GoPro

GoPro 3 wayの使い方3パターンを完全紹介!

Go Pro 3 wayの紹介

GoProを使うなら必須のアイテム

お出かけをして、さあ自分たちの写真を撮ろうと思っても、なかなか難しいものですよね。腕を伸ばして撮ってみたり、通りすがりの人に頼まないといけなかったり、三脚を持って行ってタイマー撮影してみたり。それが動画を撮ろうと思うなら、もっと大変です。腕を伸ばし続けるのには限界があるし、通りすがりの人に頼むわけにもいかないし、三脚で撮影をしても、気がつかないうちにフレームアウトをしていたり。せっかくGoProを購入したのに全然活用できない! そんなときにも、GoProアクセサリーのGoPro 3 wayがあれば解決しちゃいます。GoProを購入する予定のある方、もう購入しているけど撮影が上手くいかない方、そんなあなたにGoPro 3 wayのご紹介です。

GoPro専用設計のカメラマウント

GoPro 3 wayはGoPro専用のセルフィー(自撮り棒)です。そもそもGoProには、一般に販売されているネジ穴式の三脚やセルフィーを取り付けることが出来ません。ツメにネジ穴の空いた規格の独自マウントのみ取り付けることが可能です。また、GoPro本体には接続箇所がなくそのままGoPro 3 wayに取り付けることは出来ません。GoProに標準フレームか防水ハウジングを取り付けてから、GoPro 3 wayに取り付けるよう注意してくださいね。

Go Pro 3 wayはなぜ人気なのか?

一台で3通りの使い方ができる GoPro 3 wayはいわゆるセルフィーとしての機能だけでなく、カメラグリップ、延長アーム、三脚と3つの変形が可能で、これがあればGoProの撮影がグッと便利になるアイテムとなっています。GoProには通常の三脚や自撮り棒が使えないことを考えると、必須アイテムと言ってもいいでしょう。

GoPro ショーティー

GoPro 3 wayにより手軽さを求めたものに、GoPro shortyも販売されています。shortyは3 wayが180gのところ、66gと半分以下の超軽量を誇ります。大きさも手のひらに収まるサイズのため、ちょっとしたお出かけにポケットに入れていく……なんてことも出来てしまいます。用途についても、3 wayと同じく、カメラグリップ、延長アーム、三脚と3つの変形が可能となっています。とはいえ、延長アームは22センチと、3 wayと比較すると短いですし、軽量な分、不安定な場所や風が強く吹くところでの三脚使用はオススメ出来ません。しっかりと撮影したいときは3 way、普段からちょっと持ち歩くにはshortyと使い分けるのがいいかもしれませんね。

Go Pro 3 wayの長所

長所① GoPro各モデルに対応 GoProになら何でも使えるの?

そんな疑問をお持ちの方、安心してください。GoPro 3 wayはGoPro HEROシリーズ全機種対応となっています。GoPro HEROシリーズのいずれかを持っていれば、買って損のないアイテムと言えるでしょう。

長所② 安心の純正アクセサリー

やっぱりGoProが安い買い物ではないことを考えると、アクセサリーは純正品だと安心しますよね。GoPro 3 wayはGoProの純正品となっています。折りたたみ式のアームは撮影の邪魔にならないよう工夫されていますし、何より防水性能なのがいいですよね。とはいえお値段は1万円と、ちょっと勇気がいる価格なのは確かです。それでも今の撮影環境に不満があるのなら、オススメのアイテムとなっています。

Go Pro 3 wayの短所

他社製品に比べると価格が高め

サードパーティ製のセルフィーも各社から出ています。主に、GLIDER、BestFire、My Armor、Luxebell、MIBOTE、OCCといった企業がGoPro用のアクセサリーを販売しています。なかでも、GLIDERはGoPro用アクセサリーを取り扱っている規模が大きく、GLIDER 3-wayというセルフィーも販売しています。これは3 wayと同じように3通りの使い方が出来、お値段も8000円ほどに抑えられます。こちらは家電量販店でも見ることが出来るので、GoPro 3 wayと比較してみるのがいいでしょう。

Go Pro 3 wayの便利な機能

便利な機能① 防水対応

「さすが、わかってるね」と言いたくなるGoPro 3 wayは防水性能となっています。GoProはアクティビティで活躍するアイテム、それを考えるとやはりアクセサリーの防水性能は必須です。ダイビングに使うなら、やはりGoPro 3 wayがオススメです。

便利な機能② 取り付けもしっかり

GoPro 3 wayは、ツメを互い違いにして差し込んでネジを締める、二重の取り付けとなっていることにより、ガッチリと固定され、アクティビティでも安心して使えるようになっています。

便利な機能③ 何よりコンパクト

普段カメラを使う方の悩みの種となるのが、三脚といった重量アクセサリーの持ち運びづらさでしょう。GoPro 3 wayは、非常にコンパクトになっているので、旅行に最適なアイテムとなっています。最大延長時は50.8センチまで伸びるのに、折りたたみ時は19センチと、少し大きめのカバンを使う方なら普段から持ち運ぶことも出来てしまうコンパクトさですね。”

