カメラ

大人気!Canon EOS Kiss X9がここがすごいを徹底紹介

Canon EOS Kiss X9の紹介

最軽量級のエントリークラス一眼レフ

一眼レフカメラを買ったはいいものの、その重さから気軽に持ち出し辛く結局はスマートフォンやコンパクトデジタルカメラになってしまう。。。そんな悩み持つ方は多いのではないでしょうか。そんなあなたにぴったりの世界最軽量一眼レフカメラである「Canon EOS Kiss X9」をご紹介します。

軽さと扱いやすさにこだわったカメラ

EOS Kiss X9は、本体の重さがわずか約453g、合わせるレンズによっては総重量1kgを切るだろう軽さを誇ります。これは、可動式モニター搭載のAPS-C一眼レフのなかでは最軽量モデルとなっています。

さらに、ただ軽いだけではありません。ダイヤルが埋め込み式になったため、シャッターボタンに指を置きながら、片手で撮影モードを変えることが出来るようになりました。また、どんなアングルからも撮影出来るよう、バリアングルモニターを取り入れているほか、カメラ内で傾きの補正まで出来てしまうため、初心者でも非常に扱いやすいモデルとなっています。

Canon EOS Kiss X9はなぜ人気なのか?

分かりやすいビジュアルガイドで初心者でもすぐに操作できる

初心者にも簡単に撮影が出来るよう、それぞれの撮影モードでどんな撮影が出来るのか、液晶画面で実際の画像やイラストを用いてガイドしてくれます。撮影モードダイヤルを切り替えると、液晶画面に表示されるので、ガイドを探す手間もありません。

また、少し自分考えて撮影してみたい、と思ったときに使える応用モードでも知識がなくても操作出来るようにイラストで説明してくれるため、簡単に思い通りの写真を撮影出来ます。

EOS Kiss X9iやライバル機との比較

Canonでは旅行や子どもの写真撮影がメインとなるファミリーモデルを多く出しているので、どれを買ったらいいのか迷ってしまいがちです。なかでも最上位モデルであるEOS Kiss X9iと比較してEOS Kiss X9を考えてみましょう。

EOS Kiss X9iは最上位モデルとはいえ、X9の前に発売されたモデルのため、性能差はほとんどありません。もちろん最上位モデルであるX9iには水準器や色検知AFがついていたり、AF測距点が45点とX9の5倍であったりと、性能の違いはあります。

しかし、価格の差を考えると、初心者であればそこまで気にするほどの違いにはならないでしょう。よく比較される別モデルのNIKON D5600は、X9に比べAFポイントが多く、動いているものを撮影することに向いています。画質も似たモデルのなかでは抜群です。しかしオート撮影であれば問題ないものの、自分で設定して撮影してみようと思うと非常に操作しづらく、初心者には向かない作りとなっています。

同じくよく比較されるPENTAX K-70ですが、手ぶれ補正が内蔵されていることから手ぶれに強いモデルとなっています。また防塵防滴というのも、室外で撮影することを考えると非常に心強い性能と言えるでしょう。しかしボディがその分重くなり、688gとなっています。

Canon EOS Kiss X9の長所

APS-CセンサーとDIGIC7エンジンで大満足の高画質

センサーが受け取った光を画像に変換する映像エンジンにDIGIC7を取り入れたことで、高速高画質な画像を作ることができるようになり、約2420万画素を実現しました。センサーが除去しきれなかったノイズも除去してくれるため、より綺麗な画像を生成することが出来るようになりました。

高感度で暗所の撮影にも強い

暗所撮影でのノイズ処理の肝である常用ISOは最大値25600と、フラッシュなしでも夜景を綺麗に撮れるカメラとなっています。設定に迷ったらISOオートを選択することで、そのときの明るさに合わせた最適なISOを設定してくれるので、初心者にも安心です。

タッチパネル操作できるバリアングル液晶

バリアングルモニターを取り入れたことで、これまで撮影が出来なかった体勢でも撮影出来るようになりました。例えば人混みで埋もれてしまって撮影出来ない場合も、バリアングルモニターであれば、カメラを持ち上げて液晶を確認することで撮影が出来るようになりました。

