カメラ

【要点3つ!】一眼レフ初心者向け絶対に抑えておきたいポイント!

初心者でもプロ並みの写真が取れる

一眼レフさえあれば

「スマートフォンで撮る写真も十分綺麗だけど、せっかくの思い出をもっと綺麗な写真で残したい」、そう思って一眼レフカメラに手を出そうか悩まれる方は多いのではないでしょうか。今は携帯カメラの性能が向上していて、スマートフォンでも一眼レフで撮影した風の「ボケのある写真」を撮影することが出来るようになりました。携帯カメラで撮影した写真を個展に出品しているプロのカメラマンもいるくらいです。

とはいえ、そこは弘法筆を選ばず。初心者が綺麗な写真を撮影するには道具の性能に頼りたいところです。現在は一眼レフカメラもデジタル化し、まったくの素人でも手を出しやすく、簡単に綺麗な写真が撮影できるようになりました。

しかし携帯カメラのように撮影しても、なかなか自分の思っているように撮影できません。そんな素人でも簡単に「こんな写真が撮りたい」を叶える撮影をするための、ちょっとしたテクニックをご紹介します。

設定一つでドラマチックな写真に

光の量をコントロールする(絞り&シャッタースピード)

「絞り(F値)」と「シャッタースピード」の関係は?

一眼レフカメラで撮影するうえで、「絞り」と「シャッタースピード」は、撮りたい写真を撮るために大切となってくる二大要素です。

絞りとはレンズからの光の量を調整する部分を指しています。レンズの中には光を通すための穴が作られていて、その穴を小さく(絞る)したり、大きくしたりすることで、カメラに入る光の量を調整しています。これは一般にF値と言われていて、F値が大きいほど、穴が小さく絞られ、F値が小さいほど、穴が絞られていない状態になります。F値が小さいほど光の量が増えるため、暗いところでも明るい写真が撮れると考えるとわかりやすいでしょう。

シャッタースピードはその名前のとおり、シャッターを切るスピードを指しています。シャッターが切られるまでの時間が長いほどシャッターが開放されている時間が長くなるので、レンズからの光の量が増えることになります。そのため暗いところで撮影しようとするほど、光の量を増やすために、ャッターの開放する時間を長くする必要があります。「絞り(F値)」が小さいほど、シャッタスピードが遅いほど、レンズからカメラに入る光の量が増えると覚えておくといいでしょう。

「絞り」&「シャッタースピード」調整=露出

露出とは、撮影する写真が明るいか暗いかを表す言葉です。室内で写真を撮ると、「思ったよりも暗い写真になってしまった」なんてことがありますよね。これは実際の明るさよりも暗く写ってしまったということで、「露出アンダー」と言います。反対に晴天で写真を撮ると、「思ったよりも明るい、白っぽい写真になってしまった」なんてこともあるかと思います。これは「露出アンダー」の反対で、「露出オーバー」と言います。実際通りの明るさで撮影できたとき、これを「適正露出」と言います。この露出を調整できるのが、「絞り」と「シャッタースピード」となります。

撮影場所が暗いと感じたときは、絞りの値を小さくしたり、シャッタースピードを遅らせてみたりと調整してみましょう。一方で撮影場所が明るくてぼやけた写真になってしまいそう、と感じたときは、反対に絞りの値を大きくしたり、シャッタースピードを速くすることで調整します。

自動露出(AE)機能にお任せ(適正露出)

マニュアルモードで撮影することにこだわらなければ、デジタル一眼レフカメラは「自動露出機能」が働いています。これによりカメラが最適な露出を判断して、それに合わせた絞りの値、シャッタースピードを設定してくれます。しかし「ここはもっと全体を暗めにして、落ち着いた雰囲気を出したい」といった希望があれば、ここから露出を調整するといいでしょう。

露出補正という機能があり、少し明るくしたければプラス方向に、少し暗くしたければマイナス方向に数値を調整すれば好みの明るさにすることが出来ます。しかし露出補正はあまり大きく数値を弄るものではないため、大きく明るさを変えたい場合は、出来るだけマニュアルモードを使い絞りとシャッタースピードで調整することをオススメします。

同じシーンでも露出を変えれば大違い

露出調整の最も代表的な例は、逆光による人物写真でしょう。逆光で撮影すると、カメラは逆光による光を基準に「光の量が多いから、暗めに調整しよう!」と判断してしまうため、実際よりも暗い写真になってしまいます。このときに露出が明るくなるように調整することで、顔が綺麗に写った写真を撮ることが出来るようになります。ま