Go Pro 3 wayの活用法

活用法① 自撮り棒として

GoProは非常にコンパクトなカメラかつ超広角レンズの仕様となっているため、本体そのものを持って撮影すると、すぐに指が入り込んでしまう、なかなか撮影が難しいカメラです。そんなときに、この自撮り棒(カメラグリップ)機能を使うことで、安定した撮影が出来ますし、家族や友人との自撮りを楽しむことが出来ます。

活用法② 三脚として

景色を撮るとき、GoProのタイムプラス機能を使うとき、集合写真を撮りたいとき、そんなときに三脚は活躍します。延長アームを伸ばした状態で三脚を使えるので、角度も自由に設定できて、とても便利です。狭いところでもアームを使って三脚を利用すれば、写したいところが見切れてしまうときにも調整が効きやすいですよね。三脚はカメラグリップの中に収納されているので、三脚として使うときは、くるくると回転させて出てきた三脚を逆さに差し込んでくださいね。

活用法③ 延長アームとして

GoPro 3 wayの真骨頂と言われているのが、この延長アームです。これを目当てにGoPro 3 wayを購入される方も多いのではないでしょうか。なんといっても3つの可動部で自由に角度がつけられる点が素晴らしいですね。この延長アームを使うことで風景をいれた自撮りが簡単にできるようになりますし、可動部で調整して、さまざまなアングルでの撮影も可能になっています。GoProが下向きになるように持てば、ローアングルでの撮影も簡単にできてしまいます。また細やかな設計となっており、グリップにはストッパーがついているので、延長アームのネジが緩んでしまっても指を挟んでしまわないようになっています。これは純正製品ならではの機能と言えるでしょう。

おススメアクセサリー

アクセサリー① GoPro ウェアラブルカメラ用アクセサリ Quik キー

GoProで撮影したデータは、基本的にWi-Fiでスマートフォンやタブレットと接続して転送できるようになっています。しかしWi-Fiを使うとどうしても電力の消費が大きいですし、転送にも時間がかかってしまうということでストレスを抱えている方はいるでしょう。長い時間撮影した動画だとなおさらですよね。しかしこのGoPro ウェアラブルカメラ用アクセサリ Quik キーを使うことで、データの転送は長くても数十秒と大幅に短縮されます。使い方はUSBメモリ似ていて、GoProの中に入っているマイクロSDカードを取り出して、Quik キーにセットし、Quik キーを各デバイスに挿入すれば転送が出来てしまいます。注意したいのは、Quik キーはiPhone用、スマートフォン用などデバイス毎にそれ専用のものを購入しないといけない点です。自分が使うのはどれか、よく考えて購入してくださいね。

アクセサリー② 【ActyGo】GoPro hero7 hero6 hero5 用 アクセサリー 防風カバ

動画を撮影していると、どうしても風の音が入ってしまったりしますよね。ゴーゴーとした風切り音は、ほかの音声が聞こえなくなってしまって、とても困ってしまいますね。そんなときにGoPro全体をスポンジで包みこんで、風の音を入らないようにしてくれるカバーが販売されています。全体を包みこむスポンジカバーといっても、背面液晶やシャッターボタン、切り替えボタンの部分は覆われていないので、操作が出来なくなる、なんてことはありませんよ。また、これは本来の目的ではありませんが、スポンジに覆われているので、万が一GoProを落としてしまっても衝撃が吸収されるのが嬉しいですね。一方で取り外すときにスポンジが破けないように気を使うのが、マイナスポイントです。とはいえ値段も安いので、適度に買い替える必要のある消耗品として使用するのがいいでしょう。

アクセサリー③ GoPro HERO 7/6/5 Black (2018)ブラック対応 | ダブルロック| 45m水深ダイビング| 防水防塵保護ハウジング

GoProは何も装着しなくても水深10メートル程度まではそのまま使用することの出来るカメラです。とはいえ、それを超える可能性があるのであれば、60メートルまで対応できる防水防塵保護ハウジングを防水カバーとして装着したほうがいいですし、砂ぼこりが多いところに行くことを考えると、これも同じく装着したほうがいいですね。何よりGoPro 3 wayを使うには、標準フレームか防水ハウジングを装着する必要があるので、どうせならこの機会に購入を検討してみてもいいかもしれませんね。

Go Pro 3 wayに関するQ&A

Q&A① 値段の安い他社製品と比べると?

やはり純正製品ということで高価なものの、ケガの防止機能など非常にホスピタリティにあふれた製品となっています。何よりほかのGoProアクセサリーとの互換性に優れているため、予算の余裕があれば純正製品の購入をオススメします。

Q&A② 取り付け方は?

GoPro 3 wayにGoProを取り付けるには、まずGoPro本体を標準フレームまたは防水ハウジングに装着させ、マウントに接続させます。フォークのようなツメが2〜3本あり、ネジ穴が空いているので、このツメを互い違いにして差し込んでネジを締めてください。

Go Pro 3 wayをおススメする理由まとめ

GoProで遊び倒したいならコレ

GoProでいろいろな撮影をしたい! 自分たちの姿も記念に残したい! そうお考えの方には、ぜひオススメしたいアイテムとなっています。ちょっとした旅行も楽しくなること間違いなしのGoProアクセサリー「GoPro 3 way」、ぜひ一度店頭でお手に取ってみてはいかかでしょうか。