GoPro

GoProで使えるおススメ三脚を徹底比較!おすすめマウントについても紹介!

GoProで使えるおススメ三脚の紹介

GoProといえば、旅行の際などに手持ちで撮影したり、様々なマウントに取り付けることでドライブレコーダーといった、様々な用途にも使用することが可能です。そして撮影の幅を広げるという意味で三脚があるとさらに便利です。定点撮影やスローシャッター、星空や朝焼け夕焼けを撮影する際のタイムラプス撮影には三脚は必須のアイテムとなります。

ただし、GoProのボディは非常にコンパクトで、旅行の際などでも荷物にならない。というところが一番の魅力でもあり、そこに通常の三脚を持っていくとなると非常に邪魔になります。GoProのコンパクトなボディに合う最適な三脚がいくつか発売されていますので、今回はそちらをご紹介していきたいと思います。

GoProアクセサリーの中でも断トツの人気で、様々なシチュエーションで活躍!

GoProアクセサリーには様々な種類が存在しますが、そんな中でも断トツの人気なのがGoPro純正マウントのShortyです。一見するとただのショートグリップに見えるのでが、実は三脚としても使用でき、またサイズ感もGoProのコンパクトさに合わせたサイズ感ですので、荷物になる心配もありません。街歩きのついでに撮影する時はショートグリップとして、そして定点撮影など、GoProを固定する必要がある場合は三脚として使用することができ、様々なシチュエーションで活躍します。

GoPro三脚はなぜ人気なのか?

GoPro専用設計なので、本体との親和性が極めて高い

GoProの純正アクセサリーとなっているので、もちろんGoProに合わせた設計となっています。通常、三脚が小さければその分安定感は減り、本体の落下リスクも高まるのですが、Shortyに関しては真ん中に支柱を設けることで三脚の足と中央の支柱の4点で支えることになり、非常に安定感のある三脚になっています。

GoPro Karma Gripとの違いは?

GoProの純正アクセサリーには同じグリップとしてGoPro Karma Gripがあります。こちらの商品はShortyと同じグリップ型なのですが、大きな違いとしてスタビライザーが搭載されていることにあります。スタビライザーとは映像を撮影する際などに手振れを抑え、滑らかな映像を撮る為の装置であり、歩きながらの撮影をする際などはどうしても手ブレなどの影響を受けやすいのでスタビライザーがあると非常に便利です。GoPro本体にも手振れ補正機能は搭載されていますが、やはり歩きながらなどの撮影となると動画にはブレが発生してしまいます。

GoPro Karma Grip(カルマグリップ)がすごい!ハイスペックで使い易さ最高!GoPro Karma Gripの紹介 SNS映えを狙うなら是非とも手に入れたいのが、大人気のアクションカメラ「GoPro」です。 ...

GoPro用三脚の長所

夜景や置き撮りなどの長時間撮影に最適

夜景などを撮影する際には多くの光をカメラ側に取り込む必要がある為、カメラ側のシャッタースピードを長くする撮影方法をとります。その為、数秒間から数十秒シャッターを開け続けることになり、手持ち撮影は事実上不可能となります。またスローシャッター時以外でもどこかにGoProを置いて写真を撮りたい時などの定点撮影時にも三脚があることできれいな写真を撮影することが可能になります。

手持ちでは難しい、風景を取り込んだ撮影に

夜景をはじめ、風景写真を撮る際はスローシャッターで撮影することは非常に多くあります。滝の撮影時などもスローシャッターで撮影することにより、滝の水流が絹のような糸のような線となり、また肉眼で見る風景と異なります。その為、旅行先などでの撮影には必ずといっていいほど、三脚が必要になります。

専用設計なので持ち運びに便利

GoProの純正アクセサリーはGoPro専用設計となっていますので、非常にコンパクトで軽量なものがほとんどです。その為、旅行の際に持っていく際にもボディと合わせてカバンに入れても場所をとらず、非常に便利なものばかりです。Shortyに関しては重さは66gと非常に軽量になっている為、ポケットに入れて持ち運びが可能なほど携帯性に優れています。

GoPro三脚の短所

撮りたい映像を予め考えておく必要が

写真や動画を撮影する際に共通して注意することは、自分が撮りたい写真や映像のイメージです。どのような場所で、どのような環境下で撮影するのかを予め考えておくことが、そこに必要なアクセサリーが見えてきます。いざ撮影地に着いて、アクセサリーを家に置いてきたりするとせっかくのGoProも本領発揮できずに終わってしまいます。

GoPro三脚の便利な機能

GoPro Shortyは持ち運びに便利

純正の三脚の中でもShortyは非常に人気で、その魅力はやはり三脚なのにコンパクトで安定性があるということです。小型の三脚として有名なのはマンフロットの三脚ですが、それらの三脚と比べても圧倒的に小さいサイズになっています。全てたたんだ状態では男性の手にすっぽり収まってしまうほど小さいサイズです。またコンパクトなサイズにもかかわらず、安定性も非常にあり、高さも4段階調節することができ、様々な撮影シーンで大活躍します。

