カメラ

キャノンミラーレス一眼レフ EOS M100を徹底解説!初心者にもおすすめ軽量ボディ

目次

キャノン一眼レフ ミラーレスEOS M100の紹介

コンパクトで軽量、直感的に操作できるミラーレス一眼

キャノンのミラーレス一眼カメラ「EOS M100」はミラーレス一眼レフカメラなのにコンパクトデジカメ並みのコンパクトボディに持ち運びやすい軽量ミラーレスカメラとなっています。

「EOS M10」の後継機種でエントリーモデルであるため、同じレンズ交換式のデジタル一眼カメラでも「EOS Kiss」などのミラーレス上位シリーズや一眼レフカメラと比べると機能的には勝てませんが、基本的な機能は「EOS M」シリーズの上位機種と同等の画質、オートフォーカス機能を備えつつ、上位機種とくらべて圧倒的にコンパクトで軽量なため、使い勝手のいいモデルに仕上がっています。

 エントリーユーザーにも優しいシンプルな操作性

同じキャノンのコンパクトデジカメIXYシリーズをイメージさせるようなコンパクトサイズのボディにミラーレス一眼としてのレンズ交換方式を合体採用したような印象のカメラです。

一眼レフカメラユーザーではなく、コンパクトデジカメやスマートフォンのカメラになれているエントリーユーザーをターゲットに、ボタン類は少なめにし、スマホと同じようにタッチパネル操作を主体にしているため、エントリーユーザーに優しいシンプルな操作性を実現しています。

キャノン一眼レフ ミラーレスEOS M100はなぜ人気なのか?

高性能で操作が簡単、見た目のオシャレも楽しめる

コンパクトサイズのエントリーモデルながら、ミラーレス一眼の上位機種である「EOS M5」や「EOS M6」と画質、オートフォーカスの性能が同等となっています。画素数は2420万画素のCMOSセンサーで上位機種のみに採用していた「デュアルピクセルCMOS AF」に対応し、前モデルの「EOS M10」が採用していていた「ハイブリッドCMOS AF II」からフォーカス速度と精度が大きく向上しています。

いい写真をとるために必要なカメラの絞り機能や露出機能も専門用語を使用せずに「ぼかす」「くっきり」「暗く」「明るく」といったわかりやすい表現になっているため、操作が簡単になっています。

コンパクトボディにブラックは引き締まったカラーリング、ホワイト・グレーはオシャレでかわいいカラーリングとなっていますが、さらにオプションのフェイスジャケットをつけることでカメラ本体をさらにオシャレにアレンジして楽しむことができます。

EOS Kiss Mや同価格帯ライバル機との比較

次にEOS M100の対抗機種を見ていきましょう。
まずはコンセプトが異なるため、直接的なライバルといえるかは考え方によりますが、同じキャノンの「EOS Kiss M」です。

どちらもエントリークラスの扱いで、基本的な撮影機能も同等となっています。
「EOS M100」がコンパクトデジカメユーザーやスマートフォンのカメラ機能をメインに使っていた層のユーザーに訴求するモデルであるのに対し、「EOS Kiss M」は一眼レフカメラへの入門機という扱いになります。

コンセプトが異なるので基本となる撮影機能は同等でも、方向性は大きく異なります。
まず、サイズ感は「EOS M100」が圧倒的にコンパクトで持ち運びやすいと言えます。
日常使いには「EOS M100」の勝利と言えるでしょう。

しかし、「EOS Kiss M」はしっかりグリップしやすい形状となっているため、撮影対象にしっかり向き合って撮ることに向いています。電子ビューファインダーがついていることや、「EOS M100」ではディスプレイが上方向にしか可動できないのに対して、上下左右に可動させることができるバリアングル方式になっており、撮影シーンへの柔軟さについては「EOS Kiss M」に分があります。

さらに「基本的に」は同等となっている撮影機能も映像エンジンが「EOS M100」が「DIGIC 7」となっているのに対し、「EOS Kiss M」では、最新の「DIGIC 8」を搭載しており、画質・連写性能・オートフォーカスの速さなど、ほぼすべての面で「EOS Kiss M」が勝ることになります。

次にオリンパスの「PEN E-PL9」も対抗機種として見てみたいと思います。
どちらもコンパクトサイズのミラーレスカメラのエントリーモデルですが、サイズ感はわずかながら「EOS M100」の方がコンパクトさ、軽量具合で勝っています。
撮影機能についてもコンパクトさで優っている「EOS M100」の方が「PEN E-PL9」よりも大きな撮影センサーを採用していることから、「EOS M100」の方がおすすめと言えます。

デザインについては好みもあるので、一概には優劣をつけることはできませんが、「EOS M100」の方がデザイン、カラーリングともにカジュアルよりで、さらにフェイスジャケットによるドレスアップが行えることから、エントリーユーザーに喜ばれるのは「EOS M100」と言えるでしょう。

