未分類

AVCHD、MTSとM2TSからMP4への変換方法を教えて!規格の違いを比較

AVCHDとは?

AVCHDとは、ソニーとパナソニックが2006年5月に共同で仕様をまとめたハイビジョン録画形式で「Advanced Video Coding High Definition」の略となっています。

ハイビジョン動画をDVDにも記録できるように映像記録には高効率符号化が可能なH.264/MPEG-4 AVC方式、音声記録にはドルビーデジタル方式を採用しています。ソニーとパナソニックが共同で仕様を策定したこと、ハイビジョン録画に適した方式であることから、ハンディカムなどのハイビジョンビデオカメラでは多くの機種で採用され、ハイビジョンビデオカメラの標準的な記録形式となっています。高画質な動画を残すことができる一方でパソコンなどで再生するためには専用のソフトウェアが必要であり、再生機器側に対応をもとめる方式となっています。

MP4とは?

MP4はMPEG-4規格で動画・音声を記録することができるデジタルマルチメディアコンテナファイルの規格です。

携帯電話の動画記録の標準フォーマットにも採用されており、非常に汎用性が高く、圧縮率もすぐれているため携帯電話のように少ない容量で動画の送受信を行うような目的にも適しています。再生するために専用ソフトが不要なこともあり、Web上の動画共有にも標準的に使用されています。少ない容量で手軽に動画の記録や共有を行うのには非常に便利ですが、動画の画質についてはファイル容量を抑えた圧縮フォーマットであることもあり、それほど高画質を求めることはできないという弱点もあります。

規格の違いでどんな問題が発生する?

AVCHDとMP4はどちらも動画記録を行うためのファイルフォーマットですが、それぞれ目的としていることが異なるため、全く異なる規格として策定されています。そのため、動画を記録する際の目的と規格とがあっていない場合、いろいろな問題点が発生することが考えられます。

例えば子供の運動会や発表会などの重要行事を高画質で記録しておきたい場合、AVCHDが最適です。普段AVCHDで動画の記録を行っている方がMP4を選択した場合、画質の違いに愕然としてしまうことが考えられます。また画質は求めていないものの、スマートフォンで動画共有を行うために記録する場合や、長時間の動画記録を目的としている場合、MP4で記録することが理にかなっていると言えますが、AVCHDで記録を残そうとすると、スマートフォンで動画共有を行えるようなファイルサイズにはならないでしょう。

またファイルサイズが大きくなってしまい、メモリがいっぱいになってしまうことで重要な部分記録できなかったなどというトラブルも考えられます。大容量のSDカードに直接転送する等、ファイルサイズの問題をクリアしたとしても、AVCHDで記録されたファイルは専用の再生ソフトを用意する必要もあるため、AVCHDで記録した映像はスマートフォンでは再生することができないという問題もあります。このように動画を記録する際の目的にかなった記録フォーマットを選択する必要があるということです。

AVCHDとMP4の特徴と違いは?

規格の違いによる画質やファイルサイズの問題等により再生や共有ができない、容量が足りず記録ができない、記録ができても満足できる画質にならない等のトラブルを避けるためには、AVCHDとMP4それぞれの特徴と両者の違いを確認しておき、必要に応じて記録する方法や機器を変えていくことが必要となります。
それぞれの特徴と違いを確認していきましょう。

AVCHDの特徴

AVCHDの特徴はハンディカムなどのデジタルビデオカメラやデジタル一眼レフカメラの動画撮影に使われるように非常に高画質の映像を残すことに適しています。
使用用途としては、子どもの運動会や発表会など高画質の映像を記録として残しておきたい場合や記録した映像をDVDに残しておきたい場合に向いていると言えます。
小学校などの運動会でスマートフォンやタブレットで撮影している方もかなり多いですが、デジタル一眼レフカメやミラーレスカメラ、ハンディカムなどのデジタルビデオカメラがかなり多くみられることからも、記録性の高い映像を残すことに向いていることがわかります。
その一方で、MP4と異なり、非常にファイルサイズ大きくなることと、再生するためには専用のソフトウェアが必要となるため、気軽に動画を共有するような用途には向いていません。
また、DVDに記録した映像についてもどのDVDプレイヤーでも再生できるわけではなく、AVCHD対応のDVDプレイヤーが必要となります。

MP4の特徴

MP4の特徴は汎用性に非常に優れている点があげられます。携帯電話やスマートフォンで撮影した動画や動画共有サイトで使われるフォーマットはMP4になっているものがほとんどであり、パソコン・スマートフォン・携帯電話と再生する機器をほぼ選ばないため、友人と共有したり、子どもの動画を親や親類に送信する際に再生できるかどうかを心配する必要がないのが強みと言えます。