Canon EOS Kiss X9の短所

AF観測点が少なく精度にもの足りなさがある

EOS Kiss X9はAF精度が他モデルと比べて低く、ピントを合わせるポイントである測距点は9点と少なくなっています。 そのため細かなピントの調整には向いていません。

本格的なスポーツ撮影などには向かない

AF精度が低いこともあり、動いている被写体にピントを素早く合わせることに向いていません。とはいえ、中級機モデルであるEOS 70Dより採用しているデュアルピクセルCMOS AFを採用しているため、撮影にストレスを感じるほどではなく、スポーツを撮影するのでなければ十分な性能と言えるでしょう。

Canon EOS Kiss X9の便利な機能

スペシャルシーンモードで適切な設定で撮影してくれる

搭載されているスペシャルシーンモードは、「ポートレート」「集合写真」「風景」「スポーツ」「キッズ」「クローズアップ」「料理」「キャンドルライト」「夜景ポートレート」「手持ち夜景」「HDR逆光補正」があり、そのときの撮影シーンに合わせてモードを選ぶだけで、ぴったりの画像の明るさや色合いに調整してくれます。

クリエイティブフィルターでSNS映えする写真がすぐできる

クリエイティブフィルターは、撮影した写真をSNS映えする写真に加工してくれる機能となります。フィルターは、ざらつきのあるモノクロ画像にしてくれる「ラフモノクロ」、少しぼかした柔らかい画像にしてくれる「ソフトフォーカス」、ワイドに写してくれる「魚眼風」、水彩画のような優しい色調にしてくれる「水彩風」、四隅を暗めにした緑がかった画像にしてくれる「トイカメラ風」、ピントがあったところ以外をボカしてくれる「ジオラマ風」、合成写真に使用する「HDR絵画調標準」「HDRグラフィック調」「HDR油彩調」「HDRビンテージ調」があります。HDRを除き、撮影時だけではなく、撮影後にフィルターをかけることも出来ます。

Wi-FiとBluetooth機能搭載でスマホと連携

Wi-Fi、Bluetoothともに搭載されているため、撮影した写真をすぐにスマートフォンに送ることが出来ます。特にBluetooth接続は一度接続してしまえばWi-Fiよりも格段に速く送信することが出来るため、クリエイティブフィルターをかけたSNS映えする写真を、撮ってすぐにSNSに、なんてことも出来ちゃいます。

Canon EOS Kiss X9の活用法

最高約5コマ/秒の高速連写で運動会のベストショットを逃さない

前モデルであるEOS Kiss X7から改善し、EOS Kiss X9では最速1秒間で5コマの連続撮影が可能となりました。走り回る子どもやペットも、瞬間を逃さず撮影することが出来ます。

HDR逆光補正モードで逆光の撮影もテクニックいらず

さまざまなシーンに合わせた撮影が簡単に出来るスペシャルシーンモードですが、そのなかでも特に、被写体が逆光で暗くなってしまってよくわからない!というときに「HDR逆光補正」がオススメです。これを使えば、自動で明るさを調整して、被写体が暗くなってしまわないよう、綺麗に写してくれます。

おススメアクセサリー

バッテリーチャージャー LC-E17

バッテリーの充電は約2時間となっており、充電器はコンセント直付けタイプとなっています。

Canon 互換レンズフード EW-63C

太陽光などの光によるフレアやゴーストが入らないようにするために、レンズフードは必須となります。レンズによってフードは変わってくるため、購入するレンズにあわせたフードを選び

Canon EOS Kiss X9に関するQ&A

Q&A① 外国語に対応している?

日本語、英語のみの対応となります。他言語の対応が必要な場合は、その言語を公用語とする国で購入する必要があります。

Q&A② SDカードは別売り?

別売りとなります。動画撮影も出来ることを考えると、最低でも64GB以上のメモリを考えた方がいいでしょう。

まとめ

スマホカメラ感覚で日常使いできる一眼レフカメラ

軽くて操作性の高い「Canon EOS Kiss X9」は持ち運びに向かない一眼レフカメラの携帯性を一気に向上させました。今までちょっとした散歩に持ち運ぶのは大変、というイメージだった一眼レフカメラも、Canon EOS Kiss X9であれば、気軽に持ち運ぶことが出来ます。日常の瞬間を逃さずに、Canon EOS Kiss X9で切り取ってみてはいかがでしょうか。