ランキング

ミラーレス・一眼レフの人気カメラ15選!運動会でも活躍するカメラを詳しく紹介!!

ミラーレス・一眼レフカメラの紹介

運動会で活躍するカメラ選び

今回は、プロがお勧めする!運動会で活躍するカメラ10選を紹介します。運動会は、お子さんの成長を定期的に見ることができる絶好の機会です。そんな素晴らしい時間であるお子さんの運動会は、絶対に映像や写真として残しておくべきです。特別なイベントでのお子さんの楽しんでいる姿や頑張っている姿は、普段の日常では見られない姿が詰まっていること間違いなし。

加えて、大人になってからそれを見返すことで様々な思い出に浸ることもできます。そのような素晴らしい時間を形として残しておくのであれば、より運動会の撮影に適したカメラを使用したいですよね。

今回はそんな親御さん方のために、運動会の撮影に適したカメラに必要なスペックや特徴、そしてオススメの製品を紹介します。これから、お子さんの運動会のためにカメラを購入しようと検討している方は、ぜひ参考にしてみてください!

クオリティの一眼レフ 軽快なミラーレス

一眼レフの特徴

はじめに、運動会で活躍するカメラの種類について説明します。運動会で活躍するカメラは、「一眼レフカメラ」と「ミラーレスカメラ」の2種類です。早速、2つのカメラの特徴について見ていきましょう。

まずは一眼レフカメラの特徴です。一眼レフの特徴は何と言っても、撮影した映像や画像のクオリティが非常に高いことです。一眼レフカメラ単体の性能であれば、さほどミラーレスカメラとクオリティに差は出ないのですが、一眼レフの方が対応しているアクセサリーやレンズの種類が多く、用途に合わせてそれらを換装することでよりクオリティの高い撮影をすることができます。また、被写体の光をカメラ内部の鏡に反射させることから、被写体の生の色を見ることができるので、ミラーレスとはその部分で多少差が出ることがあります。

ミラーレスの特徴

続いて、ミラーレスカメラの特徴です。ミラーレスの特徴は、軽快な持ち運びが可能であるという点です。ミラーレスはその名前の通り、カメラ内部の反射鏡がついていないことで、一眼レフに比べコンパクトな機体が多いです。そのため、軽快に持ち運ぶことができ、どんなシーンにも携帯できるという強みがあります。

価格も一眼レフより比較的低い傾向があるので、初心者用のエントリーモデルとしても人気です。コンパクトで持ち運びやすく、値段が低いのがミラーレスカメラの特徴と言えるでしょう。

運動会の撮影で必要なスペックは?

AF(オートフォーカス)

運動会の撮影に向いているカメラがわかったところで、続いて各機能にどれほどのスペックが必要なのか見ていきます。まずはAF(オートフォーカス)機能です。運動会でバリバリ動くお子さんを撮影するためには、オートフォーカス機能は必須となります。基本的に、運動会の撮影で使用するオートフォーカスのモードは、シングルオートフォーカスとコンティニュアスオートフォーカスの2種類です。

シングルは、お子さんが座っている時など動いていないときに使うモード、コンティニュアスはかけっこ中などお子さんが動いているときに使うモードとなります。この2つのモードがしっかりと搭載されているカメラを使用すれば、運動会の最中のお子さんの様々な場面をブレなく撮影することが可能です。

また、オートフォーカスの速度が早く、焦点が多いカメラを使用すれば、よりお子さんの顔をはっきりと撮影することが可能となります。

連写性能

続いて、連写性能についてです。動いている被写体のベストショットを撮影するためには、高い連写性能が必須となります。理想としては秒間5コマ以上の連写性能があると、適度なブレ感とお子さんの躍動感あふれる写真を両方撮影することが可能です。連写のキャパが広いカメラを使えば、設定によってブレ感を調整可能ですので、秒間6コマ以上の連写が可能なカメラを選びましょう。

撮影モード

次に、撮影モードについてです。運動会で使用するカメラは、スポーツモード、またはシャッタースピード優先モードが搭載されているカメラをお勧めします。スポーツモードとは、動いている被写体に自動でピントを合わせ続けてくれるモードになります。このモードがあると、初心者には難しいカメラを動かしながらピントを合わせるという作業が非常に簡単になります。

シャッタースピード優先モードは、その名の通りシャッタースピードを上げてくれるモードで、これを使用すると手の動きや足の動きなどをぶれなく撮影することが可能です。運動会のカメラには上記の2つのモードが両方、または片方でも搭載されていれば非常にオススメの機体と言えます。

