カメラ

【2019年最新版】旅行のお共に大活躍!おススメカメラ10選!

目次

旅行のカメラってそもそも必要?スマホでは足りない?

スマホのカメラでは限界がある

最近では、スマートフォンでも、非常に綺麗な写真を撮影することができるモデルが多くなっています。スマートフォンのカメラと、一眼レフカメラや、ミラーレス一眼カメラとを比べると、一眼レフカメラや、ミラーレス一眼カメラの方が、スマートフォンよりも綺麗に撮影することができます。このことは、誰に聞いても、そんなことはわかっていると思いますが、では、なぜ、一眼レフカメラや、ミラーレス一眼カメラの方が、スマートフォンよりも綺麗に撮影することができるのでしょうか。スマートフォンと、一眼レフカメラなどの大きな違いとして、レンズの性能、イメージセンサーの大きさ、ボディの性能とあります。スマートフォンに搭載されているレンズと、一眼レフカメラなどに装着するレンズは、まず大きさが違うことがわかるかと思います。大きさが大きいということは、それだけ多くの光を取り込めるということであり、それはつまり、多くの情報を取り込めるということにつながります。そのため鮮明な写真を記録することができるのです。また、光を多く取り込むことができるため、光の少ない環境での撮影においても、明るく写真を撮影することができます。搭載されているイメージセンサーのサイズにも差があり、イメージセンサーが大きいと、レンズと同じで、多くの光を受信できるため、より高解像度の写真にすることができ、暗所でも明るく写すことができる以外にも、被写体の背景を大きくボカしたりすることもできます。ボディの構造も大きくことなるため、画像処理エンジンや、手ブレ補正機能など、撮影に特化した機能ばかりが搭載されているため、スマートフォンと、一眼レフカメラとの差が大きく出てしまいます。スマートフォンは、あくまでも電話がメインですので、写真撮影の機能を充実化しようとしても、限界があるのです。すなわち、撮影することができる写真にも、限界があるということでもあります。

しっかりした記録を残すならやっぱりカメラ!

旅行先にカメラを持っていく場合には、なるべくコンパクトで、軽量なものがふさわしいといえます。そういう面では、スマートフォンというお手頃なサイズと重さは非常に良く、旅行にもってこいとなるのですが、最近では、コンパクトデジタルカメラの中でも、非常にコンパクトで軽量なモデルが多数販売されています。それに合わせ、一眼レフカメラのような性能を持っている「高級コンパクトデジタルカメラ」というジャンルまで存在します。また、ミラーレスカメラも、旅行にぴったりのコンパクトで、軽量、そして、デザイン性も良いモデルが多数販売されているので、ミラーレスカメラも、選択肢の1つとして覚えておきましょう。

旅行用のカメラを選ぶポイント

かさばらない大きさを選ぼう

旅行先にカメラを持っていく場合には、カメラの性能と、サイズのバランスが良いカメラを選ぶ必要があります。特にサイズ感は非常に重要な要素となります。いくら綺麗な写真を撮りたいからといって、性能ばかりに気を取られると、自然とボディサイズは大きくなり、重たくなってしまいます。旅行に持っていくカメラで一番重要なのは、カメラが荷物にならないということですので、なるべく、コンパクトで軽量、そして高性能なカメラを選ぶようにしましょう。

旅行先によっては防水や防滴機能が必要に

旅行先によっては、海や川といった水気のある場所に行くこともあるかと思いますが、そういった場所での撮影は、カメラにとっては、非常に気を遣う場所でもあります。そのため、初めから、水に濡れてしまう可能性がある場所に旅行に行く際は、必ず、防滴・防水性能が搭載されているカメラを選ぶようにしましょう。また、これらの性能にプラスして、防塵性能も搭載されていれば、さらに安心です。

ズームがあれば撮影の幅が広がる

一眼レフカメラや、ミラーレスカメラなどは、レンズ交換式カメラとも呼ばれ、その名の通り、レンズを交換することで、様々な画角の写真を撮影することができます。旅行の際などでは、レンズを複数持っていくと、荷物になってしまうため、なるべく、焦点距離を広くカバーしている高倍率レンズといわれるレンズを1本だけ持っていくのが理想的です。その点については、コンパクトデジタルカメラが適しているともいえます。一眼レフカメラなどよりは、画質は劣るが、スマートフォンよりも綺麗に撮影することができるため、旅行などでは、コンパクトデジタルカメラが一番適しているともいえます。