た、古い建物や金属質なものを撮りたいときは、少しだけ暗めの写真を撮ることで、素材の質感がわかる写真を撮ることが出来るようになります。「こんな写真を撮りたい!」を考えたら、それに近づけるために露出を調整してみましょう。露出を調整するだけで、写真の雰囲気は大きく変わってきますよ。

被写界深度を知って、アートな「ボケ」を表現

一眼レフと言えば、「ボケ」の演出

プロみたいな写真というと、ボケのある写真を思い浮かべる方も多いでしょう。一眼レフの代名詞ともいえる「ボケ」とは、被写体の周辺をぼやかした写真を撮影することで、より被写体を際立たせるテクニックのことを言います。これは一眼レフカメラには大きなセンサーがあるから出来るテクニックですね。ボケのある写真を撮りたいなら、一眼レフカメラで決まりです。

レンズによってもどういったボケを作るのか変わってくるので、好みのボケ味を探してみてもいいですね。

「被写界深度」とは?

どうやったらボケのある写真が撮れるのか、これは「被写界深度」が関係してきます。これは被写体側の焦点の合う厚み(深さ)を指しています。この厚みが薄いほど、焦点の合う範囲は狭くなり、はっきりとした像になる範囲は狭くなります。この焦点の合わない部分が「ボケ」の演出となるわけです。

被写界深度と「ボケ」具合

被写体以外はすべて「ボケ」にしたい、とい場合は被写界深度を浅くすることで、被写体にのみ焦点の合った状態を作り出します。一方で、被写体の周辺景色も合わせてはっきりと写った写真を撮影したい、という場合は被写界深度を深くすることで、全体に焦点の合った状態を作り出します。

絞り値を小さく、被写体までの距離を長く!

この被写界深度を決める要素の1つとして、「絞り値」と「カメラと被写体の距離」があります。絞り値が小さくなるほど、焦点の合う範囲が狭くなり、被写体以外のボケが大きくなります。また、カメラと被写体が近いほど、背景のボケが大きくなります。一方で、カメラと被写体の距離を長くすることで、焦点の合う範囲が広くなり、あまりボケない写真となります。

レンズの焦点距離を縮める!

次に、レンズの焦点距離によっても被写体深度は異なってきます。焦点距離が長いほどボケは大きくなり、短いほどボケは小さくなります。焦点距離とは、レンズの「mm」を指しています。この値が大きくなるほどボケが大きくなると覚えておくといいでしょう。

例えば人の視界と同じくらいだと言われる広角側「35mm」では焦点距離は短いですし、遠くを撮影するに適した望遠側「300mm」で近くの被写体を撮影すると大きなボケのある写真を撮影することが出来ます。

被写体距離は変えない!

カメラ自体の設定である絞り値、そしてレンズの焦点距離、最後にカメラと被写体の距離、被写体と背景の距離、この4点が「ボケ」を決める要素となっています。まずは被写体がどこにあるのかを考え、そこから自分の足で距離をとり、絞り値を決めて、それより更にボケを大きくしたければ焦点距離の長いレンズで撮影するといいでしょう。

被写界深度を深くすれば、ボケが少ない写真に

一方で全体をはっきりとした写真を撮影したいという場合は、被写界深度を深くし、ボケを大きくするのと反対のことを考えていきましょう。被写体からの距離をとって、被写体と背景は近づけて、絞り値は大きく、レンズは広角側の焦点距離の短いものを使いましょう。

例えば集合写真を撮影するときは、全員が出来るだけカメラから同じ距離になるようにすると、被写界深度に被写体が入りきるため、綺麗にピントの合った写真を撮ることが出来るようになりますよ。

ISO感度を知って、さらにアートな「ボケ」を表現

「ISO感度」とは?