キャノン一眼レフ ミラーレスEOS M100の長所

長所① APS-CサイズCMOSセンサー搭載で高画質、AFも速い

エントリーモデルながら撮影センサーが上位機種と同等のAPS-CサイズCMOSセンサーを採用しており、同クラスのモデルと比べると確実に一歩以上抜きんでた高画質の撮影が行えます。

オートフォーカスも前モデルのコントラストAF方式を併用していた「ハイブリッドCMOS AF II」から上位機種並みの「デュアルピクセルCMOS AF」方式を採用し、オートフォーカス速度が飛躍的に速くなっています。

長所② 高感度で室内の撮影も明るくキレイ

上位機種と同等の撮影センサーと映像エンジンに「DIGIC 7」を採用したことで、高感度にも非常に強くなり、夜景や室内といった暗い条件下での撮影でも手持ちのままノイズの少ない写真を撮ることができるようになりました。
ISO感度は「ISO25600」という高感度まで指定することができます。

長所③ 別売りのフェイスジャケットでデザインをアレンジできる

本体デザインがブラック以外にホワイトとグレーといったカジュアルなカラーリングを採用したのに加え、「フェイスジャケット」という別売りオプションによってデザインを変更することができるようになっています。

「フェイスジャケット」の種類はレザー仕様のダークブラウン、ライトブラウンの他、ボーダーデザインのボーダーブルーとボーダーイエロー、そのほかネイビー、グリーン、レッド、イエロー、ゴールドの単色カラージャケットの全9種類をそろえています。

キャノン一眼レフ ミラーレスEOS M100の短所

短所① バッテリーの持ちがよくない

本体サイズをコンパクトサイズに収めるため、バッテリーサイズも小型にせざるを得なかった結果、トレードオフとしてバッテリー持ちがよくないという弱点を抱えてしまっています。

1回の充電で撮影可能なコマ数は約295枚、動画撮影可能時間は約1時間20分となっているため、旅行や1日かけてのハイキングなどの長時間の撮影シーンでは予備バッテリーを持っておかないと不安を感じてしまいます。

短所② バッテリー交換や三脚使用時はフェイスジャケットをはずす手間がある

カメラデザインや気分をアレンジすることができる「フェイスジャケット」にも弱点があります。フェイスジャケットを着用している状態では、「EOS M100」の底部分をふさいでしまうため、底にある三脚穴やバッテリー交換口をふさいでしまうことになります。そのため、フェイスジャケット使用中は三脚利用ができなくなってしまいます。

旅行等で予備バッテリーを持っていき、バッテリー交換を行う際にもいちいちフェイスジャケットを外す必要があるため、スムーズな電池交換が行えず、ベストショットシーンを見逃してしまう可能性があります。

キャノン一眼レフ ミラーレスEOS M100の便利な機能

便利な機能① 180°回転するチルト液晶でどんなアングルもラクに撮影

撮影に使用するディスプレイはチルト機能によって上方向に180度まで動かすことができます。バリアングル方式を採用している「EOS Kiss M」には一歩譲ってしまいますが、上方向への可動によって地面スレスレのローアングルで撮影を行う際に非常に撮影しやすくなります。

また、180度目いっぱいまで動かすとディスプレイとカメラレンズが自分の方を向くため、自撮りにも非常に有効なディスプレイとなっています。

便利な機能② クリエイティブアシストで直感的に本格的な写真が撮れる

撮影時に「ぼかす」「くっきり」「すっきり」「あざやか」といった撮影映像を直感的にわかりやすくタッチパネルで選択する機能を搭載しており、その際、ディスプレイ上で効果のかかりぐあいをスライダーで強弱をつけながら調整することができる「クリエイティブアシスト機能」を搭載しています。

この機能により、カメラの細かい機能や用語を知らなくてもディスプレイ上で撮影される映像の状態を見ながら直感的に本格的な写真を撮影することができるようになりました。

便利な機能③ カメラの電源OFF時もスマホから画像の確認やシェアができる

スマートフォンとの連動機能としてWi-Fi連携とBluetooth接続による連携機能を搭載しています。大量の画像をスマートフォンにコピーするにはWi-Fi連携が便利ですが、スマートフォンと「EOS M100」の両方とも電源を入れておく必要があります。
それに対して新しく搭載したBluetooth接続機能は最初の設定さえ済ませてしまえば、「EOS M100」の電源が切られている状態でもスマートフォンから撮影画像にアクセスすることができます。

撮影画像を確認するのにいちいち「EOS M100」の電源を入れなくてもスマートフォンの大画面ディスプレイで簡単に確認することができ、そのままSNSでシェアすることができるようになりました。”