ズーム機能

光学式と電子式

続いては、ズーム機能についてです。一般的にカメラのズーム機能は光学式と電子式の2種類で、一眼レフカメラやミラーレスカメラはレンズを使ってズームする光学式、デジタルカメラや携帯のカメラは、カメラが読み取った映像を画像編集で拡大する電子式となっています。光学式の方が電子式に比べて画像が劣化しないので、ズームが必須である運動会の撮影には光学式ズームを採用している一眼レフやミラーレスカメラを使用しましょう。

レンズ選び

ここからはレンズ選びについて解説します。運動会の撮影にオススメのレンズは、F値が明るいものです。F値とは、レンズに取り込める光の量を表したもので、F値の数字が小さいほど、取り込める光の量が多くなります。お子さんの表情ををより自然光で綺麗に撮影するためにはこのF値が非常に重要になってきます。レンズを選ぶ際は、F値の数字が小さいものを選んでください。

4k動画も撮影できる

こちらは補足ですが、よりお子さんの綺麗な映像を撮影したいのであれば、4K動画も撮影できるカメラを選ぶことをオススメします。筆者もよく動画を扱う仕事をしているのですが、4K撮影した映像の鮮明さは従来の動画とは比べ物になりません。4Kになるとそれだけデータ容量も大きくなりますが、容量のおおきなSDカードを使用すれば問題ありません。ぜひ、お子さんの運動会をより鮮明で臨場感のある映像で残したいのであれば、4K撮影にも対応しているカメラを購入することをオススメします。

ミラーレス・一眼レフカメラおすすめランキング

一眼レフおすすめランキング

ここからは、実際にどの一眼レフカメラ・ミラーレスカメラがオススメなのか、第5位までのランキング順で紹介していきます。始めは、一眼レフ編です。

1位 Canon Kiss x9i ダブルズームキット

一眼レフカメラランキング第1位は、 Canon Kiss x9i ダブルズームキットです!Kiss x9iが1位になった理由は、上記の運動会で必要なカメラのスペックを全て満たしているからです。

まずはオートフォーカス、Kiss x9iはオートフォーカスの速度が非常に早く、それに加え焦点の数が45個と、同じKiss シリーズのx9 と比較するとその数は5倍となっています(Kiss x9は9個)。

続いて、連写性能です。Kiss x9iは秒間6コマ撮影が可能ですので、連写性能も問題ありません。撮影モードも、スポーツモードとシャッタースピード優先モードを両方搭載しているので、全ての運動会撮影に必要なスペックが完璧に備わっていると言えます。

Kiss x9iの魅力的な面はスペックだけではありません。その価格も非常に魅力的で、ダブルズームキットというレンズが2つついてくるキットであるにも関わらず、ネットでの現在の最安価格が77280円(価格ドットコム/2019年9月現在)という初心者にも手の出しやすい価格であるという点もKiss x9iがおすすめである理由です。様々な面から見て、運動会でおすすめの一眼レフカメラ第1位は CanonのKiss x9iとなります。

2位 Nikon D5600 ダブルズームキット

一眼レフランキング第2位は Nikon D5600 ダブルズームキット!こちらのD5600も、1位のKiss x9iと同様に、前述の3つのスペックをしっかりと備えています。この機体が2位である理由は、わずかに連写速度とオートフォーカス機能がKiss x9iに及ばないためです。

まずはオートフォーカス機能。Kiss x9iが焦点を45個持っているのに対し、D5600は39個とわずかに少ないです。続いては連写機能で、Kiss x9iが秒間6コマであるのに対し、D5600は秒間5コマと、わずかに連写性能もKiss x9iが上回っています。D5600も非常にスペックの高いカメラですが、わずかにKiss x9iには運動会撮影のために必要な性能が劣っているため、第2位となりました。

3位 Nikon D850

第3位はNikon D850!こちらのD850は、上記の2つのカメラと比較した際、スペックは圧倒的にナンバーワンのカメラとなります。オートフォーカスの焦点が153個、秒間9コマの連写速度、8K動画対応など、そのハイスペックぶりを挙げればキリがありません。

それでは、なぜこのD850が第3位なのか、その理由はそのオーバースペックぶりと価格にあります。まずは、先ほどから挙げているスペックについてです。正直、運動会の撮影にこれほどまでのスペックは必要ありません。