チルト式液晶があると自撮りが楽々

コンパクトデジタルカメラの弱点は、チルト式液晶ではないうことです。セルフィー撮影や、ローアングル、ハイアングル撮影をおこないたい場合は、チルト式液晶などの可動式の液晶仕様になっていないと、撮影が非常にやりづらくなってしまいます。さらに欲をいうのであれば、日中などの撮影を快適にしてくれる、ファインダーなども搭載されていると非常に便利になります。

動画も撮影出来るカメラは重宝する

せっかくの旅行であれば、写真だけではなく、動画の方も思い出として、残しておきたいものです。最近のカメラには、写真撮影機能だけではなく、動画撮影性能も非常に高機能となっています。中には4K撮影が可能なモデルもあるぐらいですので、写真撮影性能だけでなく、動画撮影性能についても、カメラを選ぶうえで、非常に大事な要素といえます。最近では、360度カメラや、スーパースローモーション動画など、そのカメラでしか撮影できないような映像もあるので、それぞれのカメラでどのような映像が撮影できるのかを確認しておくことも大事です。

旅行のお供に持っていきたいおススメのカメラBEST10

第1位:コンデジ最高レベルの性能を誇る人気シリーズ SONY RX100M6

SONY RX100M6は、数あるコンパクトデジタルカメラの中でも、上位機種となり、その性能はトップレベルとなっています。ズーム倍率も高額ズーム20倍となっており、広角から、望遠まで、幅広い焦点距離をカバs-しているため、旅行にはぴったりのモデルとなります。搭載されている液晶モニターもチルト式の液晶モニターが採用されているため、セルフィーなどの撮影も非常に簡単に撮影することができます。AF性能も非常に高く、画面エリアの315ものAFセンサーにより、より細かくピント合わせが可能となっており、電子シャッターの最高速度は1/32000秒となっているため、どんなに早い被写体でも、確実に写真に納めることができます。コンパクトデジタルカメラの中でも、高級コンパクトデジタルカメラに分類されますので、販売価格は少し高いですが、それ以上の性能と、魅力を兼ね備えています。
前モデルのSONY RX100M5との違いは? DSC-RX100 M6の下位機種にRX100 M5がありますが、外観等はあまり違いは見られません。しかしスペックではいくつかの違いがみられます。RX100 M5の内臓ファインダーは使用する際に手前に引き出す必要がありあしたが、DSC-RX100 M6はポップアップするだけですぐに使用できるワンプッシュアクセス収納式電子ビューファインダーを採用しています。また、DSC-RX100 M6の液晶モニターはタッチパネルに対応ていますが、RX100M5は、対応していません。それによりタッチフォーカスやタッチシャッターなどの機能が使用できません。またRX100 M6は約4段分の協力なボディ内光学手振れ補正が搭載されているので、ズーム時にも手振れを最小限に抑えることができます。

第2位:お洒落で可愛くオートでカンタンなミラーレス Canon Kiss M

画素数が2410万画素と、ミラーレスカメラの中では高い画素数を誇り、搭載されている画像処理エンジンも、上位のDIGIC8が搭載され、非常に綺麗な写真に仕上げてくれます。連写性能も秒間10コマと非常に速いので、動的被写体を撮影する際も、快適に撮影することができます。またAFポイントも、143点と非常に多いことから、より細かなピント合わせができるようになっています。最高ISO感度も25600となっており、高感度撮影においても、非常に強い性能をもっています。

第3位:ハイスペック+防水で水中撮影も可能! Olympus Tg-5

コンパクトデジタルカメラの中でも、防塵・防滴・耐低温性能が非常に強く、アウトドア好きの人に非常に人気の高いカメラとなっています。さらに魅力なのは、ボディだけではなく、映像撮影においても、4K撮影が可能となっているので、非常に綺麗な映像を撮影することができます。また、フルハイビジョンでは、120コマのスローモーションムービーを撮影することができるため、アウトドアや、マリンスポーツなどでは、スローモーション映像を撮影したり、水中映像の撮影など、他のコンパクトデジタルカメラでは、撮影できない映像を撮影することができるため、撮影自体を楽しむことができます。