ISO(アイエスオー、アイソ、イソ)感度とは、レンズからカメラに取り込んだ光の量を増幅させる数値を指しています。基準は100となっていて、ここから数値を200、400、800と大きくしていくことで光の量を大きく増幅させていきます。この数値を大きくすることを「増感」、小さくすることを「減感」と言います。光が足りない場所で光の量を補ってくれる便利な機能となりますが、あまり増感しすぎてしまうと、画像が粗くなってしまうので注意が必要です。

光が少ない場所で、ISO感度を下げて撮影すると

光が少ない場所でISO感度を下げて撮影すると、当然光の量が足りず、暗い写真になっていまいます。そのため、明るく撮影したい場合はF値を小さくしたり、シャッタスピードを遅くしたりと工夫が必要になります。

光が少ない場所で、ISO感度を上げて撮影すると

光が少ない場所でISO感度を上げて撮影すると、光の量を増幅させてくれるため、明るい写真となります。そのため、暗い場所でもシャッタースピードを速くして撮影することが出来るようになります。三脚を使ってじっくり時間をかけて撮影するのでなければ、シャッタースピードは速いほうが撮りやすくなってくるので、シャッタースピードを速くしたい場合はISO感度を上げると覚えておくといいでしょう。

ISO感度を上げて、フラッシュなしで撮影すると

ストロボを使うと、被写体のみが明るくなりますが、ISO感度のみを上げる場合は、全体が明るくなります。そのため、暗い夜の雰囲気を出したいという場合は、全体が明るくなってしまうISO感度増感は不向きと言えるでしょう。とはいえ、ストロボだけでは光量が足りないことも多いので、ストロボも使いつつ、ISO感度を増感させるのが、光が少ない場所での撮影にはオススメです。

メーカーが推奨する「基準感度」がベスト

ISO感度は光が少ない場所で撮影するには非常に便利な性能となってきますが、良いことばかりではありません。増感させすぎると、画像にノイズが出てきて、いわゆるザラザラの粗い画質となってしまいます。撮影した写真をスマートフォンで見るだけであればそこまで気にする必要はありませんが、プリントしたり、大きなデスクトップで見たい場合は、メーカーが推奨している基準感度までの増感に抑えるようにしましょう。

ちょっと背伸びして「ISO感度」を調整してみる

ISO感度を下げて、「ボケ」を作品にする

ISO感度と画質、絞り値とシャッタースピードは2項対立の関係となっています。ISO感度をあげれば、明るくなるが画質は悪くなる。絞り値をあげれば、明るくなりシャッタースピードは速くなる。ISO感度を下げた場合は、画質はよくなるが、暗くなる。そのため絞り値を小さくするか、シャッタースピードを遅くする必要が出てきます。前述で説明したとおり、絞り値を小さくすることで、ボケが大きくなります。

なめらかな画質だとボケ味も綺麗に出てきます。ボケの映える写真を撮りたいときは、ISO感度を下げると美しい「ボケ味」のある写真を撮影することが出来るでしょう。

 ISO感度を上げたり下げたり、躍動感や動きを撮影

シャッタースピードを速くすることで瞬間を止まったように抜き取って撮影することが出来ますし、シャッタースピードを遅くすることで残像のある動きを感じさせる写真を撮影することが出来るようになります。しかしシャッタースピードを速くするには明るさが必要となってきます。そんなときにISO感度を上げて光を増幅させることで、シャッタースピードの速い撮影をすることが出来るようになってきます。

スポーツや動きまわる子どもの一瞬の躍動感を撮影したいというときは、ISO感度を上げてシャッタースピードを速くして撮影するといいでしょう。

 ISO感度を上げれば、動く被写体でも「ボケない」

シャッタースピードを遅くすると、どうしても開放している間に動いているものはすべて残像として写真に残ってしまいます。水の流れや、光の動きを撮影したい場合はこれもアート要素になりますが、それを望んでない場合もありますよね。そういったときにISO感度を上げてシャッタースピードを速めることで、動く被写体でも「ボケない」写真を撮影することが出来ます。

 ISO感度の「上げ過ぎ」には要注意?!

上限値の高い高感度のカメラは多く出ていますが、実際に使うことのできる「実用ISO」は異なってきます。ISO感度をあげるとノイズが出てきてしまうため、これをどこまで許容できるのかがポイントです。カメラによっても異なりますが、現在はISO1600までが実用レベルと言われています。

とはいえ、上限の目安は自分で判断するものとなります。実際にISO感度を変えながら、撮り比べて、自分の常用ISOを設定してみましょう。

まとめ

「一眼レフ上達法」は光を調整して、上手に「ボケ」を演出

一眼レフカメラは光の調整が上達のための大きなポイントとなってきます。ボケ味のある自分の思い通りの写真を撮るために、「絞り」「シャッタースピード」「ISO」「画質」この4つの要素の対立関係を考えながら、いろいろと撮影してみましょう。オート撮影とはまた違った、撮影の楽しさを感じることが出来ますよ。