また、初心者にはあまりスペックが高いカメラは逆に扱いづらいものとなります。続いて価格です。価格ドットコムによると、このD850の値段は最安で約29万円です。流石に高すぎますね。このD850は運動会用に購入するカメラというより、カメラを生業にする方向けのカメラです。

もし、どうしても最高級の映像でお子さんの姿を残したいという方には良いカメラであるのこと間違いありませんので、購入を検討して見るのも良いかもしれません。

4位 Canon EOS 80D

第4位はCanon EOS 80D!こちらの機種も、必要なスペックを十分満たしており、その中でも連写性能は1秒間に7コマ撮影可能であるという点で、1位のKiss x9iの性能を上回っております。このEOS 80Dが4位である理由は、その撮影モードにあります。

この機種は、3位までの機種と違い、スポーツモードが搭載されておりません。運動会の撮影シーンで最も重要なモードであるスポーツモードが搭載されていないのは、初心者には少し厳しい仕様です。シャッタースピード優先モードは搭載されておりますが、スポーツモードの方がより重要性が高いので、他機種よりも順位を落とす結果となりました。

また、EOS 80Dは少しシャッターボタンの形状が特殊で、結構押し込まないと写真が撮れません。この仕様が他のカメラと違い、大事な瞬間へのシャッターが一瞬遅れる可能性があるので、初心者には扱いづらい可能性があるということも考慮に入れて、4位にしました。

5位 Canon EOS Kiss X9

第5位はCanon EOS Kiss x9です。第1位のKiss x9iの姉妹モデルですね。前述の通り、Kiss x9はx9位と比較してオートフォーカスの際の焦点が非常に少ないです。他の性能はそれほど比較しても遜色ないのですが、スポーツシーンにおいてオートフォーカスの焦点が少ないことはかなり痛手なので、Kiss x9は第5位となりました。

ミラーレスおすすめランキング

ここからは、一眼レフに続いてミラーレスカメラのランキングを同様に第5位まで発表します。

1位SONY α6000 ダブルズームレンズキット

運動会の撮影にオススメなミラーレスカメラ第1位は、 SONY α6000です!SONY α6000の素晴らしいところは、そのオートフォーカス機能の高さと連写性能です。まずはオートフォーカス機能。α6000は最速0.06秒でオートフォーカスが可能なカメラです。この性能によっていざ撮りたい場面に遭遇した際に、一瞬でピントを合わせることが可能なことから、運動会の貴重な一瞬を逃すことなく撮影ができます。

続いてその連写性能です。α6000の連写性能は、秒間11コマという驚きのスペックとなっております。その連写性能の高さで、たくさんのベストショット候補を生み出すことが可能です。もちろん撮影に必要なモードも兼ね備えており、文句なしの第1位です。

2位 OLYMPUS OM-D E-M10 Mark III

EZダブルズームレンズキット” 続いて第2位。ミラーレスカメラランキング第2位は、OLYMPUS OM-D E-M10 Mark Ⅲ EZダブルズームレンズキットです!

OM-D E-M10 Mark Ⅲはもちろんん前述の運動会撮影に必要なスペックを十分に兼ね備えており、4K動画にも対応している素晴らしい性能となっています。1位とそれほど大きな性能差はありませんが、オートフォーカス機能がやや劣っているのと、秒間8コマというα6000よりも若干劣っている連写性能を考慮して第2位としました。しかし、こちらのOM-D E-M10 Mark Ⅲも運動会で十分活躍できる機種となっています。

3位 Canon EOS Kiss M ダブルズームキット

第3位はCanon EOS Kiss M ダブルズームキットです!一眼でも出てきたCanonのKissシリーズのミラーレスタイプですね。こちらも運動会撮影に必要なスペックを十分に満たしており、対応レンズを装着すると焦点が143点まで増えるオートフォーカス機能や最大秒間10コマの連写速度、4K動画にも対応しているなど非常に性能の高い機種となっています。

こちらが3位の理由はその価格になります。上位2機種の価格帯が約6万円前後であるのに対し、EOS Kiss M ダブルズームキットはおよそ8万5000円ほどと多少割高です。予算に余裕のある方は、こちらの機種の検討を購入しても良いでしょう。

4位 SONY α6300 パワーズームレンズキット

第4位はSONY α6300 パワーズームレンズキットです!こちらは秒間10コマの連写性能やハイスペックなオートフォーカス機能など、高水準で運動会の撮影に必要な性能を有しているカメラです。α6300が4位である理由は、あまり初心者にはおすすめできないからです。というのも、初心者には嬉しいボディ内手ぶれ補正機能やタッチスクリーンなどの性能がこのカメラにはありません。そこがα6300が4位である理由となります。

