カメラ

高級コンデジ Canon G7 X Mark Ⅱ はコスパ最高!簡単便利だけど優秀な機能を徹底紹介!

目次

Canon G7 X Mark Ⅱの紹介

1型センサーとDIGIC 7搭載で画質の満足度が高い高級コンデジ

新しい映像エンジンになったことで、超高画質で満足のいく写真を撮ることができるようになりました。見たままの美しい景色を収めることができる、とっても優秀なカメラです。

大きめセンサーサイズの本格派コンデジで各機能のバランスが良い

特徴的なのはセンサーサイズで、一眼レフやミラーレス一眼と比べてみるとあまり大きいとは言えないのかもしれませんが、同じくらいのレベルのカメラの中ではかなり大きめとなっているでしょう。そのため、光が少ない環境下でもキレイな写真を撮ることができるのです。コンパクトながらも本格的なコンデジと言えるでしょう。

Canon G7 X Mark Ⅱはなぜ人気なのか?

高機能ながら初心者も使いやすく低価格で手に取りやすい

Canon G7 X Mark Ⅱは2016年に発売されたモデルなので、今ではもう3年ほど経っているのですが、それでも変わらず使い続けられている人気のコンデジ。

発売開始から3年ほど経過した今でも多くの人たちから支持され続けているのは、とても高機能で優秀なモデルなのに、カメラに慣れていない初心者でも簡単に使いこなすことができるということが理由のようです。

そしてもう一つの大きな理由は、低価格で手に入れやすいということでしょう。
気軽にカメラを始めるには、やはり高価格帯のものには手を出しづらいものです。
軽い趣味程度に・・ということでカメラを始める方には、特に人気が高いと言えます。

G9 X Mark Ⅱやライバル機との比較

Canon G7 X Mark Ⅱを購入しようと考えている方たちが気になることと言えば、やはり同じCanonであるG9 X Mark Ⅱや他社のライバル機との性能の比較だと思います。
まず、Canon G9 X Mark Ⅱについてですが、こちらはG7 X Mark Ⅱと比べてかなり軽量化されています。ちょっとしたお出掛け、とりあえず1台はカメラを持っていたい・・という方には軽いタイプの方が人気が高いようですね。

そして、G7 X Mark Ⅱと比べると低価格で、より手が出しやすいというのも人気の理由かもしれません。ただ、暗い場所でズームして撮影するということには不向きなので、いつでも高画質な写真を撮りたいという方にはG7 X Mark Ⅱの方がおすすめだと言えるでしょう。

キャノンが誇る、実力派高級コンデジ Canon PowerShot G9x Mark Ⅱ を徹底紹介!PowerShot G9x Mark Ⅱの紹介 高画質、軽がるそれがこの商品のキャッチコピーです。その名は PowerShot G9x...

そして、G7 X Mark Ⅱと比較的近いレベルの他社モデルだと、同じ1.0型センサーを搭載しているSONYのCyber-shot RX100M6が人気のようです。レンズに関しては、G7 X Mark Ⅱは明るくはっきりとした写真を撮ることができるもので、Cyber-shot RX100M6は高倍率ズームができるタイプになっています。サイズの面ではCyber-shot RX100M6の方が小さめで軽くなっているようですが、やはり価格はG7 X Mark Ⅱの方が圧倒的に手を出しやすいものになっているので、総合的に見てG7 Mark Ⅱは人気が高いようですね。

Canon G7 X Mark Ⅱの長所(おススメする理由)

画素数2010万、最高感度ISO12800の高画質

Canon G7 X Mark Ⅱはとても人気が高いモデルでこれからカメラを始めようとしている方にもおすすめしたいものなのですが、おすすめの理由がいくつかあるのでご紹介していきます。まずは、やはり高画質ではっきりした写真を撮ることができるということでしょう。
画素数は2010万画素、最高感度はISO12800となっているので、かなり美しい写真を撮ることができます。光が入りにくく薄暗い場所でもキレイに撮影することができるので、スマホやデジカメよりも画質の良さを実感することができるでしょう。

