未分類

GoProで車載撮影をするための方法はこれだ!他車載カメラとの比較も

GoProの紹介

昨今、高齢者ドライバーによるアクセルとブレーキの踏み間違いや、悪質ドライバーによる煽り運転や進路妨害など、普段から気を付けていても起きてしまう交通事故。一歩間違えれば自分自身の命を奪われるかもしれないですし、逆に他人の命を奪うことになるかもしれません。

そういう危険が自分の身にいつ起きてもおかしくない日常生活の上でやはり車は必要不可欠なものです。いくら自分が気を付けていても相手の不注意で交通事故に巻き込まれる可能性は十分にあります。その時に身を守ってくれるのはエアバッグなどありますが、事故の後に自分の身を守ってくれるものは何なのでしょうか。あきらかに相手の過失により事故が起きてもそれを証明するものがありません。

そんな時に便利なアイテムが車載カメラです。事故前後の映像を残すことで交通事故の過失割合を判断する非常に重要な証拠となります。今回は数多くある車載カメラの中でもよく耳にする「GoPro」について紹介していきたいと思います。

GoProと聞くと旅行などでよく動画などをSNSなどにアップしている方も多いですが、車内のダッシュボードなどに装着することで非常に優秀な車載カメラとして活躍してくれます。

数多い車載カメラの中で、GoProが圧倒的に人気である

現在ではコムテックやケンウッドなど数多くの企業から車載カメラが発売されていますが、その中でも、アクティブカメラにも関わらず高い人気を誇っているのがGoProです。GoProは元々、アウトドアでのアクティブスポーツの撮影などを目的としており、その為ボディは頑丈でなおかつ防水、そして邪魔にならない小型で軽量を売りにしています。その為、車内に取り付けても邪魔になりませんし、その堅牢性から高い支持が得られています。

GoProはなぜ人気なのか?

コンパクトボディと車の振動に強い手ブレ補正で車載撮影にもってこい

GoProはそのコンパクトで軽量なボディの他にも車載カメラとして優れている点があります。それは手ブレ補正です。どんなに高画質な動画が撮影できる機材でも手ブレを起こしてしまっては本末転倒です。

また車内では走行中は尚更、手ブレが発生しやすい環境にあるのでこの機能があることで車載カメラとしてもすぐれた性能を発揮します。

insta360 ONE X との違いは?

GoProと同じ価格帯でよく比較されるものとしてinsta360 ONE Xがあります。

insta360 ONE XもGoProと同じアクションカメラですが、まず違いとしては重量やサイズ、防水性やGPSなどがあります。重量はGoProは約220gとinsta360 ONE Xの約2倍です。サイズはGoProは74×75×40に対してinsta360 ONE Xは114×48×27と車内に設置するのであれば尚更コンパクトなGoProに軍配です。さらにGoProは加えて防水機能やGPS,音声コントロール機能もあるので非常に頼もしいです。

GoProの長所

手ブレ補正で車の振動を拾ってくれる

車は運転手がどれだけ気を付けていても常に車内には振動が発生しています。もちろん車が動いていないアイドリング中でもエンジンが動いているので振動が発生するのは当然なのですが、走行中ともなれば尚更振動は大きくなります。

しかしGoProは優れた手ブレ補正機能が備わっているので何も心配はいりません。GoProはアクションカメラですのでアウトドアでの激しいスポーツでの撮影も可能にします。その為、走行中の継続的な振動でもこの手ブレ補正機能のおかげで、あたかも振動がないかのような滑らかな映像を撮影することが可能です。

両手が塞がっていても使える「音声コントロール機能」

GoProにはinsta360 ONE Xの基本機能にはない音声コントロール機能が備わっています。これはその名のとおり、音声で操作を行うことができるものなのですが、これによりGoProに話しかけることで写真の撮影やビデオの録画、電源のON/OFFといった操作をハンズフリーで行うことができます。

画角が広く録画できる

GoProはそのコンパクトなボディからは想像できないような広い画角でビデオを録画することできます。その為、車載カメラとして利用する際には、対向車線の道路や歩道はもちろん、こちら側の歩道も十分録画することができます。自分が関係していない事故でも広角がゆえにその事故の真相が映像として残り、誰かの役にたつこともあります。

GoProの短所

バッテリーの消費量に難あり

バッテリーの持ち時間は機種や画質、使用する環境などによって変わってきますが、公式での連続撮影時間は1時間~2時間となっています。その為、シガーソケットやモバイルバッテリーなどを使用して給電しながらの使用が必須となります。別途長めのケーブルを用意して配線も行わなければなりません。

夏場の熱暴走に注意

長時間、動画を撮影してくるとGoPro自体が発熱し、フリーズしてしまうことがあります。ただし、これは故障したのではなく、アクションカメラゆえに寒い地域での使用も想定しているため、発熱をする仕様となっているようです。その為、夏場などは車内の室温が高温になる場合が多いので注意が必要です。

GoProの便利な機能

露出補正機能で白とび防止に

GoProには露出補正機能も備わっているので、急に曇り空から一気に晴れに変わった際には周囲の明るさは一瞬で明るくなってしまい、通常だとビデオは真っ白になってしまいます。これを防ぎ、ビデオの明るさを一定に保ってくれるのが露出補正機能です。

