未分類

【徹底解説!】2019年の新型「iPad Pro」の特徴は?今までとの違い

新型「iPad Pro」への期待

予定、発売日について

最近では、サラリーマンなどで、パソコンを使用する場合などに、外出時に使用するサブPCなどに、iPadなどのタブレット端末を使用しているビジネスマンをよく目にします。iPadの一番の魅力といえば、やはり携帯性や気軽に扱えるということではないでしょうか。スマートフォンで、動画を見る場合と、iPadなどのタブレット端末で、見る場合とでは、同じ動画や映画でも、大きく見え方が違ってきます。パソコンでそれらを見ることも可能ですが、わざわざデスクに向かい。パソコンの電源をつけ、動画を見るとなると、面倒に感じる方は多いのではないでしょうか。しかし、iPadなどの場合、電源はボタン1つですぐに立ち上がり、基本的には省電力モードで、画面が消灯しているだけのため、その場合の起動時間は、スマートフォンと何ら変わりありません。それに加え、操作性が非常に簡単なことから、子供がYouTubeなどを見る場合に使用している家庭も多いと聞きます。ビジネスシーンだけでなく、家庭で、動画や映画を見たり、ちょっとした調べものをする際に、非常に便利なiPadですが、現在は、それぞれのユーザーの需要に応じて、シリーズ化することで、ユーザーが自分に合ったiPadを購入できるようになっています。パソコン代わりとして使用し、動画の編集や、イラストの描画など、プロフェッショナルな業務用として使用したい人向けの「iPad Pro」や、動画の閲覧や、動画や音楽をダウンロードする機会が多い人向けの「iPad Air」、コストパフォーマンスに優れ、一番ベーシックな「iPad」、そして、外出先に持ち運ぶことが多く、なるべく小さいサイズが好ましい人や、電子書籍の閲覧などがメイン使用である人向けの「iPad mini」とシリーズ展開されています。それぞれの使用環境や、使用状況に合わせて、シリーズを参考にして、自分に合ったiPadを選んでいくのですが、このシリーズの中でも、一番プロフェッショナル向けである「iPad Pro」シリーズの新型モデルが2019年に発売されます。最近発売されたiPhone11と同時に発売が発表され、iPad Proシリーズでみると、第7世代のモデルとなります。販売開始予定は、2019年秋~2020年春ごろとされていますが、新型のモデルだからといって、必ずしも良いというわけではなく、良い商品=ハイスペックではなく、結局は、自分に合う製品かどうかになります。今回は新たに発売となる新型iPad(第7世代)についてご紹介していきたいと思います。

3D認証カメラは搭載されない?

新「Time of Fly/ ToF」ってなに?

ToFとは、「Time of Fly」の略語であり、仕組みとしては、対象物に光を照射し、照射された光が、戻ってくる時間をもとに、対象物との距離を計測する技術であり、この技術により、対象物の形状や、動きなどを認識することができます。現在発売されているiPadやいPhoneXなどには、Face IDという、顔認証システムが採用されていますが、今回発売される第7世代のiPad proには、このToFシステムを実現する3D認証カメラは搭載されておらず、2020年以降に発売されるiPadなどには、現在のFace IDを構築している、TrueDepthカメラシステムではなく、新世代のToFが搭載される予定となっているようです。顔認証システムという同じ目的でありながら、TrueDepthカメラシステムとToFは原理は似ていますが、性能面ではTOFが上回り、より対象物の奥行や広範囲での認証が可能となります。また3Dカメラとなりますので、ARや、VRといった映像ジャンルも楽しむことができます。現在発売されているiPhone11同様に、広角レンズ、標準レンズ、望遠レンズと、それぞれ焦点距離のことなるレンズを搭載した、トリプルカメラの搭載も予想されます。

A13X Bionicプロセッサ搭載

A13が進化する?

搭載されるプロセッサは、2018年モデルはA12X Bionicプロセッサが搭載されていることや、先に発売されているiPhone11に搭載されているプロセッサがA13 Bionicプロセッサであることから、iPad Proには、A13X Bionicプロセッサが搭載されることが予想されます。詳しい性能数値が公表されていないため、細かな箇所はわかりませんが、従来のA12X Bionicプロセッサの性能を考慮すると、非常に高い性能になるのではないかと予想されます。

有機ELディスプレイ

外観は変わらない可能性が高いが…

現在iPhoneなどには、有機ELディスプレイが搭載されていますが、iPadには搭載されておりません、これには理由があり、製造の都合上、大型の有機ELディスプレイの製造が困難なためといわれています。しかし、今後発売されるiPad Proなどには、有機ELディスプレイの搭載が噂され、また期待されていますが、現実的な問題として、非常に難しいのではないかと思われます。

気になるお値段(サイズ別)

旧版と比べて、そんなに差はない?

今回発売されるiPad Proについては、前作の第6世代の機種と比べ、サイズ感や見た目にほとんど差はありません。サイズも同じ11インチと12.9インチの展開となるようです。カラーバリエーションも現在は2色しかないことから、今回発売されるモデルの場合、カラーバリエーションは増える可能性もあります。そのため、見た目などの、これらの面については、マイナーアップデートとしか言いようがありません。

まとめ

買う、買わない?

早くて、2019年10月に、発表、販売開始となるiPad Proの第7世代ですが、見た目などには、大きな差はないため、携帯性などの面での購入メリットはおそらく少ないかと思います。しかし、搭載されるプロセッサは、現在の予想としてはA13X Bionicプロセッサが最有力となっていることや、認証システムが次世代化する、Time of Fly(ToF)システムによって、非常に高精度で高速かつ、細かな認証システムが構築されうのではないでしょうか。トリプルカメラが搭載されることで、ちょっとした写真撮影なども楽しむことができますし、3D映像の撮影ができれば、色々な人と撮影を楽しむことができますし、VRやARといった、通常のカメラでは、体験することができないような性能が、たくさん搭載される可能性も非常に高いです。いままでに、iPadのカメラなど、使うことはなかった人でも、3カメラによる撮影などになると、興味がでてきますし、その場で、編集することもできるため、よりプロフェッショナル仕事に適してくるものだと予想されます。しかし、冒頭にも記載しましたが、必ずしも最新機種が、最高の機種ではありません。中には、ダウングレードといって、価額を抑えて、さらに別の消費者層への売り上げを伸ばすための、販売手法もあります。iPad Proの場合は、ターゲットしている消費者は、ビジネスシーンや、動画、写真編集など、よりハイスペックで、パソコンに近い性能を兼ね備えている端末が好ましい人たちですので、新発売のモデルとなると、恐らく、全体的な基礎スペックが底上げされるのか、一部のスペックが、大きく向上するのかのどちらかだと思われます。現在iPad Proを使用しているのであれば、新型のiPad Proを購入することで、作業効率や質の向上などのメリットがでてくるのではないでしょうか。逆にこれまでにiPad Proを使用したことがない人は、型落ちのiPad Proを購入してみて、どれぐらいの性能なのか、操作性はどうなのかなどを確認したうえで、新型のiPad Proの購入を検討してみるのがいいのではないでしょうか。