大口径ズームレンズでフォーカスにも強い

大口径ズームレンズを搭載しているモデルなので、明るく高画質な写真を撮ることができます。写真を撮る際に気になるゴーストやフレアも出にくいので、いつでも簡単にキレイな写真を撮ることができるのです。

オート機能におまかせでキレイな写真が撮れる

カメラを使う際、特にカメラ初心者であまり詳しくないという方はオートでキレイに撮影することができたらいいなと思いますよね。Canon G7 X Mark Ⅱにはオート機能がついているため、カメラに詳しくなくてもおまかせで簡単に撮影することができるのです。

もちろん、自分で細かな部分を調節して撮影したい方はそれでもOK。お好みで使い分けることができるので、家族みんなで楽しみながら使うことができるというのも人気の理由だと言えるでしょう。

Canon G7 X Mark Ⅱの短所

フォルムがややゴツめ

大人気モデルであっても、やはり多少の短所はあります。
先程お話させて頂いたように、G7 X Mark Ⅱには1型センサーが搭載されているので、少しフォルムがゴツめで重さもあります。もちろん、一般r的な一眼レフよりは重くないのですが、コンデジにしては重みを感じてしまうため、できるだけコンパクトなタイプのものを・・と思っている方には向かないのかもしれません。高画質で少し重みのあるカメラを選ぶか、多少画質は劣っても軽くてコンパクトなカメラを選ぶか・・
どの部分を重視するか・・ということになるでしょう。

ファインダーなしで使い心地はやはりコンデジ

こちらのカメラにはファインダーが存在しません。
なので、写真を撮影する時は液晶画面を見ながら・・という形になります。撮影をする際に、ファインダーを覗かないで撮るということに関しては特別大きな問題にはならないのかもしれませんが、一眼レフのような使い心地を求めている方には向かないのかもしれません。液晶を見ながら撮影するというところは、やはりコンデジだな・・という印象ですね。

Canon G7 X Mark Ⅱの便利な機能

多彩なピクチャースタイルで人物も風景も失敗なし

G7 X Mark Ⅱには表現したいものに合わせた項目を選んで撮影するだけで、とても効果的な写真を撮影することができる便利な機能があります。

種類は、オート・スタンダード・ポートレート・風景・ディテール重視・ニュートラル・忠実設定・モノクロがあり、その他に基本のスタイルを登録しておいて、そこから好みの状態に細かく調節をする・・ということもできます。初めから全て自分自身で細かく設定をしなくても、自動的に最適な仕上がりにしてくれるので、人物も風景も失敗することなく撮影することができます。

色やシャープネスなどをカスタムすればこだわりの表現ができる

もっと自分自身で細かく設定してから撮影したい・・という場合には、シャープネス・コントラスト・色などを初期設定から変えるということもできます。被写体の輪郭線をぼんやりとさせたり、もっと強調させたかったり、細かな部分にまでこだわりたいという方は初めから自分で設定してみるのもいいかもしれません。

4K動画やタイムラプスを楽しめる

G7 X Mark Ⅱは高画質な4K動画を撮ることもできたり、静止画をつなぎあわせて作るタイムラプス動画機能も搭載されています。普通に撮影するだけではつまらないという方には、この機能は特に面白く感じることでしょう。少し変わった、独特な雰囲気の動画を作ることができるので、色々な写真を撮って試してみるのもいいかもしれません。

Canon G7 X Mark Ⅱの活用法

高感度撮影時もキレイに写るので暗いシーンにも活躍

光の少ないところではブレてしまったり、暗くてはっきり写らないということが多いのですが、G7 X Mark Ⅱならキレイに撮影することができます。普通なら細かな設定を自分でしなければいけないような場面でも、オートでも十分キレイに撮影することができるでしょう。

