GoPro

GoPro Karma Grip(カルマグリップ)がすごい!ハイスペックで使い易さ最高!

GoPro Karma Gripの紹介

SNS映えを狙うなら是非とも手に入れたいのが、大人気のアクションカメラ「GoPro」です。

芸能人やインスタグラマーやインフルエンサーなど、使っている有名人もたくさんいますよね!GoProで撮影すると、実際にその場にいるような映像やアクティビティを体験しているかのような映像など、迫力のある映像を撮影することができます!

しかしGoProで映像を撮影する際にも、やはり映像のブレが気になったりもう少し安定した写真が撮りたいと思っている方も多いと思います。その悩みを解決してくれるのがこの「GoPro Karma Grip」です。

Karma GripはGoPro初の純正品スタビライザーで、純正品ならではの質感と性能になっています。このKarma Gripをを使って撮影された映像は、まるで低空を滑らかに飛行するドローンで撮影したような映像です。これ一本さえあれば手ブレ知らず、SNS映え間違いなしのお望みの動画を撮影することができるんです!

GoPro Karma Gripはブレに強いGoProアクセサリーの代表格

映像を撮影するときは普通に撮影すると映像がブレてしまって、せっかくの素敵な動画が残念な動画になってしまいますよね。SNSにアップしたり、友人や家族とシェアする目的でもやはり少しでも綺麗な映像を撮ることができたら嬉しいですよね。

GoProのKarma Gripはブレに強い、GoProの純正アクセサリーです。「光学式ブレ補正機能」を搭載しているためブレに非常に強く、鮮明な映像を撮影することができます。
どのマウントより、手ブレ無しに撮影できるGoProアクセサリーの代表格です!

GoPro Karma Gripはなぜ人気なのか?

とにかくブレに強い!ハイスペックなGo proアクセサリー

GoPro Karma GripはGoProカメラを取り付けて、撮影時のカメラに伝わる振動や衝撃を軽減してブレを抑えることができます。とにかくブレに強い!非常にハイスペックなGoProアクセサリーです。

Go pro 3-wayとの比較

このGoPro Karma GripはGoPro 3-wayの超ハイスペック版のような商品です。GoPro 3-wayと比較しても純正品のKarma Gripは非常に高性能です。まずはKarma Gripと3-wayには形式の違いがあります。形式が違えば、ブレの抑制制度が変わります。

3-wayは「手動式」なのに対し、Karma Gripは「光学式(電気式)」です。もちろん手動式より光学式の方が遥かに動きも滑らかですし、手ブレなどがなくなるので質の高い映像を撮影することができます。

また、このKarma Gripには3-wayには無いシャッターボタンが搭載されています。シャッターボタンがある事によって手元でシャッターを切ることができ、写真や動画を撮る事ができます。Karma Gripは3-wayと違い「光学式」を採用しているため、充電が必要です。
電気を使っている事から、防水機能もありませんので水濡れには注意が必要です。

GoPro 3 wayの使い方3パターンを完全紹介!Go Pro 3 wayの紹介 GoProを使うなら必須のアイテム お出かけをして、さあ自分たちの写真を撮ろうと思っても、なかなか難...

GoPro Karma Gripの長所

手ブレも怖くない、なめらかな動画を撮影可能

光学式のKarma Gripはブレ軽減が非常に高性能です。
手ブレを気にせず、自分の望み通りのなめらかな動画が撮影可能です。

Go proとの親和性の高さ

Karma GripはGoPro初の純正品スタビライザーのため、GoProとの親和性が高いです。
GoProのコントロールがKarma Gripで可能であり、さらにKarmaドローンにも対応しています。純正品のため、公式の延長ケーブルやマウントなどがあり、GoProのアクセサリーを使用することができます。

光学式ブレ補正の安定性

光学式スタビライザーのKarma Gripは、電気の力で自動的に被写体を追従してくれる機能があります。そのため、例えば「子供・動物」が被写体だった場合、Karma Gripはその「子供・動物」をずっと撮り続けてくれるため、撮影者が手を動かしながら撮り続ける必要がなく、快適に撮影することが可能です。

GoPro Karma Gripの短所

ハイスペック故のバッテリー消費量

動画撮影時など、一番気になるのがバッテリー切れの問題ですよね。このKarma Gripは電池交換が出来ません。ハイスペック故に満充電でも連続して使用できる時間が短いです。
モバイルバッテリーなどで充電する事も可能ですが、Karma Gripの充電には時間がかかるのが少しネックです。

防水ではない

Karma Gripは光学式で電気を使用しています。本体にはバッテリーが内臓されているが、防水機能は搭載されていないです。そのため海での撮影やマリンアクティビティなどの場面では、水濡れで破損してしまわないように注意することが必要です。

