カメラ

富士フィルムデジタルカメラ FUJIFILM X-T20 を徹底解説!アナログの楽しさと最新テクノロジーが融合

目次

富士フィルムデジタルカメラ X-T20の紹介

コンパクトで軽量、本格的な撮影ができるミドルクラスのミラーレス機

X-T20は2017年2月に富士フィルムから発売されたミラーレスデジタルカメラです。
幅118.4mm×高さ82.8mm×奥行き41.4mmのコンパクトサイズで重さは333gの軽量となっています。画素数は2430万画素、撮影感度はISO200~12800となっています。
撮影の記録形式はJPGとRAWの2つで連射撮影は1秒あたり14コマ、シャッタースピードは1/32000~30秒と幅広い性能を持っています。ファインダーは電子ビュー方式をとっており約236万ドットで視野率は100%です今話題の4K動画も撮影することができ、ムービーカメラマンにも魅力的な一台となっています。

フジフィムルムからラインナップされているXシリーズの中では中級機としての位置づけですが¥、位機種のカメラにも劣らないその性能はコストパフォーマンスに優れ、今からカメラを始める初心者から、経験豊富な上級者まで納得のいく性能を持ち合わせています。

アナログ的な楽しさと最新テクノロジーがバランスよく融合

デザインがかつてのフィルムカメラを踏襲しており、カラーバリエーションもシルバーとブラックの2色が発売されています。クラシカルなデザインは持つ人をオシャレに見せるアイテムとしても目を引きます。まずレンズ横についているレバーでフォーカスモードが切り替えることができます。

切り替えるモードは三つで「シングルAF」「コンティニアスAF」「マニュアルフォーカス」となっています。上部には二つのダイヤルが配置されており、左のダイヤルで「動画」や「連写」「パノラマ」が回すだけで撮影できるようになっています。右のダイヤルは「シャッタースピード」「AUTOモード切り替え」「露出補正」が設定できるようになっています。ダイヤルを回して設定を変える操作は、クラシカルカメラを扱っているような感覚が味わえるでしょう。そんなアナログ感覚が満載のカメラですが、そのボディには最新のテクノロジーも満載です。

Wi-Fiでカメラとスマートフォンを繋げリモート撮影ができたり撮影した写真をスマートフォンで閲覧、また転送することも可能となっています。液晶モニターもタッチパネルディスプレイで上90度下45度に角度を変えることができるチルト式になっています。以上のようにアナログとデジタルがバランスよく融合された一台となっています。

富士フィルムデジタルカメラ X-T20はなぜ人気なのか?

上位機種と同等の性能でビギナー層向けの機能も充実

上位機種で同じセンサーを搭載しているので、画質の上では同じ描写性能となっています。また操作方法も同じダイヤル式なのも同じです。そしてフジフィルム独自のフィルムシュミレーションも搭載されているので撮影した写真が上位機種と同じ仕上がりになります。

その他にも初級者に優しい機能があり、AUTOモードとControlモードの切り替えがレバー1つで変更できます。自分が感じたシャッターチャンスを逃したくないときなどは常にAUTOモードに設定することで失敗を防ぐことができますし、Controlモードを使って
自分が理想としている写真を撮りたいときは、絞りやシャッタースピードーを自由に操作することが可能となります。レバーを操作するだけで簡単に変更ができるところは初級者に優しいカメラだと言えます。

X-T2、X-T10との比較

フラグシップカメラであるX-T2との比較する点として、まず挙げられるのはサイズです。
X-T2が幅132.5mm×高さ91.8mm×奥行き49.2mmなのに対しX-T20は幅118.4mm×高さ82.8mm×奥行き41.4mmと一回りコンパクトになっています。重さもX-T2が約507gとX-T20は約383gと軽くなっているのと撮影枚数もX-T20の方が10枚多く撮影することができます。オートフォーカスや防塵・防滴は「X-T2」方が一枚上手といったところです。しかし液晶タッチパネルはX-T20の方にしか搭載されていない機能ですので、ここは大きな違いと言えるでしょう。

X-T20の一世代前の機種であるX-T10との違いとしてはまず画素数の違いが挙げられます
X-T10が1630万画素だったのに対し、X-T20は2430万画素でセンサーも画像処理エンジンもバージョンアップされているものが搭載されています。

またオートフォーカの速度も向上されており、AFポイントもX-T10は49点X-T20は91点と大きく増加しています。また4K動画に「X-T20」は対応しており、こちらも大きな違いとなっています。