天体のタイムラプス動画を作ってみる

便利でおもしろい機能の中に「タイムラプス動画を作る」というものがあることをご紹介させて頂いたのですが、この機能を使って天体のタイムラプス動画を作るのがおすすめ。星の動きが残像となって残り、まるでゆっくり動く流れ星のように見えるのです。日中、明るい時に雲の動きを撮影してタイムラプス動画を作るのもおもしろいですよ。

近接撮影でキレイなボケの表現を楽しむ

コンデジの中ではかなり大きめのセンサーを搭載しているモデルなので、キレイなボケの表現を楽しむことができます。レンズはフルサイズカメラ並みのスペックなので、カメラに慣れたハイスペックな仕上がりを求める方にも満足していただけることでしょう。近接撮影でプロ並みの雰囲気ある写真を撮ることができる、とても優秀なレンズだと言えます。

おススメアクセサリー

バッテリーパック NB-13L

あの景色もこの景色も・・と色々撮影しているうちに、気づいたらバッテリーが無くなっていた・・なんていうこと、よくありますよね。レジャーなどでたくさん写真を撮りたいという方や、タイムラプス動画を作って再生したいという場合には予備のバッテリーを用意しておくのがおすすめです。予めもう一つのバッテリーも充電しておくことで、心置きなく様々なシーンを撮影することができるでしょう。

バッテリーチャージャー CB-2LH

バッテリーをもう一つ用意したら、さらにバッテリーチャージャーもあると便利。G7 X Mark Ⅱは、アダプタを直接カメラに差すか、専用のケーブルをパソコンに繋いで充電します。でもこれでは、予備のバッテリーも充電しようと思った時、かなりの時間がかかってしまいますよね。

そこでおすすめなのが、バッテリーチャージャーです。バッテリーチャージャーがあれば、カメラの方に入っているバッテリーも予備の方も同時に充電することができます。どんな瞬間も逃したくない、いつでもたくさん写真を撮れるようにしておきたい・・という場合には、予備のバッテリーと共にバッテリーチャージャーを用意することをおすすめします。

ウォータープルーフケース WP-DC55

レジャーで海や川に行ってたくさん写真を撮りたい、でも防水ではないからカメラが心配・・
そんな時におすすめなのが、カメラをしっかりガードして水から守ってくれるウォータープルーフケース WP-DC55です。水中40m防水とかなり防水性能が高めになっているので、海の中に潜って撮影することもできます。水中の美しい景色や、水遊びをしている時など、いつもとは違った写真を撮りたい方にぴったりのアクセサリーです。

Canon G7 X Mark Ⅱに関するQ&A

液晶ディスプレイを消灯することはできる?

暗い中での撮影時に気になる液晶ディスプレイのライト。これは、一定の時間が経つと自然に消灯するようになっています。この消灯するまでの時間は、節電機能の設定を変更すると3分まで延ばすことができます。

microUSBで充電しながら撮影は可能?

充電が切れてしまった時、充電しながら撮影できるのかどうかということなんですが、こちらは残念ながらできません。充電中、電源を入れて撮影した写真を見るということだけはできるのですが、撮影することはできないので、充電が切れてもすぐに撮影をしたい時に備えて予備のバッテリーを用意しておきましょう。

Canon G7 X Mark Ⅱをおススメする理由まとめ

スマホ以上ミラーレス未満の「ちょうどいい」コンデジ

コンデジでありながら、ハイスペックなカメラのように高画質な写真を撮影することができるCanon G7 X Mark Ⅱ。スマホでは物足りない、でもミラーレスのようなタイプを使いこなす自信はない・・そんな方にぴったりのカメラだと言えるでしょう。

高画質、そして4K動画やタイムラプス動画などのおもしろい機能もありながら、他社のライバル機よりも低価格なので、これからカメラを始めたいという方や一眼レフはあるから2台目に・・という方にもおすすめです。

高級コンデジ
【2019年最新版】高級コンデジおすすめランキングトップ20!!メーカー別、機能別に徹底比較 !!高級コンデジとはどんなカメラ? 高級コンデジと呼ばれるカメラは、センサーサイズが1型以上のセンサーサイズが搭載されていて、高画質な写真...