高画質・高フレームレート機能で綺麗な動画を撮影できる

コンパクトなボディにも関わらず、4K撮影も可能となっています。また高フレームレート撮影も可能な為、スポーツシーンでのスローモーションムービーの作成も可能になっています。

360度撮影機能でプロのような動画を撮影できる

GoProの便利な機能として360度撮影があります。360度ということは撮影者の真後ろを除くすべての範囲の画角が一度に撮影できるということです。通常の一眼レフやミラーレスカメラなどではこのような撮影は不可能な為、GoProなどでしか撮影できないおもしろい動画が撮影できます。アイデア一つで同じ場所でもまた違った映像が撮影することができます。

GoProの活用法

ダッシュボードに固定すれば自撮り感覚で車内を録画できる

車載カメラというと基本的には交通事故などの時の為に使用される方がほとんどだと思いますが、外側に向けて撮影している本体を内側に向けるともちろん車内がすべて映り込みます。最近ではそのことを利用して旅行などの際の思い出の一つとして車内での様子や会話なども映像として残しておく方もおられるようです。

中々車内での映像を残すことは難しいですが、GoProを使用することでしっかりと固定でき、かつ手ブレ補正、露出補正機能を上手に使って、自分たちでしか作れない思い出を作りましょう。

車外にしっかりと固定して360度撮影に挑戦

また専用の機材を使用すれば、車外にGoProを装着することも可能です。車内から外に向けて撮影された映像は普段の運転手目線とほとんど変わりませんが、車外に装着することで普段では見ることの出来ない迫力満点の映像を撮影することが可能です。また360度撮影を使って前方も後方も見える映像も撮影することができます。

車内のシートに固定すればドライビングを録画できる

ダッシュボードだけでなく、車内のシートに固定することで自身のドライビングの撮影が可能になり、普段どういう運転をしているのか、どういう操作をどのタイミングで行っているかなど普段見れない自分の運転姿を見るのもまた勉強にもなりますし、おもしろいです。

おススメアクセサリー

GoPrpサクションカップマウント

GoProを車内で装着する上で必要になってくるのがサクションカップです。言葉はあまり聞きなれない方もいるかもしれませんが、俗にいう吸盤タイプの装着器具です。最近では数百円で購入できるものもありますが、車内などに装着する場合や外の風を真正面に受けるバイクなどはきちんとした物を購入しないとせっかく購入したGoProが壊れてしまいます。

特にGoProの純正サクションカップは時速240km以上の速さでも機能することが実証されている業務用ツールとなっているので非常に安心できます。

GoProシリーズホルダー

GoProは様々なシーンでの使用が想定されている為、そのシーン別に適したホルダーを選ばなければなりません。頭に装着するタイプや車内に装着する為のもの、車外に装着する為のものなど多種多様です。しかしこの判断を誤るとホルダーもろともGoPro本体の落下を招いたりとトラブルの原因になりますので慎重に選びましょう。

接着式のマウント

GoProを車内などで固定する場合は真空圧着タイプなどもありますが、接着式も選択肢の1つです。圧着式よりもとれるリスクが少なく、非常に安心なのですが、接着式マウントを外す場合はドライヤーやヒートガンなどで接着剤を柔らかくした上で剥がさなければなりません。もちろん綺麗にはがれる可能性は100%とは言い切れないでしょう。

また圧着式、接着式どちらも共通で気を付けることは装着前に装着面を綺麗にしておくことです。ザラザラしていたりするときれいに装着できず、本体が外れ、落下してしまう可能性もありますので注意が必要です。

GoProに関するQ&A

GoProはドラレコの代わりになりますか?

Gセンサーがありません。
通常、車載カメラだと事故時など、強い衝撃を感知した場合に自動で映像録画を保存してくれる機能があります。そしてその事故前後の映像は上書きされないようになっています。しかしGoProはそもそもがアクションカメラですので、そういった機能が備わっていません。その為、事故があった際にその映像を誤って削除しないように注意が必要です。

純正以外のホルダーやマウントも使用できますか?

可能です。
現在、純正ホルダー以外にも他社が開発しているホルダーやマウントが多く発売されています。しかし、何と言ってもGoProを支える大事な道具なので、金額ばかりに気を取られすぎて質の悪い商品を購入しないように気を付けましょう。

GoProのどの機種でも車載可能ですか?

可能ですが機種ごとの特徴があります。
基本的にはどの機種でも動画撮影が可能であれば車載カメラにはなりえます。しかし機種ごとに連続撮影時間なども異なる為、車載カメラとして使用するということであれば、それに適した機種を選択する必要があります。

まとめ

GoProの手振れ補正と高画質・高フレームレート機能は車載カメラにうってつけ

以上、GoProについて簡単にまとめましたが、GoPrpのそのコンパクトなボディからは考えられないスペックがご理解いただけたと思います。アクションカメラがゆえに高い性能を誇る手ブレ補正機能や高画質、高フレームレート。

アクションカメラとして使うのはもちろん、これらの性能を余すことなく利用できる車載カメラとしても十分真価を発揮できる優れたカメラなのではないでしょうか。