GoPro Karma Gripの便利な機能

チルトロックとフォローモード

Karma Gripの機能であるチルトロックは、お望みのアングルにスタビライザーを固定、設定することが可能となっています。チルトロックを使用すれば、Karma Gripを動かした場合でも希望のアングルを維持してくれます。

また、チルトロックを使えば完璧なローアングルの視点で追跡撮影することができるので、Karma Gripを使わないと撮ることが出来ない映像の撮影が可能です。またもう一つの機能としてフォローモードも搭載されています。フォローモードはチルトロックを解除した状態がずっと続く状態になり、スティックの動きに追従して動くため上下の向きを変えて撮影する事ができます。

GoPro本体を手元操作可能

純正品スタビライザーであるKarma GripはGoProとの相性も抜群です。GoPro本体を手元で操作できるため、電源のON/OFFの操作だけでもGoPro側とスタビライザー側の両方で電源操作をする必要がありません。GoPro本体と連動して操作ができるため、とても快適に操作する事が可能となっています。

バッテリー容量はゲージで確認

Karma Gripのバッテリー容量は持ち手部分のゲージで確認する事ができます。4つのライトで現在のバッテリー残量が確認できるようになっています。

GoPro Karma Gripの活用法

ハイキングや登山のお供に

Karma Gripはさまざまなアクセサリーを使用することが出来るため、プロ品質の映像の撮影が可能です。ハイキングや登山などの手が離せないシチュエーションなどでも大活躍間違いなしです!

サイクリングやツーリング時のリュックに

GoProのアクセサリーにGoPro Karma Gripを持ち運べる「GoPro Seeker」があります。
容量16Lで、最大5台のGoPro本体を持ち運ぶ事が出来ます。Karma GripをSeekerと組み合わせる事によって脱着が簡単になりますので、使用時のストレスが軽減されます。また直接GoProを取り付けることができるので、自分視点のハンズフリー撮影ができます。

自撮りもOK

GoProで手持ちで自撮りするときには角度が重要です。

しかし大切な場面では何度も撮り直すことができませんし、手持ち撮影の場合は手ブレの心配もあります。そんな心配いらずで、簡単に一発で綺麗な自撮り写真を撮ることができたら嬉しいですよね。Karma Gripはブレに強く手元にシャッターがついているので、自撮り写真でもオシャレで綺麗な写真が撮れます。

おススメアクセサリー

GoPro Karma Grip(カルマグリップ)延長ケーブル

GoPro Karma Grip 延長ケーブルを使用することで、グリップとスタビライザーを別々に取り付ける事ができます。コイル状のケーブルが89cmまで延長することができます。

Karma Grip(カルマグリップ)ケース

Karma Gripは持ち運ぶ機会が多いため、携帯するときは傷や破損に注意が必要です。このKarma Gripケースはグリップ部に対応するやわらかいパッドが内側についており、外出先でKarma Gripを衝撃から保護してくれます。

予備のモバイルバッテリー

Karma Gripはモバイルバッテリーからの充電が可能です。高性能が故、連続して使用しているとバッテリー切れが発生します。バッテリー切れの心配があるかたは、予備のモバイルバッテリーを用意することをおすすめします。

GoPro Karma Gripに関するQ&A

GoPro Karma Grip(カルマグリップ)はどこで買えますか?

正規代理店を利用しましょう。GoPro Karma Gripはネットサイトやフリマアプリなどでも販売していますが、やはり正規代理店で購入することをおすすめします。ネットショップやフリマアプリでは、正規品でない類似品が販売されている可能性もありますし、商品に対してしっかりとした保証が用意されていない場合があります。

Karma GripはGoPro本体と同じくらい高価な商品なので、保証がしっかりした正規代理店で購入しましょう。

GoPro Karma Gripのバッテリーはどのぐらい持ちますか?

4K30で約1時間半程度です。Karma Gripはフル充電で4K30で撮影した場合、バッテリーの持ちは約1時間半程度です。連続使用しなければもう少し持つかもしれませんが、モバイルバッテリーも併せて持ち運ぶ事をおすすめします。

まとめ

GoPro Karma Grip(カルマグリップ)は最強のブレ補正ツール!

Karma Gripは他のスタビライザーと比較しても最強のブレ補正ツールです!ブレを心配せず、思い通りの映像を残すことができます。

GoPro本体と合わせて使えばプロ並みの動画を撮影できる!

GoPro本体との相性も抜群なため、GoPro本体と合わせて使えば、プロ並みの品質の映像が撮影できます。SNS映え必至!なめらかでブレの無い鮮明な動画を撮ることができます。
動画や写真撮影が趣味で、GoProを使っている方には是非使ってもらいたい一台です!