第4位:軽量コンパクトな一眼レフで本格撮影旅行に Canon Kiss X9i

一眼レフカメラの中でも、エントリークラスのカメラとなりますが、有効画素数も2420万画素と高く、その他の性能もエントリークラスのカメラとは思えないほど高いです。そしてなんといっても一番の魅力は、その軽さとコンパクトさです。一眼レフカメラでありながら、サイズもコンパクトながら、重量も485gと非常に軽量なため、旅行先で綺麗な写真を撮りたい場合にはおすすめのカメラです。

第5位:動画も撮れるコスパ最強のハイスペックコンデジ CANON G7X Mark2

コンパクトデジタルカメラでありながら、有効画素数も2000万画素を超えており、1型センサーと合わせて、非常に高解像度な写真を撮影することができます。搭載されているレンズも開放F値1.8となっているため、非常に明るく写真を撮ることができます。また、動画撮影性能も非常に高く、写真だけでなく、映像撮影も楽しむことができます。また、手ブレ補正機能も搭載しているため、写真・動画どちらも撮影をサポートしてくれます。

第6位:女性に人気のミラーレスOLYMPUS Pen E-PL9

コンパクトデジタルカメラの中でも、非常にデザイン性も可愛く、ユーザーのなかでも、特に女性に人気のカメラとなっています。魅力なのは見た目だけではなく、連写性能や、スマートフォン転送、タッチパネル搭載、高感度撮影に強いことなど、基本的な性能だけではなく、それ以外の性能も充実しており、初心者でも簡単に綺麗な写真を撮ることができます。

第7位:操作性抜群で交換レンズも豊富!撮影旅行のお供に Nikon D3500

NIKON D3500はイメージセンサーはAPS-Cサイズのセンサーを搭載し、イメージセンサーの大きさを生かした、解像度の高い写真や、ボケ味を生かした写真を撮ることができるため、様々な撮影シーンで活躍します。ISO感度も100~25600と、ある程度ISO感度を上げた場合でも、ノイズが発生しづらく。解像感を生かしたままで、撮影をおこなうことができます。AF性能も非常に優秀で、高速AFとなっているため、合焦スピードが非常に速いにもかかわらず、そのAF作動音は静かになっています。そのため、静かな雰囲気での撮影などでも、周りを気にせずに撮影することができます。

第8位:コスパ抜群でかわいいデザインの防水カメラ Nikon W300

カメラ単体だけでも、水深30mまで耐えることができる防水性と、低温環境でも動作可能な耐低温性能などの機能を備えているため、アウトドアや、マリンスポーツなどで使用するのであれば、このカメラがおすすめです。写真だけでなく、コンパクトなボディでありながら、4K動画を撮影することができるため、ダイビングやキャンプなどでの思い出のシーンを、高画質な映像で記録することができます。また、見た目も可愛いデザインとなっているため、女性からも人気のカメラとなっています。

第9位:コンパクトで旅行中も取り回ししやすいミラーレスカメラ SONY α6400

画面エリアを425点ものAF測距点でピントを合わせるため、非常に細かくピント合わせが可能となっており、さらに、コントラストAFと、像面位相差AFを併用する、ファストハイブリッドAFにより、非常に速いAFスピードを実現しています。また、連写性能も秒間11コマと非常に早く、動きの速い被写体でもしっかりと捉えることができます。液晶モニターもチルト式になっているので、セルフィーなどの撮影も簡単におこなうことができます。

第10位:光学ズームで風景の撮影に最適 Pananosonic Lumix DC-TX2

搭載されているレンズのズーム倍率も、光学ズーム15倍となっているため、広角から望遠まで幅広く撮影をおこなうことができるため、非常に便利なカメラです。そのため、旅行先などで風景写真などもしっかりと画角内に納めることができます。有効画素数も2010万画素とコンパクトデジタルカメラの中では、非常に高い画素数となっていますので、コンパクトデジタルカメラでありながら、高解像度な写真を撮影することができます。

アクティビティを満喫するならアクションカメラもおススメ!

