GoPro

GoPro「Quik stories」を徹底レビュー!簡単に映えるムービーが作れる!

目次

GoPro「Quik stories」の紹介

アクションカメラとして評価の高いGoPro。InstagramではGoPro関連のハッシュタグを多く見かけるほど、アウトドアだけでなく若者を中心に日常使いされることも増えきましたね。

しかし動画となると、ただ普通に撮影しただけではなかなか映える動画は撮れません。とはいえ編集は難しいし手間がかかる、そんな悩みを抱える方も多いでしょう。

簡単に楽して映えるムービーを作りたいな、というあなたにぴったりなアプリ「Quik stories」を紹介します。

 GoProで撮影したビデオを自動で編集してくれる神アプリ!

「Quik stories」は、GoProで撮影した映像を転送するだけで、撮影した映像が自動で編集され、プロが作ったような映えるお洒落ムービーを作成してくれるアプリです。

GoPro「Quik stories」はなぜ人気なのか?

撮影した動画をプロ顔負けのクオリティで編集できる

動画を編集するには、BGMや様々なエフェクト、動画の継ぎ接ぎ、細かなところでは文字入れをどうするのか…など多くのセンスが求められるうえに、多くの時間を費やさないといけません。そうしてようやく作り上がった作品も、何となくパッとしない映えないものになってしまうなんてことも。CMと自分の作った動画を見比べて、プロが作った作品は違うなあと溜息を吐いてしまうこともあるでしょう。

しかし「Quik stories」では「この動画を使いたい」「こんな雰囲気のムービーにしたい」「こんな音楽をいれたい」それぞれの項目を選択するだけで、まるで企業CMのようなお洒落でプロ顔負けのムービーが出来てしまいます

GoPro Spliceとの違いは?

GoProの動画編集アプリとして、類似アプリに「Splice」があります。

「Splice」は1クリップごとの動画にトリミング、エフェクト、速度変更、タイトル、静止画モーション、音声レベルとフェードイン・アウトを調整することが出来、「Quik stories」よりもより細かな編集作業が出来るところが特徴です。

ただし、エフェクトや動画の繋ぎであるトランジションの種類が少なく、基本的なものしかないため、お洒落なムービーを作成しようとするとセンスと手間が必要となります。

より簡単に手間を掛けず、センスのあるムービーを作りたい!という人には「Quik stories」をオススメします。

GoPro「Quik stories」の長所

長所① GoProで撮影した動画を自動で編集してくれる

GoProで撮影した複数の動画や画像を自動的に取り込ませ、組み合わせたい動画や画像を選択して複数のスタイルパターンから好きな雰囲気のものを選ぶだけで、自動で動画、画像を組み合わせてムービーを作成してくれます。

長所② 動画にテキストやBGMの追加も可能

好きなスタイルパターンを選ぶだけでもお洒落なムービーを生成してくれますが、より細かな編集がしたい方は、テキストやBGMの追加も出来ます。好きな場面にタイトルやキャプションを入れたり、BGMの音量調整から、動画の余計な部分を切り取るトリミング、ピックアップしたい場面を指定する(ハイライト)することも可能です。

楽にお洒落なムービーが作れるのはいいけど、少しは自分の色を出したい…という方にオススメの機能です。

長所③ GoProシリーズのすべてのビデオフォーマットに対応

「Quik stories」はHERO5 カメラおよびその後継機種で使用できるすべてのビデオ フォーマットに対応しています。もしビデオファイルが再生できない場合は再生可能なフォーマットに変換処理を行っています。その場合は変換に時間がかかることもあります。

GoPro「Quik stories」の短所

短所① 一部非対応の機種がある

「Quik stories」をサポートするにはワイヤレス通信機能が必要となるため、次の機種が対応カメラとなります。それ以外のカメラは対応していないので、これから新しく購入する方は注意しましょう。

・HERO (2018)
・HERO6 Black
・HERO5 Black
・HERO5 Session

短所② バリエーションが多くない?