GoPro 3wayは自撮り棒にもなるマルチスタンド

同じ三脚として3wayのものもあるのですが、機能が3つあるということもあり、Shortyと比べると少しコンパクトさには欠けます。機能面としてはカメラグリップ・ミニ三脚・エクステンションアームの3つになっており、アームについては自由に折り曲げられる為、映像に不必要な物の映り込みを回避することも可能になっています。

また自撮り棒としての機能性も持ち合わせています。三脚としては高さは最大63㎝まで伸びますが、肝心の足の部分が少し弱いので強風などの環境下での撮影は控えた方がいいです。あくまでも3wayなのでどれかに特化しているというよりかは、万能アイテムと認識した方がよさそうです。

GoPro 3 wayの使い方3パターンを完全紹介!Go Pro 3 wayの紹介 GoProを使うなら必須のアイテム お出かけをして、さあ自分たちの写真を撮ろうと思っても、なかなか難...

カメラ用スタンドは安定性抜群

カメラ用のスタンドとしてはShortyの方が安定性に長けておりますが、3wayの方もミニ三脚部分だけを外して使用することも可能ですので、そうすることで安定性は非常に良くなります。その為、どちらも三脚としても十分活躍するアクセサリーといえます。

GoPro三脚の活用法

ちょっと離れたところからSNS映えするタイムラプス撮影

最近ではiphoneなどにも搭載されているタイムラプス機能。一定時間の映像を任意の流さに短縮することで、時間の流れを簡単に映像として感じることができるものです。例えば10分間の雲の流れなどを10秒程度に短縮された映像をイメージして頂ければわかりやすいかと思います。タイムラプス撮影には特に決まりはなく、星の動きを映像にする方や都会での人の動きや旅行での経過などを映像にする方など様々です。そういった機能がGoProにも搭載されていますので、タイムラプス撮影に挑戦してぜひSNS映えする映像を撮っていきましょう。

夜景をナイトラプス撮影

実際にはGoProの中にはナイトラプスという機能がありますが、これは夜間などの暗い環境下ではシャッターを切った際に、十分な光が取り込まれず、真っ暗な動画が作成されないようにする為の機能です。この機能を使うことでシャッター速度や撮影間隔などを任意で決めることができるので、誰でも簡単にタイムラプス映像を楽しむことができます。

タイマー機能でGoProならではのアングル撮影に

GoProにはデジタルカメラやスマートフォンに搭載されているタイマー撮影、いわゆるセルフタイマー機能は搭載していません。しかしタイムラプス機能を使うことで代用することは可能です。タイムラプス機能は数秒ごとにコマ撮りをする機能ですので、一定時間ごとに自動でシャッターが切られます。この機能を利用すれば、集合写真などを撮る際にも活躍しそうです。また、GoProは一眼レフ機などのカメラよりも遥かにコンパクトなボディの為、ローアングル撮影では一眼レフなどよりもさらに下のアングルから撮影することが可能です。

おススメアクセサリー

GoProトライポッドマウントセット

カメラの付け替え時に便利なクイックリリーストライポッドマウントや軽量のミニ三脚がセットになっています。トライポッドマウントやクリックレリーズトライポッドマウントを使用することで、GoPro本体を標準的な三脚に設置することが可能になります。

GoPro 用(GP規格)三脚マウントアダプター

GoProを純正の三脚ではなく、標準の三脚に取り付けるためのアダプターであり、ハイアングル撮影などは純正の三脚では不可能なので、通常の一眼レフカメラなどに使用される三脚に装着することでハイアングル撮影を可能にします。さらに強風時などの安定性の確保にも利用されます。

トライポッドアダプター

GoProマウントの先端部分をネジ式に変換することで、様々なアクセサリーの装着を可能にするアダプターです。取付時には機材の脱落等に備えて注意して行いましょう。

GoPro三脚に関するQ&A

三脚は女性でも持ち運びできますか?

軽量コンパクトなので楽々持ち運び可能です。
三脚は男性の手のひらで十分おさまるサイズになっているので女性でも簡単に持ち運びが可能です。また軽量化も図られている為、ポケットなどに入れても全く重さは感じません。

カメラ用のスタンドはどのメーカーでも使用可能ですか?

一般的なカメラスタンドに対応しています。
基本的な撮影では純正のミニ三脚や3wayの三脚で対応可能だと思いますが、それ以上に安定性や高さが欲しいのであれば他社の三脚を使用するしか方法はありません。その際には専用のアダプターを使用することにより、他社の三脚とGoProを装着することが可能になります。

GoPro三脚をおススメする理由まとめ

GoProは三脚との組み合わせで映像の幅がさらに広がる!

GoProは手持ち撮影だけに限らず、ヘルメットやヘアバンドに固定することでその人目線の映像が撮影できたり、そのコンパクトさからローアングル撮影をすれば、人の目では見れない角度の映像が撮影できたりと様々な映像を撮影することができます。三脚を使えばローアングルやタイムラプス撮影、また3wayや他社の三脚を使用することでハイアングル撮影なども可能になり、組み合わせる三脚次第で、様々な映像を撮影することが可能になります。