく5倍です。 デジタルズームは画像の引き延ばしですので、一般的に画質は目に見えて悪くなるのですが、iPhone XRの画像処理能力によって、デジタルズームとしては綺麗な写真を撮影することができます。

ポートレートに自然なボケ加工ができる

iPhone XRはシングルカメラなのですが、ポートレートモードでは驚くことに撮影した写真にボケ加工を施すことができます。この加工には今流行りのAIが使用されており、AIによって人物と背景を明確に認識し、背景だけにボケ加工をすることによって実現されています。

iPhone Xから進化した部分

iPhone Xはデュアルカメラ、1200万画素、絞りは広角側がF1.8、望遠側がF2.4

iPhone Xのカメラスペックはデュアルカメラ、1200万画素、絞りは広角側がF1.8、望遠側がF2.4です。これはスペック上iPhone XSと変わりはなく、iPhone XRの場合は広角側レンズだけがあるイメージです。これだけを見るとカメラ性能は変わっていないように感じてしまいます。

iPhone XSとiPhone XRはカメラ性能自体はiPhone Xとほぼ同じだが処理部分が進化

チップが強化されたことで人と背景を認識できるように

ご説明したように iPhone XSとiPhone XRはカメラのスペック上はiPhone Xとほぼ同じです。ですが、センサーで撮影した映像を処理するニューラルエンジンが飛躍的に向上しており、人と背景を認識する能力が向上しています。この性能により、ボケ加工やHDRなどの画像処理もiPhone Xに比べて自然な仕上がりになっています。

ポートレートモードのボケ加工がより自然に

iPhone XSとiPhone XRはレンズがシングル、デュアルの違いはありますが、ボケ加工に必要な被写体の識別にAIを使用しているところは共通です。そのため、背景のみにボケ加工することができ、iPhone Xに比べてより自然なボケ感を表現することができています。

センサーのサイズアップで暗所の撮影に強くなった

iPhone XS、iPhone XRはiPhone Xと比較して、センサーが30%ほど大きくなっています。センサーが大きくなるということは光を集めやすくなるということです。デジカメ撮影では花火や夜景などを撮影しても何も写っていないということがありがちです。ですが、光を集めやすいiPhone XSやiPhone XRでは、暗い撮影シーンでも被写体をはっきりと写すことができます。

センサーの高速化でシャッター速度が向上

iPhone XS、iPhone XRはセンサーが大きくなり、センサーからの信号を処理するISPやCPUの性能も大幅にアップしています。そのため、シャッター速度を短くすることが可能になり、手ブレの発生を抑えることに成功しました。たとえば暗所など従来のiPhoneでは手ブレしてしまっていたシーンでも、キレイに撮影することができるようになりました。

6.5インチのディスプレイを持つiPhone XS Maxも登場している

iPhone XSにはスペックはそのままで、画面サイズが6.5インチの有機ELディスプレイを搭載したiPhone XS Maxというモデルも存在します。6.5インチと言えばタブレットに近いサイズ感で、大画面で動画を視聴したり、3Dゲームを楽しんだりとマルチメディアを最大限に満喫したい人に向いています。iPhone XSと同スペックでディスプレイが大きくなりますので、価格はiPhone XSより1.5〜2万円程度高くなります。

スペックではiPhone XSが上だがiPhone XRも十分高性能でコスパもいい

iPhone XS、iPhone XRの基本性能からカメラ性能までをお話ししてきました。iPhone XSについてはデュアルレンズですので、望遠性能やHDR撮影の表現力など写真撮影に長所があります。一方iPhone XRについてはiPhone XSには劣っているものの、進化したテクノロジーによる高画質の撮影やシングルカメラでありながらのボケ加工など、魅力あるカメラ機能は一通り揃っています。iPhone XSに比べて3万前後安く、処理性能自体はほぼ変わらないため、写真性能にこだわる人であればiPhone XS、こだわらない人であればコスパの高いiPhone XRを検討してみてはいかがでしょうか。