アクションカメラの代名詞!防水機能に手ブレ補正の付いた  GoPro Hero7 Black

カメラの中で、一番コンパクトなものが、アクションカメラになります。その小ささから、人の目線での映像なども撮影することができ、アクションカメラでしか撮影できない目線での映像撮影などを楽しむことができます。また、手ブレ補正機能も搭載していることから、動きのある場合でも滑らかな映像を記録することができます。また、操作性も非常にシンプルなものとなっているので、誰でも簡単に撮影をおこなうことができます。純正のマウントなどを使用すれば、さらに撮影の幅は広がり、今後も様々なマウントアクセサリーが発売されていくものと思われます。

フロントにモニターが付いて自撮りが得意 DJI OSMO Action

DJI OSMO Actionは、GoProに酷似しているカメラとなっており、大きな違いとしては、フロント部分にモニターが付いているということです。そのため、セルフィー撮影などが非常にしやすく、GoProよりもそういう面では、旅行用カメラとして向いているのかもしれません。防水性能も搭載されているので、水中撮影も問題なくおこなうことができます。

360度カメラで満点の星空を撮りたいInsta 360 X one

名前にもあるように、360度の画角を一度に写すことができるカメラとなっています。そのため、他のカメラでは撮影することのできないような写真を撮影することができ、旅行先などでも、その場の雰囲気や景色を丸々写すことができます。また、夜には360度の天体写真を撮影することもできるため、旅行に1度は持っていきたいカメラの1つです。

歩きながら街並みを撮影するならこれ!手ブレ補正も強い! Osmo Pocket

手ブレを防ぐジンバルが搭載されていることが一番の魅力となるDJI Osmo Pocketですが、撮影性能も非常に高く、動画撮影機能は4K撮影や1080P/120fpsのスローモーション撮影にも対応しており、撮影できる映像は非常に綺麗です。色彩表現も非常に鮮やかで綺麗で、空の色味なども忠実に綺麗に表現してくれます。元々は、ドローンが有名な会社ですので、ドローンの空撮技術が生かされており、手ブレ補正機能は非常に強力です。また、静止画の撮影機能も電動ジンバルを活かしたパノラマ撮影なども楽しむことができます。水平方向に4枚撮影し、1枚に合成してくれるモードと、上下左右それぞれ9枚を撮影し、それらを1枚に合成してくれるモードなど、通常の一眼レフカメラやミラーレスカメラにはない機能が搭載されています。

旅行カメラと一緒に持っていきたいアクセサリーは?

予備のバッテリーは必須

旅行の際に忘れがちなのが、予備バッテリーです。バッテリーが途中で無くなってしまっては、せっかくの旅行の思い出を残すことはできません。旅行では、1日中観光地を巡ったりすることもあるので、丸1日撮影できるぐらいの余裕をもって、バッテリーを準備しておくと安心です。

大容量のSDカードも持っていこう

バッテリーと併せて準備しておきたいのが、大容量のSDカードです。旅行先では、写真だけではなく、動画撮影をおこなう場合もあるかと思いますが、動画ファイルは基本的には、写真ファイルよりも容量が大きいため、知らず知らずのうちにSDカードを圧迫してしまうことが多いです。さらに、最近では4K撮影が対応可能なカメラが主流となってきていますので、余計に動画ファイルの容量が大きくなってしまいます。そのため、大容量のSDカードは必ず準備しておき、余裕があれば、万が一SDカードが破損してしまってもいいように、予備のSDカードも準備しておきましょう。

お気に入りの一台で旅の思い出を残そう!

旅行に持っていくカメラに、自分がどこまでの性能を求めるか、携帯性を優先するのか、画質などを優先するのかによって、旅行に適したカメラというのは変わってきます。街歩きや、散策が多いのであれば、なるべくカメラはコンパクトで、軽量、そして搭載されているレンズも高倍率なレンズが搭載されているカメラが疲れにくいですし、様々な画角で、撮影することができます。海や、マリンスポーツ、その他のスポーツなど、比較的激しい動きになる場合、水に濡れる可能性がある場合には、アクションカメラや、防水性能が高いコンパクトデジタルカメラなどが適しているといえます。このように、旅行先での予定などを元にどのような形状のカメラと、どんな性能を搭載しているカメラが、必要になるか、適しているのかを、まずは検討したうえで、旅行用カメラは購入することが非常に大事になってきますし、この選択が間違っていれば、せっかくの旅行の思い出も、台無しになっています。