富士フィルムデジタルカメラ X-T20の長所

① 2430万画素のAPS-Cサイズセンサーによる卓越した高画質

X-T20に搭載されているセンサーはAPS-Cサイズ(23.5mm×15.6mm)の2430万画素で
これは上位機種であるX-T2と同等のもので性能は同じものとなっています。ローパスフィルターレスですのでモアレや偽色を抑えることができ、ISO感度を高く設定してもノイズを低減することが可能となっています。

またフジフィルムから発売されている、XFレンズと組み合わせることでさらなる高画質を体験することができます。読み出し速度や、連写撮影、AF追従高速ライブビュー表示、高い動画性能など画質と合わせてレスポンスの向上にも役立っています。

② 最大325点のAFポイント、高速で高精度のAF動作

即距点は最大325点となっており、AFエリアは画面中央の横50%縦75%で広い面積をカバーしてます。モードはシングルモード、動体に向くゾーン、ワイド/トラッキングの3種類となっています。顔検出と瞳AFも搭載し、様々なフォーカスモードが楽しめます。メカニカルシャッター使用で8コマ/秒、ライブビュー使用で5コマ/秒の性能となっています。ブラックアウト時間が従来のモデルから大幅に短くなっており、被写体を長い時間確認しながら連写撮影が可能となっています。

③ チルト式のタッチパネル液晶モニターで直感的な操作が可能

液晶モニターは上位機種と同じドット数である約104万ドットのチルト式液晶モニターを搭載しています。明るい屋外でも見やすい高い視認性で写真でも動画でも快適に撮影することができます。

チルト式で上下に動かすことができますのでハイ&ローでのアングルや腰の高さでの撮影が可能です、普段の目線からの撮影とはまた違った、面白い構図で写真を撮ることができます。またタッチパネルを採用していますので、撮影時に液晶もにたーをタッチすることで「タッチフォーカス」「フォーカスエリア選択」「タッチショット」が可能となっています。また写真を再生するときにピントやブレの確認を画面をタップすることでピントの位置を拡大させたり、拡大率も自由に変更することができますので直感的な操作が可能となっています。

富士フィルムデジタルカメラ -T20の短所

短所① 防塵防滴に対応していない

X-T20は防塵・防滴に対応してません。つまり水滴や粉塵からカメラを守る機構がないということになるのですが、こちらは雨の中でカメラを使ったり、風の強い砂漠のような場所で撮影をするシチューエーションでもない限り問題にならないです、デジタルカメラは精密機器ですので、どのカメラでも水やホコリは天敵です。

カメラの中には防塵・防滴に対応しているカメラも存在していますが、どんなに濡れても大丈夫ということはありませんし、最果てのような場所にいかない限り壊れることはありません。購入の際はきちんと取り扱い説明書を読んで、場所を選んで撮影することをお勧めします。

短所② SDカードがスロットに出し入れしづらい

SDカードがバッテリーと同じ場所に入れるので出し入れが多少難しいところがあります。
場所でいうと、バッテリーの上部にスロットがあるのでそちらにSDカードを挿入することになります、その時点でバッテリーとフラットな状態になるのでそちらがやや、不便を感じるところではあります。

富士フィルムデジタルカメラ X-T20の便利な機能

 

① アドバンストSRオートで設定おまかせ

X-T20にはアドバンスSRオートという機能が設定されています。具体的にはカメラそのものが、撮影のシーンを自動で認識して、それに合わせた設定にしてくれるというものになります。あらかじめ設定されている58パターンのプリセットから撮影に合わせた最も適した条件をカメラが認識して絞り、シャッタースピードを設定しくれます。撮影の難し逆光でのシーンでも威力を発揮しますし、気軽にそして失敗をしたくないシーンで撮影するときに威力を発揮します。

② AF-Cカスタム設定で被写体の動きを捉える

動体撮影のため被写体の動きに応じて選択できるAF-Cがカスタムで設定できるようになっており、「障害物に強い」「加速減速に強い」など被写体の動きに合わせて最適な調整が設定されてあるプリセットから選ぶことにより、早い動きの被写体を確実に捕捉することができるようになりました。

プリセットの種類は5つ設定おり、1.汎用性の高い基本的な設定,2.障害物があるときや、フレームアウトしやすいとき3.急加速/ 急減速する被写体向け、4.急に現れる被写体向け、5.前後左右に激しく動く被写体向けのになります、それぞれシーンを見極め、適した設定にすることでピンずれ、ピンぼげなどの失敗を未然に
防ぐことができます。

