GoPro

360度アクションカメラ GoPro Fusionをレビュー 臨場感溢れる映像を!

GoPro Fusionの紹介

360度アクションカメラ GoPro Fusionを徹底レビュー!

スノーボードやダイビング、サーフィンなど様々なアクティビティを臨場感あふれる映像に残したい。そんな思いを実現してくれるのが360度アクションカメラ、Go Pro Fusionです。そんなハイスペックかつアクティブこの1台を、その長所から短所まで、徹底的に紹介していきます。

周囲すべてを捉えた映像をVRビデオとして再生可能

Go Pro Fusionの魅力は何と言っても360度撮影です!

全天球カメラを搭載しているので、文字通り360度すべての範囲を撮影することが可能です。しかも撮影した動画を360度VR動画として楽しむことができます。VRヘッドセットを使用すれば、まるで撮影したその場に戻ったかのような感覚で動画を楽しむことができるのです。また、スマホをかざして動いてみると、スマホの位置や角度に合わせてそのまま映像を映し出してくれます。Go Pro Fuisonがあれば臨場感のある追体験が可能になるのです。

GoPro Fusionはなぜ人気なのか?

360度カメラと5K映像の圧倒的な臨場感!

世に360度カメラはGo Pro Fusionだけではありません。他社からも様々な360度撮影可能なカメラが発売されています。そうしたカメラたちとGo Pro Fusionの最も大きな違いは、5K映像が撮影できるという点です。

現時点で5Kに対応している360度カメラは決して多くありません。しかし暗いところでの撮影にも強いGo Pro Fusionであれば、抜群の臨場感でアクティブな映像を楽しむことができます

insta360 ONE Xとの違いは?

同じ360度カメラとして比較されているのがinsta360 one xです。Go Pro Fusionはいったいどんなところが違うのでしょうか。

一言でいえばGo Pro Fusionに比べ機能の面では劣るが価格が抑えられているのがinsta360 xなのです。具体的には、Go Pro Fusionには、insta360 xにない防水機能、GPS機能、音声コントロール機能が搭載されています。アクティブな環境での使用が多い360度カメラですので、防水機能は嬉しいですね。ナイトフォト・ナイトラプス機能によって夜間の撮影にも強いのがGo Pro Fusionです。

また、解像度もわずかにGo Pro fusionの方が高いので、予算や用途と相談して自分に合ったほうを選ぶとよいでしょう。

GoPro Fusionの長所(おススメする理由)

360度カメラと全方位マイクでVRビデオが作れる

360度カメラによる全方位撮影がウリのGo Pro Fusionですが、なんと音声も全方位録音が可能です。空間音声機能によって360度でのオーディオ録音を実現しているのです。機体側面に配置された二つのマイクが全方位からの音をもれなくキャッチしてくれます。映像と音声、両方を360度撮影・録音することで生み出されるVR動画は臨場感たっぷりで、まるで撮影時に戻ったかのようです。

360度撮影でも驚異の5.2K30画質

カメラの性能を考えるうえでやはり気になるのは画質。

360度カメラはその撮影レンジの広さゆえに画質の方にはあまり期待できないのでは、というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。実際にそうした360度撮影カメラは少なくありません。

しかしGo Pro Fusionは画質も自慢です。5.2K/30fpsの動画撮影が可能なので、非常に美しい映像を360度楽しむことができるのです。世の中に360度カメラは数あれど5Kに対応しこれだけの高画質を実現しているカメラは大変貴重です。

シームレスなビデオコンテンツを作成可能

撮影した360度動画は専用アプリで編集が可能。しかも難しい操作を覚える必要はなく、直感的な操作で滑らかな動画を作成することができます。

GoPro Fusionの短所

動画の処理に時間がかかる

Go Pro Fusionの短所の一つは動画の処理に時間がかかることです。Go Pro Fusionで撮影した動画はデータ量が非常に大きく、データの読み書きに時間がかかってしまいます。5Kの高画質を実現し高い画質で撮影ができることの代償とも言えるでしょう。こうした特徴から、編集を行うPCやスマホにも、それなりのスペックが求められてきます。

microSDカード2枚が必須

もう一つの短所はSDカードが2枚必要になるという点です。Go Pro Fusionは360度撮影を行うために前後2つのカメラを使用します。そのためそれらを記録するためにSDカードも2枚必要になるのです。

高画質ゆえに撮影データが大容量であるため、それぞれのデータを同時に転送すると大変時間がかかってしまいます。そのため同時転送はあまり現実的ではなく、別々に転送する必要があります。

GoPro Fusionの便利な機能

OVER CAPTURE機能で静止画や動画を編集出来る

撮影データの編集に便利な機能がOver Capture機能
この機能を使用すれば360度で撮影した映像の任意の箇所を切り出してフルHD映像として通常の動画を撮影することができます。Mobile OverCaptureというアプリを使えばスマホでも動画の編集が可能です。さらには動画だけでなく、平面画像や天体写真を切り出すこともできます。

撮影したビデオはアプリで共有できる

せっかく撮影できた迫力の動画や画像、お友達とSNSなどでシェアしたいですよね。

Go Pro Fusionにはそのためのアプリがあります。撮影したコンテンツの共有にはGo Pro アプリを使用しましょう。このアプリなら動画をトリミングしてスマートフォンやタブレットに短いビデオクリップを作成して、SNSで共有することができます。

しかし、一つ注意点もあります。Android搭載スマホの場合、Go Pro Fusionに接続可能な端末がかなり限られているのです。(日本で最もシェアの高いXperiaは非対応)IOS端末についても古いものは使用できないことがあります。(6s以降であれば安心)ご自身の利用している端末には十分注意しましょう。

水深5mまでの防水機能

防水性能もGo Pro Fusionの魅力の一つです!