キャノン一眼レフ ミラーレスEOS M100の活用法

活用法① チルト液晶と自分撮りモードを駆使してセルフィーを楽しむ

ディスプレイのチルト機能でも触れましたが、180度までディスプレイを動かすことでカメラレンズとディスプレイが自分の方を向くため、高画質のミラーレスカメラで簡単に自撮り(セルフィ―)ができるようになります。

また自撮りをよりキレイに撮影するための「自分撮りモード」を搭載しています。
背景のぼかし具合や美肌効果、明るさの調整を行い、よりキレイに自撮りを行うことができるため、どんどん活用していきましょう。

活用法② 撮影・加工・シェアまでが簡単、SNSに投稿してみよう

Bluetooth機能によるスマートフォンと「EOS M100」の接続は撮影した写真の全く新しい活用方法を可能とします。

従来、デジカメで撮影した写真を加工したり、SNS上にアップするにはパソコンなどを経由して、カメラから写真を取り出す必要がありましたが、Bluetooth接続によりスマートフォンと「EOS M100」が直接つながるため、撮影した写真を外出先でスマートフォンから直接確認、加工してSNSにアップすることができるようになります。

スマートフォンのカメラもかなり高画質になってきていますが、やはりミラーレスカメラの別格といえる高画質画像を簡単にシェアすることができるというのは新しい活用方法と言えるでしょう。

おススメアクセサリー

アクセサリー① バッテリーチャージャー LC-E12

バッテリーの容量が少ないことが弱点と説明したように、「EOS M100」をフル活用するとバッテリーはすぐに消耗してしまいます。そのため、バッテリーを充電するアクセサリ「バッテリーチャージャー LC-E12」は必須アクセサリ―と言えます。コンセント直付けできるバッテリーパック LP-E12専用の充電器で、充電にかかる時間は約2時間となります。

アクセサリー② カメラカバー R-F-4

ミラーレスカメラでは、レンズをカメラ本体から取り外して保存します。複数のレンズを使うようになると接続していないレンズは傷がつかないように保存しておく必要があるため、レンズを保護する「カメラカバーR-F-4」も必須アクセサリーと言えるでしょう。

アクセサリー③ フェイスジャケット EH31-FJ

「EOS M100」のデザインをアレンジできる専用フェイスジャケットは素材やデザイン、カラーリングが異なるジャケットが全部で9種類あり、気分によって「EOS M100」をまったくちがった表情に飾ってくれます。季節ごと、撮影シーン、自分の気分や好みにあったフェイスジャケットを買っておくと、より楽しい気持ちで撮影できるのではないでしょうか。

キャノン一眼レフ ミラーレスEOS M100に関するQ&A

Q&A① 別途SDカードを購入する必要がある?

「EOS M100」の記録メディアはSD/SDHC/SDXCメモリーカードです。
カメラ本体に記録メモリは持っておらず、商品にメモリーカードは同梱されていないため、別途購入する必要があります。購入時にはUHS-I対応のものを選び、容量不足で撮影できなくなったということないようにできるだけ大容量のものを購入しておきたいところです。

Q&A② NFC機能は付いている?

「EOS M100」にはNFC機能が搭載されています。そのため、NFC機能が搭載されたスマートフォンであれば、専用アプリ「Camera Connect」をスマートフォンにインストールしておくことで、難しい設定を操作することなく、スマートフォンと「EOS M100」を近づけるだけで、アプリ起動と接続を行うことができ、非常にストレスフリーな画像活用が行えます。”

Q&A③ スポーツ撮影には向いている?

「EOS M100」は連写速度を前モデルの「EOS M10」の秒間4.6コマから6.1コマに向上させているため、動きのあるスポーツシーンでも簡単に撮影することができます。もちろんより上位モデルの「EOS Kiss M」などと比べてしまうと連写性能、オートフォーカス性能で劣ってしまいますが、十分スポーツ撮影に耐えることができます。

キャノン一眼レフ ミラーレスEOS M100をおススメする理由まとめ

タッチシャッターや加工などスマホカメラ感覚で使えるミラーレス

「EOS M100」はこれまで紹介してきたようにミラーレスカメラとしては非常にコンパクト、簡単、カジュアルなモデルになっています。難しい用語や設定を行うことなく、直感的にタッチパネルを操作することでエントリーユーザーでも本格的な写真を撮ることができるため、ミラーレスカメラに興味はあるけど、少し難しそうと思っている方や、コンパクトデジカメやスマートフォンのカメラより高画質な写真を撮りたいと思っている方に自信を持ってお勧めすることができます。

操作がスマートフォン感覚で行えるだけでなく、フェイスジャケットによるデザインアレンジといった楽しみ方や、Bluetooth機能によりスマートフォンと接続することで加工やSNSで簡単にシェアすることができるといった新しい活用方法も非常に面白い機能となっているため、これを機会にミラーレスカメラデビューを行ってみてください。