カメラ

【分かりやすく解説!】一眼レフカメラとミラーレスカメラの違い 価格や機能も徹底比較!

1 一眼レフとミラーレスはどう違う?

 構造の違いはその名の通り「ミラーレス」?

近頃よく聞くようになったミラーレスカメラ。昔からある一眼レフカメラと一体どういった所に違いがあるのでしょうか?一眼レフカメラの中には、ミラーで反射させる構造があって、被写体をミラーで反射させてファインダーに映し出せます。

ミラーレスカメラには、このミラー構造がなく、電気信号で電子ビューファインダーに被写体を映し出しています。この構造の違いにより、どちらのカメラにもメリット、デメリットがあるので、撮りたいものや自分の使い方に合わせてカメラを選ぶといいでしょう。

1.2 ファインダーの違い

両者の構造の違いにより、ファインダーにも違いがありますが、一眼レフカメラはミラー構造により、ファインダーを覗けば、見たままの光を見ることができます。そのため自分の目で景色を見ているのと変わらないので、どんな写真を撮るかなど、イメージしやすくなります。

反対にミラーレスカメラは、画像センサーに当てた光をカメラ内で処理してから、電子ビューファインダーと呼ばれる液晶に映し出されます。そのため、ほんの少し映し出されるまでタイムラグが生じるため違和感を感じる可能性があります。スマートフォンなどに慣れている方などは、違和感なく使用できるかもしれません。

肝心な「画質」に大差なし?

両者のカメラにミラーの有無などの構造の違いなどはありますが、肝心な画質などに大差はないでしょう。画質に大きく影響してくるのは、カメラ内にあるセンサーと、今撮っているカメラレンズの2つです。出たばかりの頃のミラーレスカメラは画質が悪く、問題がありましたが、現在のミラーレスカメラの画質が一眼レフカメラと遜色のないものとなっています。ですので、カメラを選ぶ際に画質はほとんど影響しないでしょう。

重さが違う:軽いのはどっち?

一眼レフカメラとミラーレスカメラを比較した時に、カメラの重さが軽いのはミラーレスカメラになります。ミラーのない構造の一番のメリットは、その作りのため軽く、小さくできることです。一眼レフカメラと比較して、数百グラム以上も軽く、小さいです。写真を撮る際の数百グラムのさはかなり撮影に影響してくるので、軽くなるのはありがたいですね。

ミラーありはピントが合いやすい?(オートフォーカスについて)

ミラーのある一眼レフカメラでは、位相差検出AFという方式のオートフォーカスが採用されていて、かなり素早いオートフォーカスが可能になります。それに対して、ミラーのないミラーレスカメラは、コントラスト検出AFが使われていて、こちらのオートフォーカスは時間がかかってしまい、一瞬を逃してしまいがちで、動き物の撮影にも弱いという弱点があります。

ですが、現在のミラーレスカメラには、像面位相差検出AFが採用されており、かなり高速なオートフォーカスが実現されています。こちらもまたメリット、デメリットがあるので、自分にあった機種を選んで購入しましょう。

 一眼レフとミラーレスのメリット・デメリット

一眼レフの良いところ

やはりプロが使うものなどが多く、光学ファインダーのおかげで、見たものをそのまま見ることができるので、じっくりと写真を撮ることができます。また構造のおかげで、低価格機でも、オートフォーカスの早いものが多く、バッテリーの持ちもいいです。ですので、じっくりといい写真を撮りたい方達に向いているかと思われます。

 一眼レフの良くないところ

構造のため仕方ないのですが、本体重量はどうしても重くなってしまいます。本体のサイズも大きくなってしまいますし、それとともに、レンズのサイズ、重さもましてしまいますので、全体的な重量はかなり重くなってしまいます。撮影の時に重さを感じてしまうことになりますし、見た目的にもかなり威圧感も出てしまいますので、撮影時には気を使うことになってしまうでしょう。また、ミラーが動くためシャッター音も大きく、静かな場所も撮影にも影響が出てしまいます。

ミラーレスの良いところ

一眼レフカメラと比べると圧倒的に軽く、小さいため、どこにでも持ち歩いて、常にカバンの中に入れておくなどできてしまいます。いつでもどこでも持ち歩いておけるので、撮りたい状況の時には、すぐに写真を撮ることができます。

また、ミラーがないので、シャッター音がかなり小さく、機種によっては、無音にもできてしまうので、音を出してはいけない場所などでも活躍してくれるでしょう。電子ビューファインダーのおかげで、仕上がりを見ながらの撮影も可能にしてくれます。

ミラーレスの良くないところ

一眼レフと比べてしまうと、オートフォーカスが遅いので、すぐに撮りたい時や、動くものなどを撮影する時には、苦労してしまいます。センサーが全ての処理をして負荷がかかるため、撮影間隔が少しあいてしまったり、連写などして枚数が多い時には、しばらく操作できないブラックアウトなどおこしてしまうことがあります。

それに、ミラーレスカメラが出始めてから、まだ歴史が浅いので、レンズ群が豊富ではないというデメリットもあります。現在では、素晴らしいレンズが増えてはいますが、一眼レフに比べると、まだまだといったところです。

 一眼レフとミラーレス、どっちを選ぶ?

一眼レフは「機能性がよく」、「レンズが豊富」で「プロにも人気」?

プロなどの使用率が高い一眼レフカメラは、重さなどのデメリットはありますが、多くの便利な機能も詰まっており、かなりこだわった写真を撮ることが可能です。また一眼レフカメラに最適化された、豊富なレンズ群のおかげで、どんな状況にも対応できるレンズが揃っています。なので重さなど気にならず、じっくりとこだわりの写真を撮りたいという方には、一眼レフカメラをおすすめします。

ミラーレスは「初心者でもOK」、「持ち運びが便利」で「低価格」?

ミラーレスカメラは、軽くて小さいので、持ち運びに便利です。これから写真を趣味にしたい、初めてでどういったカメラを買えばいいかわからないという方におすすめのカメラです。やはり軽くて小さいため、カバンの中などに入れっぱなしにしていても気にならないため、写真を撮るチャンスを増やすことができます。初心者の方は、まず重くて持ち歩くのが億劫になって、写真を撮ることをやめてしまう方が多いので、取り掛かりにはミラーレスカメラは使いやすいです。一眼レフと比べると低価格のものも多いので、最初のハードルも低めでしょう。

 一眼レフとミラーレスの価格の違い

4.1 人気ミラーレス EOS Kiss M vs 一眼レフEOS 9000D 価格比較

両者の価格を比較してみました。

EOS Kiss M EF-M15-45 IS STM レンズキット
¥67,161
EOS 9000D EF-S18-135 IS USM レンズキット
¥90,980

※価格ドットコムより(2019年9月10日)

キットレンズなどの差もあるのですが、一眼レフカメラであるEOS 9000Dの方が価格は高く、やっぱりミラーレスカメラである、EOS Kiss Mの方が価格が安く、初めての方にはお求めやすくなっています。

まとめ: 一眼レフとミラーレスの違い

どちらが良いかは三者三様

一眼レフカメラとミラーレスカメラの違いを紹介してきましたが、どちらのカメラにもメリット、デメリットがあり、条件にぴったり合うようなカメラなどはないかと思います。まず自分がどういうものが撮りたいか、どういう場所で撮るかなどを考えて、その状況にあったカメラを購入されることが一番かと思います。どちらのカメラにも良さがあるので、じっくりと選んでみましょう。