360度カメラは耐水性のないモデルが多く、ライバル機のinsta360 xにも防水機能は搭載されていません。しかしGo Pro Fusionはレジャーシーンでの活躍を想定して設計されているため、水深5mまで対応の防水機能を備えています。防水機能のない普通の360度カメラであれば雨の中での撮影にもリスクが伴いますが、Go Pro Fusionなら安心。海や川などでのアクティビティの撮影にも最適です。

GoPro Fusionの活用法

360度カメラで迫力ある水中撮影

海でのマリンスポーツや川遊びなど、夏に欠かせないのが水辺でのアクティビティです。せっかくなら動画に記録していつでも楽しい思い出を振り返りたいですよね。

Go Pro Fusionなら防水機能で水中撮影に対応しているので、360度を5Kの高画質でとらえた迫力の映像を残すことができます。夏の思い出を臨場感たっぷりの360度動画として残しませんか。

耐水性を活かして雪山の360度撮影

耐水性に優れるGo Pro Fusion。水辺での遊びだけでなく雪中でも安心して使うことができます。防水機能を備えていない一般的な360度カメラは雪や雨の中で使用しただけでも故障してしまうリスクがあります。

しかしGo Pro Fusionであれば防水機能のおかげでその心配はありません。スキーやスノーボードなどウィンタースポーツの迫力あるスタイリッシュな映像を撮影することができます。

OVER CAPTURE機能で必要なアングルだけ切り出す

Go Pro Fusionの強みは360度撮影ができることですが、そのままではスペックの問題で動画を閲覧できる媒体は限られてきます。そんな時は必要な部分だけ切り取って動画をシェアしてしまいましょう。そのために活躍するのがOVER CAPTURE機能です。

この機能は360度撮影したコンテンツをGo Pro アプリにダウンロードすることで使用することができます。OVER CAPTUREの編集機能でGo Pro Fusionの楽しみ方はぐっと広がります。

おススメアクセサリー

RAMマウントセット

用途に合わせてアクセサリーを装着することでGo Pro Fusionの自由度はさらに高まります。RAMマウントはパーツを組み合わせることで固定撮影用に特化させたり、より自由なアングルでの撮影が可能になったりします。カスタマイズが好きな人はこのRAMマウントによってGo Pro Fusionをよりいっそう楽しめることでしょう。

防水ハウジングケース

Go Pro Fusionの防水機能はすでに紹介した通りですが、専用の防水ハウジングケースを装着することでさらに耐水性を高めることができます。装着したままでの電源のオンオフが可能なこのケースを装着すれば、水深12mまで撮影を楽しむことができます。ダイビングなどでの撮影も安心して行うことができますね。

microSDカード

撮影した動画の保存のためにはSDカードは必須です。Go Pro Fusionには前後二つのカメラが搭載されているのでSDカードも2枚必要です。

また、公式で推奨されているSDカードを使用しないと故障の原因にもなりかねませんので注意が必要です。推奨されているSDカードのメーカーはSandiskとLexarです。

GoPro Fusionに関するQ&A

バッテリーの容量はどのぐらい?/75分~80分です

バッテリーはだいたい75~80分持ちますが、設定や環境条件などによって多少ばらつきがあります。容量に不安があれば予備のバッテリーを用意しておくと安心ですね。

どこで買えるのでしょうか?/正規代理店からの購入をおススメします

やはり公式サイトからの購入がお勧めです。

理由は安心感と魅力的な特典。公式サイトで購入すれば保証が付くので30日間の返金保証や修理保証及び交換といったサポートを受けることができます。また、本来は別売りであるSDカードが2枚プレゼントされるのでお得です。Go Pro Fusionの購入でもらえるSDカードはサンディスクの32GBのものです。Go Pro Fusionを公式サイトでお得にゲットしましょう!

動画の編集におススメのアプリは?/GoPro「Quik stories」で簡単に編集可能です

Quik STORIESを使用すれば手軽に動画を編集することができます。このアプリを使用すれば、アプリが自動的に動画を編集し、スタイリッシュな動画を作成してくれるのです。BGMやエフェクトまで自動でつけてくれるので驚きです。難しい編集は苦手!でもかっこいい動画を楽しみたいというあなたにピッタリのアプリです。

GoPro Fusionをおススメする理由まとめ

圧倒的な迫力の360度撮影と平面画像への編集機能で動画のバリーエションが広がります

5K高画質と360度撮影で大迫力の映像が撮影できるGo Pro Fusion。

平面画像への編集機能や自動編集アプリ、よりアクティブな撮影を助ける拡張アクセサリーなど、様々なオプションで撮影できる動画のバリエーションは無限大。きっとあなただけの作品が出来上がるはずです。