汎用性の高さとあわせてあげられるのが圧縮率の高くファイルサイズを抑えることもできるという点です。動画共有サイトやスマートフォン等で動画を送信する際にファイルサイズを抑えることができるという点は送受信するデータ量を少なくすることができるという利点があります。

その反面、高画質を重視するAVCHDと比べると画質は劣ってしまうため、大事な記録映像を残すためにMP4はおすすめできません。普段使いの動画として、カジュアルに楽しむ動画撮影や共有に適したファイル形式と言えるでしょう。

AVCHDからMP4へ変換するおすすめのフリーソフト・使い方

AVCHDとMP4はどちらも動画記録のためのファイルフォーマットでありながら、それぞれ正反対の特徴を持つファイルフォーマットであり、どういった目的で使用するのか、適している撮影シーンがそれぞれ違うということは理解してもらえたと思います。大事な映像をAVCHDで記録した場合、AVCHDが再生できない機器はあきらめるしかないのでしょうか。

基本的にはその通りですが、1つ、手間はかかるもののAVCHDからMP4への変換を行うことでMP4形式のファイルしか再生できない機器や相手に見てもらうことができます。どういった手法があるのか、おすすめできるフリーソフトの「HandBrake」と「スーパーメディア変換」を紹介します。

HandBrakeの使い方

「HandBrake」はAVCHDに限らずDVDやBlu-rayディスクなども含めた各種動画ファイルをMP4、M4V、MKVといった圧縮形式の動画ファイルに変換してくれるフリーソフトです。海外のソフトであるため、ソフトの操作は英語になっていますが、操作自体は難しくないため、簡単に変換操作を行うことができます。
「HandBrake」では様々な設定があり、一部のチャプターだけを切り出すこともできるようになっていますが、ここではAVCHDファイルをMP4ファイルに変換するための基本操作に限定して説明します。

まず、ソフトを起動し、画面下部にある「Preferences」というメニューをクリックし、設定メニューを開きます。設定メニューの左メニューから「Output Files」を選択し、「Default Path」欄に出力したいフォルダを指定します。出力フォルダを指定後、「Back」ボタンで「Source Selection」という最初に表示された画面に戻ります。

既にAVCHD形式で記録したファイルを変換する場合は「File」を選択します(DVDメディアからの変換を行いたい場合はもう1つの「Folder(Batch Scan)」を選択します。)
ファイルを指定すると、変換のための画面に映るため、画面中ほどにあるタブから「Summary」タブを選択し、「Format」欄で変換したいフォーマットである「MP4」を選択します。あとは画面下にある「Save As」欄に出力ファイル名をフォルダと合わせて指定し、画面左上の「Start Encode」ボタンを押すと変換作業を行うことができます。

スーパーメディア変換の使い方

「スーパーメディア変換」はソフト名からもわかるように日本語ソフトであるため、日本語メニューで操作することができる変換ソフトです。操作方法もマウスでドラッグしながらファイルを選択する等、直感的にわかりやすい操作方法となっているため、それほど説明は必要ないでしょうが、AVCHDファイルをMP4に変換する基本操作を説明します。

まず、「スーパーメディア変換」を起動し、メニュー画面から「メディア」メニューを選択して変換したいAVCHDファイルを指定するか、画面中央に変換したいAVCHDファイルをドラッグします。ファイルを指定すると右側に出力形式の選択肢が表示されるため、MP4形式を選択します。あとは、画面下の「出力先」に出力フォルダと出力ファイル名を指定し、「変換」ボタンを押すだけで変換作業が始まります。

【まとめ】AVCHD-MP4間の変換の仕方や違い

AVCHDとMP4では、同じように動画を記録することが目的といっても、その目的や性質が全く異なることがわかっていただけたと思います。

全く逆の性質を持っているため、どちらが優れているというものではなく、それぞれに優れているところ、劣っているところがあり、動画を撮影するシーンや目的、その後の使い方によって変わってくるものと考えてください。

その上で、AVCHDファイルで記録したファイルを汎用性の高いMP4形式に変換することはフリーソフトでも実現できるため、迷った場合は画質に優れるAVCHD形式で記録しておき、後からファイル変換を行うというのがおすすめの方法となります。変換ソフトの使い方で触れたように、変換作業といっても難しいものではないため、気軽に撮りためた動画の変換にチャレンジしてもらえればいいと思います。