5位 OLYMPUS PEN E-PL8 EZダブルズームキット

第5位はOLYMPUS PEN E-PL8 EZダブルズームキットです!こちらも上記の3つの必要なスペックを兼ね備えている素晴らしいカメラです。非常にコンパクトで取り回しやすいモデルとなっております。

第5位である理由は、カメラに搭載されているセンサーが他に紹介したカメラに比べて小さいからです。期待がコンパクトなため、それに合わせたセンサーサイズとなっているのですが、センサーが小さいと画質が落ちたり画面がボケやすくなってしまうので、あまり運動会のようにはっきりとした画像が欲しい際はイマイチかもしれません。

コンデジおすすめランキング

ここからはコンデジのおすすめランキングを第5位まで紹介します。コンデジとはコンパクトデジタルカメラの略称です。それでは早速見ていきましょう。

1位 SONY RX 100 Ⅵ

コンデジおすすめランキング第1位は SONY RX 100 Ⅵです!SONY RX 100 Ⅵはコンデジでありながら光学式ズームを採用しており、一眼やミラーレスのような撮り心地を再現しています。運動会撮影に必要なスペックも十分に備えており、コンデジの中では圧倒的に運動会シーンで活躍するカメラです。その中でも連写性能は秒間最大24コマと、デジタルカメラとしては破格の性能となっています。

多少値段は張りますが、コンデジを使いたいと考えている方にはダントツでオススメのカメラと言えるでしょう。

2位 Canon PowerShot G3x

第2位はCanon PowerShot G3x です!こちらも光学式ズームを採用している、非常に一眼やミラーレスに近い感覚で撮影のできるカメラとなっています。非常に多くの撮影モードを有しており、運動会以外のシーンでも活躍してくれる性能です。連写性能ははるかにSONY RX 100 Ⅵに分がありますが、高感度なセンサーや優れたオートフォーカス機能で、運動会での活躍間違いなしのデジタルカメラとなっています。

3位 Panasonic LUMIX DC-TX2

第3位はPanasonic LUMIX DC-TX2です!こちらは光学式かつ15倍ズームが可能な高倍率のレンズを搭載しているカメラとなっており、他のデジタルカメラとの差別化が図られています。4K動画にも対応しており、スポーツシーンでも活躍間違いなしです。こちらは連写性能とオートフォーカス機能の面で1位、2位よりも多少劣っているという理由で3位としました。

4位 Nikon COOLPIX B500

第4位はNikon COOLPIX B500です!こちらも例に漏れず光学式でかつ、3位のPanasonic LUMIX DC-TX2を凌ぐ40倍の超高倍率ズームを可能としております。秒間7コマの連写性能や、最短0.16秒でのオートフォーカスなどスペックも問題ありません。こちらが4位の理由は、他のカメラに比べて有効画素数が低いことです。

他のカメラは軒並み約2000万画素以上であるのに対し、Nikon COOLPIX B500は約1600万画素と他のカメラよりも画質が劣るという理由で4位となりました。

5位  SONY Cyber-shot WX350

第5位はSONY Cyber-shot WX350です!光学式で20倍までズームができるカメラです。こちらは、これまであげた4つのコンデジと比較すると、価格が最安でおよそ22000円からと非常にお求め安い値段となっています。

しかし、値段が低い分スペックもかなり低めで、スポーツモードが搭載されていなかったり、動画を撮るとかなり発熱したりと、スポーツシーンでの使用は厳しい仕様です。運動会のためにカメラが欲しいが予算が非常に少ないという方のためのオプションとしては良いかもしれません。

まとめ

画質にこだわるなら一眼レフがおすすめ

今回は運動会で活躍するカメラについて紹介しました。一眼レフ、ミラーレス、そしてコンデジについて解説しましたが、画質にこだわるのであれば一眼レフカメラをオススメします。

ミラーレスも非常に選択肢として魅力的ですが、レンズの付け替えや機種そのものの機能によって被写体の動きが激しい運動会に対応しやすい一眼レフカメラがクオリティを担保するためにはおすすめです。

ビデオカメラと併用する時はコンデジもアリ もし、ビデオカメラと併用する場合は、比較的価格の安いコンデジを写真用として購入するというオプションも良いと思います。ぜひ予算、目的、必要なクオリティを吟味して、カメラを購入してみてください!