好きなスタイルパターンを選ぶだけでプロ顔負けのムービーが作れる…とは言え、そのスタイルパターンの型にはまってしまう面があります。

BGMといった編集を工夫してみたり、撮影動画自体を工夫してみたり、離れ業では「Splice」で生成した動画を素材にして「Quik stories」でムービーを作ってみる…なんて、いろいろな工夫を考えてみて決められたバリエーションのなかで自分の色を出してみてもいいかもしれません。

GoPro「Quik stories」の便利な機能

便利な機能① 自動編集でカッコイイ動画がすぐ作れる

複数種類のテーマの中から、作りたいムービーに合ったテーマを選ぶだけで、そのテーマに合わせたカッコイイ動画を自動生成してくれます。

便利な機能② Go Proとペアリングすれば動画をSNSにすぐ投稿できる

「Quik stories」では編集を終えた動画をそのまま「シェアする」機能で、TwitterやInstagram、LINEといった様々なSNSで共有することが可能です。旅行先で撮影したムービーをその場ですぐにシェア!なんてことも出来てしまいます。

便利な機能③ 音楽も変えられる

BGMはアプリ内に「スポーツ」や「思い出」といった様々なテーマで用意された音楽以外にも、自身のスマートフォンに入っている音楽を取り込み、BGMとして設定することも可能です。

GoPro「Quik stories」の活用法

活用法① 短い動画をたくさん撮ろう!

1本の動画を長く撮り続けるのではなく、短いものをたくさん作ったほうが、つなげた時のトランジションがかかるため、インパクトのある動画になります。

活用法② アングルを色々変えて撮影してみよう

スマートフォンで撮影するときのように、ずっと目線の高さで手に持って撮り続けるのではなく、グリップなどに装着して視点を上にしてみたり、下から撮ったりするとメリハリのある面白いムービーが出来上がります。また、GoProを口にくわえて、両手で何かしている様子を撮ったりと、いろいろな工夫を考えてみるといいでしょう。

活用法③ 動画と写真を織り交ぜて撮影しよう!

「Quik stories」で編集の素材に出来るのは動画だけではありません。画像と合わせて、より魅力的なムービーを作ってみましょう。

おススメアクセサリー

アクセサリー① モバイル用 Quik

できる動画の解像度には制限があるものの、パソコン版よりも簡単かつ手軽にスマートフォンでムービーを作ることが出来ます。動画のパターンもiOSは26種類、Androidは23種類と、充分な種類が用意されています。

アクセサリー② GoPro アプリ

GoProで撮影した動画をスマートフォンにインポートするには、GoProアプリをダウンロードし、お持ちのGoProと接続する必要があります。この接続を行うことで、モバイル用 QuikでGoProで撮影した動画を簡単に編集することが出来るようになります。

アクセサリー③GoProPlus

GoProPlusに登録すると、より充実したサウンドからBGMを選択することが出来、写真や動画を容量無制限のクラウドに自動的にアップロードされ、今までの写真や動画をいつでもスマートフォンから編集、楽しむことが出来ます。

GoPro「Quik stories」に関するQ&A

Q&A① Quik storiesはどの端末で使えますか?/Go Pro以外でも使用可能です

GoProと合わせて使うことを考えられたアプリである「Quik stories」ですが、編集する写真や動画はGoProで撮影したものに限られません。iPhoneで撮影した動画の取り込みはなかなか上手くいきませんが、FacebookやGoogleDriveからも素材を読み込める機能があるので、幅広い動画編集が楽しめます。

しかし、デスクトップ版はGoProで撮影したものに限られるので注意しましょう。

Q&A② タイムプラスや連写は使用できますか?/使用されません。

「Quik stories」は個別の写真のみがサポート対象となっています。iPhoneカメラ機能である、特定の間隔で複数枚の写真を撮影し、それを繋げて動画を作成するタイムラプス機能や、一度の撮影で何枚も撮影出来るバースト機能(連写機能)を使用して撮影された写真は使用が出来ないため、注意してください。

ただし、GoProで撮影されたタイムラプスビデオはサポート対象となります。

Q&A③ オススメの使用環境はありますか?/ 1080p 30 fps または 60 fps での撮影がオススメです。

GoProからアプリに転送する処理時間を短くするために、1080p 30 fps または 60 fps での撮影環境にしておくことをオススメしています。

GoPro「Quik stories」をおススメする理由まとめ

Quik storiesはプロ並みの動画を自動で作れる優れモノ!

「Quik stories」は、動画編集をやったことのない人でも、写真、動画を選択してクリックしていくだけで、簡単にお洒落なムービーが作れてしまうアプリです。

Go Pro以外でも使用できる!

GoProを持っていない人も楽しめる動画編集アプリとなっているので、まずはアプリをインストールして、お洒落なムービーを作ってみてはいかがでしょうか。