③ オートモード切換レバーでフルオートに切り換え

カメラ天面に搭載されているオートモード切り替えレバーでフルオートへの切り替えが簡単に行えます。これはスナップなど自由にシャッターを切りたいとき、または動きの早いシーンなどで失敗をしたくない場所で撮影する際に威力を発揮する機能となっています。レバーを戻すことで自分の好みの設定で再び撮影することができるので使い勝手の良い機能となっています。オートになりますので絞りやシャッタースピードなどはカスタマイズできませんが、お子さんの自然な表情を撮影したり、暗い撮影の難しシーンでは威力を発揮します。

富士フィルムデジタルカメラ X-T20の活用法

活用法① 4K動画撮影と外部マイク入力で本格的な動画撮影が楽しめる

X-T20では今話題の4K動画も撮影することができます。また動画にもフィルムシュミレーションを選択することが可能となっていますので、モノクロ撮影やフィルム独特の淡い色味の動画などを楽しむことができます。

また外部マイクも接続できるので本格的な動画撮影も可能となりました。動画撮影の場合、特に4Kなどはデーター量が多いので容量の大きいSDカードとバッテリーの消費も大きいので予備のものを用意することをおすすめします。

活用法② 手ブレ補正付きのレンズと合わせれば夜間の手持ち撮影も快適

X-T20にはボディ内に手ブレ補正の機能が搭載されていません、しかしフジフィルムから発売されているレンズには内部に手ブレ補正機能搭載のものがラインナップされています。こちらを使用すれば、夜間の撮影も手ブレを抑えて撮影することが可能となっています。夜間で撮影する場合はISO感度を高めに設定して、絞りも広く開ける必要があります。

それ以外にシャッタースピードを遅くする必要があるのですが、その際に手ブレを起こして、撮影したブレた写真になってしまいます。手ブレ補正機能があればそれを抑えることができます。純正レンズを使用することで、ボディとの相性がマッチして高精細、高画質の写真が撮影可能となります。

おススメアクセサリー

アクセサリー① バッテリーチャージャー BC-W126S

バッテリーチャージャーBC-W126はリチウムイオンバッテリー専用の充電器となります。
充電時間は約150分で完了となります。充電できるバッテリーはNP-W126ですので他のバッテリーには使用しないでください。付属にACコードもついています。

アクセサリー② ボディキャップ BCP-001

ボディキャップBCP-001はレンズマウントを保護する為と内部にホコリやチリが入るのを防ぐためのもので、レンズをはずす場合は必ずボディキャップを装着しましょう、装着しないと故障の原因となります。また、個人的な経験ですがよく紛失するので保管にも気を使いましょう。

富士フィルムデジタルカメラ X-T20に関するQ&A

Q&A① 露出補正の設定方法は?

露出補正はプログラムオート、シャッタースピード優先オート、絞り優先オートの撮影モードで使用することができます。設定方法としては天面にある露出補正ダイヤルを明るく設定したいのであれば+側に回し、暗く設定したいのであれば、側に回せばそれぞれ設定ができます。モードによって補正する段数が制限される場合があるので、取扱説明書で
確認しましょう。

Q&A② パソコンに画像が取り込めない場合の原因は?

画像が取り込めない場合の原因として考えられるのはまず、SDカードに問題があることがあります。まず、再生できるかを確認しましょう、できない場合はカードの金属面を柔らかい布などで軽く拭いてみてください。

また、ソフトの設定でファイル転送の設定になっているのか、またはセキュリティソフトの設定が外部の取り込みができないようになっていないかなど、一度設定を確認してみましょう。以上に問題ない場合はUSBケーブルや
カメラ本体に問題がある可能性がありますので、一度メーカー、または購入した量販店に相談してみましょう。

富士フィルムデジタルカメラ X-T20をおススメする理由まとめ

レベルを問わずどんな人でも撮影を楽しめる全部入りのカメラ

X-T20はクラシカルなデザイン、ミラーレスのコンパクトなサイズ、上位機種と同じセンサー、シーンを逃さないオートフォーカス機能など、上級者から初級者までそれぞれのレベルを満足させる機能が満載です。

自分のイメージしている写真をじっくり撮影したい人も、街角の何気ないシーンを切り取るスナップ撮影が好きな人も、頑張っているお子さんを素敵や表情を撮影したいママさんも、この一台があれば全てを網羅できることでしょう。ぜひ、店頭などでお手にしてみてください。